Python

【Python初心者】Anacondaで仮想環境とnumpyの導入

Anaconda 仮想環境 Python
Anacondaがよく分からない人
Anacondaがよく分からない人
Anacondaで仮想環境の構築がしたいな…。

さらに、numpyのようなライブラリの導入までサポートしてくれると嬉しいな…。

この記事では、上記のような悩みを解決していきます。

 

この記事の想定読者

  • Anacondaで仮想環境の構築が分からない人
  • さらにnumpyなどのライブラリを導入したい人
  • Anaconda Navigatorからだと、numpyのインストールできない人

想定している読者は、上記のとおりです。

 

この記事では『Anacondaで仮想環境の構築から、numpyの導入まで』を書いていきます。

Anacondaをインストールまで出来たけど、仮想環境の構築とか意味不明で、なかなか先に進めないですよね。

 

この記事を読み終えれば、Anacondaで仮想環境を構築する方法が分かり、すぐにPythonの勉強に復帰できるようになりますよ!

 

Anacondaで仮想環境と「numpy」の導入【挫折しない】

 

プログラミング初心者
プログラミング初心者
Anacondaのデフォルトの環境を汚さないために、仮想環境を構築したいけど、いまいちやり方が分からない…。

上記のような方向けに、Anacondaで仮想環境の構築からnumpyの導入までを解説していきます。

 

STEP1 : Anaconda Navigatorで仮想環境の構築

 

Anaconda Navigatorを開いて仮想環境を構築していきます。

仮想環境の構築は、5分もあれば出来るくらいカンタンですよ!

 

まず、Anaconda Navigatorを立ち上げて、Enviroments(環境)をクリックします。

Anaconda 仮想環境 作成1

 

そうしたら下のような画面になるので、Createをクリックしましょう。

Anaconda 仮想環境 作成2

 

createしたら、仮想環境の「環境名」と「Pythonのバージョン」を指定します。

Anaconda 仮想環境 作成3

 

注意 : TensorFlowが使いたい場合、Pythonの最新バージョンに対応していない場合があります。

TensorFrowを使うのであれば、無難にバージョンを1つ落とすと良いです。

 

Anaconda 仮想環境 作成4

ここまで選択できたら、Createをクリックして環境構築が完了するまで待ちます。

仮想環境が構築できたら、次はライブラリの導入に移りましょう。

 

補足 : なぜ仮想環境を作成するのか?

 

仮想環境を作成する主な理由は、下記のとおりです。

  • Pythonのバージョンごとに作成できる
  • ライブラリの管理がラク
  • デフォルトの環境を汚さないため

 

Anacondaでは、Pythonのバージョンを指定した仮想環境の構築が、簡単におこなえます

たとえば仮想環境は、下記のように使い分けができます。

  • 普段使い : Python3.7
  • TensorFlow, Keras : 3.6
  • Django : 2系

 

上記のように、仮想環境を作るとき目的に応じてPythonのバージョンを変更できます。

また、仮想環境ごとにライブラリを導入しておけば、余計な干渉を起こさずに済みます。

 

STEP2 : Anaconda Navigatorで「numpy」の導入

 

仮想環境の構築が完了したら、さっそくnumpyをダウンロードしていきます。

 

下の画面で、installedをnot installedに変更して、検索ボックスにnumpyと入力します。

Anaconda 仮想環境 作成5

 

するとnumpyが表示されるので、チェックボックスにチェックを入れて、Applyをクリックします。

Anaconda 仮想環境 作成6

 

インストール内容の確認があるので、再度applyをクリックです。

Anaconda 仮想環境 作成7

ここまで出来たら、インストール完了まで、しばらく待ちましょう。

 

インストールが完了したら、installedにnumpyが追加されているはずです。

Anaconda 仮想環境 作成8

これで仮想環境の構築から、ライブラリnumpyの導入が完了しました。

 

もしかすると、上記のようなAnaconda Navigatorを利用する方法では、ライブラリの導入ができないかもしれません。

その場合は、『Anaconda Navigatorでnumpyのインストールができない』で紹介する、Anaconda Promptから導入する方法を試してみてください。

 

Anacondaで仮想環境と「numpy」の導入【つまづきやすい部分を解説】

 

Anacondaで仮想環境の構築と、numpyの導入をする際に、つまづきやすい部分を解説していきます。

 

つまづきポイント : Anaconda Navigatorで「numpy」のインストールができない

 

こちらはボクも引っかかったのですが…。

Anaconda Navigatorでnumpyがインストールできないんですよね。

 

そんなときは、Anaconda Prompt(Macであればターミナル)からインストールを進めていきましょう。

 

手順としては、下記の3ステップです。

  1. condaコマンドが使えることを確認
  2. ライブラリをインストールしたい仮想環境へ移動
  3. ライブラリをインストール

上記のとおりで、たったの3ステップだけでライブラリの導入を完了できます。

 

STEP1 : condaコマンドが使えることを確認

 

Anaconda prompt(またはターミナル)で下記のコマンドを入力して、condaコマンドが使えることを確認します。

conda -V

 

使える状況にあると、下記のようにcondaコマンドのバージョンが返ってきます。

conda -V

>> conda 4.6.11

 

condaコマンドが使える状態にしたら、インストールに進みましょう。

※condaコマンドが使えない場合の記事は、作成中です。

 

STEP2 : ライブラリをインストールしたい仮想環境へ移動

 

ライブラリをインストールしたい仮想環境へ移動します。

何も移動していないと、デフォルト環境での実行になってしまいます。

 

下記のコマンドを入力して、いま作成してある環境を確認します。

conda info -e

 

上のコマンドを入力すると、下記のように環境の情報が出力されます。

Anaconda 環境 確認

 

先ほど、Anaconda Navigatorで見ていた環境と同じ名前が並んでいますよね。

 

確認 : Anaconda Navigatorの環境

Anaconda Navigator 環境 確認

先ほどターミナルに出てきた環境と、同じ名前が並んでいますね。

 

環境の確認ができたら、下記のコマンドを入力して、自分が使いたい環境へ移動します。

source activate 環境名

 

「環境名」は、自分がライブラリをインストールしたい環境を選択します。

 

たとえば、「test」という環境にライブラリを新規でインストールしたいと思ったら、下記のようになります。

source activate test

 

上記のとおりです。これで、いま使っている環境を移動できました。

もう一度、Anacondaの仮想環境を確認すると、「*」が移動先の環境になっているはずですよ!

 

仮想環境の確認

conda info -e

 

STEP3 : ライブラリをインストール

 

最後に、下記のコマンドを入力してインストール完了します。

conda install numpy

 

上記のとおりです。途中でYes/Noを聞かれるので、「Y」を入力しましょう。

 

これでnumpyのインストール完了です。おつかれさまでした!

 

注意点 : pipではなくcondaでインストールしよう

 

補足情報で、numpyのインストールは下記のようにpipコマンドでも可能です。

pip install numpy

 

でも、Anacondaのcondaコマンドでは、pipとの互換性を保証されていません。

さらに、pipとcondaの併用でバグを起こしてAnacondaが使えなくなるケースが多々あります。

なので、pipコマンドは使わずにcondaコマンドを使うようにしましょう。

 

と、ここまでがAnacondaでの仮想環境の構築と、numpyの導入でした。

最初は意味不明かもしれないですが、徐々に慣れていきましょう!

 

おすすめの記事