【12/29まで】無料で5,500円分のビットコインをもらう »

【スマホあり】メタマスクで表示されないトークンを追加する方法

困っている人

メタマスクにトークン(仮想通貨)が表示されない…

パソコンだけでなくスマホ版もあわせて、MetaMask(メタマスク)にトークンを追加する方法を教えて欲しい!

そんな悩みや疑問を解決します。

この記事で分かること
  • 【スマホ版】メタマスクにトークンを追加する方法
  • 【パソコン版】メタマスクにトークンを追加する方法
  • 送金したトークンを自動で表示する方法

メタマスクでは、送金した仮想通貨が自動で表示されないため、自分でトークンを追加する必要があります。

この記事を読めば、メタマスクにトークンを追加して、送金した仮想通貨が無事に表示されるようになりますよ!

著者プロフィール

はやたす

以下の実績や経験を元に、記事を執筆しています!

  • 投資歴3年 / 資産8ケタ
  • 金融系企業での勤務経験あり
  • 身銭を切ってDeFiやNFTゲームをリサーチ
目次

【スマホ版】メタマスクにトークンを追加する方法

スマホのメタマスクにトークンを追加するには、以下の3ステップが必要です。

  1. ネットワークを切り替える
  2. ブラウザでCoinMarketCapを開く
  3. コイン名で検索してトークンを追加する

今回は上記の手順を、BSC(Binance Smart Chain)の「CAKE」という仮想通貨で実演していきます。

はやたす

一度やってしまえば難しくないので、さっそくトークンを追加していきましょう!

手順①:ネットワークを切り替える

まずは画面上部をタップして、EthereumからBinance Smart Chainに切り替えます。

「了解」をタップしてBinance Smart Chainに切り替えると、「ETH」ではなく「BNB」だけ表示されていますね。

この状態から、新しく「CAKE」を追加していきます。

手順②:ブラウザでCoinMarketCapを開く

続いて画面左上の三本線から「ブラウザ」を開きましょう。

ここで以下のURLをコピペして、CoinMarketCapのサイトを開きます。

https://coinmarketcap.com/ja/

あとはCoinMarketCapを使ってトークンを追加するだけです!

手順③:コイン名で検索してトークンを追加する

サイトを開いたら画面右上の虫メガネをタップ。

検索ボックスに「cake」と入力して、表示された「PancakeSwap(CAKE)」を選択します。

「CAKE」の詳細ページを下にスクロールすると、メタマスクのマークがあるのでタップ。

確認画面が表示されたら、「トークンを追加」を選択します。

これでウォレットに「CAKE」を追加できました!

アドレスを確認できる画面に戻ると、無事に「CAKE」が表示されていますね!

他のトークンも、すべて同じ手順で追加できます。

新しいコインを入手したら、ここで紹介した方法を使ってトークンの追加をおこなってください。

【パソコン版】メタマスクにトークンを追加する方法

次にパソコン版のメタマスクで、BSC(Binance Smart Chain)の「CAKE」を追加する方法を紹介します。

手順①:ネットワークを切り替える

まずはメタマスクの上部をクリックして、EthereumからBSC(Binance Smart Chain)に切り替えます。

以下のようにBSC(Binance Smart Chain)になっていれば大丈夫です!

how-to-add-token-to-metamask3

手順②:CoinMarketCapでトークンを検索する

次にCoinMarketCapで、画面右上からトークン(仮想通貨)を検索します。

how-to-add-token-to-metamask4

検索ボックスに「cake」と入力して、表示された「PancakeSwap(CAKE)」を選択してください。

how-to-add-token-to-metamask5

手順③:トークンを追加する

あとはメタマスクにトークンを追加するだけです!

CAKEのページで「キツネマーク」をクリックしてください。

how-to-add-token-to-metamask6

するとメタマスクのポップアップが表示されます。

ここで「トークンを追加」をクリックしましょう。

how-to-add-token-to-metamask7

最後にメタマスクを確認すると、無事にCAKEを追加できています!

how-to-add-token-to-metamask8

これでパソコン版メタマスクでもトークンを追加できるようになりました。

はやたす

他のトークンも、すべて同じ手順で追加できます!

新しいコインを入手したら、ここで紹介した方法を使ってトークンの追加をおこなってください!

コントラクトアドレスを使ってトークンを追加する方法

ここではコントラクトアドレスを使ってトークンを追加する方法も紹介しておきます。

コントラクトアドレスとは、トークン(仮想通貨)ごとに付与されているアドレスで、要するにマイナンバーや免許番号みたいなIDのことです。

はやたす

CAKEであれば、コントラクトアドレスは「0x0e09fabb73bd3ade0a17ecc321fd13a19e81ce82」と決まっています。

今回はBSC(Binance Smart Chain)上の「USDC」を追加する手順を紹介しますね!

