DataScience

【未経験もOK】データサイエンティスト向けの転職エージェント4選

データサイエンティスト 転職エージェント
転職を考えている人
転職を考えている人
データサイエンティスト転職でおすすめのエージェントが知りたいな…。

未経験OKの求人を持っている転職エージェントも分かると嬉しい!

この記事では、上記のような悩みを解決していきます。

 

この記事の内容

  • 【未経験もOK】データサイエンティスト向けの転職エージェント4選
  • データサイエンティスト転職でよくあるQ&A

 

この記事を書いている僕は、現役のデータサイエンティスト。

大学時代は、数学を専攻しており、新卒でエンジニア就職→データサイエンティストというキャリアを歩んできました。

要するに、未経験からデータサイエンティストに転身しています。

 

今回はそんな僕が『データサイエンティスト向けの転職エージェント4選』を紹介していきます。

この記事を読み終えれば、データサイエンティストにおすすめの転職エージェントが分かり、満足のいく転職ができるようになりますよ!

 

データサイエンティスト転職で失敗したくない人は必見ですね!

 

【未経験もOK】データサイエンティスト向けの転職エージェント4選

データサイエンティスト 転職エージェント

結論、以下の4つがおすすめです。

順番に見ていきましょう。

 

おすすめ転職エージェント① : リクルートエージェント

リクルートエージェント

≫参考 : リクルートエージェント公式ページへ

 

未経験からデータサイエンティストを目指す人に向いているの転職エージェント。

リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェントなので、それだけデータサイエンティストの求人も多くなっています。

 

ホームページに記載されている求人だけでも、580件あります。(2020年6月時点)

リクルートエージェント データサイエンティスト 求人数

これだけ求人数があれば、安心して利用できますね。

 

なお、リクルートエージェントは、登録しないと見れない求人が多いのも特徴です。

とはいえ、登録は無料なので、損することはありませんよ。

 

もちろん、データサイエンティスト経験者であれば、年収アップが見込めます。

 

おすすめ転職エージェント② : doda(デューダ)

doda

≫参考 : doda(デューダ)公式ページへ

 

未経験と経験者ともに使いやすい転職エージェント。

doda(デューダ)も業界の中では大手の転職エージェントになるので、データサイエンティスト求人が多いです。

 

僕のかつての上司は、doda(デューダ)を使って転職して、30代前半で100万円くらい年収アップしていましたね…。笑

個人的にも、かなり使いやすい転職エージェントだなといった印象です。

 

なお、doda(デューダ)も非公開求人が多いので、まずは無料登録だけしてみるのもアリかなと思います。

 

おすすめ転職エージェント③ : レバテックキャリア

レバテックキャリア

≫参考 : レバテックキャリア公式ページへ

 

データサイエンティスト経験者向きの転職エージェント。

レバテックキャリアは、IT系に特化しているエージェントなので、IT系企業でデータサイエンティストになりたい人に向いていますね。

 

僕自身、かなりレバテックを利用しているのですが、いつも思うのは営業力の高さですね。

営業力が高いと、それだけ年収アップに応じてもらいやすくなります。

 

要するに、IT企業で働きつつ、年収アップしたいデータサイエンティストは、レバテックキャリアを使いましょう。

IT系は今後も伸び続けるので、転職後の昇給も見込めます。

 

おすすめ転職エージェント④ : JAC Recruitment

JACリクルートメント

≫参考 : JAC Recruitment公式ページへ

 

データサイエンティスト経験者向きの転職エージェント。

レバテックキャリアとの違いは、外資を含めた有名企業の取り扱いが多いことですね。

 

年収でいうと、500万円〜の求人しかありません。

すでに年収500万円に達しているのであれば、さらに収入を上げられる可能性が高いですね。

 

なお、JAC Recruitmentの登録には、審査があります。

少し面倒ですが、その代わりにサポートが手厚く、利用者の満足が高いのが特徴です。

https://twitter.com/tousikaonyon/status/1266000263250354179

 

データサイエンティスト転職でよくあるQ&A

データサイエンティスト 転職エージェント

データサイエンティスト転職で、よくある質問に答えていきます。

 

Q1 : どのタイミングで転職するべきですか?

