Freelance

新卒フリーランスがおすすめできない3つの理由【一度就職しよう】

新卒 フリーランス
フリーランスになろうか迷っている大学生
フリーランスになろうか迷っている大学生
新卒で就職しないでフリーランス独立しようかな…。

でも「会社員をやっておけ」って意見もあるし、新卒でフリーランスは無理なのかな…。

この記事では、上記のような悩みを解決していきます。

これから会社員になるんだけど、「本当にこのまま会社員生活を迎えて良いんだろうか」と感じたことはありませんか?

 

最近だと、フリーランスという働き方が広まってきているので、「大学を卒業したら会社員になる」だけが正解ではなくなってきています。

たとえ会社員になっても、最近だと45歳以上を対象にしたリストラが頻繁に行われているし、それなら「フリーランスに挑戦しようかな」と思いますよね。

 

でも、

  • 本当に新卒フリーランスになって良いんだろうか?
  • 新卒でフリーランスになったとして、やっていけるのかな?
  • 新卒フリーランスにならない方が良い理由ってなんだろう?

といった不安をお持ちですよね。

 

1つ目の疑問「本当に新卒フリーランスになって良いんだろうか?」について。

結論、ブログタイトルにもあるとおりで、新卒でフリーランスはおすすめできません。

 

とはいえ理由が気になると思うので、この記事では「新卒フリーランスがおすすめできない3つの理由」を、現役フリーランスの僕が紹介していきます。

 

なお僕の経歴として、新卒カードを使って就職したのちに、約9ヶ月で退職してフリーランス独立しました。

大学生と年齢も近くて、会社員とフリーランスの両方を経験しているので、かなり参考になる話ができると思っています。

 

新卒フリーランスがおすすめできない3つの理由【一度就職しよう】

新卒 フリーランス

就職せずに「新卒フリーランス」がおすすめできない理由は、3つほどあります。

 

理由① : 新卒フリーランスは実績がないから

 

まず第一に、いざ新卒でフリーランスになっても、目に見えた実績を持っていないですよね。

もしかすると大学時代、自分でビジネスしたりエンジニアの長期インターンに参加していた方もいるかもしれません。

ただ、そういった人たちは、おそらくこの記事を読んでいないはずで、自分にスキルがあれば勝手にフリーランス独立しているはず。

 

実績を持っていない状態でフリーランスになってしまうと、ほぼ確実にお金稼ぎで苦しむことになります。

 

少しざっくりした例ですが、「今まで買ったことがなかったけど、健康のためにサプリメントを買いたい」と考えたとき、次のどちらで購入するでしょうか。

  • DHCでサプリメントを購入する
  • ネットの広告で出ているサプリメントを購入する

おそらく、DHCでサプリメントを買うのではないかと思います。

なぜなら、DHCはサプリメント販売で圧倒的な「実績」があるから。

 

フリーランスの場合、サプリメントの代わりに「スキル」が商品になるので、スキルを売った実績がないと、なかなか購入者は出てこないです。

購入者が現れないと、結局お金稼ぎで苦しむことになり、わりと辛いフリーランス生活を送ることになるといった感じですね。

 

理由② : 新卒フリーランスはスキルが低いから

 

新卒フリーランスになっても、スキルが低いのも問題ですね。

僕は大学生のときに「フリーランスになってみたいな〜」と漠然とした想いを持っていましたが、当時の収益としてはブログで月5万円といった感じでした。

もしかすると、ブログ初心者からすると「大学生で月5万円はすごいな…。」と思われるかもしれないです。

でも冷静に考えてみると、フリーランスをやって生活していくなら、月5万円では全然安定しないんですよね。

 

しかも、ブログというビジネスは、Googleのアルゴリズムに左右されてしまうので、いつ収益がなくなってもおかしくありません。

大学生のうちから稼ぐスキルを持っていれば良いかもしれないです。

とはいえ、ほとんどの大学生には「稼ぐスキル」がないはずで、そのフリーランスでやっていくのは、なかなか無理ゲーだというのが僕の意見ですね。

 

理由③ : 新卒フリーランスは仕事・案件が安定しないから

 

最後に新卒フリーランスをおすすめしない理由が、仕事・案件が安定しないから。

これは「①実績がない②スキルが低い」から生じる結果ですね。

 

仕事・案件が安定しない人の末路

  • 仕事が安定しないと、お金が稼げない
  • お金が稼げないと、不安な気持ちになる
  • 不安な気持ちになると、スキルを磨く気になれない
  • というか、スキルを磨くお金がない

以上のように、仕事・案件が安定しないと、負のスパイラルにハマってしまいます。

世の中お金がすべてではないですが、やはりお金があると精神が安定するのも事実です。

 

「①実績がなく②スキルが低いので③仕事・案件を安定できる自信がない人」は、新卒でフリーランス独立を、いったん考え直してみましょう。

 

補足 : 現時点でスキルや実績があるなら、新卒フリーランスはアリ

 

もし現時点でそれなりに稼げていて、スキルや実績をがあるなら、新卒でフリーランス独立はアリかなって思います。

僕も1年前まで大学生だったので、会社で働きたくないっていう気持ちも分かります。

20代前半という時間は、かなり貴重ですもんね。

 

