Freelance

フリーランスエンジニアを目指す!言語の選び方を「目的別」に紹介

フリーランスエンジニア 言語
フリーランスエンジニアを目指している人
フリーランスエンジニアを目指している人
フリーランスエンジニアを目指しているんだけど、どのプログラミング言語を選べば良いんだろう…。

目的に合わせた言語選びを紹介してくれると助かるな〜。

この記事では、上記のような悩みを解決していきます。

 

この記事の想定読者

想定している読者は、次のとおりです。

  • フリーランスエンジニアになりたい人
  • でも、どのプログラミング言語を選べば良いか分からない人
  • 自分の目的に合ったプログラミング言語を選びたい人

 

この記事では「フリーランスエンジニアを目指している方向けにプログラミング言語の選び方」を紹介していきます。

フリーランスエンジニアになりたいと感じつつも、どのプログラミング言語を選んだら良いのか検討もつかないですよね。

 

この記事を読み終えれば、自分の目的にあったプログラミング言語を選べるようになります。

 

この記事の信頼性

現役でPythonのフリーランスエンジニアをやっています。

独立したのも2019年12月なので、最新の動向をしっかりと掴めているかと思います(`・ω・´)!

 

フリーランスエンジニアを目指す!言語の選び方を「目的別」に紹介

フリーランスエンジニア プログラミング言語

フリーランスエンジニアを目指している方向けに、プログラミング言語の選び方を紹介していきます。

一言で「フリーランスになりたい」と言っても、おそらく目指している像が違ってくるはずなので、ご自身の目的にあった部分を読んでいただけると良いかと思います。

 

パターン① : 王道にフリーランスを目指す

 

まず、理由はともあれ横道にフリーランスエンジニアを目指したい方には、以下のプログラミング言語をおすすめします。

  • Ruby
  • PHP

理由は純粋に、「習得難易度が低め + フリーランス独立しやすいから」ですね。

 

そして以上のような背景があるので、フリーランスエンジニアを目指すほとんどの人が「Ruby or PHP」を選ぶことになります。

 

RubyとPHPがフリーランス独立しやすい理由

RubyやPHPがフリーランス独立しやすい理由は、実際の案件を確認すればOKです。

以下の画像は、大手フリーランスエージェントのレバテックフリーランスにて紹介されている案件になりますが、実務経験1年以上になっているかと思います。

レバテックフリーランス Ruby案件

このように、RubyやPHPはフリーランス独立に必要な「要件」が割と少ないのが特徴です。

 

それでいて、案件数も割と豊富にあります。

レバテックフリーランス 案件数

よって、RubyやPHPでのフリーランス独立がしやすくなっています。

 

なので、特にこだわりを持っておらず王道にフリーランス独立を目指すのであれば、RubyかPHPを始めるのがおすすめですね。

 

パターン② : 高収入を目指す

 

フリーランス独立して、高収入を目指していきたい方は、Pythonの学習をおすすめします。

理由は言うまでもなく、高単価案件が多いからです。

 

Pythonで高単価案件が多い理由

Pythonで高単価案件が多い理由は、以下のとおりです。

  • そもそも書ける人が少ない
  • AI・データサイエンスに使われている

こんな感じで、つまり需要と供給が釣り合っていないため、Pythonだと高単価になってきます。

カッコ良い言い方をすれば、ブルーオーシャンということです。

 

そして、僕もここを狙っており、実務経験半年ほどで月55万円を稼げるようになりました。

レバテックフリーランスの単価診断サービスを使ってみると分かりますが、PHPで実務経験1年未満だと40〜45万程度ですからね。

 

Pythonだと、いかに高単価を狙って行けるか分かるかと思います。

 

パターン③ : リモートワークを目指す

 

3つ目のパターンとして、リモートワークを目指す場合ですよね。

 

その場合には、以下の言語がおすすめです。

  • Ruby
  • PHP
  • Swift

ここら辺の言語を学んでおくと、リモートワークでもOKな企業が多いですね。

 

Swiftはあまり聞かないかもしれませんが、iosのアプリケーションを作れる言語です。

そして、Swiftは2014年に登場したプログラミング言語になっているので、わりと新しく書ける人が少ないのが特徴。

 

なので、リモートワークを目指す場合でも、以下のように分類できるかと思います。

  • 王道に、リモートワークを目指す
  • ブルーオーシャンに、リモートワークを目指す

これについては、自分の性格との相性になってくるので、心の中で問いかけてみてください。

 

ぶっちゃけ、どの言語でも良いです

 

