Freelance

フリーランスエンジニア独立前のスキル不足を解消する方法【実体験】

フリーランスエンジニア スキル不足
フリーランスエンジニアになりたい人
フリーランスエンジニアになりたい人
フリーランスエンジニアになりたいんだけど、スキル不足で不安だな…。

スキル不足の不安を解消する方法はないかな…。

この記事では、上記のような悩みを解決していきます。

 

この記事の想定読者

想定している読者は、以下のとおりです。

  • フリーランスエンジニアになりたい人
  • でも、まだスキル不足に感じている人
  • 独立前のスキル不足を解消する方法が知りたい人

 

この記事では「フリーランスエンジニア独立前のスキル不足を解消する方法」を紹介していきます。

フリーランスエンジニアになりたいと思うけど、まだスキル不足に感じていて不安ですよね。なんなら、このままで本当にフリーランスになれるのかな?みたいな。

 

本記事を読み終えれば、フリーランスエンジニアのスキル不足を解消する方法が分かり、安心してフリーランス独立を目指していけるかと。

この記事を書いている僕は、現役でフリーランスエンジニアをやっており、2つの案件を掛け持ちしています。

 

でもフリーランス独立したときは、実務経験半年ほどしかなく、今のみなさんと同じような不安を持っていました。

なので、フリーランスエンジニアになる前の心境を理解した上で、参考になる話ができるかと(`・ω・´)!

 

フリーランスエンジニア独立前のスキル不足を解消する方法

 

フリーランスエンジニアになりたいけど、現状スキルが足りていないな〜。」と感じているのであれば、解決策は2つあります。

 

スキル不足を解消する方法① : しっかり業務をこなす

 

ぶっちゃけ1番大事なのは、日々の業務をしっかりとこなすことです。

理由はカンタンで、個人的に勉強するよりも、毎日の業務で得た知識の方が、役に立つからです。

規模感でいうと、ざっくり10倍くらいは毎日の業務の方が大事です。それくらい、毎日の業務で得られる知識とかスキルは重要になってきます。

 

例えば、GitとかSVNとか、バージョン管理システムって、個人だとできることに限りがあるんですよね。

チームでの開発になっていないので、コマンドは使えるけど実務に活かしきれない感じです。

 

個人で学習する目的は、「毎日の業務で使うため」だと思うので、それであれば業務時間内のことをしっかりこなしていったほうが良いですね。

なので、まずは毎日の業務にしっかりと取り組んでいきましょう。

 

業務では開発経験が積めるようにしよう

なお現状、開発経験を積めていなくて、運用保守とかに回されてるのであれば、ちょっと会社を変えたほうが良いかもです。

 

手を動かすフリーランスエンジニアとして戦っていくのであれば、まず経験すべきは開発経験。

基本的に、フリーランスエンジニアを欲している企業は、手を動かすエンジニアが不足していて発注をかけているわけなので。

 

フリーランスエンジニアになりたいんだけど、開発の経験が積めていない人は、以下のようなエージェントサービスを使って、転職を考えましょう。

レバテックキャリアは、フリーランスエージェントのレバテックフリーランスも運営しているので、フリーランス独立も考えている人はピッタリですよ。

 

スキル不足を解消する方法② : 本・動画を使って勉強する

 

毎日の業務を頑張りつつも、新しい知識を本や動画で、キャッチアップしていきましょう。

毎日の業務を頑張るのが基本ですが、それだけだとIT業界は勉強することが多すぎて間に合いません。

 

たとえば、業務の中でKubernetesを使うことになったなら、個人的にも本や動画でKubernetesの勉強をしていく感じです。

また、コンピューターサイエンスとかAWSは、どこの現場に行っても使う知識なので、勉強して損することはないですね。

 

おそらく、フリーランスエンジニアを目指している方なら、知識の取得に貪欲なはず。

「老害エンジニア」と揶揄されないためにも、業務を頑張りつつ個人学習を継続していきましょう。

 

補足 : 仲間が作りやすいので、勉強会もアリです

 

なお、スキルアップという意味では少し微妙かもですが、同士と繋がるのが目的であれば勉強会もアリです。

気になる人は、connpassとかのぞいてみると良いですね。

 

スキル不足でフリーランスエンジニアになった場合【結論 : 問題ナシ】

 

もし「スキル不足でフリーランスエンジニアになったら」ですが、、、結論問題ナシです。

 

大前提 : まずはフリーランスエージェントで案件獲得できるか確認する

 

大前提ですが、案件を獲得していないのに、いきなりフリーランス独立するのはやめましょう。

 

まずは、以下のようなフリーランスエージェントで、案件を獲得できるのか確認するべきですね。

レバテックフリーランスなんかは、案件数も多いし営業力も強くてオススメです。

 

ちなみにフリーランス向けエージェントで、案件を獲得できるか確認するのは、客観的なフィードバックを得るためですね。

自分では大したことないと思っていたけど、自分の持っている技術なら仕事を発注したいって企業は、わりとあります。

他にも、技術力はまだまだなんだけど、色々な面を総合して案件をお願いしたいなど。

 

そして、こういった話は実際にエージェントを使って、紹介可能な案件を見てみないと分からないですよね。

なので、まずは「自分はスキル不足だから、まだまだ関係ないか〜。」とか思わずに、客観的に自分の評価を知るためにも、フリーランスエージェントで相談するべきです。

僕自身、実務経験が半年くらいしかない状態でフリーランスエージェントに行ってみたところ、意外と参画可能な案件があった感じです。

 

逆質問 : あなたのスキルが足りるのは、いつですか?

 

さらに、いまスキル不足に感じている人に、1つ質問があります。

あなたのスキルが足りるようになるのは、具体的にいつでしょうか。どんな状態になったら、スキルは足りるようになるんでしょうか。

僕が思うに、エンジニアは毎日勉強することがありすぎなので、スキルが完全に足りるようになるなんて有り得ないです。

 

なので、「まだスキル不足だから、フリーランスエンジニアは無理だな…。」とか考えても無駄かなと。

さらに繰り返しになりますが、スキルの有無を決めるのは、自分ではなくて案件を発注する企業側ですからね。

客観的な評価なくして、フリーランスエンジニアになれるかは分かりませんよ。

 

案件獲得できたら、フリーランスエンジニアになろう

 

というわけで結論ですが、以下のステップでいきましょう。

  • STEP① : フリーランスエージェントで案件獲得できるか確認する
  • STEP② : 案件を獲得できたら、フリーランス独立。無理なら勉強。

以上です。

 

まずは、今のスキルレベルでフリーランス独立できるかどうか、フリーランスエージェントで客観的に評価してもらいましょう。

オススメのフリーランスエージェントは、以下のとおりです。

以上のエージェントを使ってフリーランス独立できたのなら、さらに案件の業務を全力でこなしていって、不足していた技術をキャッチアップする感じです。

その次の案件は、今回の案件で獲得したスキルもあるので、決まりやすいはず。

 

会社によって使っている技術が違うので、フリーランス独立前に技術を完璧にするとか無理ゲーですからね。

まずはエージェントで相談するくらいのレベル感で、前に進んでいただけたらと。

僕も引き続き、毎日勉強しつつ頑張っていきます(`・ω・´)!

 

おすすめの記事