LIFE

【AirPodsが接続できない】自分の体験談を元に解決策を紹介

AirPods 接続できない 解決策
 AirPodsが接続できない人
AirPodsが接続できない人
ある日突然、AirPodsが接続できなくなっちゃった…。

どうすれば治るんだろう…。

この記事では、上記のような悩みを解決していきます。

 

この記事の想定読者

想定している読者は、次のとおりです。

  • AirPodsが接続できないときの解決策を知りたい人
  • AirPodsを修理するときの注意点を知りたい人

 

この記事では「AirPodsが接続されないときの解決策」について書いていきます。

急にAirPodsの接続ができなくなると、本当に困りますよね。

 

結論としては、以下の2つが解決策になります。

  • デバイスを再起動する
  • Appleストアに修理依頼する

 

記事の最後には、Appleストアに修理を依頼するときの注意点までまとめておきましたので、ご一読いただけたらと思いますm(_ _)m

 

新しくAIrPodsを買うなら

なお新品でAirPodsを購入するのであれば、安く買う方法を下記の記事でまとめています。

AirPods 安く購入する方法
本当は教えたくない!AirPodsを安く買う3つの方法【お得すぎ】『AirPodsが欲しいんだけど、どうにか安く購入する方法はないかな〜。』このような悩みを解決できる記事になっています。AirPodsをお得に購入したい方は、必見です!...

Macbookとかも同様に購入できるので、あわせて読んでみてください。

 

AirPodsが接続できない!自分の体験談を元に解決策を紹介

 

AirPodsが接続できないときの解決策は、以下の2つあります。

  • iphone本体を再起動する
  • Apple Storeに持っていく

 

解決策① : デバイス本体を再起動する

 

まずはじめにやってみて欲しいのが、デバイス側の再起動です。

iPhoneで接続しているなら、iPhoneの本体を再起動。

Appleの店員さんいわく、ほとんどの場合この方法でなおせるそうです。まずはiPhone本体を再起動してから、AirPodsを接続しなおしてみましょう。

ボクはiPhoneの再起動をおこなってもダメだったので、解決策②に進みました。

 

解決策② : 再起動でダメならAppleストアへ

 

再起動しても片耳が聞こえない状況であれば、Appleストアへ持っていきましょう。

先ほどの再起動は、修理に持っていくと「最初にやってみてください」と言われるので、おそらく最終手段でした。

なので再起動しても AirPodsが接続できないのであれば、修理に持っていくしかありません。

 

少しメンドイですが、諦めて修理に持っていきましょう。

 

AirPodsが接続できない!Apple Storeへ修理に持っていくときに注意点

 

Appleストアへ修理に持っていくのは良いのですが、注意点がいくつかあります。

順番に紹介していきますね。

 

注意点① : 修理依頼には予約が必須

 

Appleストアへ修理しにいく場合、予約が必要になります。

と書いたのですが、他のお客さんが店員さんと話している会話を少し横耳で聞いていたところ、どうやら予約していなくても受け付けてくれるときがあるそう。

とはいえ、基本的に予約が必須で、店舗に行って修理してもらえないのはシブいので、ちゃんと予約してから修理にいきましょう。

 

予約の手順

AirPodsの修理予約は、下記のページからおこなえます。

外部ページ ≫ AirPods 修理 – Apple サポート 公式サイト

 

まず公式サイトを開いて、下記のとおりに「修理サービスを申し込む」を選択します。

AirPods 接続できない 修理1

 

次の画面で、「修理と物理的な損傷」を選択。

AirPods 接続できない 修理2

 

サポート内容としては、「持ち込み修理」を選択します。

AirPods 接続できない 修理3

以上まで出来ると、ご自身のApple IDでログインしてから予約できるようになります。

 

注意点② : 修理には1時間くらいかかる

 

注意点の2つ目が、修理には1時間くらい必要なことです。

ボクの場合ですと、左耳だけ接続できなくなったため、片耳を交換する形での修理になりました。

そして、片耳だけ変更した場合には、もう片方とリンクさせるのに30分くらい待たないと上手く接続できないそうです。

 

ボクの場合は、片耳だけ取り替えても治らなかったため、全てを取り替えてもらう形になりました。

なので、下記のようなタイムスケジュールで、約1時間かかりました。

  • 最初の案内 : 10分
  • AirPodsがリンクするまで : 35分
  • 2回目の案内 : 10分

少し時間がかかるな…。」と思いつつ、自分がAirPodsを買ったのが悪いということで自責の念で対応しました。

いちお1時間くらいかかった」という事実をおさえていただけたらと思います。

 

注意点③ : 購入から1年以内でもお金がかかる場合がある

 

AirPodsは購入から1年間であれば、修理保証が付いています。

ボクの場合は、買って2ヶ月くらいで保証期間だったので、修理代が無料でした。

 

ただ、購入から1年以内でも保証対象にならない場合があります。

 

保証対象外の例

Appleの公式ページから、引用してきました。

Apple 製品限定保証では、AirPods と付属アクセサリの製造上の欠陥が保証対象になります。保証期間は、お買い上げいただいた日から 1 年間です。

過失、事故、不正改造による損傷は Apple 製品限定保証の保証対象外です。

上記のとおりで、製造上の欠陥であれば、購入から1年以内は無料で修理可能です。

 

過失などが少し分かりにくいので、詳しく説明すると以下のとおりです。

  • 過失 : AirPodsを落とした、水没させた
  • 事故 : 満員電車で誰かの頭にぶつかって壊れた
  • 不正改造 : なんか改造しちゃった

この場合には、修理保証の対象外になってしまいます。

修理代を見てみると、新しく買うよりはマシかな、、、という値段ですね。


と、ここまでがAirPodsが接続できないときの解決策と、修理するときの注意点でした!

どなたかの参考になると幸いです(`・ω・´)!

 

おすすめの記事