Work

SEを辞めたいときの解決策3つ【過労気味のあなたへ】

SE 辞めたい
SEを辞めたい人
SEを辞めたい人
最近仕事が嫌になってきたな…。

SEを辞めたいんだけど、何か解決策はないかな。

他の会社に行くべきなのか、今の会社でどうにかできる問題なのか気になるな…。

この記事では、上記のような悩みを解決していきます。

 

朝の出勤電車で、「今日は仕事に行きたくないな」と感じたことはありませんか?

 

SEの給料は、他の職種と比較して「平均的に高い」と言われています。

仕事内容も、お客様との折衝を重ねつつ、1つのシステムを作り上げるなど、やりがいを感じる部分もあります。

 

でも、

  • もう少し年収を上げられないかな?
  • 残業が多いのを、なんとか解決できないかな?
  • そもそも自分はSEのまま働いていて良いのかな?

といった悩みをお持ちですよね。

 

そこで、この記事では「SEを辞めたいときの解決策3選」について、現役のフリーランスエンジニアの視点で紹介していきます。

なおフリーランス独立する前は、大手SIerで働いていました。

 

いわばSEから転職した人間が執筆しているので、この記事を読めば「SEを辞めたい」という悩みが解決されるでしょう。

 

SEを辞めたいときの解決策3つ

SE 辞めたい

SEを辞めたいなら、以下のどれかを実行しましょう。

  • 解決策① : 転職先を見つけてから辞める
  • 解決策② : SEの業務は割り切って、副業にコミットする
  • 解決策③ : 社内で別の部署に移動できないか確認してみる

順番に解説していきます。

 

解決策① : 転職先を見つけてから辞める

 

一回でも「SEを辞めたい」という気持ちを持ってしまったら、もう抜け出すのは難しいです。

毎日「仕事を辞めたいな〜」と思いながら出勤するのは、自分にも企業側にもメリットがないので、転職先を見つけて会社を辞めましょう。

 

転職先を探すには、エージェントを頼ればOKです。

エージェント選びに迷ったら、とりあえずリクルートエージェントを選べば間違えないですね。

SEの求人だけでなく、幅広い業種・職種の求人を持っているし、転職エージェントで業界最大手なので。

 

もしSEとして他の会社へ転職するなら、以下のエージェントもオススメですよ。

 

各エージェントの詳しい情報は、以下の記事で紹介しています。

SE 転職エージェント おすすめ
SEにおすすめの転職エージェント5選【過労・低年収は避けるべき】『SEにおすすめの転職エージェントってどこだろう。たくさんあって、よく分からないな...。』このような悩みを解決する記事になっています。SEに最適な転職エージェントを探している方は必見です。...

 

転職活動する適切なタイミング

転職活動を始める最適なタイミングは、「今すぐ」です。

なぜなら、あなたと同じで「今の仕事を辞めたい」人は転職市場にたくさんいて、基本的に良い求人は先着順になってしまうから。

 

転職活動のスタートが遅くなってしまったために、他の人に良い求人を取られることがしばしばあります。

せっかく転職するなら、良い企業に行きたいと思うはず。

 

そして、良い企業に行きたい思いは、転職市場にいる全員が同じ気持ちです。

他の人に先を越されないよう、SEを辞めたいと感じたら、先にエージェントの登録だけでもしておきましょう。

 

解決策② : SEの業務は割り切って、副業にコミットする

 

シンプルに「SEの業務がつまらないな…」と感じるなら、副業にコミットしてしまうのも手ですね。

結局のところ、会社が雇用を守り続けるのは不可能ですし、最近だと45歳のリストラが多発しています。

ではどうやってリストラに備えるのかといえば、自分で稼げるスキルを身につけること。

 

会社員の給料だけでなく、たとえば副業で月5万円稼げると、精神的にもかなり安定します。

しかも年収を60万円あげたいと思ったら、給料でなく副業で5万円を稼いだ方が、手っ取り早いですからね。

 

もし副業をやっていないなら、今すぐ副業を始めていきましょう。

システムエンジニア SE 副業
【保存版】システムエンジニアにおすすめの副業5選【豊かに暮らす】『システムエンジニアやってるんだけど、収入をあげたいな...。システムエンジニアにおすすめの副業が知りたい!』このような悩みを解決する記事になっています。システムエンジニアにおすすめの副業が知りたい方は必見です!...