 

結論、今すぐです。

その理由は「そもそもの求人数が少ない上に、人材確保できたら募集をやめてしまうから」ですね。

 

特に、未経験可の求人を出している会社は、キャリアチェンジを狙って転職する人が多くなります。

ゆえに、狭いパイを取り合うことになりますので、『早めに行動すること』が必勝の鍵です。

 

Q2 : 未経験からの転職は難しいですか?

 

結論、経験者よりは難しいけど、十分に転職可能です。

 

実際の求人で確認

doda(デューダ)に掲載されている求人が以下のとおり。

【大卒以上】データ分析に対して強い興味・関心をお持ちの方等/業種・職種未経験歓迎

■必須条件:※以下いずれかに当てはまる方であれば、ご応募可能です。
・データ分析に対する強い興味・関心
・AIや機械学習など、先進技術の習得、活用への興味
・Python、Rなどのプログラミングスキル
・統計学もしくは機械学習の知見
・当社の掲げるVision、Mission、Valueに共感できる方

■歓迎条件:
・大学等での統計学の専攻経験
・統計分析ソフト(R、Python、SAS、MATLAB等)の使用経験

 

自分でスキルを習得する必要があるものの、未経験でも応募可能な案件があります。

もちろん、経験者よりは求人数が少ないです。でも、今のうちなら転職可能かなと。

 

これが数年経って、「自社の人間を育てたほうが早いよね」となってくると、状況が変わって未経験の採用は少なくなります。

やはり、早めの行動が大事ってことですね。

 

Q3 : 取得すると有利になる資格はありますか?

 

結論、なくてもOKです。

 

あくまでも「あったら良いなあ…」と感じる資格は、以下ですかね。

  • TOEIC
  • 統計検定
  • 基本情報技術者試験

データサイエンティストを求人するような会社は、英語を使う機会が無きにしも非ずです。

なので、TOEICは持っておいて損はないでしょう。

 

また、データサイエンティスト未経験なら、統計検定は有効ですね。

統計学の知見を持っていることの証明になりますので。

 

ただし、「あったら良いなあ…」くらいです。

資格取得のために、転職が半年後になるくらいなら、資格はなくても大丈夫です。

 

Q4 : 未経験の場合、どれくらいのスキルを身に付けておくと良いですか?

 

結論、「会社によるので、なんともいえない」です。

というのも、ひとことで『データサイエンティスト』と言っても、担当業務範囲が会社によって変わってきます。

 

本当にデータ分析系のことだけやるのか、それとも分析基盤の構築や運用までやるのかなど、会社によって多種多様です。

なので、本当に最低限の知識だけ身に付けたら、あとは思いきって転職に踏み切るのが良いかなと。

※ちなみに、”最低限の知識を身に付ける”なら、『データサイエンスの独学完全マップ』をどうぞ。

 

データサイエンティストは、机上で勉強するのと、実務を経験するのとでは、習得できる知識が大きく異なってきます。

会社側も未経験で勉強できることが限られているのは、承知の上で求人を出しているはず。

 

学習の途中でも、転職活動を始めてしまうくらいがちょうど良いですよ。

 

まとめ : 転職エージェントを有効活用して、データサイエンティストを楽しもう

 

というわけで、今回は以上です。

 

今回紹介した転職エージェントは、どれも5分あれば登録完了できます。

一度登録してしまえば、その後はメールにて求人情報の紹介があるので、特に面倒なことにはなりません。

 

人気な求人は、早期に埋まってしまうので、ぜひ早めに行動していきましょう。

 

それでは、この辺で。

満足のいくデータサイエンティスト転職ができますように。

 

おすすめの記事