Python×ビットコイン自動売買

#1 Python×ビットコイン自動売買 | この講座を学ぶメリットと必要な知識を紹介

python-bitcoin-trade

こんにちは、はやたす(@hayatasuuu )です。

今回は「Python×ビットコイン自動売買」の第1回目ということで、以下の内容を紹介していきます。

  1. この講義シリーズで学べること
  2. この講義シリーズを学ぶメリット
  3. ビットコインの自動売買で必要な前提知識とツール
  4. この講義シリーズを学習する上での注意点

 

元々は「FXの自動売買を紹介したい」と思っていたのですが、使用予定だったFX会社「OANDA JAPAN」でデモ口座とAPIの仕様変更がありました。

»参考記事 : 【重要】デモ口座の利用期限およびオーダーブックインジケーター、APIの利用条件変更について

 

上記の理由により、Pythonを使ったFXの自動売買は、物理的に難しくなってしまいました。

それゆえ、FXの代わりにPythonを使ったビットコインの自動売買を紹介していきます。

実は、ビットコインであっても実装方法や考え方はFXと大差ありません。ゆえに、こちらの講義シリーズでも十分に役立つ内容を学べます。

この講義シリーズではビットコインを取り扱っていきますが、学習したことを活かせば、もちろんイーサリアムやリップル等、アルトコインでの自動売買も可能です。

 

特に2021年2月現在は、分散型金融DeFiや機関投資家の参入で仮想通貨市場が盛り上がっています。

Python×ビットコイン自動売買を学び始めるタイミングとしてはちょうど良いかもしれませんね!

※後の講義で解説しますが、学習を進めるにはコインチェックで口座開設する必要があります。申し込み多数により本人確認の遅れが発生しているようなので、早めの口座開設をオススメします!(口座開設は無料です!)

»公式ページ : 仮想通貨取引所・販売所の口座開設|Coincheck(コインチェック)

 

この講義シリーズで学べること【具体例で解説】

この講義シリーズでは、Pythonを使ったビットコインの自動売買を紹介していきます。具体的には、以下の内容を学べるようになっています。

  • Pythonを使って、ビットコインの最新価格を取得する
  • Pythonを使って、ビットコインを購入してみる
  • 24時間365日、動き続けるプログラムを作成する

順番に見ていきましょう。

具体例① : ビットコインの最新価格を取得する

そもそもPythonを使ってビットコインの自動売買を実装するには、APIと呼ばれるものを操作する必要があります。

このAPIについては後の講座で解説するので、いまは気にしなくても大丈夫です。「とりあえず、そういうものを使うんだな〜」という心構えでいましょう。

APIを使うと、ビットコインの売買はもちろんのこと、コインの最新価格や口座・残高情報まで取得できます。

つまり、APIの扱いに慣れることが、ビットコインの自動売買を実装する上で必須というわけになります。

そのため、まずはAPIの取り扱いに慣れるためにも、Pythonを使ってビットコインの最新価格を取得するところからスタートしたいと思います。

具体例② : Pythonでビットコインを購入する

APIの取り扱いに慣れてきたら、今度はPythonを使ってビットコインを購入してみたいと思います。

そもそも自動売買を組むためには、以下の内容をプログラムに落とし込んで上げる必要があります。

  • ビットコイン購入のロジック
  • ビットコインの購入
  • ビットコインの売却

ビットコインの売却は、購入できれば難しい部分はないので、あとは売買ロジックを組んであげるだけになります。

売買ロジックは自分で考えるのが一般的ですが、今回は僕のほうで仮決めしてしまいます。

具体例③ : 24時間365日、動き続けるプログラムを作成する

最終的には、ビットコインを自動売買したいので、24時間365日動き続けるプログラムを作成していきたいと思います。

仮想通貨がFXと違うのは、市場が「24時間365日」オープンになっている点です。

つまり、それだけトレードする機会が増えるということになります。

なのでFX以上に、動作し続けるプログラムを作成するのが大切になってきますね。

注意点 : あくまでもPython学習の講座です

少し注意点があり、この講座は儲かるためではなく、あくまでもPythonを楽しく学習するためです。

ゆえに、こちらで紹介する自動売買ロジックは「必ず勝てる」ようなものではありません。また、この講義シリーズを学んだからといって、すぐに儲けられるわけではありません。

本当に儲けを出そうと思ったら、自分の頭で考えて、それをコードに落とし込む必要があります。

この講義シリーズでは、あくまでも「コードに落とし込む方法を教えるだけ」なので、その点はご承知おきください。

Pythonを使ってビットコインの自動売買をやってみたいんだけど「ネット上の記事を読んでも分からない…」とか、「Python学習のモチベを上げていきたい」と感じているなら、この講義シリーズが役に立つはずです!

