LIFE

【必見】大学生のうちにやるべきこと4選【1年前の僕に送る】

 

 

 

大学生のうちにやるべきこと4選!【僕がやって良かったこと】

 

大学生のうちに、僕が「やってよかったこと」を紹介します。

なので、いま大学生の方は、間違えなくやっておいた方が良いのかなと思います。

 

大学生のうちにやるべきこと1 : ブログ

 

まず、やってよかったことの1つ目がブログです。

というのも、ブログを始めたことで、下記のようなスキルが手に入りました。

  • ライティングスキル
  • 広告の仕組み
  • マーケティング
  • HTML/CSSの知識
  • サーバー、ドメインの知識
  • 開業届の書き方

上記のような感じで、ブログ1つを始めただけで、割といろんなことが体験できました。

おそらく、大学生のうちに開業届を出している方は、そうそういないと思うので、レアな経験を積めましたね。

 

いまは会社員をやりつつ、ブログが副収入の元になってくれています。

大学生のうちにブログを立ち上げていたからこそ、会社員でも副収入を得られているんだなと感じています。

 

ブログは、驚くほど簡単に作れます

ブログにも色々と種類があるのですが、僕は「WordPress」をおすすめします。

WordPressを使う場合には、少しお金がかかってしまいますが、それでも色々な経験を積めると思うと安いのかな〜という印象です。

 

ブログの作り方については、下記の記事にまとめています。

Wordpress ブログ 始め方
【簡単】WordPressを使ったブログの始め方【手順は4つのみ】『ブログで稼いでみたいな...。ブログを始めるには、WordPressが良いらしいけど、どうやって始めれば良いのかな...。』このような悩みを解決する記事になっています。これからWordPressを使ったブログ開設をしていきたい方は必見です。...

 

大学生のうちにやるべきこと2 : お金の勉強

 

大学生のうちにやっておいてよかったことの2つ目が、「お金の勉強」です。

いわゆるマネーリテラシーと言われるやつで、これがないと社会人になって厳しいです。

 

マネーリテラシーのない状態だと、下記のようになります。

  • 節税方法を知らない
  • 平気で現金を使う
  • 投資できないので、老後のお金がない
  • 生命保険に思考停止で入る
  • 銀行や郵便局のカモにされる

こんな感じで、お金に関する知識を身につけていないと、「お金に困り続けるような人生」になってしまいます。

 

でも、社会人になると、「わざわざお金の勉強をする時間を取るのが大変」です。

なので、大学生のうちに「お金の勉強」を始めておいた方が良いでしょう。

 

大学生のうちにやるべきこと3 : 旅行

 

大学生であれば、旅行もしておいた方が良いです。

「たくさん時間があるから」とか、そういう適当な理由ではなくて、「早いうちに色々な価値観に触れてもらいたいから」です。

 

ぶっちゃけ社会人になっても、有給を申請すれば旅行は行けます。さらに、有給を取得したところで、会社はまわり続けます。

でも、「今いる日本が当たり前なんだ」とか思って欲しくないので、早いうちに海外へ出ることをオススメしています。

 

僕が大学生のときに行った国で、1番好きだったのが「ラオス」ですね。

正直、ラオス語が分からないのと、英語が伝わる人が少ないので、言語的な部分は不自由を感じるかもです。

ただ、ラオスの人は一生懸命分かろうとしてくれるので、そこらへんは安心して良いのかなと感じますね。

 

大学生のうちにやるべきこと4 : 人に会う

 

大学生にやるべきことの4つ目は、「人に会う」です。

たとえば僕の場合だと、大学生ブランドを利用して、数々の経営者と会いました。

おそらく、大学生のうちに会っておくべき理由は、普通の会社員だったら会えないからです。

会社員になると、自分の会社の経営陣にも会えないような方が多いはず。

 

なので、大学生ブランドを積極的に使って、社会人になったら会えないような方々と会い、色々な考え方を盗みましょう。

僕は、経営者たちと会って、だいぶ価値観が変わりましたよ。

 

さらに : 大学生のときに出会った方から、仕事をいただけた件

さらに、大学生ブランドを使って出会った方から、新規事業のホームページを作成して欲しいと依頼いただきました。

人脈を広げておくと、僕のように後から色々なメリットが出てくるので、大学生のうちから意識しておきましょう。

 

【後悔】大学生のうちにやっておけばよかったこと【1年前の僕に送る】

 

1つだけ大学生のうちにやっておけばよかったと感じている後悔があり、それは「プログラミング学習」です。

 

後悔 : プログラミング学習をやっておけばよかった

 

僕が今でも後悔しているのが、大学生のうちからプログラミングを勉強していなかったことです。

理由は下記のとおり。

  • 稼げるスキルを身につけられる
  • 業界の人材不足でスキルがあれば困ることがない
  • リモートワークもできる

今の日本は、同じ会社に居続けるとか無理ゲーなので、安定したスキルを保つためにも、プログラミングは最有力候補になります。

それでいて、プログラミングは稼げるスキルも身につくんですよね。

 

たとえば、プログラミングをがっつり3ヶ月勉強しておけば、クラウドソーシングとかを使って月に5万円くらいの収入は得られます。

でも、僕は社会人から勉強を始めたので、月5万円稼げるスキルもありませんでしたし、そもそも周りについていくのが大変でした。

 

大学生からプログラミングを始めていれば、今頃もっとラクに業務をこなせていたのにな〜と感じています。

 

しかも、大学生だとプログラミングスクールが安い件

もちろん社会人になってからでも勉強できるのですが、大学生だとプログラミングスクールが圧倒的に安いです。

有名なプログラミングスクールのTechAcademyでは、学生であれば社会人よりも3万円安くて、「約11万円」でスタートできます。

TechAcademy 料金

学生なら大量に時間があるので、4週間プランで充分です。それでいて、プログラミングの基礎知識を学習して、簡単なWeb制作の案件が取れるので、かなりコスパ良いです。

 

将来がなんとなく不安なのであれば、間違えなくプログラミングを勉強した方が良いです。

TechAcademyなら、無料体験もやっていますよ。

 

プログラミングバイト/インターン

 

仮にプログラミング学習をやっていたら、バイトやインターンをやっておけば良かったと思っています。

基礎学習をした後で、実際に実務経験を積ませてもらうって感じです。

 

エンジニア業務は、実務でないと分からないことが多いので、基礎学習を済ませたら実務経験を積むのが1番良いです。

大学生なら、バイトやインターンで雇ってくれる企業があるはずですよ。

僕が大学生だったときの友達で、インターンをしている人がいました。

 

大学生のうちにやるべきことは、たくさんある

 

というわけで、大学生がやるべきことを紹介しました。

大学生の間は、時間が大量にあるので、本当に色々な経験を積んだ方が良いと思います。

僕が経営者に会ったり、ブログを始めたりしたのは、大学4年生になってからでした。

気づけただけマシかもしれないですが、それでも遅かったなと感じています。

 

大学生のうちは貯金とかしないで、どんどん経験を積むことにお金を使いましょう。

大学生で貯金できる額なんて、後になって返ってくるので問題ナシです。

 

おすすめの記事