Programming

【プログラミングがつまらない】たった3つの解決策だけで楽しくなる

プログラミング つまらない
プログラミングを始めた人
プログラミングを始めた人
プログラミングがつまらないな…。

どうすれば楽しいと感じるようになるんだろう…。

この記事では、上記のような悩みを解決していきます。

 

この記事の想定読者

想定している読者は、次のとおりです。

  • プログラミングを始めたばかりの人
  • プログラミングがつまらないと感じている人
  • でもプログラミングスキルを身に付けたい人

 

 

この記事では「プログラミングがつまらないときの原因と解決策」について書いていきます。

プログラミングスキルを身に付けたいと思いつつ、なかなか学習が進まなくてツライですよね。

過去のボクも同じ状況になっていたので、痛いくらい気持ちが分かります。

 

この記事を読み終えれば、プログラミングがつまらないときの解決策が分かり、安心してスキルアップを狙えるようになります。

ぜひ、プログラミングスキルを身につけられるようになりましょう(`・ω・´)!

 

プログラミングがつまらないと感じる原因【3つある】

プログラミング つまらない

プログラミングがつまらないと感じる原因は、3つほどあります。

まずは原因を突き止めていきましょう。

 

つまらない原因① : 学習しているプログラミング言語が難しい

 

プログラミングがつまらないと感じる1つ目の原因は、学習しているプログラミング言語が難しいからです。

勉強し始めたばかりなのに難しい内容ばかりやっていると、飽きてきて眠くなった経験があるかと思います。

 

難しい内容に挑戦する例

  • 料理の勉強を始めたばかり → 三ツ星レストランのシェフと同じ料理を作ってみる
  • 野球を始めたばかり → プロと同じ練習内容を実行する
  • 英語の勉強を始めたばかり → アメリカ企業の会議に参加

少しオーバーに書いてしまいましたが、難しいプログラミング言語を勉強するとは、こんな感じです。

なので、これからプログラミングを勉強するのであれば、難しいプログラミング言語は避けていくべきですね。

 

難しいプログラミング言語とは

  • C言語/C++
  • Java

このような言語は、積極的に避けていきましょう。最初に手を出すべきではないです。

 

つまらない原因② : 練習ばかりしている

 

プログラミングがつまらないと感じる原因の2つ目は、練習ばかりしているからです。

たとえば次のような場合だと、「楽しい」と感じるのはどちらでしょうか?

  • 野球のトレーニングでひたすら素振りする
  • 個人的に素振りしつつ、試合に出て活躍する

おそらく試合に出て活躍した方が、楽しいと感じるのではないでしょうか?

 

素振りが悪いという話ではなくて、素振りは試合で活躍するための「手段」ですよね。

プログラミングで言えば、個人でコードを書く練習をするのは、野球の素振りと同じで「手段」になります。

なので、ずっとコードを書く練習していても楽しくないのは当たり前で、もっと試合をしていくべきです。

 

つまらない原因③ : 勉強仲間がいない

 

プログラミングがつまらないと感じる3つ目の原因は、勉強仲間がいないからです。

少し質問をさせてください。

学生生活が楽しかったと感じる方は、学生生活のなにが楽しかったですか?

 

学生生活で楽しかった例

  • 部活動が楽しかった
  • 日々の学生生活が楽しかった
  • 文化祭が楽しかった
  • 大学時代、飲み会が楽しかった

おそらく、このような回答が出るはず。

 

そして学生生活で楽しかったことは、以下のように書き換えられます。

  • みんなと取り組んだ部活動が楽しかった
  • 友達との日々の学生生活が楽しかった
  • クラスで団結した文化祭が楽しかった
  • 大学時代、友達との飲み会が楽しかった

こんな感じで、自分1人だけではなく周りの人がいてこそ楽しかったですよね。

プログラミングも全く同じで、一緒に頑張れる人がいれば、楽しんで取り組めます。

 

なので、プログラミング学習が「つまらない」と感じるのであれば仲間を探してみるのも有効な手になってきます。

 

【プログラミングがつまらない】たった3つの解決策だけで楽しくなる!

