Programming

【挫折ゼロ】プログラミングの独学勉強法を現役フリーランスが解説

プログラミング 独学
プログラミングを独学したい人
プログラミングを独学したい人
プログラミングを独学で習得したいんだけど、勉強法が分からないな…。

具体的な独学勉強法が知りたい!

この記事では、上記のような悩みを解決していきます。

 

この記事の内容

  • プログラミングの独学勉強法
  • プログラミングスクールについて

 

この記事を書いている僕は、最高月収80万円のフリーランスエンジニア。

新しいスキルを身につけるときは、いつもプログラミングを独学しています。

 

今回はそんな僕が、「プログラミングの独学勉強法」を紹介していきます。

この記事を読めば、挫折せずプログラミングを独学で習得できるようになりますよ。

 

※プログラミング独学は、たったの6STEPです。いますぐ始めましょう。

 

【挫折ゼロ】プログラミングの独学勉強法【6つの手順で公開】

プログラミング 独学


プログラミングの独学は、たったの6STEPで完了できます。

  • STEP① : プログラミングで作りたいものを決める
  • STEP② : 作りたいものに必要な技術を調べる
  • STEP③ : 基礎学習を始める
  • STEP④ : 簡単な開発に取り組んでみる
  • STEP⑤ : オリジナルアプリを開発してみる
  • STEP⑥ : Github・Qiitaに公開する

順番に解説します。

 

STEP① : プログラミングで作りたいものを決める

 

さっそくプログラミングを勉強していきましょう!」と言いたいところですが、まずは作りたいものを決めるべきです。

 

  • Webアプリ : Googleで検索すれば動くアプリです
  • Webページ : いま見ている、この記事です
  • スマホアプリ : LINEとかです

上記のどれを作りたいのか、明確にしていきましょう。

 

ちなみに、Webアプリやスマホアプリは、今後エンジニアを目指している人にオススメです。

逆に、Webページは副業で稼ぎたい人向けですね。

  • Webアプリ / スマホアプリ : エンジニアを目指す!将来的にフリーランスに!
  • Webページ : 副業で稼ぐ!将来的にフリーランスに!

だいたいこんな感じです。

 

自分の目的とか、興味のある分野に沿って、何を作りたいのか選んでいきましょう。

 

STEP② : 作りたいものに必要な技術を調べる

 

プログラミングで作りたいものを決めたから、さっそく勉強を開始しよう!」と思いきや、まだやるべきことがあります。

STEP①で決めた「作りたいもの」に必要な技術を、徹底的に調べていきましょう。

 

たとえば、Webアプリひとつ作るにしても、色々なプログラミング言語が挙がります。

  • Ruby
  • PHP
  • Python
  • Go
  • JavaScript

これらのうち、何を使ってWebアプリを作成するのか、調べておきましょう。

 

 裏ワザ : 技術調査をショートカットする方法

これからプログラミングを学ぶのに、必要な技術を調べるのは少し大変です。

少し調べてみたけど、よく分からないな…」という方は、周りのエンジニアに聞いてみましょう。

今度ランチをおごる約束をすれば、教えてくれるはず。

 

そうは言っても、周りにエンジニアがいない方も多いはず。

その場合には、プログラミングスクールの無料体験を使いましょう。

 

「無料」のものは、貪欲に使い倒した方が良いです。

以下のプログラミングスクールでは、無料体験を実施しているので、ぜひ使ってみましょう。

 

STEP③ : 基礎学習を始める

 

お待たせしました。

ここまできたら、プログラミングの基礎学習を始めていきましょう。

 

なお、プログラミング学習するときは注意点があり、それは「本を使って勉強しないこと」です。

プログラミング関連の本は、基本的に初心者向きではありません。

なぜなら、書いてあるコードを書き写しても、エラーが出る場合があるからです。

 

ただ書き写しただけなのに、エラーが出てきたら、間違えなく挫折のもと。

なので代わりに、以下のような初心者向きサービスを使っていきましょう。

 

どれを使っても良いですが、Progateが定番ですね。

月額1,000円ほどですが、書籍を買うより安いし、分かりやすいのでおすすめです。

 

ちなみに、僕が好きなのはUdemyです。かなり優良な教材が多いですよ。

▼Udemyの詳細はこちら

Udemy 評判
【評判/体験談】Udemyが安心して使える3つの理由【選び方のコツあり】『プログラミングの勉強をしたいんだけど、Udemyの評判ってどうなんだろう...?実際に使っている人から、口コミを聞きたいな!現役のエンジニアがレビューしていると嬉しいな!』このような悩みを解決する記事になっています。Udemyの評判が気になる方は必見です。...

STEP④ : 簡単な開発に取り組んでみる

 

基礎学習を終えたら、簡単な開発に取り組んでいきましょう。

 

  • Webアプリを作る人 : 簡単なTwitterアプリ
  • Webページを作る人 : iSaraの模写
  • スマホアプリを作る人 : 簡単なインスタアプリ

たとえば、上記の感じ。

イメージとしては、既存サービスのコピー作成ですね。

 

基礎学習を終えたくらいだと、ちょうど良い難易度のはず。

頑張って取り組んでいきましょう。

 

STEP⑤ : オリジナルアプリを開発してみる

 

既存サービスのコピーを作成したら、いよいよオリジナルアプリを開発していきましょう。

これができると、プログラミングのスキルが一気に上がります。

 

もちろん、いま知っている知識で出来ないなら、ググりつつ作るのでOKです。

 

そして、完璧を目指すより完了を目指しましょう。

「自分の力でアプリを作れた」という事実が大事ですので。

 

ちなみに、Facebook創業者のマークザッカーバーグも以下のように言っています。

Done is better than perfect.

