Python

Pythonでおすすめのプログラミングスクール7選【フリーランスエンジニアが解説】

Python プログラミングスクール おすすめ
当サイトから申し込みの多いスクール

【第1位】TechAcademy : オンライン完結!コスパ良くPythonを学べる!

【第2位】DataMix(データミックス) : データサイエンティストへの転職実績あり!

【第3位】DIVE INTO CODE : 機械学習エンジニアへの転職実績あり!

 

Pythonを習得したい人
Pythonを習得したい人
Pythonを習得するために、プログラミングスクールを使いたいな…。

でも、どこのプログラミングスクールが良いのか分からないから、現役のPythonエンジニアに聞きたい!

この記事では、上記のような悩みを解決していきます。

 

この記事の内容

  • 1分で分かる!Pythonでおすすめのプログラミングスクール
  • Pythonでおすすめのプログラミングスクール7選
  • Pythonを学べるプログラミングスクールの選び方
  • Pythonを学べるスクールを目的別で紹介

 

この記事を書いている僕は、最高月収が80万円のフリーランスエンジニア。

現在はPythonを使ったフルリモート案件に参画しており、過去には某プログラミングスクールでメンターも勤めていました。

 

今回はそんな僕が『Pythonでおすすめのプログラミングスクール7選』を紹介していきます。

 

現役のPythonエンジニア × 元スクール講師の僕が執筆しているので、失敗せず自分にあったプログラミングスクールを選べるようになりますよ。

 

なお、Pythonについてよく知らない方は、『【保存版】Python初心者に必要な19個の知識まとめ』をどうぞ。Python初心者に必要な知識を網羅してあります。

 

1分で分かる!Pythonでおすすめのプログラミングスクール

Python プログラミングスクール おすすめ

 

Pythonでおすすめのプログラミングスクールは、以下の7校です。

スクール名おすすめ度受講料受講期間転職サポート時間帯オンライン教室
TechAcademy149,000円〜1ヶ月〜15:00〜23:00×
データミックス742,500円6ヶ月
DIVE INTO CODE979,819円4ヶ月10:00〜19:00×
.pro(ドットプロ)498,000円6ヶ月
Aidemy Premium Plan480,000円〜3ヶ月〜×24時間(※1)×
CodeCamp178,000円2ヶ月×7:00〜24:00×
TECH::CAMP(プログラミング教養)198,000円1ヵ月〜×平日16-22時、土日祝日13-19時

 

上記の中でも、特に以下のプログラミングスクールがおすすめですね。

 

詳細は、これから紹介していきます。

 

Pythonでおすすめのプログラミングスクール7選【フリーランスエンジニアが解説】

Python プログラミングスクール おすすめ

 

Pythonでおすすめのスクールは、7つあります。

 

Pythonを学べるプログラミングスクール① : TechAcademy

Python プログラミングスクール おすすめ
おすすめ度
受講料149,000円〜
受講期間1ヶ月〜
就職サポート
時間帯15:00〜23:00
受講形式オンラインのみ

≫ 参考 : TechAcademy公式ページ

 

おすすめする理由
  • 他のプログラミングスクールと比較して料金が安い
  • プログラミングスクール最大手の安心感
  • オンライン完結なので忙しい社会人でも利用できる

 

TechAcademyは、コスパ良くPythonを習得したい人向けです。

プログラミングスクール最大手でありながら、受講料金が他のスクールより安いのがポイントですね。

 

TechAcademyの受講料金は149,000円〜でして、他のスクールと比較すると分かりますが、かなりの破格です。

 

詳細な料金表は、以下のとおり。(※2020年7月現在)

TechAcademy 料金表

社会人で働きながら勉強する場合、毎日の仕事があるので、3ヶ月249,000円を選ぶのがベストです。

その場合には、1ヶ月あたり8万円ほど。1ヶ月あたり8万円の投資で年収が上がることを考えると、かなりコスパ良いですよね。

≫参考 : 【必見】Pythonエンジニアの年収は高い?【約600万円狙える】

 

会社員を頑張りつつPythonを習得したいけど、スクールまで通っている時間はない」という方は、TechAcademyを使いましょう。

 

まずは無料体験から

TechAcademyでは、無料体験を実施しています。

時間に余裕があれば、まずは無料で使ってみましょう。

 

\ 無料体験はこちら /

TechAcademyの公式ページへ ≫

※徐々に値上がりしているので、申し込みはお早めに!

