サイトデザイン変更中につき、読みづらい部分があります。ご容赦くださいませ。

#7 Python×ビットコイン自動売買 | API Keyの取得と設定ファイルの準備をしよう!

こんにちは、はやたす(@hayatasuuu )です。

前回までの記事で、色々なAPIにアクセスしてビットコインの各種情報を取得していきました。

上記の情報は、Coincheckのアカウントを持っていなくても、誰でも簡単に取得できました。

でも、ここから学習していく内容は、Coincheckアカウント内で発行されるAPI Keyが必要になります。

API Keyは、所持している本人しか知らない情報です。
ゆえに同じAPIにアクセスしても、誰からアクセスがあったのか分かるようになります。

プログラムを使ったビットコインの売買ができるのは、このAPI Keyのおかげというわけですね。

というわけで、ビットコインの自動売買に向けて以下のステップを進めていきます。

  • STEP① : 仮想通貨取引所で、口座開設する
  • STEP② : 口座開設したら、API Keyを発行する
  • STEP③ : API Keyの情報を使って、プログラムから取引できるようにする

口座開設は、公式ページから画面のとおりに進めれば問題ないと思います。
なので今回の記事では「STEP② : API Keyを発行する」について解説していきます。

※フィッシングサイト等に引っかからないよう、以下に公式ページのリンクを貼っておきます!
»公式ページ : 仮想通貨取引所・販売所の口座開設|Coincheck(コインチェック)

またAPI KeyはPythonファイルに直で書かずに、設定ファイルを準備したいと思います。

その後、準備しておいた設定ファイルをPythonで読みこむようにしましょう!

目次

API Keyの取得と設定ファイルの準備をしよう!

ここでは、以下の3ステップで解説していきます。

  • STEP① : API Keyの取得
  • STEP② : config.iniの準備
  • STEP③ : config.iniの読み込み

順番に見ていきましょう。

STEP① : API Keyの取得

まずはCoincheckのトップページから、自分のアカウントにログインしていきます。

python-bitcoin-apikey1

»公式ページ : ビットコイン購入なら仮想通貨取引所 | Coincheck(コインチェック)

ログインが完了すると、以下のような画面になります。

python-bitcoin-apikey2

左サイドバーで設定(歯車マーク)をクリックし、APIキーを選択しましょう。

python-bitcoin-apikey3

そうすると画面が遷移して、APIキーを生成できる画面になります。
「新たにAPIキーを追加する」をクリックしていきましょう。

python-bitcoin-apikey4

新たなポップアップが立ち上がったら、以下のように設定をしていきます。

python-bitcoin-apikey5

最後にOKをクリックすると、元の画面に戻ってくるはずです。
ただ前回と違い「アクセスキー」と「シークレットアクセスキー」が表示されているかと思います。

python-bitcoin-apikey6

この2つを使うことで、Coincheckアカウント保有者向けのAPIを利用できるようになります。

また、API Keyの利用は、いつでも無効・削除できます。
無駄なリスクを取らないように、使わなくなったら積極的に無効・削除していきましょう。

STEP② : config.iniの準備

API Keyの取得が完了したので、次に設定ファイルを準備していきます。
まずはVSCodeでconfig.iniというファイルを作成しましょう。

python-bitcoin-apikey7

作成が完了したら、ファイル内に以下の内容を書いていきます。

[coincheck]
access_key = xxx
secret_key = yyy

 

xxxの部分にはアクセスキーを、yyyの部分にはシークレットキーを入力します。

python-bitcoin-apikey8

Pythonファイルではないので、""''を付ける必要はありません。
ダイレクトにコピーしたものを貼り付けていきましょう。

記入が完了したら、config.iniは保存してあげます。

STEP③ : config.iniの読み込み

config.iniの準備が完了したので、Pythonで読み込んでいきましょう。

そのためにはconfigparserを使っていきます。
configparserでiniファイルを読み込むには、以下のように書きます。

import configparser

conf = configparser.ConfigParser()
conf.read('config.ini')

 

最初にConfigParserオブジェクトからインスタンスを生成し、readメソッドを使ってconfig.iniを読み込んでいます。

これだけでファイルの読み込みが完了しました。

あとはファイルの中身を参照していきたいのですが、そのためにはPython文法の辞書と同じように書けばOKです。

具体的には、以下のように書きます。

ACCESS_KEY = conf['coincheck']['access_key']
SECRET_KEY = conf['coincheck']['secret_key']

 

このように書くと、config.iniに書かれていた各種設定を読み込めるわけですね。

あとはしっかり読み込めているか確認したいので、ACCESS_KEYSECRET_KEYprint()していきましょう。

コード全体しては以下のなります。

import configparser

conf = configparser.ConfigParser()
conf.read('config.ini')

ACCESS_KEY = conf['coincheck']['access_key']
SECRET_KEY = conf['coincheck']['secret_key']

print(ACCESS_KEY)
print(SECRET_KEY)

 

この状態でPythonファイルを実行すると、以下のような画面になるかと思います。

python-bitcoin-apikey10

おそらくconfig.iniで設定しておいた中身を出力できているはずです!

まとめ : API Keyの取得と設定ファイルの準備をしよう!

というわけで、API Keyの取得と設定ファイルの準備が完了しました。

あとは今回紹介した内容を使って、コインチェック口座を持っている人だけが使えるAPIで、ビットコインの自動売買を実装するだけです。

ちなみに、コインチェック口座を持っている人だけが使えるAPIのことを、PrivateAPI(プライベートAPI)と言います。
※反対に今まで使っていたのは、PublicAPI(パブリックAPI)です!

次回からは、このPrivateAPIの取り扱いを紹介していきます。
具体的には、Pythonを使って、自分の口座残高を確認したいと思います。

PrivateAPIの取り扱いは少し難しい部分がありますが、できるだけ分かりやすく解説していきます。

引き続き頑張っていきましょう!

[jin_icon_folder color=”#0071BB” size=”20px”] 第8回目の記事はこちら

あわせて読みたい
#8 Python×ビットコイン自動売買 | 認証情報を設定して口座残高を取得してみよう! こんにちは、はやたす(@hayatasuuu )です。 前回の記事では、API Keyの取得と設定ファイルの準備をおこないました。 [jin_icon_folder color="#0071BB" size="20px"]前...

[jin_icon_folder color=”#0071BB” size=”20px”]トップページはこちら

あわせて読みたい
Python×ビットコイン自動売買 | 初心者でも理解できる入門講義 こんにちは、はやたす(@hayatasuuu )です。 ビットコイン投資をしていると「自動売買で利益を上げられないだろうか?」と感じたことはありませんか?株やFXと同じように...
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

たくさんPythonを紹介するYouTuberです(登録者1.94万人) | フリーランスで機械学習/分析案件も請けています(経験業界 : 金融, 情報通信, サービス) | 元プログラミングスクール講師

目次
閉じる