 

この講義シリーズを学ぶ3つのメリット

この講義シリーズ「Python×ビットコイン自動売買」を学ぶメリットは、以下の3つあります。

  • メリット① : 楽しくPythonを学習できる
  • メリット② : Pythonで自動売買ツールを作るための知識が身に付く
  • メリット③ : 詐欺まがいの情報に強くなる

順番に見ていきましょう。

メリット① : 楽しくPythonを学習できる

まず第一に、楽しくPythonを学習できることがメリットとして挙げられます。

というのも、Pythonの基礎学習をしていると、以下のような悩みを抱えるはずです。

  • いま勉強していることって、どこで使うんだろう…
  • 何か作ってみたいんだけど、アイデアが浮かばないな…
  • 本当にスキルアップできているのかな…

このような状態になると、最初は楽しかったプログラミング学習も、次第につまらないものになっていきます。

プログラミングに限った話ではないですが、やはり最終的なゴールがあると物事を継続しやすいですし、一生懸命取り組むようになりますよね。

この講義シリーズでは「ビットコインの自動売買」という、具体的でイメージしやすいもの題材にしています。

ゆえに、基礎学習に飽きてしまった場合でも、楽しみながらPythonを学習できるようになっています。

メリット② : Pythonで自動売買ツールを作るための知識が身に付く

Pythonを使って自動売買ツールを作成できること自体がメリットになると言えます。

もちろん他のプログラミング言語でも、ビットコインの自動売買は可能です。

でもPythonには、テクニカル分析に使える便利なライブラリが豊富に存在します。

  • Pandas : データ処理を簡単におこなえるライブラリ
  • Matplotlib : グラフを簡単に作成できるライブラリ
  • Numpy・Scipy : 色々な数値計算を簡単におこなえるライブラリ

各種テクニカル指標の計算・可視化を簡単におこなえるので、Pythonを使ったビットコイン自動売買の作成は、メリットになるのかなと感じています。

そもそも仮想通貨だと、FXのように自動売買を提供する業者がいません。

なので、プログラミングを使って自在に取引できるスキル自体がメリットになりますね。

メリット③ : 詐欺まがいの情報に強くなる

最後に3つ目のメリットが、詐欺まがいの情報に強くなることです。

このツールを使えば儲けられますよ!今なら30万円で買えますよ!」みたいな、いかにも怪しい話に引っかからなくなります。

自分で作ってみると分かりますが、ツールに30万円の価値がないことや、ビットコインの自動売買で儲けるのが簡単でないことが分かります。

 

以上が、この講義シリーズを学習する3つのメリットでした。

色々と挙げましたが、Pythonを楽しく学べるだけでも十分メリットになるかなって思います!

 

ビットコインの自動売買で必要な前提知識と開発環境

この講義シリーズで必要になる「前提知識」や「ツール」を紹介していきます。

必要になる前提知識

技術的に必要な知識は、以下のとおりです。

  • Pythonの基礎知識 : 必須です
  • スクレイピングの基礎知識 : あると理解しやすいです

まず、Pythonの基礎知識は、もちろん必要になってきます。

ただ、難しい内容は必要なくて、レベル感でいうと僕のYouTubeチャンネルで公開している「Python入門」が理解できていれば問題ないです。

»参考 : Python入門 – YouTube

 

また、Pythonの基礎だけでなく、スクレイピングの知識があると講義内容を理解しやすくなります。

必要になる内容としては、僕がYouTubeで公開しているスクレイピング入門の①〜⑨回目まで学習しているとベストです。

»参考 : Python × スクレイピング入門

 

逆に上記のような知識があれば、十分にビットコインの自動売買を始められます。

もちろん、途中で新しいライブラリや文法は登場してきますが、そのときに学んでいけば大丈夫です。

完璧な状態で挑むのは不可能なので、とりあえず基礎学習を完了したら、この講義シリーズに入門してみましょう。

必要になる開発環境

この講義シリーズでは、以下の環境を使っていきます。

  • Python環境 : Anaconda
  • エディター : Visual Studio Code(VSCode)
  • OS : MacOS

同じ環境で学習を進めていきたいと思ったら、AnacondaとVSCodeの準備をお願いします。

プログラムを書いていく具体的な環境構築(=設定)などは、後の講義で紹介していきます。現時点では、上記2点がインストールされていれば問題ありません。

もちろんVSCodeではなく、PyCharmなど好きなエディターやIDEがあれば、そちらを使っていただいて大丈夫です。

個人的には「無料で使いやすく、大企業でもツール利用の申請が必要ないことが多い」という観点から、VSCodeの利用をおすすめします。

 

この講義シリーズを学習する上での注意点

当コースを学習する上での注意点は、以下の3つあります。

  • 取引における損失について、責任は負いかねます
  • API Keyの流出など、セキュリティ面での責任は負いかねます
  • 上記以外のいかなる障害・トラブルにおいても責任を負いかねます

まずはじめに、ビットコインの売買をおこなうため、取引時に損失が出る可能性があります。

特にビットコインを含む仮想通貨は、ボラティリティが高いです。ゆえにリターンも大きいですが、消し飛ぶのも一瞬です。

株やFXをやっていると「投資は自己責任で」と言われますが、今回もそれが当てはまります。またセキュリティ面や、その他いかなるトラブルにおいても責任を負いかねます。

必ず自己責任の範囲で学習をお願いします。

 

今回の内容は、ここまでです。

次回は、この講義シリーズで使うPythonの環境構築を進めていきましょう!

 

第2回目の記事はこちら

python-bitcoin-trade
#2 Python×ビットコイン自動売買 | Bitcoin自動売買の環境構築をしよう!こんにちは、はやたす(@hayatasuuu )です。 今回は「Python×ビットコイン自動売買」の第2回目ということで、Pyt...

 

トップページはこちら

python-bitcoin-auto-trade
Python×ビットコイン自動売買 | 初心者でも理解できる入門講義『Pythonを使ったビットコインの自動売買って、どうやって実装するんだろう...。分かりやすく書かれている入門記事はないかな〜。』このような悩みを解決する記事になっています。Pythonを使ったビットコインの自動売買を学んでみたい人は必見です。...