LIFE

20代が読むべきおすすめ本15選【筆者 : 22歳/月70万円】

20代 本 読むべき おすすめ
本を読んでみたい20代
本を読んでみたい20代
最近、将来が不安になってきたし、読書を始めたいな…。

20代におすすめの本はないかな?

この記事では、上記のような悩みを解決していきます。

 

この記事の内容

  • 20代におすすめの本15冊
  • 読書するメリットについて
  • お得に読書する方法

 

この記事を書いている僕は、22歳のときに独立して、現在23歳にして月の売上が100万円ほど。

おそらく同年代の中では、わりと高収入を得ている方だと思います。

 

今回はそんな僕が、「20代が読むべきおすすめ本15選」について書いていきます。

ちなみに僕自身、昔は読書が本当に嫌いでした。

そんな僕が執筆するので、この記事を読めば読書が嫌いな20代でも、人生を変える本に出会えるようになりますよ。

 

20代が読むべきおすすめ本15選【筆者 : 22歳/月70万円】

20代 本 おすすめ 読むべき


これから読書を始める20代におすすめしたいのは、とりあえず15冊です。

 

おすすめ本① : 金持ち父さん 貧乏父さん

どんな人がお金持ちになって、逆にどんな人が貧乏になるのか分かる本です。

 

それぞれの「父さん」について、少しネタバレです。

  • 貧乏父さん : 高学歴で教師になり高収入。でもお金に困っている。
  • 金持ち父さん : 中卒で会社を経営。豊かな暮らしを築いている。

 

なぜ高収入なのに、お金に困って貧乏父さんになってしまうのか。

原因が分からないなら、必読の本です。

 

僕が読書にハマったきっかけです

ちなみに、僕は「金持ち父さん 貧乏父さん」を読んで、読書が好きになりました。

今は改訂版になっていますが、当時はかなり分厚い本。それでも、読書嫌いな僕が、完読できました。

 

そういった意味でも、「金持ち父さん 貧乏父さん」は必読かなと思いますね。

 

おすすめ本② : お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方

資本主義の攻略本です。

 

この記事を読んでいる人は、「保険って絶対に加入するものだ」と思っていませんか?

今は加入しなくても、いずれは契約するべきだろうとか。

 

そう考えている人は、間違えなく資本主義を攻略できていません。

タイトルは「お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方」ですが、僕は「貧乏にならないための方法論」だと考えています。

 

少し内容が難しいかもしれないですが、貧乏になりたくないと考えているなら必読です。

 

おすすめ本③ : 漫画 バビロン大富豪の教え

わりと新しい本です。

元は書籍だったのですが、マンガで出版されました。

 

僕は、この本を本屋さんで立ち読みしたのですが、気がつけば1時間くらい没頭して読み込んでいました。

マンガだから純粋に面白いし、なのにマネーリテラシーは爆上がりするという、読書初心者にピッタリの本です。

 

マンガを読むのが得意な人なら、リアルに30分〜1時間くらいで読めます。

お金に対する考え方も変わるので、できるだけ早く読むのが良いですよ。

 

おすすめ本④ : レバレッジリーディング

「読書の仕方」を学べる本です。

 

なぜ読書の仕方を学ぶんだ…」と思われるかもしれないですが、それは読書したことを身にするためです。

当然ですが、受験勉強のとき「勉強したことを忘れてしまった経験」はありませんか?

 

特に暗記系の科目は、一度覚えたのに忘れてしまうことが多かったはず。

そして、それは読書でも同じことが言えます。

せっかく本を読んでも、忘れてしまっては時間のムダです。

 

読書して、それを実際に使ってこそ意味があります。

読書を意味あるものにするために、そもそも読書の仕方を学んでいきましょう。

 

おすすめ本⑤ : アウトプット大全

成長を加速させるアウトプット法を学べる本です。

 

知識を定着させるのに大事なのは、インプットではなくアウトプットです。

よくある失敗パターンが、インプットだけして満足すること。

 

これだけだと「勉強した気」にはなるけど、次の日には忘れてしまいます。

読書したことを、しっかりと自分のものにしたいなら、アウトプット方法を学んでいきましょう。

※もちろん読書した後は、この本に書かれている内容でアウトプットですよ。

 

おすすめ本⑥ : イシューからはじめよ

ロジカルシンキングを鍛える本です。

 

コンサルファームで働く人は、間違えなく読んでいる本ですね。

というか、基本的にデキるサラリーマンは、みんなこの本を読んでいます。そして、仕事で実践しています。

 

