Freelance

フリーランス向けのおすすめ求人サイト3選【使うときのコツも解説】

フリーランス 求人サイト おすすめ
フリーランスになりたい人
フリーランスになりたい人
フリーランス独立を考えているんだけど、おすすめの求人サイトはどこかな…。

この記事では、上記のような悩みを解決していきます。

 

この記事の想定読者

想定している読者は、以下のとおりです。

  • フリーランスを目指している人
  • フリーランス向けの求人サイトを知りたい人
  • 案件を獲得するときのコツも知りたい人

 

この記事では「フリーランス向けのおすすめ求人サイト」を紹介していきます。

フリーランスになりたいと思いつつも、どんな求人サイトがあるのか、まだまだ分からないですよね。

 

本記事を読み終えれば、安定して仕事を獲得していけるフリーランス向けのおすすめ求人サイトが分かるようになります。

僕自身も、当記事で紹介している求人サイトを使っていて、現在は月80万円ほど稼ぎつつ、自由気ままに働いています。

 

フリーランスになりたいけど、不安定なのは嫌だと感じる方は、この記事を読み進めていただけたらと思います。

 

フリーランス向けのおすすめ求人サイト3選【使うときのコツも解説】

フリーランス 求人サイト おすすめ

フリーランス向けのおすすめ求人サイトは、以下の3つです。

以上を使っておけば、ぶっちゃけ間違えないかなと。

 

フリーランス向けのおすすめ求人サイト3選を比較

 

サイト同士の違いですが、、、ぶっちゃけ大差なしです。どこを使っても、似たような案件が紹介されますね。

まったく同じ案件というわけではないですが、「種類」が同じってことですね。常駐型で、週5日勤務の案件が多いです。

 

常駐型で週5日勤務と聞くと、なんだかデメリットな気がしますよね。でも、会社員のような働き方になるので、「安定して案件をもらえる」という最大のメリットがあります。

なので、「不安定」といったイメージが付き物のフリーランスですが、かなり安定したフリーランス生活を送れるようになります。

 

完全に自力で営業して仕事を獲得するのも良いですが、わりと金銭面で消耗しがちですからね。

特にはじめてのフリーランス独立であれば、今後やっていけるか不安になるかと。

 

不安を取り除くべく、登録だけでもしておいて、いつでも使えるようにしておきましょう。

Midworksとかは、給与保証のあるフリーランス求人サイトで、かなり精神的に安定しますよ。

 

ライター・デザイナー向けの求人サイト

 

ライターやデザイナーの方であれば、以下のようなフリーランス求人サイトを使うのがオススメです。

  • クラウドワークス : 国内最大級のクラウドソーシングサイト / 未経験でも使える
  • ランサーズ : 国内最大級のクラウドソーシングサイト / 未経験でも使える
  • ココナラ : 自分でできることを商品にする / 初心者でも取り組みやすい

このあたりを使っておけば、基本問題ないですね。

 

ライターやデザイナーは未経験からでも仕事を発注できるので、フリーランスになりたいと感じた日から使ってみるのが良いかと。

提案したり、自分の商品を出品しないことには、いつまで経ってもフリーランスになれませんからね。

 

フリーランスは、行動力が命だったりするので、どんどん仕事の受注提案をしていきましょう。

 

デザイナーなら、レバテックフリーランスもオススメ

先ほども紹介しましたが、デザイナーであればレバテックフリーランスもオススメですね。

普通に時給3,500円の案件とか見つかりますので。

 

ココナラとかだと、自分を安売りすることになるので、安定的に稼いでいきたいのであれば、レバテックフリーランスでお世話になりましょう。

 

エンジニアだと、他にも素晴らしいサイトが多いです

 

なお、エンジニアの場合だと、他にも素晴らしいフリーランス求人サイトが多いです。

  • PE-BANK : エンジニア向け / 手数料が業界最安で使える
  • Crowdtech : エンジニア向け / リモート案件が多め

特にPE-BANKは、他のフリーランス求人サイトと比較して、かなり手数料が低くなっています。

ざっくりとですが、他のフリーランス求人サイトの手数料が20〜30%に対して、PE-BANKは10%程度です。

 

