Programming

UdemyでおすすめのSwiftコース4選【現役エンジニアが解説】

Udemy Swift おすすめ
Swiftを勉強したい人
Swiftを勉強したい人
UdemyでおすすめのSwift講座が知りたいな…。現役エンジニアが紹介してくれると嬉しい!

この記事では、上記のような悩みを解決していきます。

 

UdemyでSwiftを学びたいと考えたとき、「どのコースを受講すれば良いんだろう」と感じたことはありませんか?

 

UdemyのSwift講座は、掲載されている数でいうと約750コースほどあります。

その中で優良なコースを受講して勉強すれば、確実にスキルアップに繋がります。

 

でも、

  • SwiftでおすすめのUdemy講座はどれだろう?
  • 自分のレベルに合ったUdemy講座はどれだろう?
  • どのような手順でUdemyの講座を学習すれば良いんだろう?

といった不安をお持ちですよね。

 

そこで、この記事では「UdemyでおすすめのSwiftコース4選」を、現役フリーランスエンジニアの視点から紹介していきます。

僕自身、UdemyでSwiftを勉強してきたので、かなり参考になるはずです。

https://twitter.com/hayatasuuu/status/1219613363669331970

 

UdemyでおすすめのSwiftコース4選【現役エンジニアが解説】

Udemy Swift おすすめ

結論、以下の4つだけです。

順番に解説します。

 

おすすめ① : 【iOS13対応】未経験者がiPhoneアプリ開発者になるための全て iOS Boot Camp

Udemy Swift おすすめ

ゼロからSwiftを勉強するのであれば、『【iOS13対応】未経験者がiPhoneアプリ開発者になるための全て iOS Boot Camp』から入門するのが良いです。

なぜなら、こちらの講座1つで、Swift開発に必要な基礎知識をほとんど学べるから。

 

単純に文法を解説するだけでなく、「モノを作りながら学ぶ」講義になっているので、爆速でSwiftを習得できます。

さらに、Firebaseとの連携など、実務でも使うような技術もバッチリです。

 

Swiftエンジニアとして就職・転職を考えているなら、こちらの講座で入門し始めて間違えないですね。

 

▼Swift入門にピッタリのUdemy講座!!

Udemyでこの講座を見てみる >>

初回利用は格安で利用可能
Swiftエンジニアに転職したい人向き

 

おすすめ② : 【最新版】Tinder風Musicリストアプリを作成しよう!

Udemy Swift おすすめ

入門を終えて、発展的な内容を学んでいきたいなら『【最新版】Tinder風Musicリストアプリを作成しよう!』がおすすめです。

 

理由は、以下のとおり。

  • API連携
  • Firebaseの利用
  • イケてるUIの設計

以上の内容を学べる講座になっています。

なので、就職・転職に向けたポートフォリオ作成のとき、間違えなく役立つかと。

 

完コピはNGですが、ポートフォリオで何を作ったら良いのか分からない方は、この講座を学んで参考にしてみましょう。

 

▼Swiftの発展的な内容を学べるUdemy講座!!

Udemyでこの講座を見てみる >>

初回利用は格安で利用可能
ポートフォリオ作成に取り組みたい方向き

 

おすすめ③ : 【Swift5対応】自動更新型ニュースアプリと名刺管理アプリを学ぼう!

Udemy Swift おすすめ

【Swift5対応】自動更新型ニュースアプリと名刺管理アプリを学ぼう!』も同じく、ポートフォリオ作成で役に立つ講座です。

 

特に、アプリから名刺を自動スキャンして、Firebaseに送る実装を学べるのが良いですね。

こういったロジックで作られているiosアプリは、わりとありますからね。

 

できるだけ実務で使われるような技術を学びたいなら、こちらのコースを受講しましょう。

 

▼実務を見越して学びたいにピッタリのUdemy講座!!

