Programming

SEにおすすめの転職エージェント5選【過労・低年収は避けるべき】

SE 転職エージェント おすすめ
転職を考えているSE
転職を考えているSE
システムエンジニアやっているんだけど、転職したいな…。

SEにおすすめの転職エージェントってどこだろう。たくさんあって、よく分からないな…。

この記事では、上記のような悩みを解決していきます。

 

転職を考えたとき、「色々な転職エージェントがあるけど、SEが使うならどこが良いんだろう」と感じたことはありませんか?

転職エージェントはたくさんあるので、「優良なエージェント」を選べば、自分が納得いく転職を成功させることができます。

 

でも、

  • SEとして年収をあげる転職をするなら、どこが良いんだろう?
  • 転職エージェントを使うとき、注意すべきことは何だろう?
  • ITコンサルなど、キャリアチェンジしたいんだけど、どこを使えば良いんだろう?

といった不安をお持ちですよね。

 

そこで、この記事では「SEにおすすめの転職エージェント6選」を、現役フリーランスエンジニアの視点から紹介していきます。

 

なお、僕は最初に就職した会社で社内SEをやっていました。

色々な現場で働きつつ、SIerのことも把握しているので、この記事を読めばSE転職に関する悩みが解決できるようになります。

 

結論 : SEにおすすめな転職エージェント

 

【厳選】SEにおすすめの転職エージェント5選【これ以外不要です】

SE 転職エージェント おすすめ


SE(システムエンジニア)におすすめの転職エージェントは、下記の5社です。

厳選した転職エージェントについて、紹介していきます。

 

SEにおすすめの転職エージェント① : リクルートエージェント

リクルートエージェント
案件数
サポート体制
実績
対象未経験〜熟練者

 

そろそろ転職したいな…」と感じたら、とりあえずリクルートエージェントを登録しておけば間違えないです。

「ITに特化している」わけではないのですが、圧倒的な求人数を持っています。ゆえに、結果としてIT業界の求人数を大量に抱えている感じです。

 

リクルートエージェントを使うメリット

  • 転職サポートが手厚い
  • 自分に合った求人が見つかりやすい
  • 年収500万円未満なら、年収アップする可能性が高い

持っている求人数が20万件超なので、自分が希望する仕事が見つかる可能性は、かなり高いですね。

 

特に、はじめての転職なら、失敗したくない気持ちが強いはず。

転職で失敗しないためにも、最大手を攻めるのは王道だと言えます。

 

▼自分に合った求人を見つけやすい転職エージェント

リクルートエージェントを見てみる >>

無料で使える転職エージェント
転職で失敗したくないシステムエンジニア向き

 

▼リクルートエージェントの詳細はこちら

https://tech-diary.net/recruit-agent-reputation/

 

SEにおすすめの転職エージェント② : doda(デューダ)

エンジニア 転職エージェント 転職サイト doda
案件数
サポート体制
実績
対象未経験〜熟練者

年収を上げる転職がしたいな…」と感じたら、doda(デューダ)がおすすめです。

 

doda(デューダ)を使うメリット

  • 転職サポートが手厚い
  • システムエンジニアの求人数が多い
  • ハイキャリア多めで、年収を上げやすい

ITに特化している転職エージェントではないものの、システムエンジニアの求人数は多めです。

SE 転職エージェント おすすめ

 

なお、僕の職場の上司はdodaを利用して、年収100万円UPしていました。

年収アップを狙った転職なら、間違えないエージェントだと言えますね。

 

▼年収アップを狙いやすい転職エージェント

doda(デューダ)を見てみる >>

無料で使える転職エージェント
年収をあげたいシステムエンジニア向き

 

SEにおすすめの転職エージェント③ : マイナビエージェント × IT

マイナビエージェントIT
案件数
サポート体制
実績
対象未経験〜熟練者

 

IT業界に特化した大手のエージェントを使いたいな…」と感じたらマイナビエージェント × ITがおすすめです。

「IT業界に特化」というのは、求人だけでなくキャリアアドバイザーも含みます。

 

マイナビエージェント × ITを使うメリット

  • 大手なので求人が多い
  • IT業界特化で、ミスマッチが少ない
  • ITコンサルの求人もバッチリ

IT業界に特化しているので、自分の希望する条件と、提示された企業のギャップが生まれにくくなります。

 

やはり、技術を知っている人と知らない人とでは、「話の通じやすさ」が全然違いますからね。

IT業界に特化していながら、マイナビの強みを活かした豊富な案件数を抱えているので、業界内での転職なら登録必須でしょう。

 

▼IT特化だけど案件数が豊富なエージェント

マイナビエージェント × ITを見てみる >>

無料で使える転職エージェント
業界内の転職を考えているシステムエンジニア向き

 

▼マイナビエージェント × ITの詳細はこちら

https://tech-diary.net/mynabi-agent-it-reputation/

 

SEにおすすめの転職エージェント④ : レバテックキャリア

レバテックキャリア
案件数
サポート体制
実績
対象未経験〜熟練者

 

IT業界に強い転職エージェントを使いたい」と考えているなら、レバテックキャリアは外せません。

 