 

▼詳細はこちら

TechAcademy Python
TechAcademyのPythonコースをAIエンジニアがレビュー【辛口です】『TechAcademyのPythonコースが気になるな...。現役のエンジニア視点から見た評価が知りたいな...。』このような悩みを解決する記事になっています。TechAcademyのPythonコースを受講しようか迷っている方は必見です!...

 

Pythonを学べるプログラミングスクール② : DataMix(データミックス)

Python プログラミングスクール おすすめ
おすすめ度
受講料742,500円〜
受講期間6ヶ月
就職サポート
時間帯
受講形式教室型 / オンライン

≫参考 : データミックス公式ページ

 

おすすめする理由
  • 経験豊富な講師陣に、対面かつ少人数制で教えてもらえる
  • データサイエンスの実務で、活きる知識を学べる
  • 転職成功率96%の、転職支援サービスがある

 

データミックスは、本気でデータサイエンティストを目指したい人向けです。

経験豊富な講師陣が、「対面で」実務に役立つ知識を教えてくれます。

 

それゆえ、データミックスの卒業生は、データサイエンティストへの転職実績も豊富です。同社が提供するサービスを使った転職率は、驚異の96%。

 

少し受講料が高いですが、もし「本気でデータサイエンティストを目指したい」と思っているなら、受講する価値は十分にありますね。

 

割引で受講できる可能性アリ

データミックスは、内容は良いものの、受講料が高いのがネックです。

でも、以下の給付金を使えば、50〜70%の割引を使って受講できます。

  • 経済産業省 : 第四次産業革命スキル習得講座
  • 厚生労働省 : 専門実践教育訓練給付金
データミックス 割引

上記の給付金を使えば、元々742,500円だったのが、227,750円で受講できるようになります。

227,750円で受講できると、1ヶ月あたり37,125円。
給付金を活用することで、最安にてプログラミングスクールを受講できるようになりますね。

 

データサイエンティストになると、高年収を見込めるので、月3〜4万円ならすぐに回収できます。

気になったら、まずはデータミックスの説明会から参加してみましょう。

 

\ 無料説明会はこちら /

データミックスの公式ページへ ≫

※毎回、定員MAXになるので申し込みはお早めに!

 

▼詳細はこちら

https://tech-diary.net/datamix-reputation/

 

Pythonを学べるプログラミングスクール③ : DIVE INTO CODE

Python プログラミングスクール おすすめ
おすすめ度
受講料979,819円〜
受講期間4ヶ月
就職サポート
時間帯10:00〜19:00
受講形式教室型

≫参考 : DIVE INTO CODE公式ページ

 

おすすめする理由
  • 短期集中で、対面かつ少人数制で教えてもらえる
  • 機械学習エンジニアの実務で、活きる知識を学べる
  • 就職サポートが手厚く、30代での転職実績がある

 

DIVE INTO CODEは、本気で機械学習エンジニアを目指したい人向けです。

就職サポートが手厚く、30代でも転職実績があるのが特徴ですね。

 

30代でも転職できる理由は、以下のとおり。

  • Kaggleのブロンズメダルを取るだけの実力が身につく
  • Docker/SQL/APIなどの周辺知識まで学習できる
  • ポートフォリオの作成までサポートしている

上記のとおりです。

 

「機械学習だけ」とか「Pythonだけ」に特化しているスクールはたくさんあります。

でも、機械学習エンジニアに必要なスキルを網羅できるスクールは、他にはあまりないですね。

 

データミックス同様に、受講料が高いのがネックですが、、、もし「本気で機械学習エンジニアを目指したい」と思っているなら、おすすめできるスクールです。

 

割引で受講できる可能性アリ

とはいえ、DIVE INTO CODEでも、日本政府からの給付金を使って最大56万円のキャッシュバックを利用して受講できます。

  • 経済産業省 : 第四次産業革命スキル習得講座
  • 厚生労働省 : 専門実践教育訓練給付金
DIVE INTO CODE 割引

なので、もともと約98万円だったのが、42万円で受講できるようになります。

  • 受講料 : 979,819円
  • キャッシュバック : 560,000円
  • 差額 : 419,819円

 

DIVE INTO CODEは、全部で4ヶ月のプログラムなので、1ヶ月あたり約10万円ですね。

1ヶ月10万円で受講できるなら、結局TechAcademyよりも安く受講できますね。それでいて、学べる内容の質が高いです。

 

機械学習エンジニアになると、データサイエンティスト同様に高年収を見込めます。

年収にして100〜200万円ほどアップするのは難しくないので、DIVE INTO CODEを受講しても、すぐに投資額を回収できますね。

 

とはいえ、いきなり高額な料金を支払うのは気が引けるので、まずは無料体験会に参加してみましょう。

自分の目で確かめてみるのが一番ですよ。

 

\ 無料体験&説明会はこちら /

DIVE INTO CODEの公式ページへ ≫

※毎回、定員MAXになるので申し込みはお早めに!