以上、フリーランスエンジニアを目指している方向けに、プログラミング言語の選び方を紹介してきました。

ですが、おそらく大半の人が「結局、どの言語でも良さそうじゃん」と感じたはず。

 

実際のところ、そのとおりです。

どんな言語を選ぼうと、実務経験1〜2年ほど積んでいればフリーランス独立は可能になってきます。

 

なので、自分が興味を持ったプログラミング言語を習得していくのが良いですね。

やはり、興味がないと勉強って続かないので。

 

とにかく行動して、体験して、自分に合ったプログラミング言語を見つけていきましょう。

これに関しては、ネットでググっているだけでは分かりません。

 

フリーランスエンジニアの目指し方【言語共通】

フリーランスエンジニア プログラミング言語

フリーランスエンジニアを目指すためのプログラミング言語を選んだら、さっそく独立を目指していきましょう。

 

STEP① : プログラミングを勉強する

 

まずは言うまでもないですが、プログラミングを勉強していきましょう。

そして、プログラミング学習は「短期集中」が良いです。

 

プログラミング学習を短期集中すべき理由

  • 次第に忘れていくから
  • 長期間やれば身につくようなものではないから
  • 1番スキルが身に付くのは実務経験だから

以上の理由で、プログラミングを短期集中で学習することをオススメしています。

 

1番スキルが身に付くのって、本当に実務を通した経験なんですよ。

というか、プログラミング学習する目的って「エンジニアになること」なので、そりゃ実務経験を積んだ方がスキルは身につきますよね。

 

というわけで、プログラミングは2〜3ヶ月程度で学習しましょう。

なお、学習するときは独学でもスクールを使っても、どちらでも良いです。

 

プログラミングに自信があれば独学だし、自信なければスクールを使うだけです。

スクールについても、TechAcademyとか使えば無料体験できますので、わざわざ悩む必要はないかと。

そこで悩んでいる暇があったら、コード書きましょう(`・ω・´)!笑

プログラミングスクール おすすめ 選び方
プログラミングスクールおすすめ5社比較【月80万エンジニアが解説】『プログラミングスクールの数が多すぎて、どのスクールを選べば良いのか分からないな...。おすすめのプログラミングスクールと選び方を教えて欲しい!』このような悩みを解決する記事になっています。おすすめのプログラミングスクールと、選び方を知りたい人は必見です。...

 

STEP② : エンジニア転職する

 

プログラミング学習を2〜3ヶ月ほどやったら、エンジニア転職していきましょう。

無限にプログラミング学習しても、フリーランスエンジニアにはなれません。

 

エンジニア転職する際は、転職エージェントを使っても良いし、個人的に気になる企業に応募しても良いかと。

 

おすすめの転職エージェント

IT系の転職は、以下を使えば問題ないですね。

 

自分で探す場合

自分で探す場合には、Wantedly一択かなと。

  • Wantedly : エンジニア求人、特にベンチャーやスタートアップが多い

 

こんな感じですね。そして、個人的なオススメは、両方とも使うことですね。

転職エージェントで業界の情報を収集しつつ面接対策してもらい、自分でスタートアップを狙っていくとかでも良いのかなと。

 

とにかく、いずれかの方法でエンジニア転職して、実務経験を1〜2年ほど積んでいきましょう。

 

STEP③ : 実務経験1〜2年積んで、フリーランスになる

 

そして、エンジニアとして実務経験を1〜2年ほど積んだら、フリーランスエージェントを使って独立していきましょう。

これについては、まだ先の話になりますので、「そういう手順で独立していくんだな〜」くらいで大丈夫です。

 

おすすめのフリーランスエージェントについては、以下の記事にてまとめていますので、ブックマークでもしておいて頂けると良いかと思います。

フリーランスエンジニア エージェント おすすめ
フリーランスエンジニア向けのエージェント5選【体験談から紹介】『フリーランス独立したいんだけど、どこのフリーランスエージェントが良いんだろう...。自分に合ったフリーランスエージェントが知りたいな...。』このような悩みを解決する記事になっています。フリーランスエンジニア向きのエージェントを探している人は必見です。...

 

まとめ : フリーランスエンジニアはどんな言語でもなれます

 

というわけで、フリーランスエンジニアを目指している方向けに、プログラミング言語の選び方を紹介してきました。

繰り返しにはなりますが、どのプログラミング言語を選んでもOKです。

自分が気になったプログラミング言語を学習していけば良いのかなと思います。

 

とにかく行動あるのみ。

プログラミングしていかないとフリーランスなんて程遠いので、まずは短期集中で勉強していきましょう。

おしまいです。

 

おすすめの記事