LIFE

【経験者が教える】サラリーマンにおすすめの副業9選【NGもアリ】

サラリーマン 副業 おすすめ
サラリーマンで副業を探している人
サラリーマンで副業を探している人
サラリーマンで副業をやっていきたいんだけど、おすすめの副業は何かな…。

できれば「やってはいけない副業」とかも知っておきたいな…。

この記事では、上記のような悩みを解決していきます。

 

この記事の想定読者

想定している読者は、次のとおりです。

  • サラリーマンで収入を増やしたい人
  • サラリーマンにおすすめの副業が知りたい人
  • 副業の経験者に話を聞きたい人

 

この記事では「サラリーマンにおすすめの副業9選」を紹介していきます。

最近だと大企業のリストラや副業の解禁で、そろそろ副業をやらないとマズいんじゃないかって不安になりますよね。

 

この記事を読めば、サラリーマンにおすすめの副業9つが分かり、自分にあった副業を選べるようになります。

さらに、サラリーマンがやってはいけない副業や収入を増やす方法についても書いていますので、副業をやろうと思っている方にとって、かなり参考になるかと。

 

この記事の信頼性

この記事を書いている僕は、新卒時代から副業をやっていて、他の同期より稼いでいました。

さらに最近ではフリーランス独立を果たし、月に70万円ほど稼いでいます。

なので、「会社員 + 副業」と「稼ぐにフォーカス」という2つの視点から、おすすめの副業を紹介していけます。

 

【経験者が教える】サラリーマンにおすすめの副業9選

サラリーマン 副業 おすすめ

サラリーマン時代に「本業 + 副業」をこなしていた僕が、サラリーマンにおすすめの副業9選を紹介していきます。

基本的な考え方として、「スキルが手元に残るもの」がおすすめです。

それぞれ副業の種類を見つつ、紹介していきます。

 

サラリーマンにおすすめの副業① : ブログ

 

サラリーマンにおすすめの副業1つ目は、ブログです。なぜなら、サラリーマンとブログの相性が良いから。

  • サラリーマン : 毎日決まった時間を働くことで収入を得る
  • ブログ : 自分の好きな時間に働けるけど、時間がかかる

こんな感じで、「サラリーマンとして安定した収入を得つつ、稼げるようになるまで時間のかかるブログを育てていく」という働き方ができます。

 

ブログで稼げる目安の時間

ブログで稼げるようになるまでの目安の時間は、ざっくりと「3ヶ月〜6ヶ月くらい」必要になってきます。

3ヶ月〜6ヶ月くらい頑張って、「ようやく1万円稼げるようになるかな」って感じです。

こうやって聞くと、なんだか割に合っていない気がしますよね。3〜6ヶ月も頑張って、ようやく1万円かよ!みたいな。

とはいえ、会社で昇給するとなったら、1年単位で見直しが入って数千円の昇給ですよね。ということは、会社の昇給よりは明らかに効率が良いかと思います。

しかもブログの場合は、1度書きあげると、ネットに残り続けます。つまり自動販売機のように、勝手に稼いでくれる状況を生み出せるようになるんですよね。

 

僕は当ブログ(テックダイアリー)を半年くらい運営していますが、以下のツイートのように4日間で5万円の売り上げが立つようになっています。

コツコツ努力するのが得意な方は、ぜひともブログを始めることをおすすめします。

 

サラリーマンにおすすめの副業② : アフィリエイト

 

2つ目におすすめするのが、アフィリエイトです。

アフィリエイトとは、紹介した商品の広告から、お客さんが買い物してくれると収益が発生する仕組みです。

アフィリエイト

たとえば、おすすめの書籍をリンク付きで紹介して、お客さんが貼っておいたリンクを経由して本を買ってくれたら、収益が発生する感じです。

分かりやすいところで言うと、「価格.com」とかがアフィリエイトサイトになっていますね。

紹介している家電を買ってもらえると収益が発生する感じです。

 

ただ、価格.comのようなアフィリエイトサイトを作成するのは、わりとハードです。

なのでアフィリエイトを始めるにしても、ブログサイトを作成して、そこから収益化を狙っていくのがおすすめです。

 

サラリーマンにおすすめの副業③ : プログラミング

 

3つ目におすすめしたい副業が、プログラミングです。プログラミングをおすすめする理由は、以下のとおり。

  • 需要が高いので、稼ぎやすい
  • さらに、自分にスキルが残りやすい
  • IT企業への転職にも使える

こんな感じで、プログラミング1つを習得するだけで、色々なものを手に入れることが可能です。

 

そして、ブログ・アフィリエイトとかよりも、プログラミングは成果が出やすいですね。

学習期間にして3ヶ月ほどで「稼ぐのに必要なスキル」を習得できます。

 

プログラミングで稼げる金額

サラリーマン 副業 おすすめ

LPという縦長のWebページを制作すると、ざっくり2〜3万円くらいはゲットできる感じです。

しかも、これくらいのLP制作で必要になるHTML/CSSのスキルは、1ヶ月もあれば習得できるかなと。

サラリーマンでも割と早い段階で稼げるようになるので、プログラミングは挑戦する価値アリですね!

