【完全初心者OK】ゼロから始めるPythonの独学学習ロードマップ

Python 独学
  • URLをコピーしました!

こんにちは、はやたす(@hayatasuuu )です。

この記事では「完全初心者でも習得できるPythonの独学ロードマップ」を丁寧に紹介します。

あなたは今、こんな悩みを抱えていないでしょうか?

  • Pythonって独学で習得できるのかな?
  • Pythonを独学で習得するには、何をどの手順で勉強したら良いんだろう?
  • やっぱりスクールを使わないと、Pythonは習得できないのかな?

これは2万人以上にPythonを教えてきた僕が、よく聞かれる質問なんです。

なかでも特に多いのが「どの教材を、どの手順で勉強したら良いですか?」 という悩みです。

本屋さんに行くと、大量の参考書が山積みになっています。

これではPython学習を始めたい人が困るのは当然です。

だからこの記事ではフリーランスエンジニアの僕が、
挫折せずにPythonを独学する具体的な手順」を紹介していきます。

この記事を読めば、あなたはPythonの学習方法で迷うことがなくなります。

もしテキストを読むのが面倒なら、ほぼ同じ内容をYouTubeで話しています。

こちらを聞いてみてください。

そもそもPythonっていう言語が、いまいちよく分かってないな…」という場合には、以下の記事が参考になります。

あわせて読みたい
【保存版】Python初心者に必要な19個の知識まとめ【これだけでOK】 [chat face="komatta_man2.png" name="Pythonが気になる人" align="left" border="gray" bg="none"]これからPythonを学んでいきたいんだけど、完全初心者で分からないこ...

フリーランスエンジニア × 元スクール講師の経験を元に、Python初心者が知っておくべきことをまとめておきました。

どんなプログラミング言語を学ぼうか悩んでいるなら、「3分で悩みを解決できる」ので、ぜひ読んでみてくださいね!

目次

勉強を始める前に!Pythonを独学で学べる3つの理由

これからPythonを独学する上で必要になる情報を漏れなく書いていきます。

でもその前に。
まずはPythonを独学で学べる理由について紹介します。

なぜ独学で学べる理由を話すのかというと、
それは「スクールを使わなくて良いということを認識して欲しいから」です。

僕は元講師だから分かりますが、スクールと市販の教材で学べる内容に差はありません。
スクールが売りにしているのは、すぐ質問に答えてくれるとか、プログラミングを習得するためのサポートです。

だから「スクールに入れば特別なことを教えてもらえる」とか、謎の期待をしないようこのタイミングでお伝えしておきます。

もし学習サポートが必要ならスクールを使いましょう。その程度です。

さて。
それでは「なぜPythonを独学で習得できるのか」書いていきます。

結論は、以下の3つです。

  • Pythonが習得しやすい言語だから
  • Pythonの学習教材が豊富だから
  • 独学でアプリ開発や副業に取り組む人がいるから

順番に見ていきます。

Pythonは習得しやすいプログラミング言語

独学できる1つ目の理由は、Pythonが他のプログラミング言語と比較してカンタンだからです。

これはPythonのコードを見てみると分かりやすいです。
以下に「数字の0〜9を出力するプログラム」を書いてみました。

for i in range(10):
    print(i)

まだ勉強してないけど「なんとなく連続した数字が出力されそうだな〜」って感じますよね。

このようにPythonであれば、連続した数字を出力するプログラムをたった2行で書けます。

それに対して、プログラミング言語Goを使って書くと下記のようになります。

package main

import "fmt"

