Python

【初心者向け】Djangoの独学ロードマップ【本と動画で完結です】

Django 独学 ロードマップ 本 初心者
 Djangoを学習したい人
Djangoを学習したい人
Djangoを独学で習得していきたいんだけど、どうやって学習すると良いんだろう…。

おすすめの本も合わせて紹介してくれると嬉しいな…。

この記事では、上記のような悩みを解決していきます。

 

この記事の想定読者

想定している読者は、次のとおりです。

  • Python初学者
  • これからDjangoの勉強をしていきたいと考えている方
  • Djangoの習得で必要なことを全て知りたい方

 

この記事では「Djangoの独学ロードマップ」を紹介していきます。

PythonでWebアプリを作るためにDjangoを習得したいけど、どのように学習すれば良いか分からないし、情報が少なくて迷いますよね…。

 

この記事を読み終えれば、Djangoを独学で習得する方法だけでなく、おすすめの本や学ぶべき周辺知識まで分かるようになります。

これからDjangoを勉強したいと考えてる方にとって、役に立つ記事になるかと(`・ω・´)!

 

この記事の信頼性

この記事を書いている僕は、フリーランスエンジニアをやっており、メインで扱える言語はPythonです。

なので、Djangoに関して参考になる情報が提供できるかと。

 

【初心者向け】Djangoの独学ロードマップ【本と動画で完結です】

Django 独学 ロードマップ 本 初心者

これから学習を始める初心者向けに、Djangoの独学方法を紹介していきます。

 

STEP① : Pythonの勉強を始める

 

まずはPythonの勉強を始めていきましょう。

当たり前ですが、DjangoはPythonで動いているため、Pythonが書けなければシンドイです。

 

Pythonを学習するときは、酒井潤さんのUdemy講座がオススメになります。

Udemy Python おすすめ

理由は『酒井先生のPython講座がおすすめな3つの理由』でも書いていますが、以下のとおりです。

  • 教材の質が高い
  • 情報の希少価値も高い
  • 1,200円で購入できて価格が本の1/3

以上の理由で、「現役シリコンバレーエンジニアが教えるPython 3 入門 + 応用 +アメリカのシリコンバレー流コードスタイル」をおすすめします。

 

まずは、この講座を受講してPython自体の学習をしていきましょう。

なお、Pythonの独学方法については、以下の記事が参考になります。

Python 独学
【独学初心者向け】Pythonの学習ロードマップ【現役AIエンジニアが解説】『Pythonって独学で習得できるのかな...。Pythonの独学方法を具体的に知りたいな...。』このような悩みを解決できる記事になっています。Pythonを独学していきたい方は必見です。...

 

STEP② : UdemyのDjango教材で学習する

 

Pythonの基礎学習が完了したら、Udemyの【Python 3 x Django 2.0】作りながら覚えるDjangoを受講しましょう。

Udemy Python おすすめ

こちらの講座では、Djangoを使ったローカル環境での開発から、Herokuを用いたデプロイまでを一貫して学ぶことができます。

 

さらに、デプロイするとき必要になってくる周辺知識もおさえられているので、初心者でも簡単なTwitterアプリを作れるようになるかと。

僕自身、元々がAIとかデータサイエンス側の人間なのでWebアプリを取り扱うのは初めてだったのですが、丁寧に解説されているため挫折することなく独学できました。

 

なので、「Pythonの学習は完了したから、次はWebアプリの開発をやっていきたいな〜」と考えている方にピッタリの講座ですね。

動画で実際の動きを確認できるので挫折しにくいのもメリットです!

