Programming

プログラミングスクールが無駄ではない3つの理由【自力はハードです】

プログラミングスクールに興味がある人
プログラミングスクールに興味がある人
プログラミングを始めたいんだけど、プログラミングスクールに通うのは無駄なのかな…。

現役エンジニアの意見が聞きたい!

この記事では、上記のような悩みを解決していきます。

 

この記事の想定読者

想定している読者は、以下のとおりです。

  • プログラミングを始めたい人
  • プログラミングスクールの利用を検討している人
  • プログラミングスクールを無駄にしない方法が知りたい人

 

この記事では「プログラミングスクールが無駄ではない理由」について紹介していきます。

プログラミング初心者だと、スクールに通って無駄にならないか気になりますよね。

結論から言ってしまうと、プログラミングスクールは無駄になりません。

 

本記事を読み終えれば、プログラミングスクールが無駄にならない理由が分かるだけでなく、具体的に無駄にしない方法も紹介していきます。

この記事を書いている僕は、現役でフリーランスエンジニアをやっています。

とはいえ、つい1年前まではプログラミングに触れたこともなかったので、みなさんと同じ視点に立って情報を共有できるかと。

 

3分ほどで読めますので、プログラミング初心者の方は、ぜひ読んでいただけたらと思います(`・ω・´)!

 

プログラミングスクールが無駄ではない3つの理由【自力はハードです】

プログラミングスクール 無駄

プログラミングスクールが無駄ではない理由を、3つほど紹介していきます。

なお、「学べる内容のみ」を論点にしている方がいますが、プログラミングスクールの価値はカリキュラムだけではないです。

 

プログラミングスクールが無駄ではない理由① : 挫折することなく学習できる

 

プログラミングスクールの1番のメリットは、挫折せずに学習できることですね。

そもそも、プログラミングスクールは大学受験で利用した「予備校」と、まったく同じシステムですよね。

 

自分だけでは勉強が続かないし、分からないことをすぐ聞ける環境を作るために、予備校へ通っていたはず。

プログラミングスクールも同様で、勉強していて分からないことがあったとき、すぐ聞けるのがメリットです。

 

普通に過ごしていたら、勉強を教えてくれるエンジニアなんて出会えないですからね。

分からない部分をすぐ聞けるのが、プログラミングスクールの「価値」なので、ぶっちゃけ無駄になる可能性は低いですね。

 

プログラミングスクールが無駄ではない理由② : 現役のエンジニアに話を聞ける

 

さらに、プログラミングスクールなら、現役のエンジニアに以下のような質問ができますよね。

  • どのように勉強していったら良いのか?
  • いま学んでいることは現場でどのように使われているのか?
  • エンジニアになるときは、どこの転職サイトを使ったら良いのか?

あくまで一例ですが、スクールを活用すると、上記のような話を現役のエンジニアに聞けるわけです。

ネットで検索しても出てきますが、やっぱり現役のエンジニアに直接聞いた方が安心できますよね。

 

そして、現役のエンジニアに話を聞ける機会なんて、そうそうないはず。

もちろん、友達にエンジニアがいれば良いのですが、文系出身や高卒だったりすると、なかなか周りにエンジニアがいないのが事実です。

 

でも、プログラミングスクールを利用すれば、いつでも現役のエンジニアに質問できるわけなので、「スクール = 無駄」とは考えにくいですね。

 

プログラミングスクールが無駄ではない理由③ : 転職サポートが付いている

 

プログラミングスクールによっては、転職サポートが付いています。

未経験からエンジニアに転職しようと思うと、わりと不安になりますよね。「本当に付いていけるのかな…。」とか「転職できるのかな…。」とか、不安ごとは無限に出てきます。

 

でも、最近のプログラミングスクールでは、プログラミングの勉強だけではなく、その後の転職フォローまでしてくれます。

大手プログラミングスクールのtech boostだと、そもそも転職エージェントを持っている会社が運営しているので、就職サポートがかなり手厚いです。

tech boost 評判
tech boost(テックブースト)の評判は悪い?月80万エンジニアが解説『プログラミング学習のためにスクールを使いたいんだけど、tech boostの評判ってどうなんだろう...。どんな人に向いているスクールなのかも気になる!』このような悩みを解決する記事になっています。tech boostの評判が知りたい方は必見です。...

 

単純にプログラミングを学ぶだけであれば、独学でも良いかもしれませんが、転職まで考えているのであれば、プログラミングスクールを利用する価値はあると思いますね。

少なくとも、プログラミングをしっかり学べる時点で、無駄にはならないでしょう。

 

プログラミングスクールを無駄にしないための対処方法

プログラミングスクール 無駄

さらに、プログラミングスクールを無駄にしないための対処法を紹介します。

結論は、「自分で色々と体験してみること」です。

 

対処方法① : 独学でプログラミングを始めてみる

 

たまに、プログラミングしたことないのに、スクールを使おうとしている人がいますが、まずは体験すべきでしょう。

最初から意気込んでスクールを使うたくなる気持ちも分かるのですが、まずは独学でプログラミングを触ってみるのが良いです。

 

現代ではProgateといった、有料すぎるサービスが登場しているので、カンタンにプログラミングを始められます。

まずはプログラミングを小さく始めてみて、やっぱり難しそうだと感じたら、スクールに行けばOKかと。

 

プログラミングスクールは逃げていかないので、まずは落ち着いてプログラミングに触れてみることから始めてみましょう。

 

対処方法② : 無料体験で実際に使ってみる

 

独学しつつ、プログラミングスクールの無料体験に参加してみるのが良いですね。

無料体験でスクール事情を知っておけば、独学していてプログラミングが難しいと感じたときに、すぐプログラミングスクールにシフトできます。

 

1番もったいないのが、期間を空けて勉強して、学習内容を忘れてしまうこと。

難しい部分が出てくると、初心者のうちは距離を置いてしまい、2週間くらい勉強しなくなってしまいます。そういったスランプをすぐ回避するためにも、無料体験を漁っておきましょう。

 

使うだけなら無料ですし、こっそり「プログラミングの学習方法」を聞いてしまうのもアリです。

学習方法だけ聞いてしまって、あとは自分で勉強していけば良いわけなので。

 

おすすめの無料体験

なお、僕がおすすめする無料体験を実施しているスクールは、以下のとおりです。

  • TechAcademy : オンライン形式 / 副業で稼ぐスキルを身に付けたい方向け
  • TECH::CAMP : 通学形式 / 副業で稼ぐスキルを身に付けたい方向け
  • ポテパンキャンプ : オンライン形式 / エンジニア転職したい方向け
  • tech boost : 通学形式 / エンジニア転職したい方向け

この中から、自分の好みに当てはまるスクールを選んであげればOKです。

 

エンジニアになりたい人、副業で稼ぎたい人、プログラミングスクールの用途は人それぞれなので、ぜひ自分に合ったスクールを選んでみてください。

まとめ : プログラミングスクールは無駄にならないけど、無料体験で始めよう

 

というわけで、プログラミングスクールが無駄にならない理由と、無駄にしないための解決策まで紹介してきました。

 

たしかに現役のエンジニアがプログラミングスクールを使うのは、レベルが簡単すぎるから無駄になってしまうかもしれません。

でも、これから勉強するような方にとって、「プログラミングは簡単か」と聞かれると、決してそんなことはないはずです。

 

なんなら、プログラミングの挫折率は9割と言われていますからね。ほとんどの人が、挫折してしまうのが、「プログラミング」です。

でも、プログラミングスクールを使えば、グンと挫折する確率を小さくできます。

 

とはいえ、本当にプログラミングスクールが無駄にならないのか確認するのは、読者のみなさまです。

1番良いのは、自分で使ってみることなので。

  • TechAcademy : オンライン形式 / 副業で稼ぐスキルを身に付けたい方向け
  • TECH::CAMP : 通学形式 / 副業で稼ぐスキルを身に付けたい方向け
  • ポテパンキャンプ : オンライン形式 / エンジニア転職したい方向け
  • tech boost : 通学形式 / エンジニア転職したい方向け

 

無料体験を駆使しつつ、将来に活かせるスキルを身に付けていきましょう。

おしまいです。

 

おすすめの記事