LIFE

仕事でやりたいことがない人へ!天職の探し方【やるべきことは1つ】

仕事 やりたいことがない
仕事でやりたいことがない人
仕事でやりたいことがない人
仕事でやりたいことがないな…。

なんか毎日が楽しくなるように、やりたいことを探していきたいな…。

この記事では、上記のような悩みを解決していきます。

 

この記事の想定読者

  • 仕事でやりたいことがない人
  • 自分が仕事で何をしたいのか分かっていない人
  • 自分に合った天職を見つけていきたい人

想定している読者は、上記のとおりです。

 

この記事では「仕事でやりたいことがない人が天職を探す方法」について書いていきます。

仕事でやりたいことをやっていきたいと思いつつ、やりたいことがない状況ってよくあることです。

 

この記事を読めば、このようなやりたいことがない人でも、天職を探す方法が分かるようになります。

僕自身が天職を探し出せたので、大いに参考になるはずです。

 

仕事でやりたいことがない人へ!天職の探し方【やるべきことは1つ】

やりたいことがない 仕事

仕事でやりたいことがない人が「やるべきこと」は、とにかく行動してみることです。

少しマッチョに聞こえるかもしれないですが、僕は今回紹介する方法を使って、天職を探し出しました。

もしも、いまの仕事に不満を持っているのであれば、この記事で紹介する内容は、割と参考になるのかなと感じています。

 

やりたい仕事を探すなら、「行動」あるのみ

 

さっそく結論ですが、自分がやりたい仕事を探すのであれば、「とにかく行動するしかない」というのが結論です。

なぜなら、「やってみないと分からないことが多いから」です。

 

たとえば、高校時代に「大学に入っても、お酒は飲まなくて良いかな…。」と考えていたような方は、意外と「飲んでみると良いかも」と感じた経験がないでしょうか。

他にも「あの人のこと苦手だな…。」と感じていても、いざ話してみると意外とよかった経験はないでしょうか。

 

ここら辺の意外な気付きって、「やってみたから分かったこと」ですよね。

これは仕事に関しても同様です。自分がやりたい仕事を探し出せないのは、明らかに経験不足からきています。

 

なので、一見するとマッチョに聞こえるかもですが、「行動してみてやりたいことを探していく」というのが近道になるのかなと感じています。

 

具体例 : 僕も「行動」して、やりたいことを探しました

 

実際に、昔はやりたいこととかなくて、適当に生きていた僕も、行動してやりたいことを探してきました。

 

過去の僕

こんな感じの思考で生きていて、流石にテキトーすぎますよね。

でも、いまの僕は、次のツイートで書いているとおりです。

 

いまの僕は、こうしてブログを書いていたり、本業でエンジニアをやっていて、かなり楽しく仕事できています。

ブログやエンジニアという天職を見つけられたのは、間違えなく「やってみたから」であり、まず体験してみないことには、やりたいことは見つかりません。

 

結論 : やってみないと、やりたいことは分かりません

 

というわけで結論になりますが、やりたいことがない人は「まずは行動してみて、色々試してみるべき」です。

でないと、やりたいことを探すとか無理ゲーだと思います。

 

僕のようにプログラミングをやってみるでも良いですし、ブログをやってみるでも良いです。

喋りが得意な方であれば、YouTubeをやってみるとかでも良いのかなって思います。

とにかく、何かしらのアクションをしてみましょう。そうすると、自然と天職に巡り会えるはずです。

 

そもそも「何から行動すれば良いのか分からない」なら、4STEPで解決しよう

やりたいことがない 仕事

とはいえ、「何から行動すれば分からない」という方は、このあと紹介する4STEPで解決していきましょう。

 

STEP1 : 自分のやりたくないことを考える

 

まずは自分のやりたいことではなく、「やりたくないこと」を考えてみてください。

ぶっちゃけてしまうと、天職(=やりたいこと)を探すとかは割とハードです。そして、天職と呼ばれるものは、やりたくないことをやらなくて良い職業だというのが結論です。

 

ですので、やりたいことを探すのはやめて、やりたくないことを探していきましょう。

 

「やりたくないこと」の具体例

僕のやりたくないことにはなりますが、下記のように働ける職業だと幸せに感じます。

  • スーツで出勤しなくて良い
  • 満員電車に乗らなくて良い
  • 場所を選ばずに働ける可能性がある
  • コミュ力低めでもOK
  • 電話しなくてもOK

つまり「スーツで出勤、満員電車に乗る、絶対にリモートできない、営業とかコミュ力必要な仕事」だと、僕の場合はあまり好きになれないって感じです。

現状、すべてをクリアできているわけではないですが、将来的にクリアできる可能性も考えると、ブログとエンジニアは妥当な選択なのかなと感じています。

 

STEP2 : 自分のやりたくないことを回避できる職種を探す

 

「自分のやりたくないこと」が分かったら、それを回避できそうな職種を見つけていきましょう。

このとき、できるだけ多くの職種を上げておくと良いですね。

「いざやってみたら、やっぱり違うな…。」と感じたときに、次に試す選択肢が増えます。

 

STEP3 : まずは副業から始めてみる

 

STEP2で、自分がやりたくないことを回避できそうな職業が見つかったら、まずは副業から始めてみましょう。

なぜ副業から始めてみるのかというと、いきなり転職してしまったときのミスマッチを回避するためです。

 

たとえば、まだプログラミングもやったことがないのに「エンジニアに転職してみたら、全然面白くなかった…。」という状況になったら、また振り出しに戻ってしまいますよね。

なので、エンジニアをやるのであれば、個人的にプログラミング学習を始めてみて、副業から案件を取っていくのが良いです。

 

STEP4 : やっていて苦ではない職種に転職する

 

STEP3で副業から始めてみたときに、「やっていて意外と苦ではないかな」と感じたら、間違えなく転職するべきです。

たとえば「プログラミングって楽しいな!」と思えたら、間違えなくエンジニアとして転職した方が良いでしょう。

 

他にもブログをやってみて「最初は文章書くのが苦手だと思っていたけど、意外と楽しいかも!」と思えたら、Webマーケに転職すると良いですよね。

こんな感じで、まずは副業から始めてみてリスクを最小限にしつつ、やっていて苦ではないことを探していくのが、結局のところ天職を探す近道になるのかなと思っています。

 

まとめ : 仕事でやりたいことがない人は、まず行動してみよう

 

というわけで、仕事でやりたいことがない人向けに、天職を探す方法を紹介してきました。

 

もう一度おさらいすると、天職を探す方法は次のとおりです。

  • やりたくないことを探す
  • やりたくないことを回避できる職種を探す
  • まずは副業からやってみる(←この行動が最重要)
  • やっていて苦ではないなら転職する

この手順で、自分のやりたい仕事を探していきましょう。

 

間違っても、いきなり転職とかしないように。さすがにリスク高すぎですからね。

 

 

おすすめの記事