 

▼詳細はこちら

https://tech-diary.net/dive-into-code-reputation/

 

Pythonを学べるプログラミングスクール④ : .pro(ドットプロ)

Python プログラミングスクール おすすめ
おすすめ度
受講料498,000円
受講期間6ヶ月
就職サポート
時間帯
受講形式教室型

≫参考 : .pro(ドットプロ)公式ページ

 

おすすめする理由
  • 10人という少人数制で、エンジニアになるためのスキルをガッツリ学べる
  • AIだけでなく、DjangoやFlaskについても学べる
  • 6ヶ月の受講期間なのに、他の教室型スクールと比較して安い

 

.pro(ドットプロ)は、機械学習エンジニアを目指したい人向けです。

他のスクールとの違いは、AI・機械学習だけでなく、DjangoやFlaskも一緒に学べるところ。

 

僕自身、フリーランス案件で色々と紹介を受けていますが、Djangoを使ってAPIを作成している企業がありました。

 

Djangoは、Webアプリ作成にも役に立つので、バックエンドのエンジニアとして転職するのにも役立ちます。

できれば機械学習エンジニアが良いけど、それよりエンジニアになることを優先したい」のであれば、.pro(ドットプロ)を受講するのがオススメですね。

 

料金も1ヶ月あたり83,000円ほどなので、他のスクールよりコスパ良く実務で役立つスキルを身につけられますよ。

 

\ 無料説明会はこちら /

.pro(ドットプロ)の公式サイトへ ≫

※毎回、定員MAXになるので申し込みはお早めに!

 

Pythonを学べるプログラミングスクール⑤ : Aidemy Premium Plan

Python プログラミングスクール おすすめ
おすすめ度
受講料480,000円〜
受講期間3ヶ月〜
就職サポート×(※転職”相談”はあります)
時間帯24時間(チャットサポート返信)
受講形式オンライン

≫参考 : Aidemy Premium Plan公式サイト

 

おすすめする理由
  • オンライン完結で、どこでもAI・機械学習を学べる
  • 自分の目的にあったコースを選び放題
  • 転職サポートはないが、転職実績はある

 

Aidemy Premium Planは、オンライン型で機械学習エンジニアを目指したい人向けです。

AI専門の他スクールと違い、オンラインで完結できるので、毎日の仕事で忙しい会社員の方でも学習できます。

 

なかでも特徴的なのは、学習するコースを自分で選べるところですね。

 

Aidemy Premium Planでは、以下のような学習コースが準備されています。

  • AIアプリ開発コース
  • データ分析コース
  • 自然言語処理コース
  • LINEチャットボットコース

 

ソフトウェア寄りの機械学習エンジニアになりたいなら「AIアプリコース」が適切ですし、データサイエンティストになりたいなら「データ分析コース」が良いです。

 

自分が目標としている職種に応じてカリキュラムを選択できるので、「AIを使った仕事をしたいけど、教室型のスクールに通う時間はない」といった場合には、Aidemy Premium Planが良いですね。

 

なお、自分の希望する職種と、それにあったカリキュラムが準備されているかは、無料オンライン相談会で確認してみましょう。

 

\ 無料オンライン相談会はこちら /

Aidemy Premium Planの公式ページへ ≫

※人気のスクールなので、申し込みはお早めに!

 

▼詳細はこちら

Aidemy Premium Plan 評判
【Aidemy Premium Planの評判】現役AIエンジニアが辛口でレビュー『Aidemy Premium Planの評判ってどうなのかな...。』『現役で機械学習エンジニアをやっている人から意見が聞きたいな...。』このような悩みを解決していきます。...