意味は(完璧を目指すよりまず終わらせろ)です。

 

オリジナルアプリの作成、頑張っていきましょう(`・ω・´)!

 

STEP⑥ : Github・Qiitaに後悔する

 

作成したオリジナルアプリは、Githubで公開したりQiitaに投稿するのがオススメです。

  • Githubで公開 : 転職時のポートフォリオになる
  • Qiitaに公開 : 記事を見た人から、レビューしてもらえる可能性あり

 

公開して損することはないです。積極的にGithubやQiitaに載せていきましょう。

 

最速で習得するなら、プログラミングスクールが最適です

 

もちろん、独学でプログラミングの習得は可能です。

でも、場合によってはプログラミングスクールを利用した方が良いですね。

 

プログラミングスクールの方が良いケース

  • 独学で勉強するのが苦手な人
  • はやくエンジニア転職したい人

以上のとおり。

 

プログラミング初心者の場合、大量のエラーを自分で解決する必要あり、どうしても時間がかかってしまいます。

そうなると、やはり学習効率は良くないですね。

 

特に、「はやくエンジニア転職したい」と考えているなら、スクールを使ってしまうのが得策だと言えます。

プログラミング 独学 無理
プログラミングの独学は無理ではない【スクールを使うと爆速で成長】『プログラミングの独学は無理なのかな...。』『プログラミングスクールを使うべきか本気で迷うな...。』このような悩みを解決していきます。...

 

▼おすすめのプログラミングスクールはこちら

プログラミングスクール オンライン
オンライン型プログラミングスクールのおすすめランキング【2020年版】『何か手に職をつけるスキルを身に付けたいから、プログラミングを学びたいな〜。オンラインで受講できる、おすすめのプログラミングスクールが知りたい!』このような悩みを解決する記事になっています。オンライン型プログラミングスクールのおすすめランキングが知りたい方は必見です。...

 

プログラミング独学が完了した後は、2つの道がある【仕事しよう】

プログラミング 独学

プログラミングの独学が完了したら、次のステップに進みましょう。

 

プログラミング独学後① : エンジニア転職する

 

1つ目がエンジニア転職ですね。

そもそもプログラミング学習していた目的が「エンジニアになる」だったら、間違えなくこちらを選ぶことになるでしょう。

 

転職するときには、エージェントを経由しても良いし、自分でゴリゴリに探していってもOKだと思っています。

 

エンジニア転職でおすすめのエージェント

IT系の転職は、以下を使えば問題ないですね。

▼各エージェントの詳細はこちら

IT おすすめ 転職エージェント 転職サイト
【未経験OK】IT系でおすすめの転職エージェント・転職サイト5選『IT系に強い転職エージェント・転職サイトってどこかな...。』このような悩みを解決できる記事になっています。これからIT業界で働きたい方も、すでに働いている方も必見です!...

 

自分で探す場合

自分で探す場合には、Wantedly一択です。

  • Wantedly : エンジニア求人、特にベンチャーやスタートアップが多い

 

こんな感じです。ちなみに僕なら、両方使ってエンジニア転職しますね。

使えるものは何でも使って、自分のいきたい会社を探した方が良いに決まっています。

 

もしかしたら「自分で探していくのは苦手」という方がいるかもしれないので、それだったらエージェントに頼るのが良いと思いますよ。

 

プログラミング独学後② : 個人的に仕事を取ってくる

 

2つ目が個人的に仕事を取ってくるパターンです。

つまり副業だとか、エンジニア就職しないでフリーランスになるパターンですね。

 

僕は知り合いから仕事をもらうことが多いですが、特に人脈とかない場合には以下が有力になってきます。

  • クラウドソーシング
  • Twitter
  • オンラインサロン・コミュニティ内

ここら辺を駆使し、仕事を獲得していく感じですね。

 

余談 : フリーランスになる場合も、いったんエンジニア就職がおすすめ

ちなみに余談ですが、フリーランスになりたいと考えている場合でも、いったんエンジニア転職することをおすすめします。

やっぱり、エンジニアという職業は、実務を通さないと分からないことって多いので。

 

未経験からフリーランスエンジニアになる手順』でも書いているように、エンジニア就職するのが無難ではありますね。

 

まとめ : プログラミング独学は1秒でも早く始めよう

 

というわけで、プログラミングの独学勉強法を紹介してきました。

あとは、この記事に沿って勉強を進めていくだけです。

 

もしかしたら、プログラミングの独学中に、挫折するかもしれないです。

 

でもプログラミングは、本当に学ぶ価値があります。

今さらプログラミングを勉強し始めるのは遅いよ」とか、本当にそういうのは気にしなくてOK。

自分がやりたいと思ったそのときから、すぐに始めるべきですよ(`・ω・´)!

 

それでは、この辺で。

プログラミングライフを楽しんでいきましょう。

 

おすすめの記事