 

最前は転職しつつ副業です

ちなみに、1番良いのは転職もするし副業もすることです。

 

大前提として、副業で稼ぐよりも転職してしまう方が、収入を上げるのはカンタンです。

同じ会社で年収60万円上げるのはハードすぎますが、転職であれば難しい話ではありません。

 

しかも「副業で稼ぐ」には、基本的に時間がかかりますからね。

純粋に収入を上げたいのであれば、まず転職から考えるべきでしょう。

 

解決策③ : 社内で別の部署に移動できないか確認してみる

 

転職するのも副業するのも、なんか気が乗らないな〜」と感じるのであれば、社内でシステムエンジニア以外の職種に就けないか聞いてみましょう。

会社に不満を持っておらず、純粋にSEという職業が嫌なら、「社内転職」が最も即効性が高いです。

 

給料に不満を持っていないということは、なかなかの優良企業なはず。

そういった会社であれば、部署や職種の変更には寛大なことが多いので、まずは人事にジョブチェンジできるか聞いてみましょう。

 

リスクをおさえつつ、ストレスを減らせますよ。

 

SEを辞めたい理由が「社内環境」なら、秒速で辞めるべき

SE 辞めたい


もしSEを辞めたい理由が、「社内環境」にあるなら秒速で辞めましょう。

 

理由① : 20〜30万円のために、自分をダメにするのは勿体ないから

 

毎月支払われる20〜30万円のために、自分をダメにしてしまうのは勿体無いです。

たしかに、生きていくためにお金は必要だし、仕事しないとお金は稼げません。

ただ、ここで考えて欲しいのは「自分をダメにしてまで20万円の給料をもらう必要はありますか?」ということです。

 

たしかに正社員の安定感は抜群です。でも、いまの世の中、稼ぐ方法なんていくらでもあります。

生活費をおさえれば、そもそも20万円もいらなくて、月々15万円とかで暮らせるはず。

 

SEという職業ではなく、会社の社内環境が悪いなら、すぐに退職するようにしましょう。

会社を変えることは難しいけれど、自分を変えてしまうのはカンタンです。

 

「辞めたい」と言いづらい場合

結論、退職代行を使いましょう。

 

3万円前後の費用を払うだけで、代わりに退職時の手続きを済ませてくれます。

退職代行サービス おすすめ ランキング
【悪用厳禁】失敗しない!退職代行サービスのおすすめランキング3社『会社辞めたいな...。おすすめの退職代行サービスってないかな...。さらに、ランキング形式で書かれていると分かりやすくて良いな...。』このような悩みを解決する記事になっています。会社を辞めたいと考えている人は必見です!...

 

自分の価値は、3万円以上にあるはず。

それに、精神的な病にかかったときの治療費を考えると、、、3万円払って退職してしまうのが、ストレスもなく費用もおさえられるのでベストな選択です。

 

理由② : 人手不足なので、転職しやすいから

 

会社を辞めるかどうか迷っている方は、「転職できるかどうか不安だな…。」と感じているはず。

でも安心して欲しいのが、いまの日本はどの業界も人手不足です。

 

特にIT業界であれば、転職希望者に対して求人数が3倍ほどあるのが現状。

SE 辞めたい

参考記事 ≫ 【転職求人倍率】求人倍率は前月比+0.33pt、前年同月比+0.13pt の3.14倍。過去2番目の高水準に

 

システムエンジニアとしてIT業界に勤めているので、よっぽどのことがない限り、転職できないことはないです。

なので、社内環境が悪くて「会社を辞めたい」と感じたら、すぐに転職活動を始めていきましょう。

 

理由③ : 一度きりの人生を楽しめないのは、勿体ないから

 

最後に、一度きりの人生を楽しめないのは、もったいないからですね。

少し精神論みたいな話になりますが、皆さんは何のために生まれてきたのでしょうか。

 

毎日、やりたくないことをやるために、生まれてきたのではないはず。

ましてや、会社員をやるために生まれてきたわけでもないし、劣悪な労働環境で働くために生まれたわけでもないですよね。

 

もし社内環境が劣悪で、イヤな気持ちを抱えつつ毎日を過ごしているのであれば、はやめに損切りするようにしましょう。

自分の人生を大切にする方が、劣悪な会社で働くよりも大事なことです。

 

まとめ : SEを辞めたいなら、辞めましょう【仕事は無限大】

 

SEを辞めたいときの解決策をまとめます。

  • 解決策① : 転職先を見つけてから辞める
  • 解決策② : SEの業務は割り切って、副業にコミットする
  • 解決策③ : 社内で別の部署に移動できないか確認してみる

以上ですね。

 

特に、社内環境が劣悪なら、さっさと会社を辞めるべきです。

幸いなことに、IT業界で勤めているシステムエンジニアなら、転職先はたくさんあります。

 

本当に転職先が多いのか気になる人は、、、以下のエージェントで確認してみましょう。

※上記の転職エージェントは、すべて「無料」で使えます。

自分の目で確かめるのが、一番正しい情報ですからね。

 

実際に転職エージェントを使ってみるのか、それとも「SEを辞めたい」気持ちで仕事を続けるのか。

判断は、皆様にお任せします。

 

おすすめの記事