DataScience

【割引あり】データミックス(datamix)の特徴・評判をAIエンジニアが解説

データミックス datamix 評判 特徴
データミックスが気になる人
データミックスが気になる人
データサイエンティストになりたいんだけど、データミックスってどうなんだろう…。

ネットを見ても情報が少ないし、特徴とか評判が気になるな…。

この記事では、上記のような悩みを解決していきます。

 

この記事の想定読者

  • データミックスが気になる人
  • データサイエンティストになりたいと考えている人
  • スキルを身につけて年収を上げたい人

想定している読者は、上記のとおりです。

 

この記事では「データミックスの特徴や評判」を紹介していきます。

データミックスって見つけたけど、ネット上の情報が少なくて、よく分からないですよね。

 

この記事を読み終えれば、データミックスの特徴や評判だけでなく、どんな人におすすめなのかまで分かるようになりますよ。

 

この記事の信頼性

この記事を書いている筆者は、現役でフリーランスのデータサイエンティストをやっています。

データサイエンティスト視点で書かれている記事が少ないので、割と参考になるはずです。

 

▼未経験から6ヶ月でデータサイエンティストを目指す!!説明会のみOK!!

 データミックスの無料説明会に参加する >>

データミックス(datamix)とは?【特徴を紹介】

データミックス datamix 評判 特徴

データミックスは、株式会社データミックスが運営する「データサイエンティストに特化した」スクールです。

僕の知っている中だと、データサイエンティストに特化したスクールは、データミックスくらいですね。

 

とりあえず動画で確認

まずは動画でどんなサービスなのか確認していきましょう。やはりテキストよりも動画で確認した方が分かりやすいですね。

 

 

特徴1 : 6ヶ月でデータサイエンティストを目指すカリキュラム

データミックス データサイエンティスト育成コース

データミックスの一番大きな特徴は、未経験からでも6ヶ月でデータサイエンティストを目指せるようなカリキュラムになっていることです。

 

この6ヶ月が多いのか少ないのかですが、僕は妥当なラインなのかなと考えています。

理由としては、次のとおりです。

  • 3ヶ月だとデータサイエンティストになるだけの知識が身に付きづらい
  • 1年間だと挫折しやすい

以上の理由があるので、「6ヶ月で学び切る」というのは、ちょうど良い水準なのかなと感じています。

データサイエンスに必要な基本的な知識も、だいたい6ヶ月あれば最低限は身に付きますね。

 

データサイエンティストに必要な知識

  • 数学の基礎的な知識(微分積分、線形代数)
  • 確率・統計学の知識
  • 機械学習アルゴリズムの知識
  • Python、Rの知識
  • SQLによるデータ抽出

習得するべき知識を列挙しただけでも、かなりありますよね。しかも、ここら辺でやっと最低ラインって感じです。

 

学習難易度や学習量を考えても、やはり6ヶ月という受講期間は妥当だと言えますね。

 

特徴2 : 経験豊富な講師が実務視点でレクチャー

 

データミックスの2つ目の特徴が、経験豊富な講師が実務視点でレクチャーしてくれることです。

データサイエンスとかって、独学だけだと厳しい部分があるんですよね。

 

独学で学びきれない部分といえば、例えば次のようなものです。

  • 実務でどのようなデータが使われているのか
  • データを分析したのちに何をするのか

独学しているときに演習するようなデータって「量が少ない・整いすぎ・絞られすぎ」なんですよね。

つまり、実務に即してないデータを分析するだけで終わってしまいます。

 

さらに独学だと「データを分析したのちにどうするか」 がイマイチ分からないですよね。

データサイエンティストって、分析したデータを使って商品の売上予測をするなど、データ分析したあと活用する能力まで必要になってきます。

 

その点、データミックスであれば経験豊富なデータサイエンティストに「教えてもらえる&質問し放題」なので、かなり受講価値が高くなっています。

 

特徴3 : 受講前に選抜&少人数制で学べる

 

データミックスでは、受講する前に選抜試験があります。なので、誰でも受講できるわけではありません。

 

選抜試験をする理由は、僕の推測ですが次のとおりです。

  • データミックス側も少数精鋭でしっかり教えたい
  • 本気で勉強する人だけの環境にしたい

おそらく、このような理由になってくるんじゃないかなと思います。

 

大学受験を思い出して欲しいのですが、周りが頑張っていたら自分も頑張れた経験があるかと思います。

データミックスでは、おそらく受験勉強と同じような環境を作るために、選抜試験を実施しているんだと思います。

そうでなかったら受講生が多い方が、ぶっちゃけデータミックス側は儲かりますからね。

 

「本気で学びたい人に、本気で教える」をモットーにしているんだと思います。

 

特徴4 : 実務に活きる講義内容を学べる

 

データミックスでは、実務に活きる講義内容を学べます。

実務に活きる講義が学べると言い張る根拠は、最終課題でデータ分析を活かしてビジネス課題の解決に挑戦するからです。

 

先ほども書いたように、データサイエンティストの役割は、ただデータを分析するだけではなくて、分析した結果を使って課題解決することなんですよね。

データミックスの最終課題では、実務に即した内容を学習できるようになっているので、ここら辺もしっかりキャッチアップできるようになっています。

 

特徴5 : 転職支援がある

 

最後の特徴になりますが、データミックスでは転職支援まであります。

というのも、データミックスを運営する株式会社データミックスでは、人材紹介もやっているんですよね。

 

なので、自社のコネクションを活かしつつ、そのまま転職フォローまでやってもらえます。

ただスクールで学ぶだけではなくて、その後までフォローしてもらえるので、かなり安心してスクールに通えますよね。

おそらく一番の不安は、「データサイエンスを学んだ後に転職できるか」だと思うので。

 

ただ学習して終わりにするのではなく、そのあとデータサイエンティストとして働きたいのであれば、データミックスは最有力候補になってきますね!