func main() {
	for i := 0; i < 11; i++ {
		fmt.Println(i)
	}
}

体裁を整えるために改行していますが、
Pythonと同じことをGo言語でやると9行のコードが必要になります。

それにどちらが直観的に分かりやすいかと言われると…、やはりPythonだと思います。

この例で分かるように、Pythonは直感的に分かりやすい部分も多く、プログラミング初心者でも習得しやすいと言えます。

Pythonの学習教材が豊富だから

Pythonは学習教材がたくさんあります。

だから独学で困ることはありません。自分のレベルにあった教材を選べます。

  • 本で学ぶ
  • 動画で学ぶ
  • Webで学ぶ

どの形式でも選ぶのに困るくらいたくさんの教材があります。

もし「この教材は自分に合わなかったな…」と思っても、
他の教材に切り替えれば良いので挫折することも少ないです。

僕も初心者のとき、とある本を使ったら挫折しかけたけど、
「他の教材を使ったら全然難しくないじゃん!」ってなりました。

独学でアプリ開発や副業に取り組む人がいるから

僕が公開しているYouTube動画で独学して、アプリ開発したり副業に取り組んだりする人が増えてきました。


他にも社内アプリを作って上司に提案するっていう強者もいました…。

たとえ独学だとしても、これくらいはできるようになります。

ゼロからPythonを独学で習得するための5ステップ

それでは具体的な手順を書いていきます。
ゼロからPythonを習得するための5ステップは次のとおりです。

  1. Pythonで何ができるのか把握する
  2. PCを購入する
  3. ProgateかYouTubeで、Pythonの基礎を学習する
  4. Pythonの練習問題を解く
  5. Python学習を継続しつつ、応用分野を学んでみる

それでは順番に見ていきましょう。

STEP1 : Pythonで何ができるのか把握する

まずあなたが、Pythonを使って何をするか決める必要があります。

そのために、Pythonを使って何ができるのか把握しておきましょう。

Pythonを使うと、これ1つで以下のことを実現できます。

  • AI / 機械学習
  • データサイエンス / データ分析
  • Webアプリ開発
  • スマホアプリ開発
  • Webスクレイピング
  • Excel操作の自動化
  • ゲーム開発
  • ブロックチェーン開発

これらを見て分かるように、Pythonは汎用性が非常に高いです。

悪く言えば、選択肢が多すぎるから勉強していて迷走しやすいです。

だから独学するときは、先に目標をザックリ決めておきましょう。

例えば「Pythonを勉強して、仮想通貨で儲かるAIを作りたいな〜」とかですね。そしたらPythonの基礎を勉強して、機械学習を学べば良いことが分かります。

ここでコツがあって、まずは1つの分野だけ勉強するようにしましょう。

なぜなら色々なことに手を出すと「結局なにも習得できなくなるから」です。


すべての分野を学ぼうとすると、いくら時間があっても足りません。

フリーランスで活動してる僕でも、
Pythonを使ったゲームとかスマホアプリは作ったことないです。

いろんな分野を勉強するのは良いことです。
でもやることを分散すると結局なにも習得できなくなります。

色々な分野に興味があっても、まずは1つのジャンルだけ。
たとえば「最初は機械学習だけ勉強しよう」と決めるのが良いです。

STEP2 : PCを購入する

最近だとスマホを使ってプログラミング学習できます。
でも現実的にスマホでコードを書いているエンジニアはいません。

物理的にはスマホでも勉強できるけど、せっかくプログラミングやるならPCを使っていきましょう。

Python学習で使うPCは、どんなスペックでも大丈夫です。

それは仮にPCのスペックが低くても、Google Colaboratoryという無料サービスを使えばPythonを勉強できるからです。

Google ColaboratoryはブラウザでPythonを使えるサービス。だからインターネットとパソコンだけあればPythonを勉強できます。

一般的にプログラミングの環境構築って難しいんですけど、Pythonはインストールさえ不要ということです。

すでパソコンを持ってるなら、次のステップで今すぐ学習を始めましょう!

余談 : Macbookをお得に購入する方法

もしMacbookを購入したいと考えていたら、楽天Rebatesを使うと良いです。

楽天Rebatesは買い物サイトで、ここを経由して買い物するだけで楽天ポイントが付与されます。

Apple公式ストアは、1%のポイントバック。他にもユニクロとかあります。

楽天Rebates 対象ストア

参考 : 楽天Rebates

最新のMacbook Airだと13万円くらいするので、1,300ポイントもらえる計算ですね!

