Work

エンジニアに学歴が関係ない3つの理由【高卒でも大活躍です】

エンジニア 学歴
エンジニアになりたい人
エンジニアになりたい人
エンジニアになりたいんだけど、学歴って必要なのかな…。

学歴にコンプレックスがあるから、詳しく知りたいな…。

この記事では、上記のような悩みを解決していきます。

 

この記事の想定読者

想定している読者は、次のとおりです。

  • エンジニアという職種に興味を持っている人
  • エンジニアになりたいけど学歴が必要なのか気になる人
  • これからプログラミング学習を始めようと考えている人

 

この記事では「エンジニアに学歴が関係ない理由」について書いていきます。

エンジニアになりたいけど、学歴にコンプレックスがあるから、エンジニアになれるかどうか不安ですよね。

 

でも、本記事を読み終えれば、学歴がなくてもエンジニアになれる理由が分かるようになるので、安心してエンジニアを目指せるようになるかと。

当記事を書いている僕は、現在フリーランスエンジニアとして活動しており、色々なエンジニアと仕事をしています。

その中で、色々な学歴を持ったエンジニアと仕事してきたので、エンジニア業界について参考になる情報が提供できるかと(`・ω・´)!

 

エンジニアになりたいと考えている方は、読み進めていきましょう。

 

エンジニアに学歴が関係ない3つの理由

エンジニア 学歴

結論、学歴よりも技術力が必要だからです。

 

エンジニアに学歴が関係ない理由① : 必要なのは技術力だから

 

エンジニアという職業に必要なのは「技術力」で、ざっくりといえばプログラムを書く力が大事になってきます。

そして、プログラムを書けるかどうかは、学歴に左右されないですよね。

 

確かに、情報系の大学を出た人の方が有利かもしれません。

そういった人たちは、プログラミング以外のIT知識も十分蓄えており、それだけ飲み込みが早いわけなので。

 

とはいえ、情報系の大学を出ていなくてもプログラミングの習得は可能だし、エンジニアになることも可能です。

最近だと、未経験からエンジニア転職を目指すポテパンキャンプtech boostといったプログラミングスクールが出ていますからね。

さらに、学歴が必要ない時代に突入しているかなと感じます。

エンジニアに学歴が関係ない理由② : 人手不足だから

 

なぜ情報系の大学を出ていなくてもエンジニアになれるのかといえば、圧倒的な人手不足の状況にあるからです。

富士通とかNTT DATAといった、超大手企業であれば人手を確保できますが、そうでなくて知名度のない企業になってくると、わりと採用に苦しんでいる状況です。

 

よって、プログラミングを習得している人であれば、あと少し育ててあげれば戦っていけると判断し、エンジニアとして採用される感じです。

大前提として、エンジニアになるために自力で勉強している時点で、かなり前向きに行動できる人だと判断されますからね。

 

人手を確保するためにも、そういった自走力の高い人を採用したいのは、言うまでもないですね。

エンジニアに学歴が関係ない理由③ : 現に大学を出ていない人が活躍しているから

 

そして、学歴がなくてもエンジニアになれるというのは、別に机上の空論ではなくて、僕の周りで活躍しているエンジニアが大学を出ていないからです。

 

いま一緒に仕事しているエンジニアの方は、高校卒業後にニートを経て、途中で「このままではマズイ」という思いから、ITの勉強をしていったそうで。

それで、今ではフリーランスとして月60万円くらい稼いでおり、高卒でも技術力があれば何の問題もない感じです。

 

もちろん大学を出ている方も活躍していますが、高卒の人でも同じように活躍しているのがエンジニア業界です。

エンジニア同士でも、どこの大学出身なのかとか、全然話題に上がらないですからね、、、。

 

エンジニアに学歴が必要になる3つのパターン

エンジニア 学歴

とはいえ、エンジニアでも学歴が必要になることがあり、それはハイキャリアを目指す場合です。

 

エンジニアでも学歴が必要になるパターン① : システムエンジニアになる場合

 

同じエンジニアでも、システムエンジニアになる場合には学歴が必要です。

学歴が必要というか、「学歴 >>> 技術力」といった感じで、もはやシステムエンジニアとして就職する場合、技術力は不要ですね。

少しイメージしづらいかもしれないですが、システムエンジニアが作るモノは、銀行のATMのような大規模なシステムで、絶対にバグを起こせないです。

なので、今までと同じようにシステムを作って安定稼働させることを目的にしているので、新しい技術は必要ないんですね。

プログラミングスキルでいえばJava、その他にはOracle製品があればOKといった感じ。

 

