Programming

プログラミングに才能は「不要」です【完璧に覚えるのも不要】

プログラミング 才能
プログラミング初心者
プログラミング初心者
プログラミングには才能が必要なのかな…。

自分には、プログラミングの才能があるのか不安だな…。

この記事では、上記のような悩みを解決していきます。

 

この記事の想定読者

  • これからプログラミング学習を始めたい人
  • でも、自分に才能があるのか不安な人
  • すでにプログラミング学習をしているんだけど、なかなか理解できない人

想定している読者は、上記のとおりです。

 

この記事では、「プログラミング学習に才能は不要です」と言うテーマについて書いていきます。

プログラミング学習を始める前だと、「自分には才能があるのかな」と不安になりますよね。

このような状況でプログラミング学習を始めてみたけど、案の定なかなか理解できないと「才能がなかったのかな…。」と少し凹みます。

 

でも、プログラミングに才能は不要で、この記事を読み終えれば理由や代わりに必要なことが分かるようになります。

「プログラミングに才能は必要なのかな…。」と考えている方は、読み進めてみてくださいね。

 

プログラミングに才能は「不要」です【完璧に覚えるのも不要】

才能

プログラミングに才能は「不要」です。断言します。

 

プログラミングを覚えるのは無理ゲー

 

そもそも論、プログラミングを完璧に理解して、覚えるのは無理ゲーです。

なぜなら、覚えようとすると、莫大な量の知識が存在し、いくら時間があっても足りないからです。

 

それに、プログラミングというかIT技術って、どんどん進歩していますよね。

毎日のように新しい技術が生み出されているわけなので、「完璧にする」といったことは、まず無理です。

 

イメージでいうと、プログラミングはゲームとかスポーツに近いかもしれないです。

  • ゲーム : 最強のキャラクターを育てたと思っても、対戦で負ける
  • スポーツ : すぐに史上最年少の選手が登場する

プログラミングもこんな感じで、割と終わりがない戦いです。

 

なので、理解できないから才能がないのかなとか気にする必要はなく、少しずつ理解していけばOKですよ。

IT企業の現実 : ググりながら開発しています

 

おそらくプログラミングを身につけた後に、未経験からの就職を目指していると思うので、先に少し朗報をお伝えすると、IT企業でもググりながら開発を進めています。

 

先ほども伝えたとおりで、プログラミングに完璧はなく、誰でも分からない部分が出てくるからです。しばらく使っていない部分とかは、完全に忘れてしまいますし…。

 

僕の技術力が低いのもありますが、約10年エンジニアをやっているような方でも、ググって解決することは多々あります。

 

なので、プログラミングに「才能」は必要ありません。

逆に「あれを検索すれば、この機能は実装できるかな〜」と、自己解決できる力が大事です。

 

多少分からない部分が出ても、落ちおこまずにプログラミング学習を続けましょう。

 

プログラミングは完璧ではなく完了を目指そう

 

というわけで、プログラミングに才能は必要なく、完璧を目指す必要もありません。

それよりも、プログラミング学習を「完了」させて、検索できる状態にしておく方が大事かと。

 

たとえば、新しい機能を実装するのに、本来だと「A」という知識が必要だとしますよね。

これって、自分が「A」について知らないと、検索すらできないです。

 

プログラミングを勉強したくても、プログラミング言語が分からないと勉強方法を調べられないのと同じ状態になります。

なので大事なのは、検索できるように「経験しておくこと」であり、完璧に覚えることではありません。

 

プログラミングに完璧は存在しないので、才能がないと落ち込まずに、ガシガシ勉強していきましょう。

プログラミングは、完璧より完了ですよ!

 

プログラミングで大事なのは「才能」ではなく「継続力」です

継続

プログラミングで必要なのは、「才能」ではなく「継続力」です。理由など紹介していきます。

 

ITは最新技術の登場が早すぎる件

 

プログラミングなどのIT技術は、一度身につければ完了ではなく、継続して学習し続ける必要があります。

なぜなら、最新技術がものすごいスピードで登場するからです。

 

たとえば、「物体検出AI」で使われているアルゴリズムとかは、1年おきに新しいアルゴリズムが発表されている感じです。

1年おきに登場するので、意識しておかないと「あっという間に」置いていかれますよね。

 

他にもインフラ面だと、最近「クラウド化」が圧倒的に流行しています。

 

こんな感じで、一度身につけたとしても、すぐに陳腐化してしまうのがIT技術です。

少し嫌になるかもしれないですが、勉強し続けることは必須なので、「継続力」が大事になってきます。

 

補足 : 会社勤めは最新技術を学ばなくても成り立ちます

 

最新技術は登場し続けますが、ぶっちゃけ言うと「会社勤め」であれば勉強しなくても成り立ちます。

これに関しては、「日本の会社がそういうものだから…。」としか言いようがなく、40〜50代の方々はgitでバージョン管理すらできない状態です。

 

冷静に考えてみると、上の方々はあと少しで定年をむかえるので、いまから最新技術に挑戦するわけがないですよね。

よって若いエンジニアは、会社に言われたとおりのことをやっていればOKなので、最新技術を勉強しなくても良い状況になります。

 

ただ、それでは面白くないし、この働き方は長く続かないです。

補足的に勉強しなくても成り立つと紹介しましたが、これからリストラ等が増えることは目に見えているので勉強し続けた方が良いですよ。

 

プログラミングは長旅です【諦めず学び続けよう】

 

以上、プログラミングに「才能」は必要ない理由から、「継続力」が大事だとお伝えしてきました。

プログラミングは一度勉強しても終わりはないので、これからも勉強し続けましょう。

 

プログラミング学習は、一種の長旅です。

一度旅を始めたのなら、途中で帰らずに目的を達成できるように頑張りましょう。

 

僕も負けじと学習を進めていきます。

 

おすすめの記事