Freelance

【真理】フリーランスエンジニアを目指すときの「不安」を消す方法

フリーランスエンジニア 不安
フリーランスエンジニアを目指す人
フリーランスエンジニアを目指す人
フリーランスエンジニアになりたいんだけど、なんだか不安だな…。

フリーランスエンジニアを目指す上での不安を解決していきたいな…。

この記事では、上記のような悩みを解決していきます。

 

この記事の想定読者

想定している読者は、次のとおりです。

  • 未経験からフリーランスエンジニアになりたい人
  • フリーランスエンジニアにはなりたいけど、不安に感じる人
  • フリーランスエンジニアを目指す上での不安を消したい人

 

この記事では「フリーランスエンジニアを目指すときの不安を消す方法」について書いていきます。

フリーランスという働き方が広まっているので、自分もなりたいと思いつつ、やはり不安に感じますよね。

 

この記事を読めば、フリーランスエンジニアを目指すときの不安を消す2つの方法が分かるようになります。

僕も最近まで「フリーランスエンジニアを目指す側」だったので、どのような不安を持っているのか理解しているつもりです。

3分ほどで読めますので、フリーランスエンジニアを目指している方はご覧くださいませm(_ _)m

 

フリーランスエンジニアを目指すときに不安になること【3つある】

フリーランスエンジニア 不安

フリーランスエンジニアを目指すときに不安になることは、3つほどあるかなと。順番に見ていきましょう。

 

不安なこと① : 周りが不安を煽ってくる

 

フリーランスエンジニアを目指しているとき不安に思うことの1つ目は、周りが不安を煽ってくるときだと思います。

具体的に言えば、次のとおりです。

  • フリーランスで稼ぎ続けるとか、無理だよ
  • 独立するなんて、無理だよ
  • 将来、結婚したら色々な審査とかどうするの?

こんな感じで、周りの友達に不安を煽られたタイミングで、少しメンタルがやられてしまいます。

 

僕は周りに一切相談しませんでした

ということが分かっていたので、僕は周りに一切相談しませんでした。

というか、周りに相談したところで、僕はフリーランスエンジニアになると決めていたので、相談することがなかった感じです。

あと昔から自分のことを話すのが苦手だったので、「特段言う理由もないかな…。」って思いでした。

 

不安なこと② : 仕事・案件の継続ができるか考えているとき

 

フリーランスエンジニアを目指しているとき不安に思うことの2つ目は、仕事・案件の継続ができるか考えているときです。

 

常駐型でフリーランスをやっている場合は、契約期間が近づいてきたときに「次の案件が獲得できるかどうか」ってことですね。

個人的に案件を獲得している方であれば、「仕事を取り続けられるかどうか」を考えることになります。

 

フリーランスは一般的に「仕事が安定しない」と言われているので、ここら辺は独立していると必ず不安に思う部分になるかと思います。

 

不安なこと③ : 暇になったとき

 

フリーランスエンジニアを目指しているとき不安に思うことの3つ目は、暇になったときです。

暇になると言うのは、「ニートになる」という意味ではなくて、毎日生活しているときの暇です。

 

具体的にいうのであれば、次のようなときです。

  • 睡眠前の空き時間
  • 土日の休日時
  • 正月などで実家に帰っているとき

こんな感じで、少しでも考え事をする余裕があると、「本当にフリーランスエンジニアとしてやっていけるのだろうか…。」と不安になってきます。

 

フリーランスエンジニアを目指すときの不安を消すには、煽る人から離れて鬼努力しよう

フリーランスエンジニア 不安

以上のように、フリーランスエンジニアを目指していると不安に思うタイミングが、しばしばあります。

でも、このような不安を消す方法が存在するので、僕の実体験を元に紹介していきます。

 

解決策① : 不安を煽ってくる人とは距離を置こう

 

まず、これからフリーランスエンジニアを目指している方は、不安を煽ってくる人とは距離を置きましょう。

言うまでもなく、不安を煽ってくるような人が、人生を良くしてくれることはありません。

 

さらに、僕たち人間は、環境に左右される生き物です。

周りの人がフリーランスだらけだったら、自分もフリーランスになりたいと思いますし、周りがネガティブなことばかり言っていたら、自分もネガティブな気持ちになります。

なので、こういったネガティブなことを言っている人とは距離を置きつつ、楽しい人生にしていきましょう。

 

ネガティブなことを言っている人は、何もできない件

さらに、ネガティブなことを言っている人は、特に何もできません。

このツイートは、アリババ創業者「ジャック・マー」の言葉を拝借したツイートなのですが、わりと本質を得ています。

否定することは簡単なんですけど、自分自身では何もできません。

というか自分には何もできないから、成功していたり成功しそうになってる姿を見ると嫉妬するんですよね。

よって、スルーしていきましょう。時間の無駄です。

 

解決策② : 暇になるくらいなら、鬼努力してスキルを身につけよう

 

さらに、暇になるくらいなら、鬼努力してスキルを身につけていきましょう。

 

そもそも不安に思うのは、不安に思えるほどの暇があるからで、暇があるということは、まだまだ余裕があるということ。

であれば、フリーランス独立して案件が途切れてしまっても別口で稼げるようなスキルを身につけておけば、不安が解消されつつ暇がなくなりますよね。

 

2020年 : 僕の目標

こんな感じで、本職の常駐型フリーランスをやりつつ、以下のスキルを身につけようと考えています。

  • YouTube
  • 動画編集
  • Web制作

大前提として、ある程度のブログ収益があるのですが、さらに上のようなスキルを身につけていく感じです。

 

このようにやることをモリモリにしておけば、「暇ができる」ことはなくなり、さらには不安に思う余裕すらなくなっていきます。

不安に思う暇があるくらいなら、鬼努力していきましょう。

 

補足 : 僕も不安になるけど、やっぱり考えてもしょうがないです

 

以上でフリーランスエンジニアの不安を消す方法を紹介しましたが、とはいえ僕も不安に思うことはあります。

でも、結局のところ不安に思っていてもしょうがないかなと。

不安に思っているだけでは現状が変わることもなければ、さらに不安が増すだけなんですよね。

それだったら、不安な気持ちを持ちつつも、スキルを身につけた方が合理的だなと思うわけです。

 

少しマッチョな解決策になっていますが、それでも「不安な気持ちになる余裕すらなくなるほど努力する」のが1番正解と思っている解決策です。

 

まとめ : フリーランスエンジニアは鬼努力して不安を消そう

 

というわけで、フリーランスエンジニアを目指すとき不安になることと、具体的な解決策を書いてきました。

繰り返しになりますが、「暇ができると不安な気持ちになってしまうので、暇がなくなるくらい鬼努力する」のが1番良い解決策になります。

 

僕もまだまだスキルが低いフリーランスですし、月の売り上げも70万円ほど。

これからも鬼努力して人生を安定化していきます(`・ω・´)!

 

おすすめの記事