Programming

UdemyでおすすめのRuby(Ruby on Rails)コース3選【現役エンジニアが解説】

Udemy Ruby おすすめ
Rubyを勉強したい人
Rubyを勉強したい人
UdemyでおすすめのRuby講座が知りたいな…。現役エンジニアが紹介してくれると嬉しい!

この記事では、上記のような悩みを解決していきます。

 

UdemyでRubyを学びたいと考えたとき、「どのコースを受講すれば良いんだろう」と感じたことはありませんか?

 

UdemyのRuby講座は、掲載されている数でいうと約220コースほどあります。

その中で優良なコースを受講して勉強すれば、確実にスキルアップに繋がります。

 

でも、

  • RubyでおすすめのUdemy講座はどれだろう?
  • 自分のレベルに合ったUdemy講座はどれだろう?
  • どのような手順でUdemyの講座を学習すれば良いんだろう?

といった不安をお持ちですよね。

 

そこで、この記事では「UdemyでおすすめのRuby(Ruby on Rails)コース3選」を、現役フリーランスエンジニアの視点から紹介していきます。

僕はバックエンドを主戦場にしているので、Rubyを学ぶ人の参考になる情報が提供できます。

 

UdemyでおすすめのRuby(Ruby on Rails)コース3選【現役エンジニアが解説】

Udemy Ruby おすすめ

結論、以下の3つだけです。

順番に解説します。

 

おすすめ① : はじめてのRuby on Rails入門

Udemy Ruby おすすめ

完全に初学者の状態からRubyに入門するなら、『はじめてのRuby on Rails入門』がオススメです。

 

理由としては、以下のとおり。

  • 基礎からしっかりと解説されている
  • 講師のエンジニア歴が長く、安心できる
  • Herokuを使ったデプロイまで学べる

つまり、「Rubyの基礎〜作成したアプリの公開まで」を、プロエンジニアから学べる講座になっています。

 

挫折せずにRubyの基礎を学びたい方は、この講座を使うのが間違えないですね。

 

▼Ruby入門にピッタリのUdemy講座!!

Udemyでこの講座を見てみる >>

初回利用は格安で利用可能
挫折せずにRubyを学習したい方向き

 

おすすめ② : Rubyで作る! ビットコイン自動売買システム

Udemy Ruby おすすめ

もしシステムトレードに興味があるなら、『Rubyで作る! ビットコイン自動売買システム』がおすすめ。

 

こちらの講座は、Rubyを使ってビットコインの自動売買を学べる講座になっています。

なぜこの講座がオススメできるのかと言うと、API連携を学べるから。

 

というのも、実務の場面で外部のAPIを使うケースは良くあります。

つまり、この講座を学ぶことによって、実務でも役に立つスキルが学べるわけです。

 

なので、システムトレードに興味がなくても、実務を意識した学習をしたいなら、このコースを受講すると良いですね。

 

▼実務を見越して学びたい方にピッタリなUdemy講座!!

Udemyでこの講座を見てみる >>

初回利用は格安で利用可能
実践的なスキルを身に付けたい方向き

 

おすすめ③ : Dissecting Ruby on Rails 5 – Become a Professional Developer

Udemy Ruby おすすめ

チュートリアルのレベルから次に進みたい方は、『Dissecting Ruby on Rails 5 – Become a Professional Developer』がオススメです。

 

英語の講座ではありますが、教材の質はかなり高いです。

事実、受講生の評価も星4.7と、かなり高いことが分かりますね。

 

間違えなくスキルアップに繋がるので、英語に抵抗なければ是非とも学習しておきたい講座です。

 

▼さらにスキルアップできるUdemy講座!!

Udemyでこの講座を見てみる >>

初回利用は格安で利用可能
チュートリアルを終えた方向き

 

UdemyのRubyコースを使った、おすすめの学習手順

Udemy Ruby おすすめ

以下の手順で学習していきましょう。

  • STEP① : Progateを使って学習する
  • STEP② : Udemyを使って学習する
  • STEP③ : Ruby on Railsチュートリアル or 自作アプリの作成

順番に解説しますね。

 

STEP① : Progateを使って学習する

 

まずはProgateを使って、以下を学習していきましょう。

  • HTML / CSS
  • JavaScript
  • Ruby
  • Ruby on Rails

学習するときは、深入りせずにサクッと1週する感じで大丈夫です。

 

つまり、「理解すること」が大事なのではなく、「こうやって書いていくんだな〜」と雰囲気が掴むことが重要。

 

あとでUdemy講座を使うときに理解すれば良いので、ここでは分からない部分があっても、気にせず学習を進めていきましょう。

 

STEP② : Udemyを使って学習する

 

Progateで雰囲気を掴んだら、この記事で紹介したUdemy講座を学習していきましょう。

 

最初に取り組むべきは、『はじめてのRuby on Rails入門』ですが、その後はどちらでもOKです。

上記の目的で、勉強していけば良いでしょう。

 

なお、フロント部分に不安があったら、『ウェブ開発入門完全攻略コース』を受講しておくと安心かと。

ウェブ開発入門完全攻略コース

こちらの講座は、『はじめてのRuby on Rails入門』と同じ方が講師を担当しています。

 

ゆえに、

といった流れで学習すると、理解が深まりますね。

 

STEP③ : Ruby on Railsチュートリアル or 自作アプリの作成

 

最後にこれまで学習してきた内容を駆使して、Webアプリの作成に取り掛かりましょう。

Ruby on Railsチュートリアルは、『Dissecting Ruby on Rails 5 – Become a Professional Developer』を受講した方なら不要かと。

 

おそらく、アプリの作成案だけあれば、調べながら実装する力が身についているはず。

あとは、自分で何か作ってみるだけなので、頑張っていきましょう(`・ω・´)!

 

まとめ : Udemyを使って、効率的にRubyのスキルを身につけよう

 

というわけで、UdemyでおすすめのRuby講座について紹介してきました。

Udemyは、安くて良質な講座が多いので、スキルアップにピッタリです。

 

今回紹介した講座も、すべて購入して約4,500円くらいですからね。

※Udemy初回利用時と、セール開催時。

 

分厚い本を1冊買うのと同じくらいなので、それならUdemyで3本コースを受講して、たくさんスキルアップしていきましょう。

エンジニアになれば4,500円くらい、簡単に回収できますよ。

 

それでは、この辺で。

 

おすすめの記事