同じ労働条件で、これだけ手数料が違ってくるので、エンジニアとして実務経験1〜2年ほどある方は、PE-BANKを使ってみましょう。

 

フリーランス案件を受けるときのコツ

フリーランス 求人サイト おすすめ

おすすめのフリーランス求人サイトは以上ですが、案件を受けるときのコツまで紹介していきます。

フリーランス独立に不安を抱えている方の参考になればと。

 

可能であれば、知り合いから受注し始める

 

おそらく、ほとんどの人は「いきなり案件を受注するのは不安だ」と感じているはずなので、まずは知り合いから仕事を貰うのがオススメです。

知りあいに「ホームページ作れるんだけど」とか「デザインできるんだけど」とか、色々と相談してみましょう。

10〜100人も聞いて行けば、知り合いの知り合いとか、誰かしらお願いしたい人が現れるはずです。

 

知り合いから受注する目的は、実績づくりです

知り合いから仕事を貰うのは、なんだか気が引けるな…。」と感じる方は、無料でやってあげれば良いかと。

あくまでも今回の目的は「実績づくり」ですので。

 

実績を作れたら、あとはネットで案件をとっていけば良いので、まずは無料でも良いから、周りに仕事を依頼してくれる人がいないか探してみましょう。

 

現役エンジニアは、すぐにサイトを使うべし

 

現役でエンジニアをやっていて「フリーランスになるかどうか迷うな…。」と感じているのであれば、すぐにフリーランス向けの求人サイトを使いましょう。

 

というのも、フリーランス求人サイトで相談してみると、意外と今持っているスキルで獲得できる案件があります。

僕も実務経験6ヶ月ほどでフリーランス求人サイトを使いましたが、今もフリーランスとして活動できています。

なので、いまエンジニアとして活動している方は、フリーランス求人サイトで相談してみましょう。無料なので、損することはありません。

 

おすすめのフリーランス求人サイト

もし獲得できる案件がなくても、今の自分に足りないスキルを把握できます。

フリーランスになるまでに必要なスキルを洗い出して、高速でフリーランスを目指していきましょう。

 

まだスキルを持っていないなら、まずはフリーランスになる力を身につけよう

 

というわけで、フリーランス向けの求人サイトと、案件を獲得するときのコツを紹介してきました。

 

そして、この記事を読んでくださっているのは、これからフリーランスを目指そうとしている方も多いかなと。

そういった方は、まずはスキルを身につけるところから始めていきましょう。

 

リモートワークしたい方向け

「フリーランス = 引きこもり労働」だと思っている方は、以下の記事をオススメします。

リモートワーク スキル
リモートワーク可能なスキル4選【勉強方法も合わせて解説】『会社に通勤して働くの疲れるな...。リモートワークできるスキルを習得したいな...。』このような悩みを解決する記事になっています。リモートワークするためのスキルを知りたい方は必見です。...

リモートワークできるスキルと、勉強方法まで解説しています。

 

フリーランスエンジニアになりたい方向け

フリーランスエンジニアには、いろいろな働き方があります。

自分のなりたい姿によって勉強するべきプログラミング言語が違ってくるので、以下の記事を参考にしてみてください。

フリーランスエンジニア 言語
フリーランスエンジニアを目指す!言語の選び方を「目的別」に紹介『フリーランスエンジニアを目指しているんだけど、どのプログラミング言語を選べば良いんだろう...。目的に合わせた言語選びを紹介してくれると助かるな〜。』このような悩みを解決する記事になっています。フリーランスエンジニアになりたい方は必見です。...

 

会社が自分の雇用を守ってくれる時代は終了しました。戦闘力を高めて、生き残るためのスキルを磨いていきましょう。

僕は引き続き、フリーランスとして自由気ままに仕事していきます。

 

おすすめの記事