Freelance

未経験から「最短」でフリーランスエンジニアを目指す3ステップ

フリーランスエンジニア 最短
当サイトから申し込みの多いスクール

【第1位】DMM WEBCAMP : 転職成功率98%!全額返金保証あり!

【第2位】GEEK JOB : 受講料0円!転職成功率95%!

【第3位】テックキャンプ エンジニア転職 : 30代もOK!転職成功率99%!

フリーランスエンジニアになりたい人
フリーランスエンジニアになりたい人
未経験から最短でフリーランスエンジニアになるには、どうしたら良いんだろう…。

現役のフリーランスエンジニアに話を聞きたいな!

この記事では、上記のような悩みを解決していきます。

 

この記事の内容

  • 未経験から「最短」でフリーランスエンジニアを目指す3ステップ
  • 最短でフリーランスエンジニアを目指す人に伝えたいこと

 

この記事を書いている僕は、実務経験半年ほどで独立した、現役のフリーランスエンジニア。

一般的に「最短でフリーランスエンジニアになる」というと、合計で3〜4年ほど必要ですが、僕は半年ほどで成果を出しました。

 

今回はそんな僕が『未経験から「最短」でフリーランスエンジニアを目指す3ステップ』を紹介していきます。

この記事を読み終えれば、未経験から「最短」でフリーランスエンジニアになる方法が分かり、独立までの時間をショートカットできるようになりますよ!

 

僕と同じで「できるだけ早くフリーランスになりたい」と考えている人は、ぜひ読み進めてみてください(`・ω・´)!

 

未経験から「最短」でフリーランスエンジニアを目指す3ステップ

フリーランスエンジニア 最短

 

結論、はやくエンジニア転職して、開発の実務経験を積むことです。

 

STEP① : この記事を読み終えたあとに、プログラミングの勉強を始める

 

「未経験からフリーランスエンジニアになりたい」と考えている方は、この記事を閉じた瞬間から、プログラミングの勉強を開始しましょう。

 

具体的には、Progateでプログラミングの勉強を開始すればOKです。

フリーランスエンジニア 最短

 

Progateでプログラミングに触れてみて、「そもそもプログラミングを楽しめるか」を確認する感じですね。

ぶっちゃけ、この時点で「プログラミングがつまらない」と感じたら、フリーランスエンジニアは厳しいので、、、。

 

逆に「プログラミングが楽しい」と感じたのであれば、間違えなくフリーランスエンジニアを目指すべきです。

3ヶ月くらいプログラミングを勉強して、エンジニア転職するためのスキルを身に付けましょう。

 

※なお、挫折しないプログラミング独学の方法は、「【挫折ゼロ】プログラミングの独学勉強法を現役フリーランスが解説」をどうぞ。

プログラミング 独学
【挫折ゼロ】プログラミングの独学勉強法を現役フリーランスが解説『プログラミングを独学したいんだけど、どうやってやっていけば良いのかな...。具体的な手順が知りたいな。』このような悩みを解決する記事になっています。プログラミングを独学で習得したい方は必見です。...

 

“最短”にこだわるなら、プログラミングスクールの活用がおすすめ

プログラミングを独学すると、以下のような”ロス”が発生します。

  • プログラミングの教材を調べる時間
  • プログラミングの勉強方法を調べる時間
  • プログラミング学習をサボらないためのモチベ管理

上記のとおり。

 

そして、本当に最短でフリーランスになりたいなら、プログラミングスクールを活用して、こういった”ロス”を削除するべきです。

 

最近だと、受講料が無料のスクールもあるので、まずは無料体験だけでも参加してみると良いですね。

プログラミングスクール おすすめ 選び方
プログラミングスクールおすすめ5社比較【月80万エンジニアが解説】『プログラミングスクールの数が多すぎて、どのスクールを選べば良いのか分からないな...。おすすめのプログラミングスクールと選び方を教えて欲しい!』このような悩みを解決する記事になっています。おすすめのプログラミングスクールと、選び方を知りたい人は必見です。...

 

STEP② : 転職エージェントを使ってエンジニア転職する

 

プログラミングの基礎を身に付けて、ポートフォリオの作成まで完了したら、エンジニア転職しましょう。

最短でフリーランス独立するには、「最短でエンジニアになる」ことが重要です。

 

エンジニア転職向けエージェント

エンジニア転職でおすすめのエージェントは以下のとおり。

定番の転職エージェントですね。上記のエージェントから、複数選んで登録しましょう。

 

なお、転職エージェントの登録は、今のうちに済ませておくのがおすすめ。その理由は、エンジニア転職で”本当に”必要なスキルを把握するためで、そうすると「無駄な勉強」をせずに済みます。

 