手順①:トークンを追加する画面を開く

コントラクトアドレスをもとにトークンを追加するには、メタマスクで「トークンをインポート」をクリック。

ここでトークンのコントラクトアドレスを入力していきます。

手順②:コントラクトアドレスを調べる

コントラクトアドレスを調べるときも、やはりCoinMarketCapを使います。

画面右上の検索を使って、「USDC」のページを開いてください。

how-to-add-token-to-metamask20

USDCのページを開いたら「More」をクリックします。

how-to-add-token-to-metamask11

ここでBNB Smart Chainのアドレスをコピーしましょう。

how-to-add-token-to-metamask12

ちなみに、USDCのように複数のチェーンに対応しているトークンを追加するときは、各チェーンごとのアドレスをコピーします

例:Avalanche上のUSDCを追加する → Avalanche C-Chain版USDCのアドレスをコピーする

各チェーンに合ったアドレスをコピーするようにしてください。

手順③:コントラクトアドレスをペーストする

最後にコピーしたコントラクトアドレスを、トークンのインポート画面でペーストしましょう。

これでBSC上のUSDCを追加できました!

how-to-add-token-to-metamask15

今回はBSC上のUSDCで解説しましたが、どのトークンを追加するとしても同じ方法を使えます!

コントラクトアドレスを使う方法も、念のため覚えておいてください!

送金した仮想通貨(トークン)を自動で追加する方法

新しいトークンを入手したら、毎回この作業をしないといけないのか…」と感じた人向けに、自動でトークンを追加する方法を紹介します。

まずはメタマスクを開いて、画面右上のアイコンマークから「設定」を開きます。

ここで「実験的」を開いて「トークン検出を使用」を「オン」にすると、入手した仮想通貨が自動で表示されるようになります。

メタマスクの扱いに慣れるまでは、この機能を使っても良いかもしれません!

メタマスクにトークンを追加できないとき

メタマスクにトークンを追加できないのは、以下2つのケースが考えられます。

  • ネットワークが合っていない
  • トークンアドレスを間違えている

①ネットワークが合っていない

他のネットワークのコントラクトアドレスでは、トークンの追加ができません。

例えば「USDT」では、以下のようにチェーンごとにコントラクトアドレスが異なります。

ネットワークコントラクトアドレス(USDT)
イーサリアム0xdac17f958d2ee523a2206206994597c13d831ec7
BSC0x55d398326f99059ff775485246999027b3197955
Avalanche0x9702230A8Ea53601f5cD2dc00fDBc13d4dF4A8c7

もしBSCで「USDT」を表示したいなら、BSC専用のコントラクトアドレスを使うようにしてください。

②トークンアドレスを間違えている

TwitterやDiscordに掲載されているアドレスをコピーするとき、途中で文字列が切れてしまった可能性があります。

トークンアドレスを間違えていないか、もう一度チェックしてみてください。

まとめ:メタマスクを使いこなしてNFTゲームやDeFiで稼ごう!

というわけで、この記事では「メタマスクにトークンを追加する方法」を紹介しました。

ここで書いたことを実践すれば、メタマスクを使いこなしてNFTゲームやDeFiで稼げるようになります。

本記事の内容は大事になってくるので、ツイートしておくか、メモ帳に残すなどして、いつでも見返せるようにしておいてください。

また、NFTゲームやDeFiで稼ぐには、必ず以下の手順で仮想通貨を送金する必要があります。

  1. 国内取引所で仮想通貨(リップルなど)を買う
  2. 購入した仮想通貨をバイナンスに送金する
  3. バイナンスで必要な仮想通貨(BNBなど)を入手する
  4. バイナンスからメタマスクに仮想通貨を送金する

海外取引所へ仮想通貨を送金するなら、ビットフライヤーがおすすめです。

スマホアプリが使いやすいし、リップルの送金手数料が「無料」なので、無駄な出費を削減してビットコインの購入に当てられますよ

コインチェックだと送金手数料が高いので、NFTゲームやDeFiで稼ぎたい人はビットフライヤーを使うようにしましょう。

\ 最短10分で始められる /

※登録方法が分からないときは、ビットフライヤーで口座開設する方法を参考にしてみてください。

無料でビットコインをもらう

あわせて今のうちにビットコインを0円で貰っちゃいましょう!

あわせて読みたい
【12/29まで】無料で5,500円分のビットコイン(仮想通貨)をもらう方法【知らないと損】 仮想通貨に興味はあるけど、投資で損したくないな...自分で買わずにビットコインをもらうことはできないかな... そんな方に向けて、無料でビットコインや仮想通貨をもら...
SNSに投稿して読み返す
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

追伸:無料のLINEマガジンを始めました!

仮想通貨リテラシーを上げるためのLINEマガジンを始めました!

本やネットを見ても、難しくてあんまり理解できない...」という人のために、「失敗しない!仮想通貨の始め方」の動画プレゼントも準備しています。

  • これから仮想通貨を始めたい
  • いま流行りのNFTに触れてみたい
  • DeFiを使って資産運用をしていきたい

このように感じていたら、ぜひチェックしてくださいね!僕が出版した書籍の無料配布もLINEで案内しています。

» LINE公式アカウントはこちら

※LINEアカウントは配信数に限りがあるので、いつフォームを閉じるか分かりません。早めに登録することをお勧めします!

目次