Python

【厳選6つ】UdemyでおすすめのPythonコース【現役フリーランスが紹介】

Udemy Python おすすめ

 

Pythonを勉強したい人
Pythonを勉強したい人
Udemyを使ってPythonの勉強をしたいんだけど、おすすめの講座はどれかな…。

たくさんありすぎて選べないし、自分の目的に合った講座を選びたいな。できれば現役のPythonエンジニアが選んでいると嬉しい!

この記事では、上記のような悩みを解決していきます。

 

この記事の内容

  • まずはここから!UdemyでおすすめのPythonコース1つ
  • 基礎学習の後に!UdemyでおすすめのPythonコース5つ
  • 【Python初学者向け】Udemyを使う必要がない分野

 

この記事を書いている僕は、現役のPythonエンジニア。機械学習系の案件を中心に、フリーランスで活動しています。

今回はそんな僕が『UdemyでおすすめのPythonコース6選』を紹介していきます。

 

僕自身、新しいスキルを身につけるときはUdemyを愛用しており、いままで合計で20コース以上受講しました。

購入したUdemy講座

 

プログラミングスクールを使うと、約10〜50万円くらいかかります。

でもUdemyはセール時を狙うことで、ベテランエンジニアの講義を約1,200円から受講できます。

 

  • 将来が不安だから、教養としてPythonを学びたい
  • プログラミングを学んで、社内転職で年収を上げたい
  • 食いっぱぐれないように、データサイエンティストを目指したい

このように考えているなら、ぜひ当記事で紹介しているUdemy講座を受講していきましょう!

すべて僕が受講した講座なので安心してくださいね!

 

※なお、Udemyは購入から30日以内であれば返金できます。なので、買ってみて自分に合わなかったら迷わず返金すればOKです。

まずはここから!UdemyでおすすめのPythonコース1つ

Udemy Python おすすめ

»参考 : 現役シリコンバレーエンジニアが教えるPython 3 入門 + 応用 +アメリカのシリコンバレー流コードスタイル

プログラミング完全初心者であれば、まずは現役シリコンバレーエンジニアが教えるPython 3から入門するのが良いです。

 

その理由は、以下の3つ。

  • 受講者5万人超え / 5点満点中、4.5点の高評価
  • 基礎文法の紹介だけでなく、演習問題が付いている
  • 講師がシリコンバレーエンジニア

 

やっぱり、はじめてUdemyを利用するなら、失敗せず確実に自分のスキルが上がる講座を選びたいですよね。

せっかくお金を払って勉強するのに「内容が分かりづらかった」とか、「レベルが低すぎて意味がなかった」ってなるのは嫌です。

でもこの講座であれば、たくさんの人が受講していて、高評価を得ているという実績があります。

 

なお高評価が付く理由は、講師がシリコンバレーエンジニアの酒井潤先生だから。

技術力が高いのはもちろんのこと、解説が非常に分かりやすいです。

こんなこと言うと怒られますが、事実として、酒井さんの方が日本のプログラミングスクール講師より、スキルレベルが高いですね。笑

 

僕自身フリーランスで毎日Pythonに触れていますが、今でもこの講座を使って復習しています。

完全初心者から中級者まで、幅広く学習に使っていけるので、まずはこの講座から入門していきましょう!

 

Udemyでこの講座を見てみる »

基礎学習の後に!UdemyでおすすめのPythonコース5つ

Udemy Python

Pythonの基礎学習が完了していたら、以下5つのUdemyコースがオススメです。

Python+FlaskでのWebアプリケーション開発講座

Udemy Python おすすめ

»参考 : Python+FlaskでのWebアプリケーション開発講座!!~0からFlaskをマスターしてSNSを作成する~

PythonでWebアプリ開発を学んでみたい人向けの講座です。

この講座はFlask(フラスク)というフレームワークを使ったWebアプリ開発を学べます。

 

PythonでWebアプリを開発するとき、Flask(フラスク)Django(ジャンゴ)がよく使われています。

そうなると、どちらを学べば良いのか迷いますよね。その結論は以下です。

  • エンジニア転職を目指す : Django(ジャンゴ)
  • 教養として学ぶ、データサイエンティストを目指す : Flask(フラスク)

