Programming

後悔しないプログラミングスクールの選び方【現役エンジニアが解説】

プログラミングスクール 選び方
プログラミングスクールを検討している人
プログラミングスクールを検討している人
プログラミングスクールを使いたいんだけど、どうやって選んだら良いんだろう…。

プログラミングスクールの選び方を知りたいな!

この記事では、上記のような悩みを解決していきます。

 

この記事の内容

  • プログラミングスクールの選び方
  • そもそもプログラミングスクールを使うべきか
  • 目的別のおすすめプログラミングスクール

 

この記事を書いている僕は、最高月収80万円のフリーランスエンジニア。

さらに、エンジニア案件だけでなく、某プログラミングスクールでメンターも勤めていました。

 

今回はそんな僕が、「プログラミングスクールの選び方」について紹介していきます。

『現役エンジニア + 元スクール講師』の僕が執筆しているので、失敗しないプログラミングスクールの選び方が分かるようになりますよ。

 

※プログラミングスクール選びは、7ステップで選んでいきます。

 

後悔しないプログラミングスクールの選び方【7ステップです】

プログラミングスクール 選び方

先にネタバレ。プログラミングスクールの選び方は、以下のとおりです。

  • ステップ① : 目的に合ったスクールか
  • ステップ② : 学びたい言語を扱っているか
  • ステップ③ : 短期集中で学習できるか
  • ステップ④ : 講師が現役エンジニアか
  • ステップ⑤ : 自分に合った受講形式を選べるか
  • ステップ⑥ : 無料体験会・無料説明会を使う
  • ステップ⑦ : 自分の考えていた予算と合っているか

順番に解説していきます。

 

プログラミングスクールの選び方① : 目的に合ったスクールか

 

まずは、自分がプログラミングを勉強する目的を明確にしましょう。

 

  • エンジニアになりたい
  • 副業で稼ぎたい

プログラミングを学ぶ目的に、正解はありません。

 

ただ、プログラミングスクールには「就職・転職特化型」と「副業向き」があります。

  • 「エンジニアになりたい」なら、就職・転職特化型
  • 「副業で稼ぎたい」なら、副業向き

このように、各プログラミングスクールで、得意にしている分野が違います。

 

なので、自分の目的とか目標をしっかり決めてから、プログラミングスクールを選び始めましょう。

「エンジニア転職」 or 「副業で稼ぎたい」を決めておく!

プログラミングスクールの選び方② : 学びたい言語を扱っているか

 

プログラミングを学ぶ目的が決まったら、次はプログラミング言語を選んでいきましょう。

なぜか「①おすすめのプログラミングスクールを探す②プログラミング言語を選ぶ」の人が多いですが、本来は順番が逆です。

目標なくしてプログラミングスクールを選んでも、まったくの無意味ですからね。

 

このステップで、目標に合ったプログラミング言語を選んでいきましょう。

 

目標別のおすすめプログラミング言語

  • エンジニア転職を目指す : Ruby もしくは Java
  • 副業で稼ぐ : HTML / CSS / JavaScript / PHP(WordPress)

以上を学んでおけば、間違えることはありません。

 

エンジニア転職で「RubyとJavaのどちらにするか」は、以下の表が参考にあります。

プログラミング言語RubyJava
就職先Web系システム系(SIer)
服装私服スーツ
出勤時間10:00〜19:009:00〜18:00
技術モダンレガシー
就職の難易度

こんな感じです。僕のおすすめは、断然Web系ですね。

両方の業界で働きましたが、圧倒的にWeb系の方が楽しいです。

※準備中 : Web系とSIerの違い

 

そして、副業で稼ぐなら「HTML / CSS /JavaScript / PHP(WordPress)」です。

副業だと勉強する量が多いなあ〜」と思われるかもしれないですが、中身はそんなに難しくありません。

しかも、最初は「HTML / CSS」だけで副業を始められます。

 

若干テンション下がった人も、気を持ち直して頑張っていきましょう(`・ω・´)!

エンジニア転職ならRuby、副業ならHTML/CSS/JavaScript/PHPをおさえる!

プログラミングスクールの選び方③ : 短期集中で学習できるか

 

プログラミングスクールは、短期集中型を選びましょう。

 

なぜなら、プログラミングの基礎的な部分は、3ヶ月あれば習得できるからです。

それに、短期集中であれば、プログラミングスキルも伸びやすくなります。

プログラミングは長期的に勉強しようとすると、間違えなく勉強したことを忘れてしまうので。

 

つまり、短期集中でプログラミングを学ぶと、途中で挫折する可能性も低くなるんですよね。

勉強したことを忘れて、また復習しなおして、、、ってやっていると、「自分はバカなんだ」と自己肯定感下がりますので、、、。

 

しかも受講期間が短ければ、基本的にスクール料金は安くなります。

良いことづくしなので、プログラミングスクールは「短期集中」を選んでいきましょう。

 

おすすめの受講期間は、1〜2ヶ月です

僕がおすすめするプログラミングスクールの受講期間は、学生なら1ヶ月で、社会人なら2ヶ月です。

受講期間がやたら長いと、「今日は勉強しなくても良いか…」と甘えが出てきます。

そうならないためにも、短期集中で頑張っていきましょう(`・ω・´)!