 

Pythonを学べるプログラミングスクール⑥ : CodeCamp

Python プログラミングスクール おすすめ
おすすめ度
受講料178,000円
受講期間2ヶ月
就職サポート×
時間帯7:00〜24:00
受講形式オンライン

≫参考 : CodeCamp公式サイトへ

 

おすすめする理由
  • 安価でPython×データサイエンスを学べる
  • オンライン完結で、どこでもPythonを学べる
  • 現役エンジニアとのマンツーマンで学習できる

 

CodeCampは、安価かつオンライン完結でPythonを習得したい人向けです。

イメージ的には、最初に紹介したTechAcademyと似ていますね。

 

TechAcademyとの違い

ぶっちゃけ、大差なしです。

強いていうのであれば、受講料金が違いますね。

スクール名受講料金(2ヶ月)
CodeCamp178,000円
TechAcademy199,000円

上記の表のとおりで、2ヶ月の受講期間で比較すると、CodeCampTechAcademyより2万円ほど安く受講できます。

 

なので、とにかく費用をおさえてプログラミングスクールを利用したいのであれば、CodeCampがおすすめですね。

 

とはいえ、いくら安くても自分にあったスクールを選べないと意味がないので、まずは無料体験会に参加してみましょう。

 

\ 無料体験会はこちら /

CodeCampの公式ページへ ≫

※すぐ埋まってしまうので、申し込みはお早めに!

 

Pythonを学べるプログラミングスクール⑦ : TECH::CAMP(プログラミング教養)

Python プログラミングスクール おすすめ
おすすめ度
受講料198,000円〜
受講期間1ヶ月〜
就職サポート×
時間帯平日16-22時、土日祝日13-19時
受講形式教室型 / オンライン

≫参考 : TECH::CAMP公式ページへ

 

おすすめする理由
  • 安価なのに教室(オフライン)で人工知能を学べる
  • 人工知能以外のスキルも習得できる
  • プログラミングスクール大手の安心感

 

TECH::CAMPは、安価かつ教室でPython・人工知能を習得したい人向けです。

イメージは、CodeCampTechAcademyの教室版って感じですね。

 

僕と同じで、プログラミング学習をするとき、オンラインではなく教室に通って勉強したい人もいるはず。

 

通常、教室を持っているプログラミングスクールは、家賃がかかるので受講料が高額になりがち。

でも、TECH::CAMPでは、オンライン完結のスクールと同じくらい安価です。

スクール名受講料金(2ヶ月)
CodeCamp178,000円
TechAcademy199,000円
TECH::CAMP217,800円

上記のとおり。

なので、教室に通いつつプログラミングを勉強したい人は、TECH::CAMPを利用していきましょう。

 

もちろんTECH::CAMPでも、無料体験会を実施しています。

 

\ 無料体験会はこちら /

TECH::CAMPの公式ページへ

※徐々に値上がりしているので、申し込みはお早めに!

 

Pythonを学べるプログラミングスクールの選び方

Python プログラミングスクール おすすめ

 

Pythonを学べるスクールの選び方は、以下の3つです。

  • 選び方① : スクールに行く目的を明確にする
  • 選び方② : 就職支援の有無とメンターの質を確認する
  • 選び方③ : 無料説明会・無料体験会に参加する

順番に解説します。

 

スクールの選び方① : スクールに行く目的を明確にする

 

Pythonを学ぶ目的によって、選ぶべきプログラミングスクールが変わってきます。

  • 教養として、Pythonを学ぶ
  • AIエンジニアを目指して、Pythonを学ぶ
  • データサイエンティストを目指して、Pythonを学ぶ

上記のとおり。

 

エンジニア転職したいのであれば、間違えなく転職保証は付いているスクールを選ぶべきですし、Pythonを勉強してみたいだけなら転職保証がないけど安く済むスクールを選ぶべき。

 

こういった感じで、目的次第で選ぶべきプログラミングスクールが変わってきます。

 

なので、まずは「なぜ自分がプログラミングスクールに行くのか」を明確にしておきましょう。

 

※後ほど、転職向け or 教養向けのプログラミングスクールを紹介します。

 

スクールの選び方② : 就職支援の有無とメンターの質を確認する

 

エンジニア転職を目的としてPythonを学ぶのであれば、就職支援があることをしっかりと確認しておきましょう。

 

なかでも、スクール運営しつつ転職エージェントを持っているか、転職実績をしっかりと記載しているプログラミングスクールだと良いですね。

 

どこの企業に就職したのか書いていないスクールだと、心なしか信用できない部分があるので…。

逆に、転職先の企業を載せているスクールは、ちゃんと事実誤認がないように運営を努めている証拠です。

 

プログラミングスクールも安い買い物ではないので、しっかり転職実績を紹介しているスクールを選んでいきましょう。

※もちろん、後ほどこういった部分を加味したおすすめスクールを紹介します。

 

転職しなくても、メンターの質は確認すべき

なお、転職しなくても、どういった人がメンターをやっているのか確認しましょう。

 

Pythonを教養として学びたい理由には、おそらく現在お勤めの会社で使っていきたいからのはず。

であれば、実際に実務経験のあるエンジニアが、メンターを勤めているスクールを選ぶべきですよね。

 