STEP3 : ProgateかYouTubeでPythonの基礎を学習する

それでは、いよいよPythonの学習を始めていきます。

よし!自分のパソコンにPythonをインストールするぞ!」と意気込んでいるかもしれないですがその必要はありません。

STEP3ではProgateかYouTubeを使ってPythonを学習します。

どちらを選ぶかは、あなたの好みによると思います。目安があるとすると、以下のとおりです。

  • Progate : スライド形式で学びたい人 / 課金した方がやる気が出る人
  • YouTube : 動画で学びたい人 / 無料で学びたい人

順番に紹介していきますね。

Progateを使って学習する場合

Progateを使うなら、全5レッスンのPythonコースを学習します。

  • Python I (無料はここまで)
  • Python II
  • Python III
  • Python IV
  • Python V

Python Iだけ無料ですが、それ以降のコンテンツは月額1,000円が必要です。

これらの5レッスンを3周して、最終的に「70%を理解できている状態」を目標にしましょう。

イメージとしては、こんな感じです。

  • 1周目 : 理解度10〜20%。分からないことだらけでも、気にせず学習を続けてください。
  • 2周目 : 理解度50%。1週目より分かることが増えたけどクラスは理解不能。
  • 3周目 : 理解度70%。なんとなくクラスも分かるようになった。気がする。

このような流れで、学習を進めていきます。

途中でも書いてますが、クラスは難しいのでここで理解できなくても良いです。

もちろん分かるに越したことはないのですが、Progateで解説されているクラスとメソッドの命名が分かりづらいと思います。

Progateを完ペキに理解していないとダメなんだ…」とか気負わずに学習していきましょう。

YouTubeを使って学習する場合

もし無料でPythonを勉強したいなら、YouTubeを使いましょう。

YouTubeで勉強する場合には、動画を見ながら自分で手を動かして学習していきます。

僕のYouTubeチャンネルでは、勉強しやすいようにソースコードも無料で配布しています。なので、あとは動画を見ながら一緒にコードを書いてみて欲しいです。

できるだけ分かりやすく解説するよう心がけていて、視聴者さんからは「有料教材よりも遥かに分かりやすい」とコメントいただけました。

YouTube コメント

完全無料で挫折せずにPythonを勉強したい人は使ってみてください。

Progateだと分かりづらかった「クラス」や「メソッド」も分かりやすく解説しています。

STEP4 : Pythonの練習問題を解く

基礎文法をなんとなく把握したところで、練習問題を解いてみましょう。

インプットだけでは勉強したことをすぐに忘れてしまいます。プログラミングは使わないと習得できません。インプットしたら、必ずアウトプットをセットにしましょう。

Pythonの練習問題を解くなら、以下の2パターンあります。

  • Webサイトを使う
  • Python演習問題100問パックを使う

順番に紹介していきます。

パターン1 : Webサイトを使う

Webサイトを活用してPythonの練習問題を解くなら、Python3 練習問題がおすすめです。

Python 練習問題

このサイトにPythonの練習問題が全18問あります。
STEP3で学習した基礎を活かして、これらの問題を解いてみましょう。

練習問題に取り組むときは、以下のことを意識してみてください。

  • ①まずは、問題文のとおりに解いてください
  • ②その次に、自分で工夫を付け足してください
  • ③文法で忘れてしまった部分は、ググって解決しましょう

「②自分で工夫を付け足す」が少し難しいかもしれません。
でもこれができると、プログラミングスキルが爆速で身につきます。

少し具体例を出しますね。
練習問題2であれば以下のような工夫を加えて欲しいです。

練習問題2 : キーボードから英語と算数の成績を入力し、入力された得点とともに、得点の合計と平均を計算して表示するプログラムを作成せよ。

この練習問題で得点計算のクラスを用意して、

  • 合計を計算するメソッド
  • 平均を計算するメソッド

を追加する。

こんな感じで、クラスとメソッドを使う形にアレンジしていきます。

もちろん最初は難しいです。
でも挑戦すれば確実にスキルアップできます。

そう言い切れるのは、僕が新卒のときクラスを理解するためにやってた勉強法だからです。笑

効果は実証済みというわけですね!

