Work

エンジニアの働き方は3つ!【実現する手順も丁寧に解説】

 

 

エンジニアの働き方は3つ!

エンジニア 働き方

エンジニアの働き方は、雇用形態に関係なく3つほどあります。

 

エンジニアの働き方① : リモートワークをするエンジニア

 

エンジニアは、リモートワークしやすい職業です。

「エンジニア = パソコン」と想像する人が多いかと思いますが、まさにそのとおり。

基本的にパソコン1台あれば、エンジニアとしての仕事はこなしていけます。

 

しかも、フリーランスじゃなきゃいけないかと聞かれると、そんなことはないです。

同じエンジニアであれば、正社員でもリモートワークできる会社はたくさんありますね。

 

満員電車に乗るのが嫌だとか、家で引きこもっていたいとか考えている方は、ちょうど良い働き方ですね。

エンジニアの働き方② : 副業をしながら本業を頑張るエンジニア

 

会社員だけでなく、副業でもエンジニアしているパターンも、わりと多いですね。

エンジニアという職業は、「技術力を持っていれば仕事ができる」という、良い意味で実力主義の世界なので、一度スキルを身につけてしまえば、どこでも戦っていける感じです。

しかも、世の中ではエンジニアが不足しているので、少しでも猫の手を借りたい企業はたくさんあるんですよね。

 

僕の知っている方だと、1週間で3案件くらい回している人も。

がっつり働きたければ働けば良いし、別にお金で困っていなければ本業だけやっていくことも可能です。

 

エンジニアは副業のしやすさを考えても、自由な働き方を手に入れられる職業だと言えますね。

エンジニアの働き方③ : ゆっくり出勤するエンジニア

 

朝が苦手な人だと、10〜11時に出勤して、19時くらいに帰るエンジニアとかもいます。

ゆっくり寝てから出勤できるし、満員電車に乗らなくて済むので、かなりストレスをおさえて働ける感じですね。

 

Web系限定です

なお、フレキシブルな働き方ができるのは、Web系のエンジニアだけです。

Web系と対になる業界が、SIerなのですが、こういった企業は基本的に9〜18時の出勤が必須ですね。

さらに、出勤でもスーツを着ないといけないので、おそらく考えているような「エンジニア像」ではないかなと。

 

SIer企業だと、ぶっちゃけ働き方が選べなくてシンドイので、自由な働き方に魅力を感じてエンジニアになりたいと考えている方は、Web系を目指しましょう。

 

エンジニアとして、自由な働き方を手に入れる手順【目安 : 2年間】

エンジニア 働き方

エンジニアとして自由な働き方を手に入れる手順を紹介します。結論は「スキルを身につけていこう」です。

STEP① : エンジニア就職して、スキルアップする

 

自由な働き方を選べるなら、エンジニアになろうかな」と考えている段階の人は、まずエンジニアを目指しましょう。

現役でエンジニアをやっている僕がいうと、ただのステマにしか聞こえないかもしれないですが、やっぱり自由な働き方を実現できるエンジニアは、最強の職業だと思いますね。

お金的な話をすると、僕は現在23歳で、月に80万円ほど稼げているわけなので。

 

高年収を狙いつつ、自由な働き方を実現したいと考えているのであれば、ぜひともエンジニアを目指していきましょう(`・ω・´)!

具体的なエンジニアを目指す手順は、以下の記事が参考になります。

未経験 ITエンジニア
【保存版】未経験からでもITエンジニア転職は可能です【全手順を公開】『未経験からITエンジニアになれるのかな...。』『未経験からエンジニア転職できるとして、その方法を知りたいな...。』このような疑問を解決できる記事になっています。これからエンジニアになりたい方は必見です。...

 

STEP② : エンジニアをやりつつ、自主的に勉強する

 

エンジニア就職に成功したら、さらに自分でも勉強していきましょう。

仕事以外の時間を勉強に使うなんでシンドイな…。」と感じる方がいるかもしれませんが、それは目標を設定していないからですね。

 

僕はエンジニアになる前から「フリーランスになりたい」と考えていたので、平日は2〜3時間、休日は8時間ほど、プログラミングの勉強をしていました。

結果として、実務経験半年でフリーランス独立して、いまではリモートワークでも時差出勤でも、好きな働き方を手に入れた感じです。

 

たった半年の努力で自由な働き方を手に入れられるので、勉強しない手はないかなと。

自分の目標をしっかり持ちつつ、毎日プログラミングの勉強をしていきましょう!

STEP③ : 実務経験を2年ほど積む

 

「エンジニアとしての実務 + 自主学習」を2年も継続できたら、ぶっちゃけ働き方は選び放題です。

正社員で活躍するのも良いし、フリーランスでガッツリ稼ぐのもOK。出勤が嫌なら、リモートで働くのもOKです。

 

実務経験を2年積むべき理由

なぜ実務経験を2年間積むのかといえば、フリーランス独立しやすくなるからですね。

大手フリーランスエージェントのレバテックフリーランスを見てみると、実務経験が2年以上になると、グンと求人数が増えてきます。

≫レバテックフリーランスの公式ページ

 

さらに、実務経験が2年くらいあると単価も上がりやすいので、できれば2年くらい経験を積んでおくのがオススメです。

とはいえ、僕は実務経験6ヶ月でフリーランス独立しているわけなので、ある程度経ったらフリーランスエージェントを使ってみるのが良いですね。

フリーランスエンジニア エージェント おすすめ
フリーランスエンジニア向けのエージェント5選【体験談から紹介】『フリーランス独立したいんだけど、どこのフリーランスエージェントが良いんだろう...。自分に合ったフリーランスエージェントが知りたいな...。』このような悩みを解決する記事になっています。フリーランスエンジニア向きのエージェントを探している人は必見です。...