Udemyでこの講座を見てみる >>

初回利用は格安で利用可能
実践的なスキルを身に付けたい方向き

 

おすすめ④ : 【Watson性格診断】マッチングアプリに最適な人間の性格、趣味嗜好をチャートにしよう!【Swift5.x対応】

Udemy Swift おすすめ

Swift使って面白いアプリを作りたいなら、『【Watson性格診断】マッチングアプリに最適な人間の性格、趣味嗜好をチャートにしよう!【Swift5.x対応】』がおすすめ。

 

こちらの講座は、Watsonによる人間の性格分析を使ったアプリ開発を学べる講座になっています。

このような「珍しい内容」を取り扱っているのは、この講座くらいです。

 

人間の行動に関するロジックは、マッチングアプリとか広告配信で使われている技術なので、学んで損はないです。

エッジの効いたアプリを作りたい方は、このコースを受講していきましょう。

 

▼実戦で活かせるスキルが身に付くUdemy講座!!

Udemyでこの講座を見てみる >>

初回利用は格安で利用可能
実践的なスキルを身に付けたい方向き

 

UdemyのSwiftコースを使った、おすすめの学習手順

Udemy Swift おすすめ

以下の手順で学習するのがオススメです。

順番に解説します。

 

STEP① : 【iOS13対応】未経験者がiPhoneアプリ開発者になるための全て iOS Boot Campを受講する

 

まずは『【iOS13対応】未経験者がiPhoneアプリ開発者になるための全て iOS Boot Camp』で、Swiftに入門し始めましょう。

 

他の言語だったらProgateで入門することをオススメするのですが、Swiftは残念ながら取り扱いがありません。

参考記事 ≫ 「Swiftコース」レッスンの公開終了のお知らせ

 

なお、Swiftはバージョンの移り変わりが早いこともあり、本での学習はオススメできません。

バージョンが違うと、動かないプログラムが載っている可能性が高いです。

 

なので、最初はこちらの講座で学習を進めていきましょう。

もしかしたら、最初の1周は難しく感じるかもしれませんが、一回で完璧に理解する必要はないです。

 

部分的に復習したり、もしくは2周してみるのもOK。

とにかく、途中で深く考え過ぎず、サクサクと勉強を進めていきましょう。

 

STEP② : 他の3つのUdemy講座を受講する

 

基礎学習を完了できたら、以下の3講座を受講しましょう。

金銭的に余裕が負ければ数を減らしても構いませんが、できれば全て受講することを推奨します。

やはり、「エンジニアとしての技術力 = 開発経験の数」であり、色々なアプリケーションを作ってみるのが大事だと思うので。

 

すべて購入しても約6,000円と、本を2冊買うのと同じくらいですからね。

貪欲に勉強していきましょう。

 

STEP③ : 自分でオリジナルアプリを開発してみる

 

Udemy講座を受講し終えたら、自分でオリジナルアプリを作ってみましょう。

いわゆる、ポートフォリオと呼ばれるやつですね。

 

Udemyで学んだ内容を組み合わせても良いし、開発したいアプリが決まっているなら、それを作るのもOK。

いずれにせよ、「考えたものを実装するためのSwiftスキル」は、すでに持っている状況になっています。

なので、どんなアプリを開発するのか考えたら、さっそくコーディングを始めていきましょう。

 

まとめ : Udemyを使って、効率的にSwiftのスキルを身につけよう

 

というわけで、UdemyでおすすめのSwift講座について紹介してきました。

Udemyは、安くて良質な講座が多いので、スキルアップにピッタリです。

 

今回紹介した講座も、すべて購入して約6,000円くらいですからね。

※Udemy初回利用時と、セール開催時。

 

本2冊買うのと同じくらいなので、それならUdemyで4本コースを受講して、たくさんスキルアップしていきましょう。

エンジニアになれば6,000円くらい、簡単に回収できます。

 

それでは、この辺で。

 

おすすめの記事