パターン2 : Python演習問題100問パックを使う

こちらは僕が作成したPythonの演習問題集です。

↓↓↓画像をクリックして「期間限定30%オフ」で購入する↓↓↓

おそらく他の記事だとインプットの勉強しか紹介されてないはずです。

でもそれではプログラミングを習得できません。
コードを書けるようになりたかったら、学んだことを使ってアウトプットする必要があります。

この問題集は全100問を収録してあるので、解き終わった頃には相当レベルアップできます。

https://twitter.com/morifff/status/1347494142062981122

レビューはこんな感じです。
詳細な情報が知りたい場合は、以下の記事を読んでみてください。

あわせて読みたい
【星4.7コ/ベストセラー】1日で100人突破!UdemyでPython演習問題100問パックをリリースしました こんにちは、はやたす(@hayatasuuu )です。 先日、Pythonの演習問題を100問収録したUdemy講座をリリースしました。それがこちら。 ↓↓↓画像をクリックして「期間限定30%...

STEP5 : Python学習を継続しつつ、応用分野を学んでみる

ここまでのステップで、Pythonの基礎を習得できています。あとはPythonの応用分野に挑戦するだけです。

STEP5では以下の内容を「同時並行で」学習していきましょう。

  • 中級レベルのPython文法を学習する
  • あなたが興味を持っている応用分野に進む

それぞれ紹介していきますね。

中級レベルのPython文法を学習する

ProgateやYouTubeで紹介してる知識は全体の10〜20%くらいです。

要するにプログラミングは、かなり奥が深い学習分野なんです。

すべてを知るのは不可能だし必要ないですが、中級レベルのPython文法は学習しておきましょう。

そのために最適なのが、こちらの講座です。

Udemy Python おすすめ

参考 : 現役シリコンバレーエンジニアが教えるPython 3 入門 + 応用 +アメリカのシリコンバレー流コードスタイル

元スクール講師で現役フリーランスの僕が、一番おすすめできるPython講座です。

Progateと比較すると内容の濃さは5〜10倍ほど。
Pythonをマスターしたいなら必修科目だと思っています。

ちなみに講師は現役シリコンバレーエンジニア。そんなハイスペックな人にPythonを教えてもらえます。

Pythonを独学で学ぶ人は、みんな勉強している講座ですね!

あなたが興味を持っている応用分野に進む

中級レベルのPythonだけだと、おそらく勉強に飽きます。笑

それにPython演習問題100問パックをやってれば、いまの段階で簡単なプログラムを書けるはずです。

なので基礎学習を継続しつつ、Pythonを使った応用分野にもチャレンジしましょう。

これはすでに「STEP1 : Pythonで何ができるのか把握する」で決めてもらいましたね。

とはいえ「とりあえずPythonを勉強してみたけど、何をしようか決まってないな…」なんて人も多いはず。

そんなあなたが「脱Python初心者」するなら、これらを勉強するのがおすすめです。

  • スクレイピング : Web上の情報を自動で取得する技術
  • 業務効率化 : ExcelファイルをPythonで操作する技術など
  • データサイエンス : データと機械学習を使って課題解決する技術

上記の3つはPython初心者でも取り組みやすいものを選びました。

まずは気になるものから学習して、自分の好きな分野が見つかったら1つに絞っていきましょう。

ちなみに紹介した3つの分野は、僕のYouTubeチャンネルで無料動画を提供しています。

よかったら参考にしてみてください!

