Freelance

フリーランスになって後悔したこと2つ【時間なし/友達なし】

フリーランス 後悔
フリーランスになりたい会社員
フリーランスになりたい会社員
フリーランス独立に憧れるけど、失敗するのが怖いな…。

なので、あらかじめフリーランスになった人から後悔した話を聞きたいな…。

この記事では、上記のような悩みを解決していきます。

 

この記事の想定読者

想定している読者は、以下のとおりです。

  • フリーランスになりたい会社員
  • でも、フリーランス独立に不安を感じる人
  • 現役フリーランスに後悔した話を聞きたい人

 

この記事では「フリーランスになって後悔したこと2つ」を紹介していきます。

会社員からフリーランスになりたいと思いつつも、やはり独立するのは不安ですよね。

僕も、会社員から独立する前は、フリーランス 後悔とかで検索していました。

 

でも本記事を読み終えれば、フリーランスになって後悔したことがあらかじめ分かるようになるので、独立時の失敗を減らせるようになるのかなと。

不安に感じている時間がもったいないので、サクッと悩みを解決していきましょう(`・ω・´)!

 

フリーランスとして後悔したこと2つ

フリーランス 後悔

フリーランスになって後悔したことは、2つあります。フリーランスを目指す人に向けて、発信していきます。

 

フリーランスの後悔① : 想像を超えて税金周りがメンドイ

 

フリーランスになって後悔したのは、想像を超えて税金・保険などがメンドイこと。

会社員であれば、年金も保険も勝手に差し引いてくれていたわけですが、フリーランスになるとそうはいきません。

請求書が送られてきて、自分で払いに行かねばならないんですね。

 

カードのポイントを付けたいし、会計ソフト「freee」で同期するために自動決済して欲しいのですが、現状そのような支払い方法はないようで…。

 

と、そんなことをやっていると、思っていたよりも税金まわりの処理がメンドイことに気が付きました。

なので、僕と同じく超メンドくさがりの人は、フリーランスになるとき注意しましょう。

 

税金の勉強は神の1冊があります

そもそも税金が分からない人は、こちらの1冊がオススメです。

マンガで書かれているため、税金のことを理解しやすかったです。

僕も辞書的な感じで、今でも参考にしています。

 

フリーランスの後悔② : 働きすぎて時間がなくなる

 

フリーランスになった後悔は、働きすぎて自分の時間がなくなることですね。

 

具体的に、昨日の僕のスケジュールは以下のとおり。

  • 6:00 起床
  • 7:00〜8:00 ブログ執筆
  • 8:00〜8:30 プログラミング勉強
  • 9:00〜17:00 常駐案件
  • 18:00 帰宅
  • 18:30〜21:00 リモート案件
  • 21:00〜22:30 プログラミング勉強
  • 22:30〜23:00 風呂
  • 23:00 就寝

こんな感じで、仕事している時間だけ考えても、12時間くらいです。

その他にもプログラミングの勉強を2時間ほどしており、プライベートの時間は皆無になります。

 

このように、ずっと仕事することになるので、「仕事をサボりたいからフリーランスになりたい」と考えている方は、少し検討し直した方が良さそうです。

 

補足 : 孤独が耐えられないとツライです

 

さらに、孤独に耐えられないとツライと思います。

フリーランスをやっていると、価値観の違いとか働き方の違いで、どうしても周りと疎遠になるんですよね。

 

仕事をしているときも、基本的に誰かと働く機会は少ないと思うので、新しい友好関係も出来づらく孤独が苦手な人にはツライかと。

逆にコミュニケーションが苦手で孤独に強い人には、フリーランスが向いていると思います。

 

とはいえ、フリーランスはおすすめです

フリーランス 後悔

ここまでフリーランスの後悔を書いてきましたが、とはいえフリーランスという働き方はオススメです。

 

大前提 : 会社が雇用を守ってくれる時代の終了

 

フリーランスをおすすめする理由は、会社が雇用を守ってくれる時代が終了したからですね。

 

日本人なら誰もが知っているような方々が、以下のような発言をしたのは有名ですよね。

  • トヨタ社長「終身雇用は難しい」
  • 経団連会長「終身雇用を続けるのは難しい」

経団連会長は日立製作所の人ですし、日本の中でもトップ企業に属している人が、上記のように言っているわけです。

となると、言うまでもなく他の企業でも終身雇用できるはずがないですよね。

 

さらに最近だと、黒字企業のリストラも深刻ですよね。赤字ではないのに、リストラしているわけです、、、。

こんな社会環境になっているわけなので、いずれにせよ「個人で稼ぐ」必要はあります。

別に会社員でもOKですが、サラリーマンをやりつつ副業するとか、フリーランス的な働き方をするべきですね。

 

仕事は増えたけど、ストレスは減りました

 

さらに、フリーランスになると圧倒的にストレスが減ります。

僕が会社員を辞めた理由の1つがこれで、以下のような無駄が嫌いでした。

  • 議事録
  • 無駄な飲み会
  • 忘年会
  • 社内イベント

フリーランスという働き方をしていると、ここら辺の無駄は皆無になり、基本的に自分が好きな仕事しかしなくなります。

なので、僕は1日12時間ほど働いていますが、ストレスは感じていないですね。

 

なんというか、人生は一度きりなので、出来るだけやりたくないことを減らしつつ生きていくのが幸せだと思うんですよね。

もし人生が楽しいと感じないのであれば、フリーランス的な生き方をするとラクになると思いますね。

 

ダメだったら、就職しましょう

 

そして、もしフリーランス独立に失敗したのであれば、また就職しましょう。

挑戦してみてダメだったのであれば、振り出しに戻るだけのことです。

なぜかフリーランス独立に失敗したら「人生の終わり」のように捉えている方がいますが、ぶっちゃけ大げさかなと。

 

そういった気持ちも理解できますが、正直やってみないと分からないです。

なので、フリーランスになりたいと思ったのであれば、挑戦してみても良いんじゃないかなと思います。

 

1番安全なのは、副業から始めてみること

もちろん今すぐフリーランスにならなくても、まずは副業からでOKです。

というか、まだ何もスキルを獲得していないのであれば、副業をするべきですね。

副業でスキルを身に付けつつ、事業が軌道に乗ったタイミングで独立すればOKですよ。

 

まだ副業すら始めていないのであれば、以下の記事から探して始めてみましょう。フリーランスはそれからです。

サラリーマン 副業 おすすめ
【経験者が教える】サラリーマンにおすすめの副業9選【NGもアリ】『サラリーマンで副業をやっていきたいんだけど、おすすめの副業は何かな...。できれば「やってはいけない副業」とかも知っておきたいな...。』このような悩みを解決する記事になっています。サラリーマンで副業を始めて収入を増やしたいと考えている方は必見です。...

 

まとめ : フリーランスになった後悔はあるけど、僕はおすすめしたい働き方です

 

というわけで、フリーランスになった後悔を紹介してきました。

記事の途中でも書いていますが、後悔しつつもフリーランスになって良かったなと感じています。

やっぱりストレスなく働けるのがデカイです。仕事量は多いけど、おかげで毎日が幸せですね。

 

もし「仕事 = つまらないもの」といったマインドを持っている方がいたら、フリーランスになってみるのもアリだと思います。

もちろん、副業が軌道に乗ってから。まずは副業することから挑戦していきましょう。

 

僕は2020年、海外を旅したり、色々と新しい挑戦をしていきたいと思っています。

 

おすすめの記事