Work

SEが仕事についていけない3つの原因【元システムエンジニアが解決策も紹介】

SE ついていけない システムエンジニア
仕事についていけないSE
仕事についていけないSE
いまSEをやっているんだけど、仕事についていけないな…。

仕事についていけないと、なんだか仕事が嫌になってくるし、現状を変えたいな…。

この記事では、上記のような悩みを解決していきます。

 

仕事をしているとき、「一生懸命やっているのに上手くいかないな」と感じたことはありませんか?

 

システムエンジニアは、システムの設計をしたり、お客さんとの折衝をしたりと、仕事にやりがいを持てる仕事の1つです。

 

でも、

  • なんで仕事が上手くいかないんだろう?
  • どうやったら仕事についていけるようになるんだろう?
  • キャリアアップするのに役立つ情報ってなんだろう?

といった悩みや疑問をお持ちですよね。

 

そこで、この記事では「SEの仕事についていけない3つの原因」について、現役のフリーランスエンジニアの視点で紹介していきます。

なお僕は、フリーランス独立する前、大手SIerで働いていました。

 

SEの経験もありつつ、フリーランスとして色々な現場を見ている僕が執筆するので、この記事を読めば、SEの仕事についていけない状況を改善できるようになりますよ。

 

SEが仕事についていけない3つの原因

SE ついていけない システムエンジニア


SEが仕事についていけない原因は、3つあります。

  • 純粋にIT知識が不足している
  • 仕事量が多すぎる
  • 上司の仕事の振り方が悪い

順番に見ていきましょう。

 

SEの仕事についていけない原因① : 純粋にIT知識が不足している

 

純粋に、ITの知識が不足していると、SEの仕事についていけなくなります。

なぜなら、IT用語が分からずSE同士の会話についていけなかったり、頼まれた仕事の内容が理解できなかったりするからです。

 

そして、分からないことが多すぎて「自分ってなんでこんなこともできないのかな…。」と感じてしまうんですよね。

本当は、そこまで気負いする必要ないんですけどね。SEは真面目な人が多いので、自分に責任を感じてしまう人が多い気がします。

 

いま活躍しているSEは、昔は自分と同じような状況にあったはず。

いまバリバリ活躍しているように見えても、自分と同じように苦労を重ねて、「仕事についていけない状況」を乗り越えています。

 

なので、純粋な知識不足であれば、頑張ってキャッチアップしていけばOKですね。

 

SEの仕事についていけない原因② : 仕事量が多すぎる

 

自分のせいではなく、シンプルに仕事量が多すぎる可能性があります。

「仕事量が多すぎる」の定義は曖昧ですが、一つの目安として、毎日残業しないといけないなら「仕事量が多い」と言えます。

 

自分の能力が低いから、仕事が終わらなくて残業しているんだ…。」と感じているかもしれないですが、定時に帰宅できている人が多いなら、自分のやっている「仕事量」に注意を向けた方が良いです。

 

根本的に同じ人間であれば、能力に大差ないですからね。

自分のせいにするのをやめて、仕事量が多すぎないか疑ってみましょう。

 

SEの仕事についていけない原因③ : 純粋にブラック企業

 

毎日、終電近くで帰宅するような企業であれば、純粋にブラック企業ですね。

安い給料で、社員を買い叩いているだけです。

 

本来であれば、終電近くで帰宅する社員がいるなら、新しく人員を追加するべき。

それができていない会社が悪いだけなので、「自分が仕事についていけないのが悪いんだ」と、勘違いしないようにしましょう。

 

SEが仕事についていけないときの解決策【2つある】

SE ついていけない システムエンジニア


SEが仕事についていけないときの解決策は、2つほどあります。

 

大前提 : 自分を責めないようにしましょう

 

具体的な解決策を紹介する前に。

大前提として、自分を責めないようにしましょう。

 

自分を責めすぎると、うつ病などの精神疾患になってしまう可能性があります。

現に、システムエンジニアでうつ病になる人は、一定数存在しますからね。

 