補足 : Pythonを学んで転職を考えている場合

Pythonを学習して転職するとき、エンジニアだけではく色々な職種があります。

  • Webエンジニア(バックエンドエンジニア)
  • 機械学習エンジニア
  • データサイエンティスト

バックエンドは勉強しやすいです。ネット上にもたくさん情報があります。

でも機械学習エンジニアとデータサイエンティストは、何をどのような手順で学習すれば良いのか迷うんですよね。

なぜなら勉強すべき内容が、あまりにも多いからです。それだけロードマップがないと挫折しやすい分野でもあります。

だから僕の経験をもとに、「どうやって独学すれば良いのか」をまとめておきました。

もし転職を考えてるなら、ぜひ参考にしてみてください。

Pythonの独学に必要な時間・期間

Pythonの独学で必要になる時間は、約120時間だといえます。

プログラミングスクール各社と、僕自身の経験を元に計算してみました。

  • TechAcademy(テックアカデミー) : 80〜160時間
  • TECH : CAMP(テックキャンプ) : 100時間
  • 自分が独学したとき : 125時間

上記をすべて均したら、だいたい120時間は必要になる計算です。

社会人で会社に勤めなら、平日1時間・休日3時間の勉強をすると、だいたい3ヶ月になります

Pythonの独学でおすすめの教材

まずは独学ロードマップで紹介した内容に取り組むのが良いです。

そのあとで「さらに勉強を継続しよう」と思ったら、ぜひこちらで紹介する教材を使ってみてください。

Python独学のおすすめ教材① : Progate

Progateはプログラミング初心者に最も使われている教材です。

Progate

参考 : Progate | プログラミングの入門なら基礎から学べるProgate[プロゲート]

スライド形式で学習して、すぐにコードを入力できるので、初心者でも取り組みやすいですね。

ちなみに僕は、Pythonの環境構築ができなくて挫折した経験があります。環境構築って、初心者にとって難しいんですよね。

でもProgateであれば、インターネットさえあれば学習を開始できます。

とにかくプログラミングを体験したいなら、まずはProgateで入門しましょう。

Python独学のおすすめ教材② : Udemy

実践的な内容を学ぶなら、Udemyがおすすめです。

参考 : Udemy公式ページ

Udemyは動画で学習できるサービス。
動作を確認しながら学習できるので、初心者でも挫折しづらいのが特徴です。

さらに、Udemyでは各コースを担当する講師に、分からない部分を質問できます。

Progateだと質問する機能はないので、スクール感覚で独学をしていきたいならUdemyが良いですね。

なお僕自身、フリーランスになった今でもUdemyでPythonを勉強しています。

というのも、Udemyで学べる内容は実践的なものが多いです。ゆえに、エンジニア転職を目指す人に愛用されています。

Udemyのデメリットをあえて書くなら、講座の数が多く選ぶのに苦労することですね。

でも僕が受講して役に立ったコースを、以下の記事でまとめておきました。

あわせて読みたい
現役フリーランスが選ぶ!Udemyで初心者におすすめのPythonコース6つ こんにちは、はやたす(@hayatasuuu )です。僕は普段フリーランスでデータサイエンティストをやっています。 Udemyを使ってPythonを学びたいと思ったとき「一体、どの講...