レバテックキャリアを使うメリット

  • 営業が強い
  • 年収を上げる転職をしやすい
  • スタートアップから大企業まで幅広い求人を持っている

僕自身、今でもレバテックにお世話になっており、案件とか求人を探してくる営業力はピカイチですね。

 

しかも、ただ量で攻めているわけではなく、「良質な求人数」が多いのもポイントです。

僕自身、レバテックさんで紹介していただく案件・求人には、いつも満足していますね。

 

IT業界内で転職を考えているなら、間違えなく登録しておきたいエージェントです。

 

▼IT業界に特化で良質な求人が多いエージェント

レバテックキャリアを見てみる >>

無料で使える転職エージェント
良質な求人を提供してもらいたい人向き

 

▼レバテックキャリアの詳細はこちら

https://tech-diary.net/levtech-career-reputation/

 

SEにおすすめの転職エージェント⑤ : Tech Stars Agent

Tech Stars Agent
案件数
サポート体制
実績
対象未経験〜熟練者

ハイクラス向けの求人を探したいな…」と考えているなら、Tech Stars Agentを選びましょう。

 

Tech Stars Agentを使うメリット

  • ハイクラス向き求人が見つかる
  • コンサルタントの半分以上が、エンジニア出身
  • フリーランスエージェントも運営しており、業界の知見が多い

フリーランスエージェントのMidworksも運営しており、IT業界の知見が豊富なエージェントです。

 

しかも、キャリアコンサルタントは、半分以上がエンジニア出身。

自分にマッチする案件を提示してもらえるので、年収も上げやすくなるんですね。

 

IT業界でハイクラス求人を狙っていくなら、登録必須のエージェントです。

 

▼エンジニア出身のコンサルタントが多いエージェント

レバテックキャリアを見てみる >>

無料で使える転職エージェント
紹介される案件・求人のミスマッチが少ない

 

▼Tech Stars Agentの詳細はこちら

https://tech-diary.net/tech-stars-agent-reputation/

 

SEの転職エージェント選びの注意点【2つあります】

SE 転職エージェント おすすめ

転職エージェントを選ぶとき、SEが注意するべきことは2つあります。

 

注意点① : 転職エージェントは、複数登録する

 

どの転職エージェントにしようかな…」と考えているかもしれませんが、基本的に複数の転職エージェントに登録すべきです。

 

なぜ複数の転職エージェントを使うのかといえば、それは自分に合った求人を探すためです。

1つのエージェントに絞り込んでしまうと、他との良し悪しを判断できないまま、転職活動することになります。

 

当たり前ですが、転職エージェントによって持っている求人が違います。

本当に自分に合った企業・職種を見つけたいなら、複数の転職エージェントに登録しておきましょう。

 

多すぎるのもNG

とはいえ、すべての転職エージェントに登録するのも、おすすめできません。

新卒の就活を思い出して欲しいのですが、企業にエントリーしまくって「どこの企業にエントリーしたか分からなくなった」という経験はありませんか?

すべての転職エージェントに登録してしまうと、新卒のときと同じ現象になりかねません。

 

しかも、選考を受けている企業数が多すぎると、各企業の面接対策が雑になってきます。

多すぎず少なすぎず、転職エージェントの利用は2〜3社までにしておきましょう。

 

注意点② : 転職を考えたら、早めに登録しておく

 

転職エージェントに登録すべき時期は、「いますぐ」が正解です。

なぜなら、転職活動は「家選び」と同じで、基本的に先着順だから。

 

企業側はよい人材がいれば採用して、さっさと求人募集を終了してしまいます。

自分が行きたいような企業が、転職エージェントの利用が遅れたために募集終了してしまうのは、なかなか酷ですよね。

他の人に良い企業を取られないよう、はやめに動いていきましょう。

 

余談 : 転職を考えたとき、読むべき本

 

少し余談ですが、転職を考えているなら、以下の本は絶対に読むべき。

中には、この記事を読んでいる時点で、まだ転職するか迷っている人がいるはず。

 

そんな「どのタイミングで転職するべきか」に答えるのが、こちらの書籍です。

僕自身、転職するか迷っていたとき『転職の思考法』と出会い、「これは転職するべきだ」と決心を固められました。

 

転職するべきか判断が難しかったら、是非この本を読んでみてください。

 

まとめ : 転職エージェントをうまく使って、幸せなSE生活を送ろう

 

というわけで、SEにおすすめの転職エージェントを紹介してきました。

 

現状に不満を持っている人は、多いかもしれません。

とはいえ、給料の低さや職場環境について嘆いているだけでは、現状は変化しません。

 

「転職」と聞くとネガティブなイメージがあるかもしれませんが、いま持っている不満を打開できるのが「転職」という選択肢です。

 

もし、

  • もっと年収を上げて、幸せに暮らしたい
  • もっと残業が少なくて、楽しい仕事がしたい

と考えている方は、SE向けのエージェントをうまく使いつつ、転職していくのもアリなのかなと感じていますね。

もちろん、現状に不満がなければ転職する必要はありません。

 

もっと年収をあげていくのか、このまま今の会社に居続けるのか。

決めるのは、自分次第です。

 

SEにおすすめの転職エージェント5

 

 

おすすめの記事