Programming

【独学でITエンジニアになるには】やるべき勉強法は3ステップのみ!

エンジニアになるには 独学
独学でエンジニアになりたい人
独学でエンジニアになりたい人
エンジニアになりたいな…。

未経験だけど、独学でエンジニアになるって可能なのかな…。

可能だとして、独学でエンジニアになるための学習方法が知りたいな…。

この記事では、上記のような悩みを解決していきます。

 

この記事の想定読者

  • エンジニアになりたい人
  • 未経験から独学でエンジニアになれるか気になる人
  • 独学でエンジニアになるための勉強法が知りたい人

想定している読者は、上記のとおりです。

 

この記事では、「独学でエンジニアになるには?」という疑問にお答えしていきます。

いまの仕事がイヤで、エンジニアになりたいけど、具体的にどうすれば良いのか分からないですよね。

 

でも、この記事を読めば、未経験から独学でエンジニアになるための方法が分かるようになり、エンジニア転職で成功できる一歩を踏み出せるようになります。

※勉強方法だけでなく、その後の動きまで書きましたので、この記事を読んでいただけると「独学でエンジニア」のイメージが湧くかと思います。

 

そもそも : 独学でエンジニアになれるのか?

 

そもそも独学でエンジニアになれるのか?ですが、結論を言うと十分に可能です。

理由としては、下記のとおり。

  • IT人材が不足している
  • 未経験OKの求人がある
  • 実際に未経験からエンジニア転職している人がいる

上記のとおりで、中には未経験からエンジニア転職したような方までいます。

 

なので、独学でもエンジニアになることは十分可能です。

ただ、一言で「独学」と言っても、やるべきことがありまして、正しい方法で勉強していかないとエンジニア転職は難しいです。

そして、この記事では、やるべきことをしっかりとお伝えしていくので、安心していただけたらと思います。

 

【独学でITエンジニアになるには】やるべきことは3ステップだけです

 

独学でエンジニアになるには、次の3ステップで学習を進めていきましょう。

  • STEP1 : プログラミングの基礎を学習する
  • STEP2 : チュートリアルレベルのアプリを作る
  • STEP3 : 自分でオリジナルアプリを作成する

上記のとおりです。

それぞれのステップについて、深堀りしていきます。

 

STEP1 : プログラミングの基礎を学習する

 

まずは、プログラミングの基礎学習から始めていきましょう。

要は「プログラムの書き方を学習する」ということでして、プログラミングの礎とも言えます。

自分の実現したいことがプログラムで書けるように、まずは基礎を学習していきます。

 

選ぶべきプログラミング言語

プログラミング言語には、色々と種類があるのですが、僕がおすすめするのはPHP/Rubyですね。

なぜなら、エンジニア転職しやすいプログラミング言語だからです。

 

とりあえずの目標は、「エンジニアになること」なので、PHP/Rubyなどの企業側から採用されやすい言語を選んでいきましょう。

なお、初心者が選ぶべきプログラミング言語は、下記の記事が参考になります。

プログラミング 初心者 言語
初心者が選ぶべきプログラミング言語とは【IT営業12年目に聞いた】『初心者が選ぶべきプログラミング言語ってなんだろう...。』『IT業界で営業として勤めている人から、業界の動向を聞きたい』このような悩みを解決できる記事になっています。...

 

何を使って勉強するのが良いの?

プログラミング言語を選んだあとは、Progateを使って勉強していきましょう。

Progateは環境構築が不要で、すぐにプログラミング学習を始められるサービスです。

 

独学でプログラミングすると、環境構築が難しすぎてコードを書く前に挫折してしまう可能性があるんですよね。

実際、僕も大学時代にPythonの勉強を始めようとしたとき、環境構築で挫折してコードを書くことはありませんでした…。

そんな僕でもプログラミング学習を始められたので、完全初心者であれば、間違いなくProgateを使うのが良いですね。

 

STEP2 : チュートリアルレベルのアプリを作る

 

プログラミングの基礎学習を終えたら、チュートリアルレベルのアプリケーションを作っていきます。

よくあるのが、簡易版のTwitterですね。

STEP2では、「どうやってWebアプリを使うのか」を勉強できればOKなので、ぶっちゃけ簡易版Twitterが完成しなくても良いです。

でも、webアプリを作るときに必要な部分はしっかりおさえましょう。

 

なおRubyであれば、webアプリを作るとき必要になるフレームワーク(Ruby on Rails)もProgateで学習できます。

Webアプリを作るのにRuby on Railsを使わないことはないので、しっかりおさえておきましょう。

 

STEP3 : 自分でオリジナルアプリを作成する

 

ここまで出来たら、自分でオリジナルのアプリを作成していきましょう。

 

エンジニア転職するには、自分でオリジナルアプリを作ってポートフォリオを持っておくのが必須になってきます。

逆に言えば、ここまで作成できたらエンジニア転職できるだけのスキル感になったということです。

 

少し時間がかかるかもですが、時間を見つけて作成していきましょう。

 

何をつくれば良いの?

