Python

【Python】PandasでExcelを読み込む方法【実例付き】

 

 

【Python】PandasでExcelファイルを読み込む!【事前準備】

 

PythonライブラリのPandasを使ってExcelファイルを読み込む前に、事前準備が必要です。

 

事前準備

pip install xlrd

 

上記のコマンドを、ターミナル(ないしコマンドプロンプト)で入力して、xlrdをインストールします。

 

PyPIにあるとおり、xlrdはExcelファイルのデータ抽出で必要になります。

xlrd whlファイル

 

おそらく、突然PandasでExcel読み込みをしようと思っても出来ないはずなので、まずはxlrdの準備が必要です。

 

【Python】PandasでExcelファイルを読み込む方法

 

事前準備が完了したら、Pandasを使ってExcelファイルを読み込んでいきます。

 

Pandasを用いたExcelファイルの読み込み【read_excel】

 

PandasでExcelファイルを読み込むには、read_excelを使ってあげれば良いです。

import pandas as pd

df = pd.read_excel("ファイル名")

上記のように、Excelファイルを読み込みます。

 

なお上記の例は、同じディレクトリにあるExcelファイルを想定しています。

他のディレクトリのExcelファイルを読み込むのであれば、ファイル名の前にPATHをつけてあげればOKですね。

 

PandasでExcelファイルの読み込み【各種設定】

 

さらに、Excelの読み込みは条件を指定できるので、割と使うかなと感じているものだけ紹介していきます。

 

条件指定してExcelファイルを読み込む

import pandas as pd

df = pd.read_excel("test.xlsx",
                    sheet_name="Sheet2",
                    header=None,
                    names="国",
                    usecols=)
  • sheet_name : 読み込むシート名を指定(デフォルト : 1シート目)
  • header : 読み込むExcelファイルにヘッダーがなければNone(デフォルト : excelの1行目)
  • names : header=Noneの場合に、列名を付ける(デフォルト : None)
  • usecols : 読み込む列を指定(デフォルト : Noneなので全て読み込み)

 

上記のように、条件を指定しつつExcelの読み込みが可能です。

 

元のExcelファイル

pandas excel読み込み 例

こんな感じのExcelファイルを、先ほどのスクリプトを使ってデータ抽出したのですが、結果はこんな感じ。

pandas excelファイル 読み込み後

割と綺麗に読み込めているのではないかなと思います。

他にもread_excelを使えば、様々な条件を指定してExcelファイルの読み込みが可能です。

詳しくは『Pandasの公式ドキュメント』をご覧くださいませ。

 

PandasでExcelファイルを読み込む【実例を紹介】

 

少し実践ぽくしたいので、先ほどの適当に作成したExcelファイルから、空行を削除してみたいと思います。

 

完成イメージ

Python Pandas Excel 読み込み

上の画像のように、空白を削除した形でデータを保持しておこうと思います。

 

1行追加するだけ

df = df.dropna(how="all")

上の1行を追加するだけで、先ほどの空白が削除された形に変形できます。

 

上のように書くと、すべての値が欠損値(NaN)である行を削除する感じになります。

 

今回だと、「how=”all”」にする意味はあまりないかもです。

が、意味合いと使い方は覚えておきましょう(`・ω・´)!

 

コード全文

import pandas as pd

df = pd.read_excel("test.xlsx",
                    sheet_name="Sheet2",
                    header=None,
                    names="国",
                    usecols=)
df = df.dropna(how="all")

print(df)

上記のとおりです。

なお、エクセルシートの名前や指定するシート、その他もろもろの調整は、自分の読み込むデータに合わせないといけないです!

 

おすすめの記事