LIFE

勉強を頑張れないなら、3ステップを実行するだけ【驚くほど効果的】

勉強 頑張れない
勉強しなければいけない人
勉強しなければいけない人
勉強しなきゃいけないのに、全然頑張れない…。

ここで頑張らないといけないって分かっているのに…。

どうにか勉強に集中する方法はないかな…。

この記事では、上記のような悩みを解決していきます。

 

この記事の想定読者

  • 勉強を頑張れない人
  • でも、勉強しないといけない状況にある人
  • 具体的に勉強を頑張る方法を知りたい人

想定している読者は、上記のとおりです。

 

この記事では、「勉強を頑張れないときの解決策」について書いていきます。

 

勉強しないといけないって分かっているのに、集中できないことって多いですよね。

 

この記事を読み終えれば、「勉強嫌いだった僕でも集中できる方法」を紹介しているので、勉強しなきゃいけない状況にある人にとって、必ず役に立つはずです!

 

※3分間で読んでいただけるので、しばしお付き合いくださいませm(_ _)m

 

勉強を頑張れないなら、3ステップを実行するだけ【驚くほど効果的】

 

勉強しないといけないと分かっているのに、まったく集中できないなら、これから紹介する3つのステップを実行するだけでOKです。

  • STEP1 : 勉強を頑張れる環境を作る
  • STEP2 : 携帯を封印して、1枚の紙を用意する
  • STEP3 : 自分のなりたい姿を想像する

 

STEP1 : 勉強を頑張れる環境を作る

 

まずは、勉強を頑張れる環境を作りましょう。

勉強に適していない環境の中でやろうとしても、絶対にできないです。

 

勉強を頑張れる環境とは

  • 余計なものがない部屋
  • キレイなリビング
  • 図書館

上記のとおりで、つまり「勉強の邪魔になるものがない場所」を選ぶべきです。

 

なぜなら、部屋が汚かったりすると、視界に無駄なものが入ってきて集中できないからです。

いざ勉強を始めてみたものの、知らない間に他のものに手をつけていたことってありませんか?

 

それは、勉強以外のものが存在するからでして、こういったものは排除するべきです。

僕の場合ですと、机の上にはパソコンとコーヒーしか置いていないです。

 

部屋の片付けに時間がかかる場合は、図書館に逃げるのもアリ

部屋が汚すぎて、片付けに時間がかかってしまうなら、それは時間がもったいないので図書館に逃げましょう。

そのとき、図書館は少し遠い場所に行くのがオススメです。

 

なぜなら、少し遠い場所に行くと、「せっかく電車賃を出してまできたんだから、ちゃんとやらないと」というモチベーションになるからです。

東京に住んでいる方であれば、広尾にある「都立中央図書館」がオススメです。

ランチも気分転換できて、神がかった図書館になっています。広尾自体オシャレですし、気にいるはず。

東京 図書館 おすすめ 勉強
【勉強/自習OK】東京の図書館なら「都立中央図書館」がおすすめ『東京で勉強できる図書館はないかな...。』『都立中央図書館ってどうなんだろう...。』このような悩みを解決できる記事になっています。...

 

こういう最高の環境で勉強すると、めちゃくちゃモチベ上がりますよ(`・ω・´)!

 

STEP2 : 携帯を封印して、1枚の紙を用意する

 

そして、勉強する環境を整えたら、携帯を封印して1枚の紙を用意しましょう。

携帯を封印する理由は、やはり気になるからですよね。

LINEとかインスタの通知がくると、見てしまうのが人間の心理です。携帯は電源OFFにしましょう。

 

少しくらいインスタを見逃しても、あなたに何の問題もありません。それより、この記事を読んでいる方にとって、勉強しないことの方が死活問題です。

 

そして、1枚の紙を用意する理由は、「何か思い立ったときに、書き留めるため」です。

たとえば、勉強しているときに「そういえば、帰りにカロリーメイト買っていかないと」って、ふと思うことがあります。

そんなときに携帯のメモを使ってしまうと、メモと合わせてLINEやインスタの通知を見てしまいます。

なので、紙を用意しておいて書き留めれば、携帯を開く必要がなくなって勉強に集中できます。

 

