LIFE

副業でコンビニは、完全に間違えている【元店員が語る】

 

 

副業でコンビニは、完全に間違えている【元店員が語る】

 

副業でコンビニを選ぶのは、ぶっちゃけ微妙すぎます。

理由をツラツラと書いていきます。

 

副業でコンビニをしても、キツイだけ

 

副業でコンビニを選ぶべきでない理由は、「キツイだけ」だからです。

僕自身、高校生から大学までコンビニでバイトしていた経験がありますが、想像を超えてキツイです。

 

  • お客さんが来るとき : 接客、品出し、発注、掃除、その他
  • お客さんが来ないとき : 暇疲れ

こんな感じで、おそらくコンビニ経験者なら分かってもらえるはず。

 

お客さんが来たときに疲れるのはもちろん、お客さんが来ないときでも疲れるのがコンビニです。

コンビニのシステム的に、「死角に隠れて座る」とかが難しいため、暇だとずっと立っているだけの状態になります。
あと、僕の場合だと、何か作業しているときに、それを中断して接客するとかが割とストレスでした。

こんな感じで、「肉体的にも精神的にも疲れる」のが、コンビニの特徴です。

 

本業の仕事を終えたあとに耐えられますか?

 

コンビニで得られるスキルは、ゼロです

 

さらに、コンビニのバイトをおすすめできない理由が、得られるスキルがゼロだからです。

 

中には、「理不尽な人の対処する力が身についた」とか言っている人がいますが、そんな力いりません。

「そもそも理不尽な上司がウザい」と思っている時点で対処できていませんからね。

 

それよりも、どうせ副業をするのであれば、「いつでも転職できるスキル」を身につけるべきです。

いつでも転職できるスキルがあれば、理不尽な上司と戦わずに、さっさと転職できます。

 

でも、コンビニバイトとかやっちゃうと、言い方悪いですがオワコンです。

転職活動で、「副業でコンビニをやっていました!」とか言っても微妙なことは、目に見えています。

 

基本的にスキルが身につかない副業は辞めた方が良い

 

ここまででお伝えしたとおりで、基本的に何のスキルが身につかない副業は辞めた方が良いです。

 

辞めた方が良い副業

  • コンビニ
  • 居酒屋
  • ウーバーイーツ

上記のような副業は、辞めておいた方が良いかと。

 

一貫して、「時間の切り売りになるし、スキルが身につかない」ことは避けるべきです。

 

チャリを漕ぐのが好きならウーバーイーツをしても良いですし、酒が好きだから居酒屋するのもアリです。

でも、その場しのぎにしかならないことは、しっかり心に刻んでおきましょう。

 

サラリーマンが選ぶべき副業とは【3つある】

 

逆に、サラリーマンが選ぶべき副業を紹介します。

パッと思いついたところで、サラリーマンが選ぶべき副業は3つあります。

 

おすすめの副業1 : ブログ

 

まず、1つ目におすすめしたい副業は、ブログです。

僕がいま書いているようなブログのことですね。

 

ブログをおすすめする理由は、下記のとおりです。

  • 低コストで始められる
  • 在庫が必要ない
  • 高利率
  • 時間の切り売りにならない
  • スキルが身につく

副業でブログを選ぶメリットは、こんな感じですね。

 

時間の切り売りではないことはもちろん、スキルも身につきます。

 

ブログで身につくスキル

  • ライティング力
  • マーケティング力
  • プログラミング力(人による)

こんな感じで、割と色々なスキルが手に入ります。

ブログがダメになっても、ライティング力が残るので、ライターの仕事ができたりと、汎用力も高いです。

 

なので、サラリーマンが副業をするならブログから初めてみると良いのかな〜って思いますね。

ブログの場合は、月々1,500円くらいのランニングコストで始められます。

 

なお、「ブログの始め方」については、下記の記事にまとめています。

Wordpress ブログ 始め方
【簡単】WordPressを使ったブログの始め方【手順は4つのみ】『ブログで稼いでみたいな...。ブログを始めるには、WordPressが良いらしいけど、どうやって始めれば良いのかな...。』このような悩みを解決する記事になっています。これからWordPressを使ったブログ開設をしていきたい方は必見です。...

 

この記事のとおりに手順を進めれば、ブログを開設できますので、ぜひチャレンジしてみてください。

 

おすすめの副業2 : プログラミング

 

2つ目におすすめの副業が、プログラミングです。

ここでいう「プログラミング」は、「みなさんが想像するプログラミング」とはちょっと違うかもしれません。

 

プログラミングといえば、ずっとコードを各画面をみると思われるかもしれませんが、副業でやるプログラミングは「Web制作」と呼ばれるカテゴリーです。

 

Web制作は、サイトを作成したりと「目に見えるプログラミング」なので、想像以上に楽しいです。

必要な学習期間を考えても、3ヶ月もあればOKなので、参入障壁がかなり低いです。

 

それだけではなく、プログラミングを副業にすれば、スキルも付きますよね。

プログラミングを始めてみて割と楽しかったら、そのままエンジニア転職も可能です。

 

プログラミングを副業にするだけで、いつでも理不尽な上司から回避できるって感じですね。

なので、「プログラミングは難しい」と思っている方でも、一度やってみるのがオススメです!

 

パソコン嫌いだった僕でも、プログラミングは意外とハマりましたよ!

 

プログラミングスクールの無料体験がおすすめ

「よし、プログラミングで副業しよう」と思い立って、これから勉強するのであれば、プログラミングスクールの無料体験を使うと良いです。

「プログラミングスクール」ではなく、「プログラミングスクールの無料体験」です。

 

なぜなら、学習環境を準備する必要もないし、プロに教えてもらいつつプログラミングを体験できるからです。

プログラミングは始めるまでが大変だったりするので、ここでガッツリと教わってしまうのが良いですよ。

もちろん、無料体験後は続けなくてOKです。

プログラミングスクール おすすめ 選び方
プログラミングスクールおすすめ5社比較【月80万エンジニアが解説】『プログラミングスクールの数が多すぎて、どのスクールを選べば良いのか分からないな...。おすすめのプログラミングスクールと選び方を教えて欲しい!』このような悩みを解決する記事になっています。おすすめのプログラミングスクールと、選び方を知りたい人は必見です。...

 

おすすめの副業3 : YouTube

 

これはだいぶ参入障壁が高いですが、YouTubeもアツいですね。

ハマればブログやプログラミングより稼げるのが、YouTubeです。

 

おそらく、毎日YouTubeを見ている方は、「広告ウザいな〜」と思いながら動画を楽しんでいますよね。

あの広告を見ている間に、チャンネル登録しているYouTuberにはお金が入ってきています。

 

もしYouTubeでこれやればウケるだろ!っていうネタがある方は、やってみると良いと思います。

チャンネル登録者数が1,000人いくと、いつものウザい広告が貼れるようになるので、そこまではファイトですね!