LIFE

【疑問】新卒で副業はするべきか?【結論 : 始めてないと遅い件】

新卒 副業
新卒の人
新卒の人
新卒で副業をしようか迷うな…。

同じ状況か、実際に新卒で副業をしている人はいないかな…。

この記事では、上記のような悩みを解決していきます。

 

この記事の想定読者

想定している読者は、以下のとおりです。

  • 副業を考えている新卒
  • 会社の給料だけではシンドイと感じている新卒
  • 副業をしたいけど、何から始めたら良いか分からない新卒

 

この記事では「新卒で副業をするべきか」書いていきます。

結論としては、新卒でも副業をするべきで、むしろ始めていないと遅いくらいです。

 

この記事を読み終えれば、新卒が副業をすべき理由や、おすすめの副業が分かるようになります。

 

この記事の信頼性

この記事を書いている僕は、新卒のときに副業をやってた過去があり、他の新卒より収入が多い状態でした。

今では会社員を辞めてフリーランスで月70万円くらい稼いでいるものの、割と参考になる話ができるのかなと思います。

 

【疑問】新卒で副業はするべきか?【結論 : 始めてないと遅い件】

新卒 副業

新卒で副業をするかどうかで迷っている人は、正直遅れを取っていますよ。

という、個人的な見解です。

でも、あながち間違えではなく、今から副業を始めていないと将来キビシイかなって思います。

 

【日本の現状】大企業 = 安定ではないし、年金はもらえない

 

まず日本の現状を考えてみると分かるのですが、わりと悲惨な状況になっていますよね。

 

日本の現状

  • 年金崩壊で自分で投資しろと言い出す日本政府
  • 大企業が次々とリストラ
  • まったく増えない給料

こんな感じで、「日本はこんなはずではない」と現実逃避したいくらい深刻です。

 

日本がこのような状況になっているわけなので、「新卒だから、まだ副業とかいらないか…。」とか考えているのは、ぶっちゃけ遅れているなと感じます。

 

副業禁止とか言っている場合ではないです

 

Anacondaがよく分からない人
Anacondaがよく分からない人
新卒で副業していないのは遅れているとか言われても、会社で禁止されているしな…。

上記のように考えている方に、1つ質問があります。

人生100年時代と言われている時代で、70歳くらいまで雇ってくれる会社に勤めている自信はありますか?

 

おそらく、ほとんどの人がNOと答えるはず。

その答えは正しくて、会社はあなたの人生を保証してくれません。

 

最近だと、富士通やNEC、コカコーラといった大企業が45歳以上を対象にリストラをおこなっていますよね。

名の知れた大企業でもリストラをおこなっているわけなので、絶対に安定している会社なんて存在しません。

 

新卒で入った会社が副業禁止なのかも知れませんが、正直おとなしく守っている場合ではないというのが本音です。

しかも就業時間以外で何をしていようが、個人の勝手ですよね。

 

プライベートなことまで干渉される筋合いはないはずなので、今すぐ副業を始めるべきかと思います。

 

「新卒は覚えることが多すぎるから副業できない」は言い訳です

 

Anacondaがよく分からない人
Anacondaがよく分からない人
新卒のうちは覚えることが多すぎるから、副業する時間がないんだよな…。

このような意見は、完全に言い訳だと思います。

 

おそらく「時間がない」と言っている人は、時間の使い方を改善するだけで解決できるはずです。

 

使い方を改善できる時間

  • 勤務後に無駄な飲み会に参加する
  • SNSに入り浸る
  • 夜遅くまで残業している
  • YouTubeを見ている

こんな感じで、時間の使い方は「十分改善の余地アリ」ですよね。

 

1番もったいないのは、勤務後の飲み会です。

時間とお金がなくなりつつ、おそらく得られるものが少ないはずです。

 

尊敬できる上司に仕事のことを聞けるとかであれば話は別ですが、同期と飲みに行くのは何も生まないはずです。

飲み会アンチみたいになりましたが、まとめると「時間がないと言い訳しつつ、改善できる時間の使い方がありますよね?」です。

言い訳していて足踏みしているなら、少しずつ改善すべきですよ。

 

朗報 : 副業は会社にとってもメリットです

 