Django(ジャンゴ)は大規模のWebアプリ開発に向いていますが、学習コストが若干高いです。

それに比較してFlask(フラスク)は、必要最小限の機能しか付いていないので、学習コストが低くなります。

 

なので、教養としてPythonを使ったWebアプリ開発を学んでいきたいならFlask(フラスク)から入門していきましょう。

 

Udemyでこの講座を見てみる »

 

Flask(フラスク)を無料で学ぶ

僕のYouTubeチャンネルで、Flaskを使ったWebアプリ開発を紹介しています。

 

まずは無料で学んでみたいな…」と思ったら、ぜひ視聴してみてください。

【徹底的に解説!】Djangoの基礎をマスターして、3つのアプリを作ろう!

Udemy Python おすすめ

»参考 : 【徹底的に解説!】Djangoの基礎をマスターして、3つのアプリを作ろう!

Djangoを使ったWebアプリ開発を学びたい人向けの講座です。

この講座は大規模なアプリ開発に向いているDjango(ジャンゴ)を学べます。

 

大規模ってどれくらいだよ…」って感じですよね。たとえば、Django(ジャンゴ)はInstagram(インスタグラム)で使われています。

これがエンジニア転職を目指すならDjango(ジャンゴ)を学ぶべき理由です。

Pythonを使って本格的なアプリを開発するなら、ほとんどの場合でDjango(ジャンゴ)を使っていきます。

 

エンジニア転職を考えていたり、Instagramで使われる技術を知りたいと思ったら、Django(ジャンゴ)を学んでみましょう。

 

Udemyでこの講座を見てみる »

【ゼロから始めるデータ分析】 ビジネスケースで学ぶPythonデータサイエンス入門

Udemy Python おすすめ

≫参考 : 【ゼロから始めるデータ分析】 ビジネスケースで学ぶPythonデータサイエンス入門

とにかくデータサイエンスに入門したい人向けの講座です。

この講義だけ受講すれば「実務に即したデータサイエンス」を学べます。

 

他のデータサイエンス系の講義は、ライブラリの使い方を教えてくれるけど、実務でどうやって使っていくのか解説してくれないんですよね。

やっぱり独学していくとなると、実務でどうやって使われるか気になりますよね。しかも、それが分かるとモチベーションもアップします。

 

データサイエンスを学びたいと考えている人は、おそらくデータサイエンティストに転職したいと考えているはず。

それであれば、どういった流れで実務をこなしていくのか把握しておくことが重要です。

 

講師の説明も分かりやすいので、「データサイエンスを学んでみたいな」と思ったら、この講座から入門していきましょう。

 

Udemyでこの講座を見てみる »

現役シリコンバレーエンジニアが教えるPythonで始めるスクラッチからのブロックチェーン開発入門

Udemy Python おすすめ

»参考 : 現役シリコンバレーエンジニアが教えるPythonで始めるスクラッチからのブロックチェーン開発入門

Pythonを使ったブロックチェーン開発を学びたい人向けの講座です。

 

Pythonを勉強して、何か作ってみたいな〜」と思ったら、学習する価値があります。

その理由は、以下のとおり。

  • GAFAが注目している技術だから
  • ビットコインが爆上がりしているから(2020/11)
  • 日本でもブロックチェックを使った技術開発が進んでいるから

要するに、いまトレンドになっている技術だからです。

 

僕は「酒井潤先生が作った講座だから」という理由で受講しましたが、おかげでブロックチェーンの仕組みを、Pythonと一緒に理解できました。

間違えなくAI(人工知能)の次にトレンド化する技術なので、今のうちから学んでおいて損はないです。

 

Udemyでこの講座を見てみる »

現役シリコンバレーエンジニアが教えるPythonでFXのシストレFintechアプリの開発

Udemy Python おすすめ

≫参考 : 現役シリコンバレーエンジニアが教えるPythonでFXのシストレFintechアプリの開発

Pythonを使ったFXの自動売買を学びたい人向けの講座です。

 

そもそもFXの自動売買は、FX会社で提供されています。では自分で作る必要はあるのというと、その答えは”YES”です。

FX会社で提供されている自動売買サービスは、便利だけど「手数料が高い」のがネックです。

どれくらい違うのかというと、ざっくり10倍くらい差があります。(トラリピ : 3銭、OANDA : 0.3銭)

 

手数料は単純に投資するときの「損」になるので、Pythonを学んで投資にも活かしていきたいと思ったら、この講座を受講してみると良いです。

 

なお、この講義ではデモ講座を使っていくので、実際にお金をかけてトレードする必要がありません!