挫折しないでPythonを習得したいと思ったら、ぜひ参考にしてみてください。

Python独学のおすすめ教材③ : YouTube

完全無料でPythonを学習するなら、YouTubeがおすすめです。

手前味噌ですが、僕も登録者2.5万人のYouTubeチャンネルを運営しています。

参考 : はやたす / Pythonエンジニア

僕のチャンネルでは、Pythonの基礎やExcelの自動操作を、完全無料で学習できるようになっています。

まずは無料で始めてみたいな…」とか「YouTuberを観る感覚で勉強できるの良さそうだな」と感じたら使ってみてください。

Python独学のおすすめ教材④ : 本・書籍

鉄板の学習方法ですが、本や書籍を使うのもアリです。

ただし本を使うとき、以下の点に注意しておきましょう。

  • 教材選びで時間をかけすぎない
  • サンプルコードが動かないことがある

Pythonは人気なプログラミング言語です。それゆえ書店に行くと大量の本が置いてあります。

Pythonを勉強するのに、本選びで時間を使うのは本末転倒です。

また、本に書かれているサンプルコードが動かないことがあります。

Pythonを含むプログラミング言語は、iPhoneのようにアップデートが繰り返されています。

でも紙の本は中身のアップデートが不可能です。つまり内容が古くなって、本と同じコードを書いても実行できなくなります。

初心者のうちは挫折する原因になるので、本を使うなら自己解決できる自信がある人だけにしましょう。

一応Pythonの学習でおすすめの本・書籍は、以下の記事にまとめています。

あわせて読みたい
【2020年最新】Pythonでおすすめの本3冊を紹介【使い方も解説】 [chat face="komatta_man2.png" name="Pythonを学習したい人" align="left" border="gray" bg="none"]Pythonを学習していきたいんだけど、おすすめの書籍はないかな〜。...

Pythonの独学でよくある3つの質問

YouTubeやTwitterでよく聞かれる質問にも回答しておきます!

よくある質問① : WindowsとMacは、どちらが良いですか?

結論、どちらでも大丈夫です。MacとWindowsに大きな優劣はありません。

ただ、Windowsだと環境構築がMacOSより難しいです。

WIndowsは無駄な機能が入ってるわりに、Macよりセットアップ工数が多くなってくるので、その点だけは注意しておきましょう。

もし転職を考えているなら、「どんな企業で働きたいのか」にもよります。

  • Web系の企業 : ほぼ間違いなくMacOSです。
  • レガシーな大企業 : ほぼ間違いなくWindowsです。

このあたりは「どんなキャリアを歩みたいか」に合わせてみてください。

よくある質問② : AIやデータサイエンスを学ぶなら、スクールを使うべきですか?

結論、スクールは必要ありません。

分かりやすい書籍や教材がたくさんあるので独学でも学べます。

ただし、AIやデータサイエンスは、いうまでもなく難しいです。Pythonだけではなく、数学の知識や機械学習の知識を身につける必要があります。

さらに学習する手順を間違えると、難しすぎて挫折する可能性もあります。

でも「どの教材をどの手順で学習するか」は、判断するのが難しいんですよね。

そこで、具体的な学習手順とおすすめの教材をまとめておきました。

挫折せずに完全独学で習得できるよう作成してあります。

このロードマップを使って勉強したら「インターンへの参加が決まった」とご報告いただけました。

実務で通用するレベルまで習得できるので、キャリアアップを考えている方はぜひチェックしてみてくださいね。

よくある質問③ : YouTubeとProgate、両方とも学習するべきですか?

結論、YouTubeだけ勉強すればOKです。

その理由はProgateで学べることは、僕のYouTubeでカバーできているからです。

しかもYouTubeであれば無料なので、Progateで月額980円を払う必要はないと考えています。

ただし、もちろん自分にあった勉強方法を採用するのが大事です。動画で学習するのがあってない人もいると思うし、僕の声を生理的に受け付けない人もいるはずです。(悲しいですが)

なのでYouTubeを使ってみて、動画は自分に合わないと感じたらProgateを使っていきましょう。

まとめ : 未経験から独学で、Pythonの習得は可能です

ここまでロードマップを完走すれば、あとは自分でググりながら実装するスキルが身に付いているはず。

自分で検索しながら勉強できるようになれば、あとは何をやってもうまくいきます。本当です。

もしロードマップを走り切れず途中で挫折しそうになったら、プログラミングスクールを使うのもアリだと思っています。

それは挫折して諦めてしまうより、
お金を払ってでもスキルを身に付けるべきだと思っているからです。

スキルは一度身につければ一生使えますからね。

TechAcademyなら「無料体験」をやっています。
もし独学でやっていく自信がなければ、無料なので使ってみましょう。

参考 : TechAcademyの無料体験はこちら

1番もったいないのは、何もせずに終わってしまうこと。
せっかくプログラミングに興味を持ったなら、まずは1ヶ月だけでもチャレンジしてみましょう。

大げさではなく、僕はプログラミングを学んで人生が変わりました。

この記事を読んでくださった方にも、一度きりの人生を楽しんで欲しいと思います(`・ω・´)!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる