Programming

プログラミングで9割の人が「挫折」する理由【挫折しない方法も紹介】

プログラミングスクール 挫折
プログラミングを初めて数ヶ月の人
プログラミングを初めて数ヶ月の人
プログラミング学習をしていて、挫折しそう…。

挫折する理由だけじゃなくて、解決策まで紹介している記事があれば読みたいな…。

この記事では、上記のような悩みを解決していきます。

 

この記事の想定読者

  • プログラミングで挫折しそうな人
  • プログラミングで挫折しない方法が知りたい人
  • これからプログラミング学習を始めようか迷っている人

想定している読者は、上記のとおりです。

 

この記事では『プログラミング学習で9割の人が挫折する理由と解決策』を書いていきます。

プログラミングって、エラー文が無限に出てきて挫折しそうになるんですよね。

 

この記事を読み終えれば、プログラミングで挫折する理由だけでなく、挫折しないための方法まで分かりますよ!

 

プログラミングで9割の人が「挫折」する理由

 

プログラミングで挫折する人は、9割と言われていて、その理由は下記の3つがメインかなと。

  1. エラーに対処できない
  2. いつまで経っても出来るようにならない
  3. シンプルに難しい

 

プログラミングで挫折する理由1 : エラーに対処できない【1番多い】

 

プログラミングで挫折する1番大きな理由は、エラーに対処できないからです。

プログラミングを始めたばかりだと、コーディングをするのでも精一杯なのに、エラーが出てきて凹むんですよね。

 

しかもエラー文は英語だし、そもそも何が書いてあるのか分からないという…。

英語は無理ゲーなので、「エラー文をコピーして検索する」という技を身につけるも、HTML/CSSだとエラー文が出なかったりします。

 

こんな感じで、コーディングのエラーと格闘しつつ、解決できない日が続くと、挫折コースです。

特に独学でプログラミングを身につけようと考えている人に、挫折する傾向が見られますね。

 

プログラミングで挫折する理由2 : いつまで経っても出来るようにならない

 

プログラミングで挫折してしまう理由は、いつまで経っても出来るようにならないからです。

せっかく数々のエラーを乗り越えているのに、なかなか出来るようにならないと、プログラミングがイヤになってきますよね。

 

プログラミングの基礎を勉強していると、次の日には「どうやって書くんだっけ?」といった感じになっていることも。

プログラミングをちゃんと勉強しているんだけど、なぜか出来るようにならないんですよね。

 

ボクはプログラミングを始めた当初、whileの存在は知っているんだけど、「〇〇を作成せよ」になったとき使えない場面がありました。

 

過去のボクのような状況が続くと、やる気がなくなって、挫折してしまいますね。

 

プログラミングで挫折する理由3 : シンプルに難しい

 

プログラミングで挫折する理由として、難しい言語を勉強している可能性があります。

 

難しいプログラミング言語

  • C言語
  • C++
  • Java

上記のようなプログラミング言語は、難しいと言われています。

 

実際に、ボクは大学時代にC言語とJavaを授業で扱っていましたが、ムズすぎてプログラミングが出来る友達にアウトソーシングしていました。

C言語とJavaのおかげで、「プログラミング = 難しい」というレッテルが自分の中で出来上がってしまい、完全にプログラミング嫌いになりました。

 

上記のような体験談からも、これからプログラミングを始めるような方には、C言語やJavaはおすすめしません。

なんていうか、CとかJavaは、かなり細かく書かないといけないし、やっていて退屈です。

 

他の言語でプログラミングを始めつつ、C言語やJavaに移るのが良いですね。

でないと、せっかくやる気を出してプログラミングを始めたのに、挫折して終わってしまいます。

 

プログラミングは9割の人が「挫折」する【挫折しない方法を紹介】

 

9割の人が挫折するプログラミングですが、挫折しないで学習する方法があります。朗報ですね。

 

プログラミング学習を挫折しない方法

  • プログラミングが出来る友達を探す
  • Web上で質問する
  • プログラミングスクールを活用する

 

挫折しない方法1 : プログラミングが出来る友達を探す

 

プログラミング学習で挫折しないためには、プログラミングが出来る友達を探すのが良いです。

 

プログラミングが出来る友達がいれば、大体の悩みを解決できます。

  • このエラーが分からないんだけど → やり方を教えてもらえる
  • プログラミングが出来るようにならない → 学習方法を教えてもらえる
  • 最初に勉強するべき言語 → もちろん教えてもらえる

 

そして、プログラミングが出来る友達に聞いてみると分かりますが、本人たちも意外と挫折しそうな経験があったりします。

当たり前かもしれないですが、プログラミングができる友達も、スキル0からのスタートです。

 

熟練者のスキル0時代の話を聞ければ、「自分にも出来るかも!」と思えるので、プログラミングをやる気が出てきますよ!

 

挫折しない方法2 : Web上で質問する

 

プログラミング学習で1番挫折しやすいのが「エラーが解決できない」なので、Web上で質問してみましょう。

質問するのであれば、teratail【テラテイル】がおすすめです。

 

質問するときの注意点

  • 実現したいことを書きましょう
  • 挑戦してみたことを書きましょう
  • 実行環境を書きましょう(OS/バージョン等)
  • エラーメッセージを書きましょう
  • ソースコードを載せましょう

多いなと思われてしまうかもしれませんが、上記の項目は埋めておくと間違えないですね。

 

エラーメッセージだけ載せている場合がありますが、それだけだと「これが原因なのでは?」と、相手は憶測でしか書けません。

 

質問に回答してくれる人が、一発で答えられるようにしておきましょう。

こういった文章構築は、会社に入ってエンジニアとして活躍していくときにも役に立ちますよ!

 

挫折しない方法3 : プログラミングスクールを活用する

 

絶対に挫折したくないのであれば、プログラミングスクールを活用するのがおすすめです。

 

プログラミングスクールを活用すれば、「プログラミングが出来る人がいて」、「いつでも質問可能」です。

プログラミングスクールのテックアカデミーは、対象の時間でいつでも質問し放題です。しかも、質問に対する回答が2〜3分後にきます。

 

Webで質問をすると、回答が遅かったり、もはや回答がなかったりしますよね。

でも、テックアカデミーなら、返信がとても早いので、プログラミング学習をしつつ疑問を解決できます

 

分からない部分が出てから解決するまでの時間が空いてしまうと、挫折する原因になってきます。

絶対に挫折したくないのであれば、プログラミングスクールの活用がおすすめです。

参考記事 >> 【無料あり】現役エンジニアおすすめのプログラミングスクール3選

 

プログラミングは現代に必須のスキルだ

 

というわけで、プログラミング学習で挫折したくないのであれば、下記の方法を試してみましょう。

 

再掲 : プログラミング学習を挫折しない方法

  • プログラミングが出来る友達を探す
  • Web上で質問する
  • プログラミングスクールを活用する

 

個人的には、お金の余裕があればプログラミングスクールを活用して、最速でスキルを習得するのがおすすめですね。

 

プログラミングは、現代を生きるのに必須のスキルです。

 

「AIに仕事を奪われるかもしれない…。」

「収入が少なくてキビシイ…。」

 

上記のような状況であれば、一度プログラミングにチャレンジしてみてくださいね。

 

おすすめの記事