 

サラリーマンにおすすめの副業④ : Webデザイン

 

4つ目におすすめしたい副業が、Webデザインです。

Webデザインをおすすめする理由は、「将来性があるから」ですね。

 

というのも、僕自身がAIエンジニアをやっているのですが、デザインの仕事とかって代替えしにくいんですよね。

デザイナーのスキルを模倣するのも難しいですし、デザインをお願いしたい人の細かい要望に応えるのも難しいです。

そして、ネット上を見ている限り、デザインができる人の需要ってものすごく高いです。

僕自身も、ツイッターのアイコン画像とかをデザイナーにお願いしたいと思っているくらいなので。

 

デザインで稼げる金額

ココナラを見てみると、アイコン作成が1つあたり5,000円くらいで出品されていますね。

サラリーマン 副業 おすすめ

これはあくまで「1つあたりの金額」なので、月に4〜6つくらい受注すれば2〜3万円を狙っていけます。

デザインは「需要の高い分野」かつ「将来性のあるスキルを獲得できる」ので、サラリーマンにおすすめの副業だと言えますね。

 

サラリーマンにおすすめの副業⑤ : Webライター

 

5つ目におすすめなのが、Webライターの仕事です。

なぜなら、いますぐに稼ぎ出すことが可能だし、ライティングスキルが蓄積されるから。

 

実際の案件から確認する

実際にランサーズで、以下のような案件がありました。

サラリーマン 副業 おすすめ

都市伝説についての記事作成で、1,000文字以上で1,000円ということなので、1文字あたり〜1円の金額になります。

もし都市伝説が好きな方なら、この手の記事はすぐに書けてしまいますよね。

 

都市伝説でなくても、ランサーズなどのクラウドソーシングサイトでは、マニアック〜王道なジャンルまで、たくさんのライティング案件があります。

さらに、ライティングは特別なスキルが必要かと言えば、ぶっちゃけそこまで必要ないかなと。

普通にサラリーマンをやっている方なら、日々の書類作成で磨かれている文章スキルでOKですので、「これなら書けそうかな」と感じるジャンルがあったら、すぐ挑戦しましょう。

なお、副業Webライターの始め方を詳しく知りたい場合には、以下の記事が参考になります。

副業 ライター Webライティング 初心者
【初心者向け】Webライティングでライター副業を始める3ステップ『ライターとして、副業で稼いでいきたいな...。でも、まず何からやれば良いのか分からないな...。具体的に始め方を教えて欲しい。』このような悩みを解決する記事になっています。副業ライターを始めたい方は必見です。...

 

サラリーマンにおすすめの副業⑥ : 動画編集

 

サラリーマンにおすすめの副業6つ目が、動画編集です。

なぜなら、動画編集に必要なスキルを身につけるまでのコストが低いからです。

イメージ的には、デザインよりカンタンだけど、デザインと同じくらい稼げるって感じですね。

具体的な金額で言えば、1本あたりの編集で2,000円〜5,000円を狙っていける感じです。

 

これから5G回線になっていくと、動画が今よりも身近になるはずで、そうなってくると動画編集の需要も上がっていきます。

今のうちからスキルを身につけていって、後発者と差別化していくのが良いですね。

 

サラリーマンにおすすめの副業⑦ : YouTube

 

7つ目におすすめしたい副業が、YouTubeです。

YouTubeといっても、動画実況とかエンタメ系ではなく、ビジネスについて発信するYouTuberです。

 

これに関しては僕も挑戦している最中ですが、なかなか難しいですね…。

とはいえ、サラリーマン歴が長くて話すのが得意な方であれば、ブログよりもYouTubeの方がやりやすいのかなって思います。

 

サラリーマンにおすすめの副業⑧ : UberEats

 

サラリーマンにおすすめの副業8つ目が、UberEatsの配達員です。

ご存知の方も多いかと思いますが、いわゆる配達員ですね。

サラリーマンの中でもやっている人が多く、配達員なら会社終わりの空き時間を使っても働ける感じです。

 

