Programming

【悲報】SIerに入ると、プログラミングできない件【必殺 : Excel言語】

 

 

【悲報】SIerに入ると、プログラミングできない件【必殺 : Excel言語】

 

SIerに入ると、プログラミングできません。なぜなら、プログラミングする機会が少ないからです。

 

実体験 : SIerに入った友達は、プログラミングできません

 

実体験として、SIerに入った友達は、プログラミングができません。

最初の3〜6ヶ月は、プログラミングの研修があるみたいですが、逆にいうと「それだけ」です。

そもそも論、SIerで取り扱う言語は、静的型付け言語(CとかJava)であることが多く、半年そこらで習得できる言語ではないです。

 

そして、研修を終えたあとは、システムの設計をしたり、周辺のドキュメントを作成したりしているようで、プログラミングには触れません。

大学受験の勉強とかを思い出していただけると分かるかと思いますが、しばらく触れていないことって、忘れてしまいますよね。

 

上記のような理由があり、SIerに勤めている友達はIT業界に勤めつつ、プログラミングができない状況になっています。

 

就活時代の思い出「プログラムは書きませんよ」

 

この記事を書いていて思い出したのですが、新卒で見ていた企業の中に「ウチはプログラムを書きませんよ」と答えていた企業がありました。

 

僕の中で、IT企業はプログラミングするものだと思っていたので、意味不明すぎて下記のような会話をしたのを覚えています。

企業「ウチはプログラムを書きませんよ。」

僕「(ん、、、??)1日の仕事は、どのようなことをしているのでしょうか?」

企業「昨日だと、午前中は会議で、午後は会議して自分の書類を作成していたら終わったって感じだったね。でも、定時には帰れるよ。」

 

プログラミングが嫌いだった僕は、「プログラムを書かなくても良い企業があるなんて最高だな!」と思っていました(笑)

しかもIT業界はブラックなイメージがあり、定時で帰れるイメージがなかったので、そんなホワイトな企業があるんだな〜と喜んでいた記憶があります。

 

でも、いま冷静になって考えてみると、完全に意味不明ですよね。

システムを作るのに、作り方を知らないって、なんだか不毛な感じがします。

 

当時はラッキーだと思っていましたが、SIerに入らなくて良かったなとヒシヒシと感じています。

 

プログラミングできないSIerに入ると、転職しづらいです

 

そして、プログラミングできないことの最大のデメリットが、転職しづらい点ですよね。

ある程度のネームバリューがあれば転職できるかもですが、蓋を開けてみると何もできないパターンだと、割とキビシイと思っています。

 

逆を言えば、転職を考えていない人にとっては良いかもしれないですね。

 

実際に下記のようなツイートが上がっており、「その通りなのでは?」と感じています。


上記のツイートに、ほぼ100%同意です。

自由に働きたいとか、転職して年収をあげたいとか、割と行動したいタイプには向いていないと言えますね。

 

プログラミングできる下請けのSIerもあるけど、少し考えた方が良いです

 

ただ、全てのSIerがプログラミングできない訳ではなく、逆にプログラミングだけやっているような企業もあります。

いわゆる下請けなのですが、これは少し考えた方が良いです。

 

下請けなので、給料が上がりづらい

 

下請けのSIerでプログラミングすると、給料が上がりづらいです。

下請けだと、途中でマージンが抜かれますよね。

 

イメージとしては、下記のような感じです。

  • 発注元 : 100万で依頼
  • 一次受け : 80万で次に依頼
  • 二次受け : 60万で次に依頼
  • 三次受け : 40万で次に依頼

依頼額が小さすぎますが、イメージとしては上記のとおりです。

家賃や税金、会社の利益などのコストを引いた後の金額が、給料として支給される訳です。

このような構造になっているので、当然ながら給料も上がりづらいのが現状です。

 

これに関しては、業界の仕組みがそうさせているので、どう頑張ってもキビシイかと思います、、、。

 

下請けなので、モダンな技術が身につきづらい

 

さらに、下請けなので、モダンな技術が身につきにくいですよね。

依頼元の企業は、だいたい大手のSIerでして、今までどおりに上手くいく方法を取り入れる可能性が高いです。

 

新しい挑戦をするよりも、今までどおり安定して動いてくれるシステムを作りたいと思うので、モダンな技術に触れる機会はかなり少ないです。

 

データベースでいうと、思考停止してOracleみたいな感じです。

そんなスペックいる?とかではなく、自分たちが知っている知識の中で、今までどおり安定して動いてくれれば良いので、これで問題ない訳ですね。

 

上記のような思考の元で依頼された案件を受ける訳なので、下請けの企業に入ってプログラミングをやっていても、いつなってもレガシーな技術を身につけていくことになります。

 

手に職を付けたいなら、SIerを選ぶのは最適ではないと思う

 

というわけで、ここまでSIerとプログラミングの実態を紹介してきました。

 

おそらく、この記事を読んでいる方は、下記のような方が多いはずです。

  • 手に職を付けたいけど、SIerはどうなのかな…?
  • SIerに入るとプログラミングできないって、本当なのかな…?

 

そして、このように考えている方は、向上心が高いタイプで、下記のような目的を持っているはず。

  • 年収をあげたい
  • リモートで働きたい
  • 今後も困らないスキルが欲しい

おそらく上記のように考えていますよね。

 

であれば、「SIerに入るのは最適ではない」のかなと感じています。

SIerで生きていくのであれば、まったく問題ないのですが、リモートとか目指しているなら完全に間違えですね。

 

もし、リモートワークとかしたいのであれば、Web系企業にいきましょう。

 

Web系企業は、技術力が高いです

簡単にWeb系企業に行こうと言ったのは良いものの、それなりの技術力がないと、そもそも受け入れてもらえません。

 

なので、SIerからWeb系に転職するのであれば、そもそもプログラミングができないとアウトです。

 

新卒カードを使ってWeb系にいく場合でも、多少は技術面を見られている気がします。

僕の友達で新卒からWeb系に行った人がいますが、割とプログラムを書けたのにも関わらず、他の同期はもっとできるみたいです、、、

 

なので、Web系にいくのであれば、技術力は必須になってきます。

 

とりあえず、技術力をつけよう

もしWeb系企業に行きたいのであれば、確実に技術力を磨いていきましょう。

これからプログラミングを勉強するのであれば、プログラミングスクールを使ってサクッと勉強してしまうのがオススメです。

TechAcademyとかは、無料体験も実施しているので、いきなり課金せずに無料で体験してみるのが良いですよ!

 

TechAcademyの無料体験を申し込む >>

 

なお、どの言語を選ぶか迷っているのであれば、下記の記事が参考になります。

https://tech-diary.net/beginner-programming-language/

 

TechAcademyで無料体験しつつ、プログラミング学習のやり方を習得しちゃって、さっさと辞めるというチート行為もできます。

将来が不安なので、プログラミングスキルを身につけて、手に職を付けたいという方は、ぜひお試しあれ〜。

 

おすすめの記事