これは何か他のことを考えてしまったときにも有効なので、是非とも1枚の紙を用意して置いてください。

 

携帯で音楽を聞いている場合

もしかすると、携帯で音楽を聞いているので、電源OFFにするのは厳しいと思われるかもですが、そもそも勉強中に音楽っていらないですよね。

勉強に集中している間は、音楽ってしっかりと聞けていないと思います。

逆に音楽をしっかり聞いているってことは、勉強自体に集中できていないはずです。

 

人間は複数のことを一緒にやると、効率が落ちてしまうので、「音楽を聴きながら」とか、「何かやりながらの勉強」は控えた方が良いです。

 

STEP3 : 自分のなりたい姿を想像する

 

ここまで学習環境を整えたら、あとは自分のなりたい姿を想像するだけです。

ここでいう「なりたい姿」は、ありえないくらい大きなことでもOKでして、たとえば下記のとおり。

  • 金持ちになりたい
  • 自由に過ごしたい
  • 天才になってモテたい

こんな感じで、適当かつ不純な目的でOKです。

 

すごく具体的な話をすると、僕は下記のようなモチベーションで頑張っていました。

  • みんなに頼られたい : テスト勉強を頑張る
  • 好きな人と同じ大学に行きたい : 受験勉強を頑張る
  • 金を稼ぎたい : プログラミングを頑張る

こんな感じで、めちゃくちゃ不純な動機で勉強していました。

でも、逆にこれくらい不純な動機な方が、人って頑張れたりします。

 

そもそも勉強がイヤだと思っているのに、「なんとか勉強しないと!」って思うのは、なかなか無理ゲーじゃないですか?

なので、「勉強した結果、こうなりたい!」といった目的を持つようにしましょう。

 

そのうち勉強自体も楽しくなるはずです。僕はプログラミングがそうでしたよ。

さらに : 勉強のモチベーションをあげるには、お気に入りのアイテムを使おう【僕のお気に入りを紹介】

 

さらに勉強を頑張るためには、お気に入りのアイテムを使うのも効果的です。

僕が愛用しているアイテムを紹介しておきます。

 

ボールペン : ジェットストリーム

 

僕が愛用しているボールペンは、ジェットストリームの4色ボールペンです。

ボールペンの使い道としては、数学の問題を解くときや暗記系でひたすら書き物をするときに使います。

シャーペンだと途中で折れたり手が疲れたりするのですが、ジェットストリームの4色ボールペンなら、安心して書き殴れます。

 

デザインもカッコ良く、値段が安くて気に入っています。

 

ノート : Campus

 

ノートに関しては、Campusを使っています。

なんだかんだで、Campusが神ですね。

 

個人的には、ルーズリーフよりもノートがおすすめです。

理由としては、下記のとおり。

  • 余計な科目の分までファイリングされていて重い。疲労。
  • なくすリスクがある
  • 頑張って勉強した形跡が残りづらい

上記の理由で、ノートを利用しています。

大学生のときもそうでしたし、社会人になった今もノートを利用しています。

 

勉強の形跡が残りやすくて、モチベーションアップになったりします。

 

パソコン : Macbook

 

パソコンを使う人であれば、僕はMacbookをオススメします。

やはり、デザインがカッコ良いし、「アップルブランド」というだけでモチベーションが上がりますよね。

僕がプログラミングに打ち込めたのも、MacbookProが相棒だったからだと思っており、非常に重宝しています。

 

高い買い物をすると、大切にしようと思いますし、個人的には低スペックのWindowsとか買うのであればMacbookを買ってしまうのがおすすめですね。

 

結論 : 勉強するには、環境が大事です

 

というわけで、勉強を頑張れない方向けに、解決策を提示してきました。

 

勉強を頑張れないときの解決策

  • STEP1 : 勉強を頑張れる環境を作る
  • STEP2 : 携帯を封印して、1枚の紙を用意する
  • STEP3 : 自分のなりたい姿を想像する

上記の解決策を使ってあげれば、勉強を頑張れない状況を打開できるはずです。

ほとんどが環境を整えるだけですね。

 

それでは、不純な目的を持ちつつ、勉強をがんばっていきましょう(`・ω・´)

おしまいです。