UberEatsだけはNG

ただ、僕の基本的な方針として、なんのスキルも身につかない副業はNGです。

UberEatsに関しては、自転車に乗るスキルは身につくかもですが、ぶっちゃけそんなにスキルが身につく職種ではありません。

 

もしUberEatsをやるのであれば、一緒にブログをやりましょう。

これは裏ワザ的な話になってきますが、UberEatsの配達員って、アフィリエイトが存在するんですよね。

ブログにて一緒に配達員をやる人を募集して、そこから「配達員になりたい!」という方が申し込みをしたら、お金が入る仕組みになっています。

 

UberEatsだけだとおすすめできませんが、配達員をやりつつブログを書くのであれば、かなりおすすめできる副業の方法になってきます。

ブログが軌道に乗るまでお金も稼げますし、いますぐタネ銭を増やしたい方にもおすすめです。

 

サラリーマンにおすすめの副業⑨ : note

 

9つ目におすすめする副業が、noteです。

noteというのは、ざっくりいえば電子書籍を販売できるプラットフォームですね。

自分の知見や体験を電子書籍として販売することができます。

 

若干ハードルが高いかもですが、考えられるnoteの内容としては次のとおり。

  • 年収260万円から400万円まで上げた3つの手順【数字も公開】
  • TOEIC450点から3ヶ月で700点まで上げた具体的な方法【学歴関係なし】

ここら辺の内容であれば、わりと多くのサラリーマンが書けると思います。

 

他にも販売する内容は無限にあるかと思いますので、自分の中で売れそうだと思う内容があれば、一度挑戦してみるのが良いですよ。

僕は昔にブログで1万円を稼ぐ方法をnoteで販売し、だいたい3万円くらい収益を上げました。

 

サラリーマンにおすすめできない副業4つ【スキルが身につかないものはNG】

サラリーマン 副業 おすすめ

さらに、サラリーマンにおすすめできない副業も紹介していきます。

結論を言うと「スキルが身につかない副業はNG」です。

 

具体的な職種を見ていきましょう。

 

サラリーマンにおすすめできない副業① : FX・投資

 

サラリーマンにおすすめできない副業の1つ目は、FX・投資です。

僕自身、FXをやった経験があるし投資も現在進行形でやっていますが、サラリーマンが最初に手を出すべきではないかなと。

なぜなら、FXとか投資だと、そこまで収入が上がらないからです。

 

たとえば、年間100万円を年利3%で運用した場合ですと、増えるお金って3万円です。

これは「年間で」です。1ヶ月に換算すると、2,500円の収入です。

こうやって考えると、明らかに収入を増やす効率が低すぎるんですよね。月2,500円とか、会社でちょっと残業したら達してしまう金額ですからね。

 

さらに、投資だとマイナスになる可能性もあります。マイナスになる可能性があるのに月2,500円しか増えないのって、わりに合わなすぎですよね。

なので、会社員の副業としてFX・投資を攻めるのはおすすめできなくて、まずはコツコツ淡々とスキルを身につけつつ副業するのがおすすめです。

 

サラリーマンにおすすめできない副業② : アルバイト

 

サラリーマンにおすすめできない副業2つ目が、アルバイトです。

コンビニとか、居酒屋とか、働いても時給1,000円とかですし、なんのスキルも身につきません。

一生低賃金で働き続けるなら別ですが、やはり誰しもラクに生活したい意欲があるはずなので、ここら辺の「時間を切り売りするだけ」の労働はやめましょう。

副業でコンビニは、完全に間違えている【元店員が語る】『副業でコンビニってどうかな...。』『割とお金がカツカツだから、副業したいな...。』このような悩みを解決できる記事になっています。...

 

サラリーマンにおすすめできない副業③ : ポイントサイト

 

サラリーマンにおすすめできない副業の3つ目が、ポイントサイトです。

僕も大学生時代にやっていましたが、本当に稼げません。

大学生時代の時間がたっぷりあるときでも、一生懸命やって200〜300円分しか貯まりませんでした。時給換算すると50円とかです。

 

特別な理由がない限り、ポイントサイトで稼ごうとするのは止めた方が良いですね。

 

サラリーマンにおすすめできない副業④ : せどり・転売

 

サラリーマンにおすすめできない副業の4つ目は、転売・せどりです。

転売に関しては僕もやったことがありますが、稼げることには稼げるけど、ストレスがデカイんですよね。

特に僕の場合は、わりとミニマリスト的な生活をしているので、家に無駄なものが増えていくのがNGでした。

そして、商品知識は身につくけど、スキルは特に身につきません。

手元にある程度の資金があって、どうしてもタネ銭を稼ぎたいという人はやっても良いかもですが、いずれはおすすめの副業に戻ることをおすすめします。

 

