Python

TechAcademyのPythonコースをAIエンジニアがレビュー【辛口です】

TechAcademy Python
TechAcademyのPythonコースが気になる人
TechAcademyのPythonコースが気になる人
TechAcademyのPythonコースが気になるな…。

現役のエンジニア視点から見た評価が知りたいな…。

この記事では、上記のような悩みを解決していきます。

 

この記事の想定読者

想定している読者は、以下のとおりです。

  • TechAcademyのPythonコースが気になっている人
  • これからプログラミングを勉強しようとしている人
  • 現役エンジニアの観点で、TechAcademyのPythonについて教えてほしい人

 

この記事では「TechAcademy・Pythonコースのレビュー」を紹介していきます。

TechAcademyでPythonを勉強しようか迷いますよね。

 

この記事を読み終えれば、TechAcademy「Pythonコース」のレビューが分かるようになるので、プログラミングスクール選びの参考になるかと。

この記事を書いている僕は、現在フリーランスにてAIエンジニアをやっています。

なので、同じ道を進もうと考えている方や、Pythonの勉強をしたい方にとって役に立つ話ができるかと思います。

 

TechAcademyのPythonコースで良いところ

TechAcademy Python

TechAcademy「Pythonコース」で「良いかな」と感じる部分は、3つほどあります。

 

メリット① : 現役のエンジニアがメンター

 

メンターと呼ばれる、モチベーション管理してくれたり、分からないところが出たときに質問できる方々が、TechAcademyだと現役のエンジニアです。

僕はプログラミングスクールの利用価値は「ここにある」と思っており、普通に生活していたら、Pythonをやっている現役のエンジニアに出会えないですよね。

でも、TechAcademy「Pythonコース」であれば、現役でPythonを使って働いているエンジニアから、色々な情報を聞けるわけです。

 

おそらく、これからプログラミングを学んでいくのであれば、自分が勉強した内容が実務の場でどのように使われているのか気になりますよね。

そういった、プログラミング学習を超えた知識も身に付くのが、TechAcademyを利用するメリットになってきます。

 

メリット② : 他のPythonを学べるスクールと比較すると安い

 

TechAcademyと、他のスクールのPythonコースを比較してみた結果がこちら。

スクール名価格
TechAcademy139,000円〜
TECH::CAMP162,800円〜
CodeCamp178,000円〜
Aidemy Premium Plan480,000円〜

こちらの表のとおりで、TechAcademyだとかなり価格をおさえてスクールを利用できることが分かります。

学生さんだと「学割」があるため、さらに安くなるって感じですね。

 

なので、もしプログラミングスクールを活用したいけど、お金がなくて通えないと悩んでいるのであればTechAcademyが良いですね。

 

メリット③ : 機械学習の基礎までカバーされている

 

Pythonコースと言いつつ、機械学習の基礎まで学習できるのもメリットですね。

Pythonの具体的な活用方法も分かるので、わりと勉強していて楽しいはず。

書店でPythonの参考書を購入すると、ひたすら文法だけ紹介されていたりしますが、最終的に学ぶべきは応用ですからね。

 

英文法が分かっても長文読解ができないように、プログラミングも活用方法が分からなければ、意味がなくなってしまいます。

でも、TechAcademy「Pythonコース」であれば、基礎レベルではあるものの、Pythonを使って機械学習するところまで勉強できるので、応用までの第一歩を踏み出せる感じです。

 

プログラミングを学んで、将来に活かしていきたい」と考えているなら、TechAcademy「Pythonコース」は入り口としては最適ですね。

 

TechAcademyのPythonコースで悪いところ

TechAcademy Python

TechAcademy「Pythonコース」には、良い部分だけでなく悪い部分も存在します。

悪い部分も、しっかりと紹介していきますね。

 

デメリット① : 機械学習は基礎レベルで終了してしまうこと

 

