Work

【保存版】未経験からでもITエンジニア転職は可能です【全手順を公開】

未経験 ITエンジニア
未経験からエンジニアになりたい人
未経験からエンジニアになりたい人
エンジニアになりたいな…。

未経験からエンジニアって、なれるのかな…。

もしなれるなら、具体的な手順とか知りたいな…。

この記事では、上記のような悩みを解決していきます。

 

この記事の想定読者

  • 未経験からエンジニアになりたい人
  • 未経験からエンジニアになれるか気になる人
  • 未経験からエンジニアになるための方法を知りたい人

想定している読者は、上記のとおりです。

 

結論としては、未経験からITエンジニア転職は可能でして、この記事では「未経験からエンジニア転職する方法」について書いていきます。

未経験からITエンジニアになる方法って、なかなか分からないですよね。

 

この記事を読めば、未経験からエンジニアになるための方法が分かり、エンジニア転職で成功できる一歩を踏み出せるようになります。

 

【保存版】未経験からでもITエンジニア転職は可能です【方法は3つある】

 

未経験からでもITエンジニア転職は可能です。

具体的な方法を3つほど、深堀りしながら紹介していきます。

方法1 : ポートフォリオを作成して自力でエンジニア転職

 

1つ目の方法が、ポートフォリオと呼ばれる「自分の制作物」を元に、自力で転職活動するパターンです。

「自力で」というのは、転職エージェントを使わないで、自分から直接企業にアポを取ることを指します。

「Twitterで未経験からエンジニア転職しました!」と言っている人は、このパターンが多いですね。

 

この方法のメリット

ポートフォリオを作成して自力でエンジニア転職するメリットは、下記のとおりです。

  • 無駄なアポがない
  • 自分の興味を持った企業だけ応募できる
  • 開発経験を積める企業が多い

上記のとおりです。

特に、「開発経験を積める企業が多い」というのは、かなりのメリットでして、今後もエンジニアとしてやっていくなら、必須条件になるかと思います。

 

というのも未経験だと、運用・保守というマニュアル通りにしていれば誰でもできるようなことをやらせる企業が多いです。

名目上は「ITに馴れるため」なんて言っていますが、ぶっちゃけ時間の無駄です。

どう考えたって開発経験をたくさん積むのが、最速でスキルアップできるに決まっています。

 

「エンジニアになって、ガッツリ働きたい」って方は、ポートフォリオを作成して自力でエンジニア転職する方法が良いですね。

 

もちろんデメリットもあり

ですが、もちろんデメリットもあり、それは「割りとハードルが高いこと」です。

未経験の状態から、完全に自分一人でエンジニア転職する必要があるので、途中で挫折せずに頑張れるような方でないと厳しいですね。

 

方法2 : ポートフォリオを作成して転職エージェントを使う

 

2つ目の方法が、ポートフォリオの作成まで自分一人でやってしまって、転職にはエージェントを使うパターンです。

そもそも転職経験がない方であれば、「ジョブチェンジすること自体が不安」ですよね。

 

でも転職エージェントを使えば、カウンセラーの方からのバックアップを受けつつ、安心して転職活動できます。

他にも、履歴書の添削をしてもらったり、面接対策もやってもらえるので、転職初挑戦の方にもピッタリの方法です。

 

転職エージェントを使うデメリット

もちろん転職エージェントを使うデメリットも存在し、具体的には下記のとおり。

  • 自分の行きたい方向性とは違う企業を紹介される可能性がある
  • エージェントに左右される

上記のとおりですね。

特に、使うエージェントを間違えると、サポート面だけではく、紹介される企業も微妙だったりします。

 

もし、転職エージェントを使う方法でエンジニアになるなら、下記の3エージェントがおすすめです。

上記の3つは、IT転職に強いエージェントで、評判もかなり高いです。

 

各エージェントの詳細について気になる方は、下記の記事をご覧ください。

 

方法3 : 転職サポートありのプログラミングスクールに通う

 

3つ目の方法が、最初から転職サポートありのプログラミングスクールに通うパターンです。

この方法が、一番エンジニア転職しやすいですね。

 

①プログラミング学習②ポートフォリオ作成③エンジニア転職」を、一貫してサポートしてもらえるからです。

すべてをプログラミングスクールで賄えるので、「すべてを自力でやっていくのは不安だな…。」と感じている方には、おすすめの方法になります。

 

デメリットは、お金がかかることです

プログラミングスクールを使うデメリットは、1番ラクにエンジニア転職できるだけあって、それだけ費用が高くなることです。

そもそも未経験の業界にシフトするのが難しいので、それを踏まえてエンジニア転職できると考えると、まあ仕方ない値段になるのかなと感じます。

 

少しお金に余裕があって、絶対にエンジニア転職したいって方は、最有力候補になるのかなと思います。

 