そして、安定稼働するシステムを作るためには、高い集中力が必要になります。

「学歴が良い=総じて集中力が高い」と捉えられるため、システムエンジニアとして就職するのであれば、学歴が必須になってきます。

エンジニアでも学歴が必要になるパターン② : アメリカでエンジニアをする場合

 

さらに、アメリカとか海外でエンジニアとして働きたい場合にも、基本的に学歴が必要になります。

学歴がなくても大丈夫なのですが、アメリカで就労ビザを取りたいと思ったら、実務経験が12年ほど必要になってしまいます。

 

実務経験を12年も積まないといけないので、学歴なしでアメリカに渡ろうとするのは、わりとシンドイかなと。

なお、実務経験で誤魔化さずに、学歴勝負でアメリカの就労ビザを獲得するには、情報系の修士卒が必要です。

 

よって、学部卒なら情報系の大学院に、大学すら出ていなければ情報系の大学にいくことから始めましょう。

※もちろん、海外でエンジニアとして働きたい場合であり、日本であれば学歴は不要ですよ。

エンジニアでも学歴が必要になるパターン③ : 機械学習系の研究開発をする場合

 

機械学習の研究開発をする場合にも、高い学歴が必要になってきます。

最近よく耳にする、富士通やソニーの新卒でも700〜1,000万円の給料を出す話は、まさに学歴勝負の世界ですね。

 

普通にエンジニアをやりたいと考えている方であれば、ここら辺は少し関係ないかもしれませんが、学歴が必要になる事例として知っておいて頂けたらと。

 

エンジニアに学歴は必要ないので、いますぐ勉強を開始しよう

 

というわけで、エンジニアに学歴が必要ない理由を紹介してきました。

学歴が不要だと分かったら、あとは勉強を開始するのみですね。

 

個人的にオススメなプログラミング言語は、以下のとおりです。

  • Python : これ1つで出来ることが多い / 高年収
  • Ruby : Webアプリを作るときによく使われる / 初学者に選ばれやすい
  • JavaScript : フロントエンドのエンジニアをやるなら必須

以上のプログラミング言語を学習していくのが良いのかなと。

 

特にやりたいことがなければ、僕はPythonをオススメします。

機械学習でも、Webアプリの開発でも、サーバーサイドの処理でも、Python1つ習得すれば色々なことが実現可能。

なので、やりたいことが決まっていない人は、もっとも勉強する価値があるプログラミング言語ですね。

 

それでいて、日本にはPythonが書ける人が少ないので、年収も高いです。

Pythonエンジニア 年収
【必見】Pythonエンジニアの年収は高い?【約600万円狙える】『プログラミング言語のPythonが気になっているんだけど、年収はどれくらいなんだろう...。』このような悩みを解決できる記事になっています。これからPythonを勉強しようと考えている方は必見です!...

 

エンジニアという働き方に憧れているだけで、まだ作りたいものが決まっていないのであれば、Pythonからスタートしていきましょう。

なお、プログラミングスクールを使って、サクッと基礎学習を終わらせたい方は、以下の記事が参考になります。

Python プログラミングスクール おすすめ
Pythonでおすすめのプログラミングスクール7選【AIエンジニアが解説】『Pythonを学べるおすすめのプログラミングスクールが知りたいな...。』このような悩みを解決する記事になっています。自分に合ったプログラミングスクールを探したい方は必見です。...

 

そうでなく、独学でPythonを勉強していきたいのであれば、以下の記事を参考にしてみてください。

Python 独学
Pythonの独学完全ロードマップ【現役AIエンジニアが解説】『Pythonって独学で習得できるのかな...。Pythonの独学方法を具体的に知りたいな...。』このような悩みを解決できる記事になっています。Pythonを独学していきたい方は必見です。...

 

勉強方法はどちらでも良くて、1番大事なのは「とにかく勉強を始めること」です。

本当にエンジニアになっていく人は、この記事を閉じてからプログラミング学習をスタートしますよ(`・ω・´)!

 

おすすめの記事