ただ、新卒でフリーランス独立をするのであれば、月に20万円くらい稼げる状態になってからにしましょう。

方法はブログでもWebライティングでもプログラミングでも、なんでも良いと思います。

 

【結論】新卒フリーランスを目指すなら、一度就職しよう【理由付き】

新卒 フリーランス

というわけで、特に実績やスキルを持っていない状態であれば、一度就職してからフリーランス独立しましょう。

なぜ一度就職するべきなのか」を解説します。

 

一度就職すべき理由① : フリーランス志向が強ければ、結局は独立するから

 

本当にフリーランスになりたいと思っている方であれば、おそらく会社員になったとしても結局は独立します。

逆に「新卒で就職してみたら、意外と会社員が良かった…。」という場合もあると思うし、であればフリーランスにならなくて良かったということです。

 

新卒で会社員をやってみたけど、それでも「フリーランスとしてやっていきたい」と感じるようであれば、会社員をやりつつ副業をやってスキルを磨いていきましょう。

会社員のメリットは、安定した給料がもらえるので、副業でたくさん挑戦でいるということ。

本当にフリーランスになりたいと思っているなら、会社から帰ってきたらYouTubeを見ないで副業に取り組む。

それで、副業だけで安定した収入を得られるようになったら、フリーランス独立すれば良いと思います。

 

会社選びは「フリーランスとしてやっていきたい業界」にする

なお、新卒で入社する会社は、フリーランスとしてやっていきたい業界を選びましょう。

 

具体的にいうと、以下のとおりです。

  • ブログをやっていきたい人 : Webマーケ
  • エンジニアをやっていきたい人  : IT業界(Web系)

新卒であれば「新卒カード」というチートアイテムを使えるので、行きたい業界への就職が比較的カンタンです。

これは新卒の特権なので、積極的に活用していきましょう。

 

一度は就職すべき理由② : インフルエンサーも、一度は就職しているから

 

ネットやSNSで活躍しているインフルエンサーの方々は、最初からフリーランスだったわけではなく、基本的に1〜2年ほどの会社員時代があります。

つまり、みんな会社員を経験してから何かしらのスキルを身に付けて独立しているということ。

 

なので「フリーランスになった方が良い」という言葉だけを鵜呑みにせず、発言している方々のバックグラウンドまで見てから、フリーランス独立しましょう。

確かに新卒からフリーランス独立してバリバリに稼げるとスゴイですが、ぶっちゃけ僕個人としては、ほとんどの人には無理ゲーだと思っています。

 

僕はフリーランスになるにせよ、無難に攻めていくのが良いと思っています。

せっかく新卒カードも使えるわけなので、フリーランスとしてスキルの身につきやすい業界で就職してみましょう。

個人的なおすすめは、IT業界ですね。

 

一度は就職すべき理由③ : 経験してもいないのに会社員ディスるのは微妙だから

 

これは断言しますが、サラリーマンを経験したこともないのに、誰かの言葉を借りて会社員をディスるのは微妙です。

物事には、メリットとデメリットが必ず存在します。

会社員にも良い部分はあるし、フリーランスにも悪い部分があるってことです。

 

会社員のメリット

  • 何をしても給料がもらえる
  • 税金や保険の管理が不要
  • スキルがなくても育ててもらえる
  • 有給がある

こんな感じで、少なからずメリットが存在します。

会社員を体験してもいないのに「フリーランスが最強だ」みたいになるのは、ちょっと違うのかなと。

 

逆にフリーランスの場合だと、税金管理とかも自分でやらないといけないですからね。

もし会社員をやったこともないのに、「会社員をやっていてもしょうがない」と考えているなら、少し考え方を改めてみましょう。

 

まとめ : フリーランスを目指すなら「新卒で就職 + 副業」をしよう

 

まとめると、新卒フリーランスをおすすめしない理由は、以下のとおりです。

  • 実績がない
  • スキルがない
  • 仕事・案件がない

 

そして、僕のおすすめは新卒でフリーランスにならず、就職しながら副業にチャレンジしてみること。

いったん就職して、「なんか違うな…。」と感じてからでも、フリーランス独立は遅くないと思います。

僕自身、新卒で就職してから約9ヶ月で会社を辞めてフリーランスになっています。ほぼ新卒フリーランスと変わらないですよね。

 

新卒フリーランスになるか迷っているなら、まずは新卒カードを使って会社員をやりながら副業する。

それで副業が軌道に乗ったら、フリーランス独立すれば良いです。

とりあえず会社員をやっておけば、「会社員 + 副業」のスタイルの方が気にいるかもしれませんし。

 

そもそも現時点で何もスキルがないなら、今すぐスキルを身につけるべき。大学生のうちなら、プログラミングスクールとか学割が効きますからね。

大学生 プログラミングスクール おすすめ
大学生におすすめのプログラミングスクール3選【現役エンジニアが解説】『自分で稼ぐためのスキルを身に付けたいから、大学生におすすめのプログラミングスクールが知りたい!』このような悩みを解決できる記事になっています。大学生向けのプログラミングスクールを探している方は必見です。...

 

とにかく、まずは経験が大事です。

口先だけは大学教授並み、行動は盲目以下」にならないように、会社員ディスを辞めて、少し冷静に考えなおしてみましょう。

以上で、おしまいです。

 

おすすめの記事