 

Udemyでこの講座を見てみる ≫

【Python初学者向け】Udemyを使う必要がない分野

Udemy Python

分野によっては、Udemyを使う必要がありません。

Udemyを使わない場合の「代替案」も合わせて紹介していきます。

Udemyを使う必要がない分野① : スクレイピング

 

スクレイピングを学ぶなら、Udemyの講座は必要ありません。その理由は「僕のYouTubeで事足りるから」です。

YouTubeスクレイピング講座

»参考 : Python × スクレイピング – YouTube

 

少しステマ気味で申し訳ないですが、モノは確かだと思います。実際に、コメント欄を観ていただけると分かりますが、「分かりやすかった」という声を多数いただいています。

 

スクレイピングするときの注意点も、しっかりと解説しています。それゆえ、初心者でも安心してスクレイピングを学べるのが特徴です。

もちろんUdemyを使うのも良いと思います。でも、中には規約違反のサイトでスクレイピングしている講座があるので注意してくださいね!

 

なお、僕のYouTube講座では、スクレイピング禁止の確認方法まで解説しています。

 

チャンネル登録だけしておく »

Udemyを使う必要がない分野② : ディープラーニング

 

ディープラーニングに関しても、Udemyを使って学習する必要はありません。

その理由は「あまり良い講座がないから」です。

ディープラーニングの初学者であればTensorFlowを使った実装を学ぶのが良いです。

»参考 : 【初心者OK】TensorFlowとは?最新版2.xの特徴を分かりやすく解説

 

他だとPyTorchが有名ですが、こちらはコードの書き方が少し難しいです。

TensorFlowと比較して学習コストが高いので、初めてディープラーニングを勉強するならTensorFlowが良いかなと。

 

UdemyではTensorFlowで良い講座があまりないので、これに関しては書籍で学習するのがオススメです。

 

TensorFlowの学習でおすすめの本

TensorFlow2.xに対応していて、初心者でも安心して学べる書籍です。

2019年より前に発売された古い本を選んでしまうと、TensorFlow1.x(旧バージョン)で書かれています。

TensorFlow1.xとTensorFlow2.xは、コードの書き方に大きな違いがあり、初心者で1.xと2.xを対応させるのは難しいかなと。

そこに無駄な時間を書ける必要はないので、しっかり最新版を取り扱っている書籍を選びましょう。

この書籍はScikit-learnを使った機械学習モデルも一緒に学べるので、AIを学ぶなら持っておいて損がない一冊です。

 

機械学習をガッツリ学びたい人向け

初心者でも安心して取り組める、機械学習の独学ロードマップを作成しました。

機械学習 独学 ロードマップ
【挫折ゼロ】機械学習の独学完全ロードマップ【3ヶ月で実務OK】『機械学習を学んでみたいんだけど、プログラミングスクールは高すぎるから、まずは独学で習得していきたいな〜。でも、機械学習ってなにから勉強していけば良いんだろう...。』このような悩みを解決する記事になっています。独学で機械学習を学びたい方は必見です。...

機械学習ってなにから勉強したら良いんだろう…」と悩んでいるなら、この記事を読めば全てを解決できますよ!

まとめ : おすすめのUdemy講座を使ってPythonを習得しよう

 

というわけでPythonでおすすめのUdemy講座を紹介してきました。

Udemyはセールを狙うことで、1本あたり1,200〜1,600円と、本・書籍より安く購入できます。

さらに、Udemyは購入から30日間であれば返金可能なので、安心して買えるのも嬉しいですね。

 

もし今すぐ買う予定がなくても、Udemyに会員登録してカートに入れておけば、次回のセール時にメールで通知がきますよ!

ぜひPythonを学んで、将来役に立つスキルを習得していきましょう!

 

おすすめの関連記事