 

▼未経験から6ヶ月でデータサイエンティストを目指す!!説明会のみOK!!

 データミックスの無料説明会に参加する >>

 

データミックス(datamix)の評判

 

色々なところからデータミックスの評判を集めてみました。

 

受講生の声①

受講してみて、「期待以上でした」というのが正直な感想です。受講前に、こういうことができるようになりたいな、これくらいまでスキルが上がればいいなとイメージしていたのですが、今の自分はその想定レベルを上回っていると思います。コンサルティングの仕事で、実際の案件にどのくらい使えるかが重要なのですが、研修を受けたくらいでは使えるようにならないだろうと、当初は考えていました。しかし、スクール修了後には、エントリー案件なら十分に使えるだけのスキルと自信が付いていました。

 

受講生の声②

オンラインの講座でデータ分析を学ぶ方法があるので、そういったものも経験しましたが、初心者なのでプログラムを書くうちにつまずくんですね。壁にぶち当たったときに、どうしたらいいのか、頼れる人が周りにいることがスクール形式の大きなメリットです。それに、理論を学ぶだけではなく、実務の中でどうやって武器にしていくのか、経験豊かな講師の方々から実践的な活用を聞けるのがいいなと思いました。

 

Twitterの声

こんな感じで、おおむね満足されている方が多いようですね。

実際のところ、その人に合うかどうかはやってみないと分からない部分もあるので、まずは説明会を聞きに行くだけでも良いのかなと思いますね。

 

▼未経験から6ヶ月でデータサイエンティストを目指す!!説明会のみOK!!

 データミックスの無料説明会に参加する >>

 

【少し分かりづらい】データミックス(datamix)の料金

データミックス datamix 評判 特徴

気になるデータミックスの料金ですが、若干分かりにくいので紹介していきます。

結論 : 必要な費用

 

先に結論を書くと、データミックスの受講で必要な費用は、742,500円になります。

675,000円(税抜) × 1.10(消費税) = 742,500円

※全4コース(6ヶ月コース)を受講する場合

 

本来だったら入学金で25,000円が必要になるのですが、4コースまとめた場合だと入学金は必要ないです。

1ヶ月あたりで計算すると、約12万円になりますね。

 

決して安いとは言えない料金ですね…。でも、データサイエンティストとして働ければすぐに元は取れるかなって感じです。

 

一部講義のみでも利用可能

 

もし費用が高すぎるようだったら、一部講義だけでも受講可能です。

その場合の費用は、下記のとおりです。

  • 入学金 : 25,000円
  • ブートキャンプ : 150,000円
  • ベーシック : 175,000円
  • アドバンス : 175,000円
  • インテグレーション : 175,000円

もし「Pythonで機械学習の実装ができるよ〜」ってことなら、ブートキャンプとかは不要になってきます。

 

でも基本的には、4つとも受講するのがオススメですね。やはり飛び飛びで勉強するより、体系的に学習できた方が理解しやすいので。

朗報 : データミックスは最大50〜70%の割引ができます

 

1コース減らしたところで高いんだけど…。」と思った方に朗報がありまして、データミックスは第四次産業革命スキル習得講座制度に選ばれているので、最大50〜70%の割引が受けられる可能性があります。

第四次産業革命スキル習得講座制度は、経済水産相が用意した給付金でして、最先端のIT技術を学ぶ人に支給されるものです。

詳しくは、経済産業省ホームページ『第2回「第四次産業革命スキル習得講座」を認定しました』をご覧ください。

 

▼未経験から6ヶ月でデータサイエンティストを目指す!!説明会のみOK!!

 データミックスの無料説明会に参加する >>

データミックス(datamix)をおすすめする人

 

データミックスをおすすめする人は、次のとおりです。

  • 本気でデータサイエンティストを目指したい人

正直、これに尽きますね。

やはり安くない買い物になりますし、どちらかというと費用が高いです。

 

それでも「今後のAIブームに乗っかって年収を上げたい」という気持ちがある人でないと、ただ高い費用を払っただけになってしまいます。

そもそも、中途半端な状態だと、選抜試験があるので受講すらさせてもらえませんが…。

 

でも本気でデータサイエンティストを目指しているのであれば、かなり価値のある自己投資になるはずですよ。

 

データサイエンティストの将来性【高給を目指そう】

データミックス datamix 評判 特徴

というわけで、データミックスの特徴から評判まで紹介してきました。

データサイエンティストは、平均年収が655万円と言われているような職業です。

実際、僕自身も22歳で月収が55万円なので、だいたい平均年収くらいになっています。

 

70万円ほどの投資で、かなり安定した収入を得られるようになるので、本気で年収アップしたいと思っている方は、ぜひ受講を検討してみましょう。

最初の一歩は、説明会の参加だけでもOKです。

とにかく何か行動してみることが大事。

現状維持では、何も変わらないですよ(`・ω・´)

 

▼未経験から6ヶ月でデータサイエンティストを目指す!!説明会のみOK!!

 データミックスの無料説明会に参加する >>

 

おすすめの記事