Programming

プログラミングのモチベーション維持には「2つ」必要【目標と環境】

プログラミングスクール モチベーション
プログラミングを初めて数ヶ月の人
プログラミングを初めて数ヶ月の人
プログラミング学習をしていて、挫折しそう…。

挫折する理由だけじゃなくて、解決策まで紹介している記事があれば読みたいな…。

この記事では、上記のような悩みを解決していきます。

 

この記事の想定読者

  • プログラミングで挫折しそうな人
  • プログラミングで挫折しない方法が知りたい人
  • これからプログラミング学習を始めようか迷っている人

想定している読者は、上記のとおりです。

 

この記事では『プログラミング学習で9割の人が挫折する理由と解決策』を書いていきます。

プログラミングって、エラー文が無限に出てきて挫折しそうになるんですよね。

 

この記事を読み終えれば、プログラミングで挫折する理由だけでなく、挫折しないための方法まで分かりますよ!

 

 

プログラミングのモチベーション維持には「2つ」必要【目標と環境】

 

プログラミング学習のモチベーションを維持するに必要なのは、下記の2つだけです。

  • 「目標」を決める
  • 「環境」を整える

これだけで8〜9割のモチベーション問題を解決できるはずですよ。

 

「目標」を決めてモチベーション維持

 

プログラミングのモチベーションが維持できないのは、目標を決めていない場合が多いです。

プログラミング学習すること自体が目標になってしまい、学習した先が見えていないパターンですね。

 

プログラミング学習することを目標にしてしまうと、終わりが見えなくなってしまい、モチベーションが次第に下がっていく感じです。

 

頑張り続ける人は、目標を持っている

  • オリンピック選手 : 金メダルが目標
  • モデルさん : 雑誌の表紙を飾るのが目標
  • お笑い芸人 : お笑いだけで稼ぐのが目標

完璧に同じ目標を持っていないかもしれないですが、いずれにしても、頑張り続けている人は目標を持っています

 

というか順番が逆で、目標を持っているから継続して頑張れるといった具合ですよね。

 

なので、何も目標を持っていないのであれば、まずは目標を決めましょう。

 

注意 : 「目標」がデカすぎると挫折します

 

目標がないとモチベーションが維持できないのは事実ですが、目標がデカすぎるのもNGです。

 

たとえば、これからプログラミングを勉強するのに年収1,000万円を目指すとかだと、途方もないですよね…。

現在地から目標地点までが明らかに遠すぎます。

 

おすすめの目標設定

  • HTML/CSSなら模写でLPを作ってみる
  • RubyならWebアプリを作ってみる
  • PHPなら簡略ツイッターを作ってみる

上記のように、まずは「小さく目標を持ってみる」のがおすすめです。

このくらいであれば、おそらく2〜3ヶ月で達成できる目標なので、モチベーションが下がらずにプログラミング学習できます。

 

  • 何か作ってみる
  • 作った実績を元にお金を稼いでみる
  • 2年くらい経験を積んで年収アップを目指してみる

こんな感じで、目標を細分化しておくと、モチベーション維持に繋がりますよ。

 

「環境」を整えてモチベーション維持

 

プログラミング学習には、「目標」だけでなく「環境」が大事です。

 

大学受験のときを思い出してみてください。どちらの方が勉強に集中できたでしょうか?

  • マックやカフェで雑音の多い環境で勉強
  • 予備校で周りも集中している環境で勉強

おそらく、予備校で勉強する方が集中できたのではないでしょうか。

 

さらに、大学受験を頑張れたのって、「周りの友達も頑張っているから」だったりしますよね。

ボクは心が弱い人間だったので、自分より勉強ができる人に近づいてモチベーションを維持していました(笑)

 

模試の結果が悪くても、友達に相談できたから大学受験を乗り越えられました。

 

プログラミング学習でも、モチベーション維持したいなら、「環境を整える」が大事ですよ

 

環境を整える方法とは【3つある】

 

環境を整えるには、3つの方法があります。

  • プログラミングを頑張っている友達を探す
  • プログラミングスクールを利用する
  • IT企業に就職する

上記のとおりで、自分のプログラミング学習に誰かを招集します。

 

ここら辺は、挫折しない方法と近い部分があるので、下記の記事をご覧ください。

参考記事 >> プログラミングで9割の人が「挫折」する理由【挫折しない方法も紹介】

 

プログラミングのモチベーションを上げていこう【目標のものを作ったら見せつける】

 

プログラミング学習のモチベーションを上げるには、「目標のものを作ったら見せつける」という必殺技があります。

 

制作物を褒められると、モチベーションが爆上がりする件

 

目標にしていたものが作れたら、周りに見せつけましょう。

HTML/CSSだったらWebページ、RubyだったらWebアプリですね。

 

おそらく、周りに見せつけたときのリアクションは「すごい!」のはずです。

人間誰しも、褒められるのは嬉しいですよね。

自分で作ったものが褒められるので、また何か作って見せたいと思うようになります。

 

新しいものを作るのは、さらに勉強が必要になるわけで、自然とプログラミング学習ができている状態ですよね。

もはや、モチベーションとか考えていないという。

 

ボクもHTML/CSSを勉強したときに作成したLPが、周りの人に褒められました。

参考記事 >> 【評判】Progateの有料会員ってどうなの?【LP作れました】

 

「作ったものを見せつける」は、モチベーションを上げる方法として、非常におすすめです!

 

初心者から最速で実績を作る方法とは

 

とはいえ、何から手をつけたら良いか分からない方は、プログラミングスクールで「プログラミング学習 + 実績の作成」をするのがおすすめです。

たとえば、プログラミングスクールのテックアカデミーは、各コースの最後に制作物の作成があります。

 

テックアカデミー : PHPコース

テックアカデミー PHPコース カリキュラム

上記のようなカリキュラムになっているのですが、オリジナルシステムの作成までが含まれています

なので、プログラミングの基礎学習だけでなく、オリジナルサービス制作で実績まで作ることが可能です。

 

ついでに言うと、GitやHeroku、SQLなど実際の業務で必要になる知識・ツールのことまで学べるので、コスパ最強です。

 

プロのフィードバックを受けながら、制作物を作成できるので、「何から始めれば良いのか分からない」状態であれば、プログラミングスクールを利用しましょう

 

まずは無料体験!!プログラミングスクールで1番実績が多い!!

TechAcademyの無料体験に申し込む >>

 

どうしても嫌になったら、いったん距離をおくのもアリ

 

ここまでモチベーションを維持したり、向上したりすることばかり考えていましたが、どうしても嫌になったら一度離れるのもありかと。

無理にやり続けてもストレスになるだけです。

 

ボクは、プログラミング学習は毎日続いていますが、ブログを書くのは結構サボっていたりします。

完全に辞めるのはもったいないですが、少し離れるくらいなら問題なしです。

大事なのは、細く長く続けることなのかなと思います。

 

まずは、この記事で書いた内容を試してみて、それでもダメだったら一度プログラミングから距離を置いてみましょう。

 

おすすめの記事