Programming

「プログラミングは難しい」が勘違いである理由3つ【克服者が語る】

プログラミング 難しい
プログラミングに興味がある人
プログラミングに興味がある人
プログラミングを勉強したいけど、やっぱり難しいのかな…。

自分にも習得できるのか不安だな…。

この記事では、上記のような悩みを解決していきます。

 

この記事の想定読者

想定している読者は、次のとおりです。

  • プログラミングに興味がある人
  • でも、自分に習得できる自信がない人
  • プログラミングを習得すると、どうなるのか知りたい人

 

この記事では「プログラミングが難しいのは勘違いである3つの理由」について書いていきます。

最近エンジニアという働き方がはやっていて、まずは手始めにプログラミングを習得していきたいと考えているかと思います。

 

この記事を読めば、プログラミングが難しくない理由が分かり、安心して学習をスタートできます。

 

この記事を書いている僕は、大学時代に全くプログラミングが出来なかったけど、新卒を9ヶ月で退職して、22歳でフリーランス独立・月70万円の収益です。

こうやって見てみると少し胡散臭い経歴ですが、事実なので読み進めて頂けたらと思います。

 

「プログラミングは難しい」が勘違いである3つの理由

プログラミング 難しい

プログラミングは難しい」というのは勘違いです。理由をツラツラと書いていきます。

 

理由① : 時間をかければ誰でも習得できるから

 

「プログラミングは難しい」が勘違いである理由の1つ目は、時間をかければ誰でも習得できるからです。

プログラミングというのは、高校のときに学習した数学に似ているかもしれません。

数学って、なんとなくイメージで難しいと思ってしまっているけど、時間をかけて勉強すれば割と理解できるんですよね。

 

プログラミングもまったく同様です。時間をかけてしっかりと勉強していけば十分に習得できます。

 

プログラミングが難しく感じる人は、諦めるのが早いです

この記事を読んでいる時点で、プログラミングを勉強しつつも難しくて挫折しそうになっている人は、すこし諦めるのが早いです。

僕自身も最近まで、プログラミングの基礎学習をやっていた身なので分かりますが、挫折しそうになりつつも継続して勉強していけば、必ず理解できるようになります。

理解できるというか慣れてきて習得できる感じですね。

 

なので、いまプログラミングが難しく感じて挫折しそうになっている方は、もう少し学習を続けてみましょう。

 

理由② : 大学で習うプログラミングは初心者向きではないから

 

大学で習うようなプログラミング言語は初心者向きではありません。

大学で習うプログラミング言語とは、次のようなものです。

  • C言語
  • Java

大学生になると、なぜか上記のような「初心者向きではないプログラミング言語」が教えられます。

 

C言語とかJavaに関しては、ぶっちゃけ難しいです。でも、本来であれば学ぶ順番がおかしくて、「もっと簡単な言語 → C言語・Java」と進むべき。

なので、大学で習うようなプログラミング言語は一旦学習をやめて、初心者に最適なプログラミング言語を選んでいきましょう。

 

初心者向きのプログラミング言語

  • Ruby
  • PHP
  • Python

ここら辺の言語を最初に学ぶと良いです。

なお、初心者が選ぶべきプログラミング言語は、別記事にてまとめています。

プログラミング 初心者 言語
初心者が選ぶべきプログラミング言語とは【IT営業12年目に聞いた】『初心者が選ぶべきプログラミング言語ってなんだろう...。』『IT業界で営業として勤めている人から、業界の動向を聞きたい』このような悩みを解決できる記事になっています。...

 

理由③ : ゲーム感覚で学習できる教材があるから

 

「プログラミングは難しい」が勘違いである理由の3つ目が、Progateを使ってゲーム感覚で学習できるからです。

プログラミングと聞くと、重い参考書を使いつつ勉強していくイメージが強かったですが、現代ではゲーム感覚で学習を進められます。

なので、学習のハードルがかなり下がっているんですよね。

こういった便利で画期的なツールが揃っているので、「プログラミング=難しい」というのは、割と昔の発想だったりします。

 

さらに : スクールも有効です

僕は独学でプログラミングを学習してきた人間ですが、最近だと便利なスクールも多く登場しています。

スクールを使うメリットは、「無限に質問しながら学習できること」で、初心者でも挫折せずに学習できるサポートが施されています。

 

もしProgateをやってみてもプログラミングでつまづいてしまうようなら、プログラミングスクールを使ってみるのも手ですね。

プログラミングスクール おすすめ 選び方
プログラミングスクールおすすめ5社比較【月80万エンジニアが解説】『プログラミングスクールの数が多すぎて、どのスクールを選べば良いのか分からないな...。おすすめのプログラミングスクールと選び方を教えて欲しい!』このような悩みを解決する記事になっています。おすすめのプログラミングスクールと、選び方を知りたい人は必見です。...

 

プログラミングは圧倒的にコスパの良いスキルです【割りと安定】

プログラミング 難しい

というわけで、プログラミングは難しくなく、圧倒的にコスパの良いスキルです。

習得すれば割と安定するスキルになっており、なぜ安定するのか紹介していきます。

 

実体験 : 1年間の努力で、収入が約3倍になりました

 

事実として、僕は2019年4月から新卒でIT企業に就職して、2019年12月にフリーランスのエンジニアとして独立しました。

すると、収入は手取り16万円から売上55万円まで爆増して、収入が約3倍になりました。

そして、僕が特殊なのかというと、そんなことはないです。僕の周りには同い年で月60万円前後稼いでいる人が多く、なんなら僕は少し収入が少ないくらいです。

 

プログラミングを習得できると、こんな感じで短期間で収入を爆増できます。

おそらく、ここまで少ない努力で収入をあげられる方法は他になく、エンジニアとしてキャリアを歩んでいくのが最適解だと思っています。

 

プログラミングはコスパが良すぎるスキルです。是非とも「難しい」というイメージにとらわれることなく学習を進めていきましょう。

 

さらに : IT人材は不足し続けるので、安定して高給取りを目指せる

 

さらに、プログラミングスキルを身につけてエンジニア職に就けば、割と安定した人生が送れるのではないかと。

なぜなら、IT人材が不足し続けていて、需要に対して供給が追いついていないんですよね。

そもそも少子高齢化が進んでいるので、物理的に人材が不足していきますよね。

 

こういった背景もあり、プログラミングというスキルを身につけておけば、かなり安定した人生を送れるのではないかと思っています。

 

エンジニアは転身しやすいです

そして、スキルを身につけておけば転身もしやすいです。

会社を移っても良いですし、フリーランスエンジニアとして活動していくのもOK。フリーランスになれば働き方も自由に選択できます。

 

こんな感じで、プログラミングは色々な働き方を実現しつつ、高級取りを目指していけます。それなのに、習得難易度もそこまで高くない。

 

プログラミングは圧倒的にコスパの良いスキルなので、興味を持った段階で習得していきましょう。

 

プログラミングに興味を持ったら、いますぐ勉強を始めるべき

 

というわけで、プログラミングは難しいというのが勘違いである理由から、習得すれば割と安定する話を書いてきました。

 

僕自身、特別な才能もなく、22歳にして月70万円くらい稼げるフリーランスになれました。

それは言うまでもなく、プログラミングのおかげです。プログラミングがなければ、学歴が高いわけでもないので、いまごろ手取り16万円のサラリーマンのままだったと思います。

 

僕はこれからもプログラミングという武器を手にしつつ、月100万円を目指していきます。

もしプログラミングに興味を持ったなら、いますぐ学習を始めて人生を変えていきましょう。

それでは、この辺で。

 

おすすめの記事