プログラミング つまらない

プログラミングがつまらない原因がわかったところで、解決策を紹介していきます。

少し胡散臭いですが、この3つを実践するだけでプログラミングが急に楽しくなりますよ。

 

解決策① : 学習する言語を変える

 

解決策の1つ目は、思い切って学習するプログラミング言語を変えることです。

C言語やJavaを勉強していた人は、思い切って他のプログラミング言語に移り変えてしまいましょう。

そういえば、大学の授業で最初にやるプログラミングって、C言語ですよね。そのせいでプログラミングがつまらなくなっている可能性がデカイです。

 

世の中にはホームページを作成したり、ゲームを作成できたりするプログラミング言語があります。

そして、こういった目に見えるものを作れた方が楽しそうですよね。

CやJavaでないと作れないものがあるなら話は別ですが、他の言語でだいたい代用可能なので、さっさと言語変更しましょう。

 

なお、現役エンジニアのボクがおすすめするプログラミング言語については、下記の記事でまとめておきました。

プログラミング 初心者 言語
初心者が選ぶべきプログラミング言語とは【IT営業12年目に聞いた】『初心者が選ぶべきプログラミング言語ってなんだろう...。』『IT業界で営業として勤めている人から、業界の動向を聞きたい』このような悩みを解決できる記事になっています。...

 

解決策② : 自分で何か作ってみる

 

しばらく勉強している人で、プログラミングがつまらないと感じるのであれば、「自分で何か作ってみること」が1番効果的です。

 

練習が飽きてきたってことは、すでに分かっていることをひたすらやっている状況です。

なので、練習は一回やめて実際に何か作ってみましょう。

 

HTML/CSSの勉強をしているのであれば、2週間くらいで簡単なLPが作れるようになりますよ。

 

2週間勉強して作成したLP

ボクがHTML/CSSの勉強を2週間やったあとに、始めて作成したLPです。

参考ページ >> 現地の人から借りる家、体験&スポット – Airbnb

 

プロからしたら微妙かもですが、それなりに完成しているかと思います。

このように、何かを作って誰かに見せたとき、「すごい」って言われた自分を想像してみてください。

すごいと言われたら、絶対に嬉しいはずです。

 

ボクは初めて作ったLPがすごいと言われて、とても嬉しかったですよ!

 

解決策③ : プログラミングできるように環境を変える

 

プログラミングがつまらないのであれば、「環境を変える」も解決策になってきます。

なぜなら、人の行動は環境によって支配されているからです。

 

たとえば、大学受験の勉強を思い出してみてください。

  • 学校の授業で勉強する → あまり集中できない
  • 予備校の授業で勉強する → めちゃくちゃ集中できる

こんな感じで、予備校に行って勉強した方が集中できた人が多いはず。

 

そして、なぜ予備校の方が集中できるのかというと、「集中して勉強するためにきている人が多いから」ですよね。

それと同じで、プログラミングの勉強を本気で取り組みたいのなら、集中して勉強している人に囲まれるのが1番です。

 

友達と一緒に勉強するのもいいですし、Twitterを使うと意識の高い人がたくさんいるのでモチベーションが上がるはずです。

 

もちろん友達と一緒に勉強を頑張りつつも、分からないところでつまずいて飽きてしまう可能性があります。

その場合には、プログラミングスクールを使ってみるのがオススメです。

 

ボクの友達も、プログラミングスクールを利用して、向上心を保ちながら勉強できていましたよ。

プログラミングスクール おすすめ 選び方
プログラミングスクールおすすめ5社比較【月80万エンジニアが解説】『プログラミングスクールの数が多すぎて、どのスクールを選べば良いのか分からないな...。おすすめのプログラミングスクールと選び方を教えて欲しい!』このような悩みを解決する記事になっています。おすすめのプログラミングスクールと、選び方を知りたい人は必見です。...

 

まとめ : プログラミングがつまらないなら、仲間を作りつつ色々作っていこう

 

というわけで、プログラミングがつまらないときの原因と解決策を紹介してきました。

 

プログラミングは最初の勉強が少しツライですが、そこを乗り越えたら楽しんで取り組めるようになります。

プログラミング学習を始めた目的を思い出しつつ、頑張っていきましょう。

おしまいです。

 

おすすめの記事