うつ病になると、完治するのが大変です。

もしかしたら自分の悪いかもしれないけど、いったん会社側にも非がないか考えてみましょう。

 

解決策① : ITスキルを身につけて、キャッチアップ能力を高める

 

もし「自分のITスキルが不足している」と感じるなら、まずは勉強してスキルを身につけていきましょう。

ITスキルを身に付けることで、「自分が知識不足で、付いていけない…」といった状況を回避できます。

 

勉強すべきITスキル

  • 基本情報技術者試験
  • プログラミングスキル
  • AWS認定試験

システムエンジニアなら、以上がおすすめ。

基本情報技術者試験は、入社すぐに受験を強制されるかもです。

 

なので、プログラミングとAWS認定試験を勉強しましょう。

SEがプログラミングを学ぶなら、問答無用でJavaですかね。

 

独学してもOKだし、自分1人で勉強するのが難しければ、プログラミングスクールを使うのもOKです。

TechAcademyなら、1週間の無料体験を実施していますよ。

 

▼業界No.1のプログラミングスクール!!

 TechAcademyの無料体験を見てみる >>

 

なぜAWS認定試験なのか

それは、オンプレミスからクラウドに切り替える企業が、今後ますます増加していくからです。

そうなったとき、自分はクラウドに詳しいとなったら、一気に活躍するチャンスですよね。

 

今のおじさん達は、幸いなことにクラウドに詳しくありません。

自分の得意分野を持つためにも、AWS認定試験は有効ですね。

 

▼AWSの独学でおすすめのUdemy教材はこちら

Udemy AWS おすすめ
UdemyでおすすめのAWSコース3選【現役エンジニアが厳選】『AWSを勉強したいな...。UdemyでAWSを勉強していきたいんだけど、おすすめの講座はないかな...。』このような悩みを解決する記事になっています。AWSの勉強をしたい方は必見です!...

解決策② : IT業界内で、転職をする

 

ITスキルが十分に足りているのに、SEの仕事についていけない場合、会社が悪い可能性が高いです。

この場合って、「単純に業務量が多い」か「上司が悪い」はずなので。

 

そして会社の環境は、社員1人の力では、どうしようもありません。

流れに身を任すのも良いですが、それより自分から転職するのが手っ取り早いです。

 

それに、システムエンジニアは業界的に人手不足。

転職すれば、年収が上がる可能性が高いですからね。

 

今すぐ転職せずとも「自分は、いつでも転職できるんだ」と選択肢を持っておきましょう。

なお、システムエンジニア向きの転職エージェントは、以下のとおりです。

 

▼各転職エージェントの詳細はこちら

SE 転職エージェント おすすめ
SEにおすすめの転職エージェント5選【過労・低年収は避けるべき】『SEにおすすめの転職エージェントってどこだろう。たくさんあって、よく分からないな...。』このような悩みを解決する記事になっています。SEに最適な転職エージェントを探している方は必見です。...

 

まとめ : 仕事についていけないなら、今すぐ行動を開始しよう【SEライフを楽しむ】

 

というわけで、SEが仕事についていけない原因と解決策を紹介してきました。

 

もし「SEの仕事についていけないな…」と感じたら、迷わず以下の解決策を使うべき。

  • ITスキルを身につけて、キャッチアップ能力を高める
  • IT業界内で、転職をする

 

そもそも「システムエンジニアがつまらない」と感じているなら、営業したりコンサルしたり、別の職種に変更するのもアリです。

SE つまらない システムエンジニア
SEの仕事がつまらない!5つの原因と4つの解決策を紹介【体験談です】『SEの仕事がつまらないな...。何か解決策はないかな...。』このような悩みを解決する記事になっています。SEの仕事がつまらないと感じている方は必見です!...

 

今の時代、IT人材は不足しまくりです。

自分の好きな仕事を選びやすい状況なので、少しくらいチャレンジしてみても良いと思いますよ。

 

僕自身、SIerからフリーランス独立して、今では楽しく働いているので。

人生は一度きり。思いっきり、楽しんでいきましょう。

 

おすすめの記事