良くある話でオリジナルアプリを作るとき、「何を作れば良いのか分からない」という方が割といます。

そんな方は、自分が欲しいアプリを作るのがオススメです。

 

普段生活をしていて、「不便に思っていることをWebアプリで解決できないか?」と考えてみましょう。

Pythonではありますが、僕がWebアプリを作成したときは、電源あり/WiFiあり/電子マネー決済でカフェ検索できるアプリを作成しました。

渋谷 カフェ 電源とかで調べても、あまり役に立たない記事が多かったからです。

 

こんな感じで、自分でも使いたいと思えるアプリを作成できればOKですね(`・ω・´)!

 

独学完了後:エンジニア就活を始めよう

 

ポートフォリオの作成までやって独学が完了したら、エンジニア就活を始めましょう。

これからプログラミングの独学を始める場合は、この記事をブックマークして、後から読み返しましょう。

 

どこで就職エントリーすれば良いの?

 

就職エントリーをするなら、Wantedlyを使えばOKです。

エンジニアの求人が大量で、特にWeb系企業の求人が多いですね。

 

Wantedlyをパラパラ見つつ、よさげな企業があったら、積極的にアプローチしていきましょう。

 

自社でアプリを持っていて開発経験を積める会社がおすすめ

ちなみに「どんな会社を選べばよいか」ですが、自社でアプリを持っていて、開発経験が積める企業がおすすめです。

たまにエンジニア未経験だと、「運用・保守」からという会社がありますが、ぶっちゃけ微妙です。

運用・保守とかだと、マニュアル通りに作業するだけでして、何のスキルも身に付きません。

 

これからエンジニアになってスキルアップを目指していくなら、絶対に開発経験の積める企業を選びましょう。

 

補足:自分ひとりで就職が不安なら、エージェントもアリ

 

Wantedlyは転職サイトなので、履歴書の作成、面接の対策などを「自分だけで」やらないといけないです。

なので、履歴書の添削だったり、面接の対策を見てもらうといった、十分な準備をおこなうのが難しくなってきます。

 

もし転職準備に不安があるなら、転職エージェントを使えば、プロによる履歴書の添削をやってもらえます。

マイナビエージェント × ITとかであれば、面接地策もやってもらえるので、IT業界の調査も兼ねて、一度見てみるのもアリですね。

マイナビエージェントIT 評判
【評判】マイナビエージェントITは「IT/Web業界へ転職」なら登録必須『IT/Web業界に転職したいんだけど、マイナビエージェントITってどうなんだろう...。』『マイナビエージェントITの特徴とか、具体的な評判とかあれば知りたいな...。』このような悩みを解決できる記事になっています。...

 

自己分析には、「グッドポイント診断」が最強です

 

就職活動をするときに自己分析をすると思うのですが、自分自身で強みを見つけるのって、なかなか難しいですよね。

そもそも「強み」っていうのは、自分が思っていないようなことが、相手にとっては強みになると思われている可能性が高いです。

 

自分のことを客観的に見ながら自己分析するのが難しい方は、リクナビNEXTが提供するグッドポイント診断を使うのが良いです。

グッドポイント診断

質問に答える形式で、30分間ガッツリ回答していくので、かなり精度の高い自己分析ができます。

リクルートがやっているという安心感もありつつ、無料で使えるのが嬉しいですね。

 

就職活動で自己分析に困ったら、グッドポイント診断で使いましょう。すぐに就職活動しないにせよ、忘れないうちに登録しておくのが吉です。

リクナビNEXTの無料登録が必要です。お時間にして、1分ほどで登録できます。

 

いますぐ独学を始めて、エンジニアになろう

 

というわけで、「独学からエンジニアになるには?」という疑問に答えてきました。

ここまでの情報を集めたら、あとはプログラミングの勉強を始めるのみですね。

 

いまの仕事に満足していないなら、すぐにプログラミング学習を開始しましょう。

エンジニアは最高ですよ😌

 

おすすめの記事