大前提 : 副業よりも転職した方が収入を上げるのがカンタンです【転職 + 副業が最強】

サラリーマン 副業 おすすめ

そもそも論ですが、副業をやるより転職した方が収入を上げるのがカンタンです。

なので、副業で収入を上げようとするより先に、転職してしまうことをおすすめします。

※なお、転職の方針は2つあるので、それぞれ詳しく書いていきます。

 

転職の方針① : 同じ業界で給料の高い会社へ転職する

 

単純に収入を増やすのであれば、同じ業界で給料の高い会社へ転職しましょう。

収入を上げたいのであれば、副業に取り掛かるより同業他社への転職をするべきです。

僕の周りにいる34歳で会社員をやっている方は、2度の転職で年収にして1,200万円ほど。いうまでもなく転職しないと達成できない金額です。

 

なので、まずは副業をやる前に転職を考えてみましょう。

 

転職の方針② : 多少給料が減っても将来性のあるIT業界へ転職する

 

将来性も考えつつ転職していくなら、多少収入が減ってもIT業界に転職するのがおすすめです。

なぜIT業界を進めるのかというと、理由は以下のとおり。

  • 将来性があるから
  • 年収が高いから
  • 独立しやすく、自由な働き方を実現できるから

こんな感じで、将来性を高めつつ、自由な働き方を実現できるのがIT業界です。

 

僕自身もサラリーマン時代はIT業界で働いており、現在は22歳で独立して月70万円ほど稼いでいます。

将来が不安だったり、自由な働き方を実現したいのであれば、多少年収が下がってもIT業界に転職することをおすすめします。

なおIT転職に強いエージェントについては、以下の記事でまとめています。

IT おすすめ 転職エージェント 転職サイト
【未経験OK】IT系でおすすめの転職エージェント・転職サイト5選『IT系に強い転職エージェント・転職サイトってどこかな...。』このような悩みを解決できる記事になっています。これからIT業界で働きたい方も、すでに働いている方も必見です!...

 

結論 : サラリーマンが選ぶべき副業は2つのみ

 

というわけで、色々と紹介してきたのですが、結論としてはサラリーマンが選ぶべき副業は2つです。

 

サラリーマンが選ぶべき副業

  • プログラミング
  • ブログ/アフィリエイト

この組み合わせで、両方ともやっていくのがおすすめです。

 

プログラミングでは「お金を稼ぎつつ、スキルを身につける」を目標にして、ブログでは「プログラミング+会社員で安定した収入を増やしつつ、時間をかけて収入を増やしていく」感じですね。

 

とはいえ、まずは稼ぐためのスキルを身につけるところからです。

プログラミングで稼ぐためには、しっかりとスキルを身につけていきましょう。

 

プログラミングの「独学 or スクール」

なお、プログラミングの学習において、独学するかスクールに行くかで悩まれる方が多いかと思いますが、ぶっちゃけどちらでもOKです。

独学でもやっていける自信があるのなら自分で勉強すれば良いし、あまり自信がなければスクールを活用しましょう。

 

ただ、独学するよりもスクールを使った方が爆速でスキルを身につけられることは間違えなしですね。

プログラミング 独学 無理
プログラミングの独学は無理ではない【スクールを使うと爆速で成長】『プログラミングの独学は無理なのかな...。』『プログラミングスクールを使うべきか本気で迷うな...。』このような悩みを解決していきます。...

 

できるだけ早い段階で副業の収入をゲットしたいって方は、初期投資だと思ってスクールを使っていきましょう。

各プログラミングスクールは無料体験をおこなっているので、まずは無料で使ってみるのが良いですね。

プログラミングスクール おすすめ 選び方
プログラミングスクールおすすめ5社比較【月80万エンジニアが解説】『プログラミングスクールの数が多すぎて、どのスクールを選べば良いのか分からないな...。おすすめのプログラミングスクールと選び方を教えて欲しい!』このような悩みを解決する記事になっています。おすすめのプログラミングスクールと、選び方を知りたい人は必見です。...

 

何はともあれ、とにかく行動するのみ。

行動しないと現状が変わるはずがないので、もし生活を安定させたり将来の心配を少しでもなくしていきたいのであれば、いますぐ転職や副業に取り掛かっていきましょう。

それでは、この辺で。

 

おすすめの記事