僕も過去にプログラミングスクールで働いていましたが、、、やはり聞かれる質問は「実務での活用方法」でした。

 

プログラミングスクールの価値は、「①モチベーション管理」と「②本以外のことも学べる」です。

なので、できるだけ現役エンジニアがメンターを勤めているスクールを選びましょう。

 

スクールの選び方③ : 無料説明会・無料体験会に参加する

 

とはいえ、「現役エンジニアがメンターなのか」とか「自分にあったスクールなのか」は、実際に使ってみないと分かりません。

でも基本的に、プログラミングスクールでは、無料説明会や無料体験会を実施しています。

 

やはり人によっては、AというスクールよりBというスクールの方が良かったりします。

これに関しては、人それぞれですからね。たとえば僕は、オンライン完結よりも、教室に通って勉強するのが好きです。

 

なので、僕のおすすめは紹介していますが、最終的には自分で使ってみるのが1番かなと。

 

この記事も、言うなれば現役のPythonエンジニアである僕の視点で書いただけ。すべての人に適しているかと聞かれると、それはNOだと思います。

 

無料体験や無料説明会にいっただけで、強制的に勧誘されることはありません。

僕も昔、TECH::CAMPの無料体験会に行きましたが、純粋に体験会に参加しただけでした。

 

なので安心して、無料体験会を使って行きましょう!

 

Pythonを学べるプログラミングスクールを目的別に紹介

Python プログラミングスクール おすすめ

 

以下の目的に応じて、Pythonでおすすめのスクールを紹介していきます。

  • パターン① : 転職は考えていないけど、教養として学びたい
  • パターン② : Pythonを学んで、転職を目指したい

 

パターン① : 転職は考えていないけど、教養として学びたい

 

教養としてPythonを学ぶのであれば、以下のスクールがおすすめです。

 

さらに絞込みをするなら以下ですね。

上記のとおり。

オンラインと通学型は、好みが分かれると思います。これに関しては、お好きな方を選択ですね。

 

なお、当サイトからの申し込みが多いのは、TechAcademyです。

 

\ 無料体験はこちら /

TechAcademyの公式ページへ ≫

※徐々に値上がりしているので、申し込みはお早めに!

 

パターン② : Pythonを学んで、転職をしたい

 

AIエンジニアやデータサイエンティストに転職するなら、以下のスクールがおすすめです。

上記のとおり。

 

データサイエンティストを目指す場合にはデータミックス、AIエンジニアを目指す場合にはDIVE INTO CODEといった感じです。

 

データサイエンティストを目指す

データミックスは、自社で転職率96%の転職支援サービスを持っています。

ゆえに、スクールでデータサイエンスを学んだ後に、そのまま転職支援サービスを利用して、データサイエンティストへの転職が可能です。

 

もちろん、無料説明会も実施しているので、気になる方は参加してみましょう。

≫参考 : データミックス公式ページ

※人気のスクールなので、枠が埋まっていたらスミマセン。

 

AIエンジニアを目指す

DIVE INTO CODEは、転職エージェントのようなものはないものの、卒業生の就職先がしっかり記載されています。

DIVE INTO CODE 実績

こういった感じで、実績をしっかり載せてくれているので、AIエンジニアに転職したい人も安心して利用できます。

 

なお、DIVE INTO CODEの場合は、無料説明会だけでなく、無料体験会も実施しています。

AIエンジニアを目指す人は、ぜひ参加してみましょう。

≫参考  :DIVE INTO CODE公式ページ

 

まとめ : プログラミングスクールを活用してPythonを勉強しよう

 

というわけで、Pythonを学べるプログラミングスクールを紹介してきました。

 

Pythonは、今後も需要が高くなっていきます。

でも、Pythonのエンジニアは少ないのが現状。ということは、今のうちからPythonを習得しておくのが吉ですよね。

 

プログラミングスクールは決して安くないですが、投資した額を回収するのは難しくありません。

さらに、将来も役立つスキルを習得できるので、Pythonができる人が少ないうちに勉強しておきましょう。

 

もちろん、プログラミングスクールを使うときは、無料体験会や無料説明会に参加するべきですよ!

 

当サイトから申し込みの多いスクール

【第1位】TechAcademy : オンライン完結!コスパ良くPythonを学べる!

【第2位】DataMix(データミックス) : データサイエンティストへの転職実績あり!

【第3位】DIVE INTO CODE : 機械学習エンジニアへの転職実績あり!

 

おすすめの記事