未経験からエンジニア転職するために : まずはプログラミング学習から始めよう

 

ここまで、ツラツラとエンジニア転身する方法を書いてきましたが、ほとんどの場合で「ポートフォリオ」が必要になりますよね。

そして、ポートフォリオを作るのは、プログラミングの勉強が必須です。

プログラミング学習する方法も、おさえておきましょう。

 

プログラミング学習する方法1 : 独学

 

まずは鉄板な方法とも言える、独学でプログラミングを勉強するパターンです。

独学で学んでいくのは、下記のような方向けです。

  • ポートフォリオを作成して自力でエンジニア転職
  • ポートフォリオを作成して転職エージェントを使う

上記のとおりですね。

基本的に自走力が高い方が選ぶべき学習方法になります。

 

独学のメリット

独学のメリットは、なんといっても無料でOKってところですね。

英語が大丈夫なら、良質な学習動画がYouTubeで見れるし、質もかなり高品質に仕上がっています。

 

独学のデメリット

独学するデメリットとしては、挫折しやすいことです。

というのも、プログラミング学習を独学で始めた人のうち、約90%が挫折すると言われています。

10人がプログラミングの独学に挑戦したら、9人は脱落するイメージです。

独学で頑張っていくのであれば、相当な覚悟を持った上で、プログラミング学習を始めないといけないですね。

 

プログラミング学習する方法2 : プログラミングスクール

 

学習方法の2つ目は、プログラミングスクールを利用することです。

こちらの方法は、ポートフォリオを作成する方だけでなく、すべてのエンジニアを目指す方におすすめです。

 

独学だと挫折する確率が90%だったのに対し、プログラミングスクールを使うと一気に挫折する可能性が低くなります。

さらに転職支援もやっているプログラミングスクールであれば、エンジニアになれる確率がグッと上がります。

 

独学とプログラミングスクール、どちらが良いの?

 

結論から言うと、プログラミングスクールを使うのが手っ取り早いと思います。

もちろん独学でも問題ないですが、プログラミングスクールを使うと、圧倒的に無駄が省けるんですよね。

「圧倒的な無駄」というのは、たとえば下記のとおり。

  • 挫折する可能性
  • エラーを解決する時間

例えば独学していると、1つのエラーを解決するのに2〜3時間かかったりしますが、プログラミングスクールであれば疑問をすぐに聞けるので5分とかで解決できます。

つまり時間の短縮ができるので、少し値は張りますが、お金に余裕があるならプログラミングスクールを使うべきです。

エンジニアになれば、すぐに元は回収できますよ。

 

プログラミングスクール おすすめ 選び方
プログラミングスクールおすすめ5社比較【月80万エンジニアが解説】『プログラミングスクールの数が多すぎて、どのスクールを選べば良いのか分からないな...。おすすめのプログラミングスクールと選び方を教えて欲しい!』このような悩みを解決する記事になっています。おすすめのプログラミングスクールと、選び方を知りたい人は必見です。...

 

【本質】未経験からエンジニアになるには、「行動」が1番大事です

 

方法論については以上なのですが、実はエンジニア転職には「行動」が1番大事だったりします。

少し深堀りしていこうと思います。

 

行動しないと、未経験からエンジニアは厳しいです

 

エンジニア転職をしたいなら、行動が1番大事です。

少し客観的に考えてみて欲しいのですが、他の現役エンジニアも転職活動している中で、あなたを採用するメリットはなんでしょうか?

おそらく会社側からしたら、現役でエンジニアをやってる人に来てもらいたいはずです。

 

つまり会社側としては、未経験をわざわざ採用するメリットがありません。

こう考えたときに、未経験でもエンジニアとして採用されるには、とにかく行動することが大事になってきます。

たとえば、下記のとおりです。

  • この記事を読み終えたと同時にプログラミングの勉強を始める
  • すぐにプログラミングスクールの無料体験を受けてみる
  • 行きたい企業をリサーチしてみる

上記のとおりですね。

要は現役エンジニアで技術力は勝てないので、スピードで勝負するということです。

未経験から3ヵ月でポートフォリオを完成させました!と言われると、「キャッチアップ能力が高くて優秀なのかな?」とか「未経験だけど成長が見込めそう」だとか、思ってもらえますよね。

 

もし本気でエンジニアになりたいなら、とにかく行動を優先していきましょう。

 

将来安泰が良いなら、エンジニアを目指そう

 

というわけで、エンジニアになるための具体的な手順を紹介してきました。

IT人材の不足は年々加速していますし、AIが進化してきても仕事を奪われることはないので、将来を安泰に過ごしたいのであれば、エンジニアになりましょう。

 

そうでなくてもエンジニアは、純粋に楽しいですし、控えめに言って最高ですよ☺️

 

おすすめの転職エージェント

 

おすすめの記事