Python

【Python初学者向け】Google Colaboratoryの使い方を懇切丁寧に紹介

Google Colaboratory 使い方
Pythonを始めたばかりの人
Pythonを始めたばかりの人
ProgateのPythonコースを終えたし、そろそろ自分でコードを書いていきたいな…。

でも環境構築とかよく分からないな…。

環境構築不要で、カンタンに使えるGoogle Colaboratoryっていうのがあるらしいけど、どうやって使うんだろう…。

この記事では、上記のような悩みを解決していきます。

 

この記事の想定読者

  • Python初学者の人
  • 環境構築しないでPythonを練習したい人
  • Google Colaboratoryの使い方を知りたい人

想定している読者は、上記のとおりです。

 

この記事では、「Google Colaboratoryの使い方」について書いていきます。

 

いざ自分でコードを書いていこうと思って、Pythonの環境構築をしようと試みたけど、なんだか難しくて挫折しそうですよね。

かくいう僕も、最初にPythonをやろうとしたとき、挫折しました。

 

この記事を読み終えれば、Google Colaboratoryの使い方が分かり、挫折することなくPythonの実行環境を整えられるようになります。

【Python初学者向け】Google Colaboratoryの使い方を懇切丁寧に紹介

 

Python初学者向けに、Google Colaboratoryの使い方を紹介していきます。

Cloud9や自分で環境構築するよりも、カンタンにPythonを始められますよ。

Google Colaboratoryにアクセス」して、「ノートブックでコードを書く」だけです。

 

STEP1 : Google Colaboratoryにアクセス

 

まずは、Google Colaboratoryにアクセスしていきましょう。

外部ページ >> Google Colaboratory

 

アクセスできたら、下の画像のような画面になるかと思います。「ログイン」をクリックしましょう。

Google Colaboratory 使い方

 

そうすると、自分のGoogleアカウントでログインするよう求められます。

メールアドレスを入力した後に、パスワードを入力していきましょう。

Google Colaboratory 使い方

※Googleアカウントがない場合には、下にある「アカウント作成」をクリックして、作成していきましょう。

 

STEP2 : ノートブックを作成して、コードを書く

 

ログインやアカウント作成ができたら、下の画像のように切り替わるかと思います。

下の方にある、「PYTHON3の新しいノートブック」をクリックしましょう。

Google Colaboratory 使い方

 

そうすると、下の画像のような画面に切り替わります。

Google Colaboratory 使い方

これがノートブックで、すでにPythonのコードを書けるような状態になっています。

※「新機能をお試しください」は、いったん無視でOKです。

 

さっそく、Pythonのコードを書いていきましょう。

ノートブックの、いかにもコードが書けそうな部分をクリックして、カーソルを当てます。

Google Colaboratory 使い方

 

まずは、”Hello World”していきましょう。

print("Hello World")
Google Colaboratory 使い方

コードを書いて実行するには、「Shift + Enter」を押します。

そうすると、しっかりと”Hello World”と表示されました。

 

他にも、「1+1+1」と入力すれば、「3」と答えてくれます。

 

Google Colaboratoryは、すでにライブラリが搭載されている

Google Colaboratoryでは、すでにライブラリが搭載されています。

 

実際に確認してみようと思うので、書いていたコードを入力する部分に、下記のコマンドを入力しましょう。

!pip freeze

そうすると、結果出力の部分で、Google Colaboratoryに搭載されているライブラリを見ることができます。

Google Colaboratory 使い方

KerasやMatplotlibなど、主要なライブラリがすでに入っていることが分かりますね。

 

ちなみに、”pip freeze”というのは、本来ターミナル(ないしコマンドプロンプト)側で入力するコマンドです。

Google Colaboratoryでは、ターミナルがないので、先頭に”!”をつけてあげることで実行できるようになっています。

 

その他、Linux(UNIX)コマンドも、先頭に”!”をつけてあげれば実行できます。

※Google ColaboratoryのOSが、ubuntuだからです。

よくわからない人は、「いつも黒い画面で入力しているコマンドは、先頭に”!”をつければ良いんだ」と解釈していただければと思います。

 

その他の使い方は、随時追記していきますね(`・ω・´)!

 

おすすめの記事