Work

「システムエンジニア = きつい」はSIerだけです【社内SEは楽】

SE きつい システムエンジニア
SEが気になる人
SEが気になる人
システムエンジニアが気になるんだけど、仕事内容はきついのかな…。

ネットを見ているとネガティブな意見が多いし、実際はどうなのか気になる!

この記事では、上記のような悩みを解決していきます。

 

自分のキャリアについて考えたとき、「システムエンジニアっていいな」と感じたことはありませんか?

 

システムエンジニアは、他の職種より給料が「平均的に高い」と言われています。

IT業界なので、安定している職業でもあります。

 

でも、

  • システムエンジニアがきついって本当かな?
  • ホワイトなSE企業はないのかな?
  • ホワイトなSE企業は、どうやって探せば良いんだろう?

といった不安や悩みをお持ちですよね。

 

そこで、この記事では「”SE = きつい”と言われる原因とホワイトなSEを探す方法」について、現役のフリーランスエンジニアの視点で紹介していきます。

なお僕は、フリーランス独立する前まで、大手SIerで働いていました。

 

SEの経験もありつつ、フリーランスとして色々な現場を見ているので、この記事を読めばSEに関する疑問や不安が解消されるようになります。

 

「システムエンジニア = きつい」はSIerだけです【社内SEは楽】

SE きつい システムエンジニア


システムエンジニアの仕事がきついのは”SIer”だけです。丁寧に深掘りしていきます。

 

大前提 : きついと言われるSEには、色々な働き方がある

 

ひとことで”SE”と言っても、色々な働き方が存在します。

  • 上流工程をやるSE
  • 下流工程をやるSE
  • 自社内で開発するSE

このように、同じSEでも3種類あると思ってください。

 

そして、それぞれのSEがやる仕事内容が、下記のとおりです。

  • 上流工程をやるSE : 設計書だけ作る
  • 下流工程をやるSE : コードだけ書く
  • 自社内で開発するSE : 設計からコードを書くまでやる

上記の通り。

 

上流工程と下流工程は、いわゆる「元請け」と「下請け」のこと。

元請けが設計したシステムを、下請けがコードを書いていく感じです。

 

このような前提を、まずはおさえておきましょう。

 

SIer企業で働くと、激務が待っています

 

そして、システムエンジニアが「きつい」と言われるのは、「元請け」と「下請け」のように、業界構造がピラミッド型になっているからです。

 

SIerの業界構造

  • 大手SIer : 上流だけやります
  • 中堅SIer : 下流だけやります(下請け)
  • 小さい会社 : さらに下請けします

つまり、「大手⇒中堅⇒小さい会社」の順番で、仕事が回っていきます。

そして、最終的に「5次受け」をしていたりと、闇深く下請けが横行しています。

 

下請けが発生しているということは、「納期に間に合わせないといけない状況」に陥るわけで、そうなると「激務」になってしまいます。

 

たとえば、12月までにシステムを作って欲しいと言われたら、下記のような動きになります。

  • 依頼主 → 元請け : 12月に納品するよう依頼
  • 元請け → 下請け : 12月に納品できるよう、11月までに依頼
  • 下請け : 絶対に11月に間に合わせないといけない

工数はざっくりですが、イメージはこんな感じ。

下請けになればなるほど、納期に圧迫されて激務になります。

 

途中の仕様変更も対応する必要あり

そして納期だけでなく、途中の仕様変更にも対応しないといけません。

「途中で仕様変更とかあり得るのか」と思われるかもですが、わりと仕様の変更は多発します。

 

上流工程の企業であれば、設計書を修正して、下請けにお願いしなおす必要が出てきます。

反対に、下流工程の企業は、仕様の変更とともにコードの改修作業が必要です。

 

場合によっては、途中まで書いていたコードが役に立たなくなることも。

そうすると1からコードを書きなおしになるわけですが、それでも元の納期は変更されません。

 

結果として、下請けの企業は仕事がきつくなっていく感じです。

 

社内SEなら、定時退社です

 

自社内でシステム開発を完結させるSEなら、あまりキツくないです。

 