メリットにも書いていたのですが、デメリットでもあるかなと感じているのが、機械学習の勉強が基礎レベルで終了してしまうことですね。

もちろん、プログラミング初心者からスタートするのであれば、「まずは基礎から」が王道。

でも、それ以上の学習をしたいと思ったときに、TechAcademyのカリキュラムだと少し物足りないかなって感じです。

 

なので、TechAcademyのPythonコースだけ勉強すればAIエンジニアになれるかと聞かれると、僕の答えはNoになりますね。

あくまでも、「プログラミング初心者の状態から、基礎レベルの実装ならできるようになる」にフォーカスされているので、人によっては勘違いしてしまうかもです。

 

念のため : カリキュラムで学ぶ機械学習プログラミングはググれば出てきます

ちゃんと現実のことをお伝えすると、カリキュラムで学べるような住宅価格の分析と予測といった内容は、ググればやり方が出てきます。

 

なので、カリキュラムで学べる内容に期待してTechAcademyを使うと、少しガッカリするかと。

ただ、プログラミング初心者であれば、検索したところで意味不明だと思うので、「プログラミングの基礎をしっかりと学習して、あとは自分でも検索できる状態になりたい」といったモチベーションであれば、TechAcademyのPythonコースは、かなり役に立ちますね。

 

デメリット② : Webアプリの作成は学べないこと

 

こちらは「人によってはデメリット」って感じですが、Pythonを使ってWebアプリの開発を学びたいと考えている方であれば、少し考え直した方が良いですね。

TechAcademyで用意されているカリキュラムは、「①Pythonの学習②機械学習の基礎を学ぶ」になっているので。

 

さらに、Webアプリの開発を学びたいのであれば、Webアプリケーションコースが最適かと。

こちらであれば、Webアプリケーション開発でよく使われているRuby on Railsまで学習できるようになっています。

 

もし、最初からWebアプリを作りたいと思っているのであれば、PythonコースではなくてWebアプリケーションコースを選びましょう。

 

デメリット③ : 初心者にはオンライン学習が難しいこと

 

これは好みにも依りますが、初学者がオンラインでプログラミングを学ぶのは、わりと難しいのかなと。

オンラインでの学習するとなると、モチベーションを自分で管理していかなければいけないんですよね。

対して、教室に通ってプログラミングを勉強できるスクールであれば、監視の目があるので嫌でも集中して取り組まなければいけないです。

 

さらに、プログラミング初心者のうちは、おそらく分からないことだらけになるはずで、そういった場合に講師が近くにいれば、直接聞けるんですよね。

オンラインの学習だと、どこでも学習できるという最大のメリットがありますが、対面で分からないところを聞けません。

 

なので、好みにも依りますが、人によっては完全オンラインはデメリットになってくるかなといった考えです。

 

まとめ : TechAcademyのPythonコースは、独学で挫折したら使ってみるのが良いです

 

というわけで、TechAcademy「Pythonコース」について、良い部分と悪い部分を包む隠さず書いてきました。

結論としては、まずは独学でPythonの勉強をしてみて、挫折しそうになったら活用するのが良いかなと。

 

すでにPythonを学習済みで、現在進行形で挫折しかけているのであれば、すぐにTechAcademy「Pythonコース」を活用するのが良いですね。

すぐに申し込むのが難しい場合でも、まずは無料体験から参加可能です。

 

TechAcademyが少しでも気になっているのであれば、まずは無料体験を使ってみましょう。

僕から色々お伝えしたものの、やはり自分で体験してみるのが1番です。

 

プログラミングに限らず一般的に言えることですが、やっぱり行動できる人は成果出すのが早いですからね。

おかげで僕も23歳にして月80万円ほど稼げるようになったので、スキルを武器に戦っていきたい人は、無料体験から始めていきましょう(`・ω・´)!

▼まずは「無料」でプログラミングを体験!!

TechAcademyの無料体験に申し込む >>

 

おしまいです。

 

おすすめの記事