プログラミングスクールの受講期間は、1〜2ヶ月の短期集中にする!

プログラミングスクールの選び方④ : 講師が現役エンジニアか

 

現役のエンジニアが講師をやっているプログラミングスクールを選びましょう。

というのも、たまにスクールの卒業生が、そのまま講師をやっているケースがあります。

卒業生が講師を勤めているのが悪いわけではないです。ただ、現役エンジニアだと「実務で活きる知識を教えてくれる」ので、学べる幅がグンと上がります。

 

どうせ高いお金を払うのであれば、できるだけ多くのことを学びたいはず。

なので、現役エンジニアが講師をやっているプログラミングスクールにしましょう。

 

副業で稼ぐ場合にも、どのような手順で仕事を探せば良いのか、教えてもらえるはずです。

現役エンジニアが講師を務めるプログラミングスクールを選ぶ!

プログラミングスクールの選び方⑤ : 自分に合った受講形式を選べるか

 

プログラミングスクールの受講形式には、オンライン型通学型があります。

 

受講形式の比較

受講形式オンライン通学
質問するときチャットツール直接会って教えてもらえる
場所の制約移動時間が必要ない教室に行く必要がある
モチベーション維持自分で管理する必要があるモチベーションを保ちやすい
料金通学より安くなる場所代があるので高い

これに関しては、、、人それぞれ好みが分かれますね。

僕は通学が好きですが、やはりオンラインが好きな人もいます。

 

なので、自分の好みに合った通学形式を選べるプログラミングスクールにしましょう。

現在、コロナウイルスの影響で、どのプログラミングスクールも「オンラインのみ」の提供になります。逆に、自宅でスキルアップするにはチャンスです!

 

「オンライン型」と「通学型」で、自分に合う受講形式を選べるスクールにする!

プログラミングスクールの選び方⑥ : 無料体験会・無料説明会を使う

 

ここまで細かく「プログラミングスクールの選び方」を解説しましたが、ぶっちゃけ無料体験会に参加するのが1番大事です。

「個人に合う合わない」は、やっぱり自分自身にしか分からないので。

 

幸いなことに、どのプログラミングスクールも、無料説明会か無料体験会を準備しています。

どれだけ使っても「無料」なので、積極的に活用していきましょう。

 

たまに「無料体験会に行くのは後ろめたいな…」って人がいますが、せっかく高いお金を払うんだから、そんなこと気にしている場合ではないです。

いざ受講し始めたら「自分に合わなかったな…」と後悔するケースも、無きにしも非ず。

 

「ここなら頑張ってプログラミングを学べる」と思えるスクールを選ぶためにも、絶対に無料体験会や無料説明会には足を運びましょう。

※スクールによっては、無料体験会に参加すると割引券が貰えたりします。

 

プログラミングスクールの選び方⑦ : 自分の考えていた予算と合っているか

 

「プログラミングスクールの選び方①〜⑥」を確認できたら、自分の考えていた予算と合っているかチェックしましょう。

当たり前ですが、お金を積めば積むほど、スクールのランクは上がっていきます。

 

プログラミングスクールは、有料のものだと15〜70万円と、本当に幅広いです。

自分はエンジニアになるために、どれくらいなら投資できるのか、しっかり考えておきましょう。

 

エンジニアになったり、副業を始めたりすれば、確かにすぐ元は取れます。

とはいえ、多少は手元に現金を残しておくのも大事です(`・ω・´)!

自分の予算に合ったプログラミングスクールを選ぶ!

そもそもプログラミングスクールは使うべきなのか?

プログラミングスクール 選び方


結論、以下に当てはまる人は使うべきです。

  • 挫折したくない
  • 高速でスキルを身に付けたい
  • 転職支援を使いたい

順番に解説します。

 

挫折したくないなら使うべき

 

挫折せずにプログラミングを習得したいなら、スクールを活用するのがベストです。

 

独学するときの弊害

  • 独学プランを自分で立てる必要がある
  • エラーを自分で解決する必要がある
  • さらにエラー解決に時間がかかる

上記のとおり。

 

独学は、わりと難易度が高い行為です。

実際に独学した結果、挫折率は90%と言われていますからね。

 

僕がメンターをやっていたプログラミングスクールでも、独学で挫折した受講生がいました。

元々パソコンに強い人なら独学で大丈夫ですが、そうでないならプログラミングスクールの活用が無難でしょう。

 

高速でスキルを身に付けたいなら使うべき

 

独学だとプログラムのエラーを、自分で解決する必要があります。

そして、プログラミングを勉強し始めた初学者だと、どうやってエラーを解決したら良いのか分からず、時間がかかってしまいます。

慣れているエンジニアならサクッと解決できますが、、、プログラミング初心者だと1日かかっても解決できないことも。

 

エンジニア転職を目指しているなら、さすがにこれでは遠回り過ぎますよね。

エラーの解決は、プログラミング初心者がやるべきことではありません。

 

最初のうちは「どうやってコードを書くのか」を学ぶべきなので、エラーの解決はスクールを使ってプロに任せてしまいましょう。

 