冷静に考えてみると、副業をすることは会社にとってもメリットになります。

たとえば、副業でブログやライティングを選んだ場合、文章を書く力が身につきますよね。

 

会社で書類の作成に3時間かかっているなら、ブログやライティングを始めることで2時間に短縮できるようになります。

 

実際、ブログを書き始める前の僕は、2,000字書くのに3時間くらい使っていましたが、今では1時間で書き終わります。

 

会社にとって「短い時間で成果を出す」が嬉しいに決まっています。仕事が終わらなくて社員が残業すると、余計なお金を支払わなきゃいけないので。

 

なので、会社のためにも副業して、自分のスキルを高めていきましょう。

 

【新卒向け】おすすめの副業や注意点を解説

新卒 副業

ここまで読んでいた新卒の方は、どんな副業をやれば良いのか疑問に思いますよね。

おすすめの副業は「資産になる副業」です。

 

資産になる副業をしよう

 

新卒でやるべき副業は「資産になる副業」で、たとえば下記のようなものがありますね。

  • プログラミング
  • ライティング
  • ブログ

 

プログラミングやライティングは、やればやるほど自分にスキルが貯まります。「スキルという資産が貯まる」ってことです。

 

IT業界にエンジニアとして勤めていて、副業していない人がいますが、完全にもったいないです。

せっかく稼げるスキルを身につけているのに、お金がないと嘆いている人が多すぎます。

 

考え方を変えると、IT業界は自分のスキルを高めつつ給料を貰えるので、わりとチート行為ですよね。

IT業界に勤めていない場合だと、これからプログラミングを勉強しないといけないわけで、エンジニアとして会社員をやっているだけで一歩抜きん出ています。

 

まとめると、IT業界に勤めているのであれば、間違えなくプログラミングで副業すべきですし、これからプログラミングを勉強するのもアリです。

 

IT業界に勤めていない場合には、プログラミングスクールを使って爆速でスキルを身につけるのがおすすめですよ。

参考記事 >> 【無料あり】現役エンジニアおすすめのプログラミングスクール3選

 

副業で時間の切り売りはNG

 

副業で時間の切り売りをするのはNGです。

 

時間の切り売りの例

  • アルバイト
  • アンケート回答

 

副業で夜に居酒屋バイトするとかは、完全にNGです。

これは本当にあった怖い話で、会社の同期にいるエンジニアが、副業を居酒屋バイトにしようと考えていました。

せっかく会社でプログラミングを勉強しているのに、「まさかの居酒屋バイト?!」とさすがに衝撃でした。

 

本人がやりたそうにしていたので、何も言いませんでしたが、僕だったらプログラミングスキルを活かして副業しますね…。

 

睡眠時間を削るのもNG

 

さらに副業を始めるとやりがちなのが「睡眠時間を削る」で、これもまたNGです。

 

副業をすることで豊かな生活を送ったり、老後のための貯金を増やしたりするのに、寿命を削っていたら本末転倒ですよね。

しっかり睡眠を取らないと、仕事のパフォーマンスも落ちますし、だんだん副業できない体になっていきます。

 

やるべきことは「睡眠時間を削る」ではなく、「無駄な時間を減らす」です。

 

再掲 : 使い方を改善できる時間

  • 勤務後に無駄な飲み会に参加する
  • SNSに入り浸る
  • 夜遅くまで残業している
  • YouTubeを見ている

このような時間の使い方は、間違えなく改善できるので、少しずつ無駄な時間を削減していきましょう。

 

無駄な時間を1日5分削減できるだけで、1年間で30時間生まれます。

30時間もあれば、プログラミング1言語の基礎は習得できるようになりますよ。

 

と、ここまで色々と書いてきましたが、現状維持が良ければそれでも良いと思います。

自分の人生ですし、楽しく暮らせるのが1番良いですよね。

 

ボクの場合は、会社の収入だけでは厳しく、嫌なことを避けるためには、お金が必要だと感じたので副業を始めました。

結果として、他の新卒よりも収入が多く、嫌なことを回避しながら楽しく生きています。

 

世界は進歩し続けているので、現状維持しようと考えるのは、衰退する一方です。

ボクたち新卒は、年金も貰えないし退職金も減っているので、現状維持だけではキビシイですよ…。

 

おすすめの記事