≫ 【Python 3 x Django 2.0】作りながら覚えるDjango

 

YouTubeなら無料で学習できます(英語)

もし英語の抵抗がなければ、YouTubeでは無料でDjangoのチュートリアルが出ていますね。

ただ、最初のうちは言葉の解説とかもしっかり聞いた方が良いので、英語が苦手な方は「【Python 3 x Django 2.0】作りながら覚えるDjango」をオススメします。

 

STEP③ : 本・書籍にて体系的に学習していく

 

動画で全体的な流れを俯瞰できたら、次は本・書籍を使って細かいところまでキャッチアップしていきましょう。

 

おすすめのDjangoを学べる書籍

僕が観測しているDjango×日本語の書籍で、1番良いと思っている2冊です。

読んで字のごとく、現場で使えるDjangoの知識を学ぶことができます。

 

基礎編は若干STEP②で学習したことと被ってしまうのですが、それでも持っておく価値ありだと思います。

動画だと分からなくなったところをピンポイントで探すのが難しいですが、書籍なら一発で探し出せますので。

 

2冊揃えても、たったの3,000円ほど。

スクールを使ったら10〜30万円とかザラなので、格安にて学習できますね。

 

さらに : Djangoの独学とセットで勉強するべきこと

Django 独学 ロードマップ 本 初心者

さらに、Djangoの独学をセットで勉強するべきことを紹介していきます。

 

セットで学習すべきこと① : Webサービスの仕組み

 

Djangoを使ってWebアプリを作成していくので、そもそもWebサービスがどのように動いているのか知っておくのが良いです。

というか、これが分からないと「Djangoの使い方を学んだところで、自分が作りたいものを作れない」という事態が発生するかと。

 

なので、しっかりとWebサービスの仕組みを学習していきましょう。

 

おすすめの書籍

おそらく、Webの仕組みを学習したいと思ったとき、誰もが推薦すると思われる書籍です。

 

POSTGET、そもそもhttpとは何か?」といった、Webを構成する技術について基本的な部分から解説されています。

ここら辺について、まだ理解が進んでいない方は必読の書籍ですね。

 

セットで学習すべきこと② : コンピューターサイエンス

 

さらに、Webの仕組み以前に、コンピューターサイエンスの知識も必要不可欠です。

 

細かいことを気にせずにプログラミング学習を進めてきた方は、このタイミングで学習していきましょう。

なお僕は細かいことを後回しにしてプログラミングを学習し、エンジニアになりましたが、「そんなことも知らないの?」みたいな感じで、少し恥ずかしい思いをしました。笑

 

おすすめの書籍

コンピューターサイエンスを学習するには基本情報技術者試験の内容を学習すると良いです。

なので、基本情報ではお馴染みの「キタミ式」を使っていきましょう。

イラストが多いので、コンピューターサイエンスの初学者でも、十分に理解できる内容になっています。

 

セットで学習すべきこと③ : gitとコマンドライン

 

Djangoを学ぶ以前に、gitやコマンドラインについては学習しておきましょう。いわゆる黒い画面です。

ここまでは、どちらかと言うと「プログラミングする前の周辺知識」をおすすめしてきましたが、gitやコマンドラインはプログラミングに直接関わってくる部分ですね。

 

プログラミング学習ないしエンジニアなら避けて通れない部分になってくるので、早い段階で身につけておきましょう。

 

おすすめの書籍〜git編〜

 

おすすめの書籍〜コマンドライン編〜

 

以上の2冊がおすすめです。

初学者向けに、やさしく書いてある書籍をピックアップしました。

 

これらの書籍にて学習すれば、基礎的なgit&コマンドラインの知識は身に付くようになっています。

 

まとめ : Djangoの独学は楽しいし、将来性アリです

 

というわけで、Djangoの独学方法から、学ぶべき周辺知識まで紹介してきました。

Djangoを学ぶと、自分が好きなようにWebアプリケーションを作成できるようになるので、プログラミングが楽しくなります。

 

さらに、Djangoを採用する企業は増えてきているので、今のうちから習得しておくのもアリかと。

AIの機能を搭載するのであれば、RubyやPHPで組むよりPythonで作った方が良いですからね。

 

この記事のロードマップを使いつつ、Djangoを習得していきましょう。

それでは、この辺で。

 

おすすめの記事