また、Wantedlyを使って、自分で求人を探していくのもアリです。どちらかというと、スタートアップ求人が多いので、Web系のエンジニアになりたいなら登録必須ですね。

 

いずれにせよ、最短でフリーランスになるには、はやくエンジニアになることが重要です。

 

そして、最短でエンジニアになるなら、必要な技術だけ勉強するのが正解。

なので、答えを知っておくためにも、今のうちから転職エージェントに登録しておきましょう。

 

STEP③ : 実務経験1年積んだら、フリーランスエージェントで相談してみる

 

エンジニアの実務経験を1年ほど積んだら、フリーランスエージェントで相談してみましょう。

 

フリーランスエンジニアになるには、ざっくり1年くらいの実務経験が必要です。

ただ、この数字はあくまでも「目安」です。大事なのは実務経験の「年数×内容」。なので、テスターとして1年間働いても微妙で、開発経験を積んでいることが重要です。

 

とはいえ、「テスト3ヶ月と開発9ヶ月だったらどうなるんですか〜?」といった、個別の状況が色々とあるはず。

そういった細かい条件については、僕の方では判断できないので、実際にフリーランスエージェントで相談してみましょう。

 

※ちなみに、おすすめのフリーランスエージェントは『フリーランスエンジニア向けのエージェント5選』で紹介しています。時が来たら、使ってみましょう。

 

以上が、最短でフリーランス独立するための手順です。

一番大事なのは、「プログラミング学習→エンジニア転職」ですね。

 

最短でフリーランスエンジニアを目指す人に伝えたいこと

フリーランスエンジニア 最短

 

余談ではありますが、確認しておいて損はないと思います。

 

リサーチする時間で、勉強をしよう

 

これは僕もやってしまったミスですが、、、フリーランスエンジニアを目指していると、以下のような情報をリサーチしちゃうんですよね。

  • 最速でフリーランスエンジニアになる方法
  • どれくらいの実務経験でフリーランスになれるのか

上記のとおり。そして、こういった情報って、検索するだけ「無意味」なんですよね。

 

ぶっちゃけ、どのサイトを見ても、「最低で実務経験1年あればフリーランスエンジニアになれる」と書いてあるはずです。

 

確かに不安になる気持ちは分かるし、僕自身フリーランスを目指すときは不安に感じていましたが、そこを突き詰めても最短でフリーランスエンジニアにはなれません。

 

リサーチをやめて、プログラミングの勉強に時間を使った方が、最短でフリーランスエンジニアになれます。

 

プログラミングを楽しめないと、正直厳しいです

 

フリーランスエンジニアになるなら、プログラミングを楽しめないとキツイですね。

 

というのも、プログラミングが楽しくないと、フリーランスエンジニアになるための努力し続けるのって、結構シンドイと思うんですよね。

僕はお金目的でプログラミングを学び始めたら、結果的に技術を学ぶのが楽しいと思えるようになった感じです。

 

ちなみに、僕がフリーランスエンジニアを目指していたときの1日がこちら。

上記のとおりで、昼間はエンジニア業をしつつ、毎日4〜5時間ほどプライベートの時間を使っていました。

 

なぜここまで頑張れたのかというと、それはプログラミングが楽しくなってきたからです。

 

少し辛辣なことを言いますが、人間楽しくないことは続かないので、プログラミング学習の段階でつまらないと感じたら、フリーランスエンジニアは諦めた方が良いかもですね。

 

フリーランスエンジニアは、楽しいです

 

少し脅してしまいましたが、、、フリーランスエンジニアは楽しいです。

  • 基本的に、収入が上がる
  • 技術のことに集中できる
  • リモートワークで働ける

僕は以上の条件が揃っているので、かなり充実した毎日を過ごせています。

 

自由な働き方を実現できる!高年収になれる!だからフリーランスエンジニアはおすすめですよ!」とか言うつもりはないですが、会社員時代よりは毎日が楽しいですかね。

 

いまの時代、会社に属していれば「安泰」とかは、もはや幻想です。

それなら、どこでも通用するスキルを身に付けて、さらに収入アップを狙えるフリーランスエンジニアになっても良いんじゃないかなと。

いずれにせよ安泰がないなら、挑戦してみるのもアリですよ(`・ω・´)!

 

まとめ : 最短でフリーランスエンジニアを目指すなら、今すぐ行動しよう

 

というわけで、今回は以上です。

 

おそらく、この記事を読んだところで、本当に行動するのは100人に1人くらいかなと。

  • Progateでプログラミングの勉強を始めてみる
  • プログラミングスクールの無料体験に参加してみる
  • 転職エージェントを5分で登録してみる

どれでもOKですが、何かしら行動していきましょう。

 

こういった行動の積み重ねが、結局のところ最短でフリーランスになるための秘訣だったりしますよ☺️

 

おすすめの記事