理由としては、下記のとおり。

  • 納期が、わりと緩め
  • 自社内での開発なので、そこまで神経質にならなくて良い
  • 設計から開発まで自分達でやるので、無駄なやりとりがない

下請けのSIerのように、厳しい納期に追われることもないので、ほとんど残業もない感じです。

 

でも、上流から下流の仕事まで携われるので、スキルアップが見込めます。

僕自身、新卒で入社した会社で社内SEをやっており、上流から下流まで色々な経験をさせてもらえました。

 

社内SEの1日を公開

  • 9:00 : 出社
  • 9:00〜12:00 : 開発
  • 12:00〜12:45 : 昼休み
  • 12:45〜17:30 : 開発

基本的にはこんな感じ。

ときどき開発だけでなく、仕様の変更確認などの打ち合わせがあったりします。

 

いずれにせよ、残業することはあまりなく、優雅に定時退社できていましたね。

 

代わりに、少し退屈かもです

社内SEのデメリットを挙げるなら、ゴリゴリに働きたい人にはモノ足りないかなと。

コンサルファームみたいな働き方を望んでいると、完全にミスマッチになりますね。

 

でも「今まで激務だったから、これからは平和に働きたいな〜」って方には、ぴったりな働き方です。

 

きつい働き方を回避したいなら、社内SE求人を探そう

SE きつい システムエンジニア


平和なエンジニア生活を送るべく、社内SE求人を探しましょう。

 

社内SE求人の探し方① : 転職エージェントで、社内SEの求人を探す

 

社内SEの求人を探すなら、転職エージェントを使ってしまうのが手っ取り早いです。

 

SE転職でおすすめのエージェント3

上記から2〜3のエージェントを使って、社内SEの求人を探していきましょう。

なかでも、社内SEの求人を探しているので、社内SE転職ナビの登録は必須です。

 

▼各転職エージェントの詳細はこちら

SE 転職エージェント おすすめ
SEにおすすめの転職エージェント5選【過労・低年収は避けるべき】『SEにおすすめの転職エージェントってどこだろう。たくさんあって、よく分からないな...。』このような悩みを解決する記事になっています。SEに最適な転職エージェントを探している方は必見です。...

 

社内SE求人の探し方② : 気になる企業を探して、口コミサイトを見る

 

転職エージェントに任せっぱなしではなく、自分でも企業を調べてみましょう。

調べていく途中で、気になる企業があれば、口コミ等をのぞいてみると良いです。

 

「ネット上の口コミは役に立たない」といった意見もありますが、火の無い所に煙は立たないです。

ネットで悪く書かれると言うことは、何かしらの原因があるはず。

 

完全に信じるのも良くないですが、参考程度に見ておきましょう。

 

社内SE求人の探し方③ : エンジニアの友達に聞く

 

もし可能であれば、エンジニアとして働いている友達に聞くのもありです。

大学時代の友達の中に、1人や2人はエンジニア就職した人がいるはず。

その人に、ご飯を奢るでもして、話を聞いてみましょう。

 

敷居が下がりますし、なにより転職を考えていることも話しやすいです。

 

まとめ : 「SE = きつい」は、働き方次第です

 

まとめると、「SE = きつい」と言われているのは、元請けから仕事をもらっているような下請け企業です。

日本だと、下請け企業がほとんどを占めるので、結果として「SE = きつい」と言われがちになります。

 

でも社内SEであれば、同じシステムエンジニアでも仕事はそこまでキツくありません。

もしシステムエンジニアとして働いていくなら、社内SEを目指すのが良いですね。

 

社内SE転職ナビのように、自社開発の企業に特化したエージェントを使えば、すぐに求人を見つけられます。

 

ただし、社内SEになるには、プログラミングスキルが必要。言語でいえば、Javaですね。

システムエンジニアだと、プログラミングスキルが身に付きづらいので、スクールを活用してサクッと学習しましょう。

TechAcademyのようなスクールでは、無料体験会も実施していますよ。

 

▼オンライン完結で、仕事終わりも使いやすい!!

TechAcademyの無料体験会に参加する >>

お金は一切不要!!
Javaのスキルをサクッと身に付ける!!

 

社内SEを目指して、自由な時間を増やしていきましょう。

おしまいです。

 

おすすめの記事