転職支援を使いたいなら使うべき

 

プログラミングスクールでは、転職支援(転職サポート)を実施しています。

スクールによって、充実度はまちまちですが、基本的に高額であればあるほど手厚いサービスを受けられますね。

 

そして、これからエンジニア転職するなら、どういった企業を選ぶべきか判断するのは難しいはず。

世の中のIT企業には、少なからずブラック企業が存在します。

 

自分で転職活動をしていると、劣悪な会社を選んでしまうリスクがありますが、スクールを使っていれば優良な企業を選択できます。

なぜなら、プログラミングスクールが劣悪な企業を紹介すると、評判が悪くなって受講生がいなくなってしまうからですね。

 

プログラミングスクールのDMM WEBCAMPでは、転職成功率98%

そして、その後の離職率1%と、かなり満足のいく転職ができていることが分かります。

 

ブラック企業を避けて、良質な転職先を紹介して欲しいな…」と思ったら、プログラミングスクールを使うのが良いですね。

 

【目的別】おすすめのプログラミングスクール

プログラミングスクール 選び方


プログラミングスクールの選び方を見てきたけど、自分では選びきれないな…」と感じたら、参考にしてみてください。

なお、おすすめのプログラミングスクールをランキング形式で見たいと思ったら、以下の記事が参考になりますよ!

プログラミングスクール おすすめ 選び方
プログラミングスクールおすすめ5社比較【月80万エンジニアが解説】『プログラミングスクールの数が多すぎて、どのスクールを選べば良いのか分からないな...。おすすめのプログラミングスクールと選び方を教えて欲しい!』このような悩みを解決する記事になっています。おすすめのプログラミングスクールと、選び方を知りたい人は必見です。...

 

エンジニア転職なら!DMM WEBCAMP

DMM WEBCAMP

満足のいくエンジニア転職がしたいなら、DMM WEBCAMPがおすすめです。

 

転職成功率98%、その後の離職率1%と、間違えなく満足できるエンジニア転職ができるスクールになっています。

 

しかも、もしエンジニア転職できなかった場合には、全額返金保証が付いてきます。

つまり、ゼロリスクでエンジニア転職に挑戦できるということ。

 

エンジニアになりたいなら、使わない手はないかなと。

 

\ まずは無料説明会から!/

DMM WEBCAMPを見てみる >>

転職成功率98%
転職できなかったら全額返金

▼詳細はこちら

DMM WEBCAMP 特徴 評判
DMM WEBCAMPの特徴・評判をAIエンジニアが解説【最大70%OFFで受講可】『DMM WEBCAMPってどんなプログラミングスクールなんだろう、特徴が知りたいな...。』『DMM WEBCAMPの転職コースは、本当にエンジニア転職できるのかな...。』このような悩みを解決する記事になっています。...

 

副業で稼ぐなら!TechAcademy

TechAcademy

副業で稼ぐ力を身に付けるなら、TechAcademyがぴったりです。

 

  • 受講料が15〜20万円と、プログラミングスクールの中では格安
  • 質問に答えてくれるメンターが、現役エンジニアのみ
  • スクール受講期間後も、カリキュラムを閲覧可能

このように、副業で稼いでいくのに、ピッタリな条件が揃っています。

 

現役のエンジニアがメンターを勤めているので、「どこで仕事を探せば良いのか」など、副業で稼ぐのに役立つ情報も聞けますよ!

 

\ まずは無料体験会から!/

TechAcademyを見てみる >>

メンターが現役エンジニアのみ
副業で稼ぐ力をしっかり身に付ける

▼おすすめコースはこちら

TechAcademy おすすめ コース
TechAcademyのおすすめコース3選【フリーランスエンジニアが厳選】『TechAcademyを使ってプログラミング学習を始めようと思うんだけど、おすすめのコースはどれかな...。』このような悩みを解決できる記事になっています。TechAcademyのおすすめコースを知りたい方は必見です。...

 

まとめ : プログラミングスクールを上手く活用して、人生の幸福度を上げよう

 

以上、プログラミングスクールの選び方を紹介してきました。

 

色々と「選び方」を紹介しましたが、やはり自分で使ってみるのが1番良いです。

ネットの情報は、あくまで参考程度にして、自分で一次情報を獲得していきましょう。

 

ただ、プログラミングスクールは全部で数十社ほどあります。

その中から選んでいるとキリがないので、僕の方で5社に厳選しておきました。

プログラミングスクール おすすめ 選び方
プログラミングスクールおすすめ5社比較【月80万エンジニアが解説】『プログラミングスクールの数が多すぎて、どのスクールを選べば良いのか分からないな...。おすすめのプログラミングスクールと選び方を教えて欲しい!』このような悩みを解決する記事になっています。おすすめのプログラミングスクールと、選び方を知りたい人は必見です。...

 

あとは、この記事の中から、自分に合いそうなスクールを選んでみてください。

もちろん物は試しに、全スクールの無料体験会や無料説明会にいくのもアリです。

 

どうせなら、後悔しないようにプログラミングスクールを選んでいきましょう。

おしまいです。

 

おすすめの記事