イシューのない仕事は、やる価値がありません。そして、イシューの高い仕事をしないと、年収は上がりません。

良い仕事をして年収を上げていきたいなら、必読の本ですね。

 

おすすめ本⑦ : 自分のアタマで考えよう

こちらもロジカルシンキングを鍛える本です。

 

コンサルファームで働いていた人に、この本を教えてもらいました。

著者のちきりんさんはブロガーなこともあり、ロジカルシンキングの本なのに読みやすいのが特徴。

小難しい話が苦手な人でも、読み進められます。

 

対女性だとロジカルシンキングは嫌われますが、ビジネスの場なら間違えなく必須の考え方です。

「考えること」に慣れていないなら、是非とも読んでおきましょう。

 

おすすめ本⑧ : まんがでわかる7つの習慣

ベストセラー書籍のマンガ版です。

 

元々、わりと分厚い書籍なのですが、それがマンガでコンパクトに読めるように。

書籍だと読むのに挫折する人も多かったですが、これなら安心して7つの習慣を習得できます。

 

そもそも7つの習慣とは、、、人生を成功させるための答えです。

現状に不満があるなら、間違えなく7つの習慣を取り入れるべきですよ。

 

おすすめ本⑨ : エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

こちらのベストセラーの書籍。

ざっくり要約すると、「無駄なことを切り捨てて、意味あることだけやっていこう」という考え方が書かれています。

 

こういった考え方は、かなり大事です。

逆の言い方をすると「無駄なことをやっているから、人生が開花しない」とも言えます。

 

少し辛辣な言い方をしましたが、僕も独立する前は多くの無駄を削ってきました。

  • 通勤時間
  • 残業時間
  • 目的のない飲み会に行く時間
  • 友達のSNSを見る時間

僕はデキる人間ではないですが、、、世の中のデキる人は、例外なく無駄な時間を削っています。

 

人生を成功させたいなら、エッセンシャル思考を身につけましょう。

 

おすすめ本⑩ : ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく

ホリエモンの「成功に至るまで」が書かれています。

 

ホリエモンと聞くと、天才だから成功したように思えます。

でも、なかなか苦労した過去を歩んでいるんですよね。

 

そんな成功者の苦労した体験を、この一冊で学べます。

こういった苦労体験を知っておくと、僕たちは同じ過ちを繰り返さずに済みますからね。

 

何か仕掛ける半ばなら、この本を読んで成功までショートカットしていきましょう。

 

おすすめ本⑪ : 凡人道

「凡人の生き方」が書かれた本です。

 

起業とか意識高いことは考えていないけど、それなりに幸せな人生を送りたい」と考えているなら、この本はピッタリかと。

 

「年収400万円でも幸せに暮らす方法」が書かれており、わりと現実的に実践可能な内容になっています。

どことなく将来に不安を感じている人は、凡人道を極めていきましょう。

 

おすすめ本⑫ : 嫌われる勇気

読書が苦手な人でも、読んだことのある名著です。

 

この本を読むと「他人からの評価」とか、まったく気にならなくなります。

 

他人の目を気にして生きている人は、「嫌われる勇気」を読んで、メンタルブロックを解除していきましょう。

他人の評価を気にしつつ生きるのは、なかなか窮屈です。

 

おすすめ本⑬ : LIFE SHIFT(ライフシフト)

「人生100年時代の攻略方法」が書かれている本です。

 

  • 45歳以上のリストラ
  • AIによる仕事の剥奪

最近だと、上記のように、働き方が大きく変化しつつあります。

 

そんな状況下で、人間の寿命は100歳以上になると言われており、、、今までと同じような生き方をしていると、間違えなく人生詰みゲーになります。

詰みゲーにせず人生100年時代を楽しむためには、、、この本を読んで攻略して行くのが良いですね。

 

ゴリゴリの本が苦手な方は、マンガがおすすめ

書籍が苦手なら、マンガ版も出版されています。

 

本を読むのが苦手ななら、マンガでOKなので読んでおきましょう。

言い方を変えると、将来が不安ならマンガ版にしてでも読むべきです。

 

おすすめ本⑭ : ブチ抜く力

最強の自己啓発本です。

 

与沢翼さんは、賛否両論分かれますが、、、僕は参考にすべきだと思っています。

というのも、事業を成功させるための「鉄則」が、しっかりと書かれているんですよね。

 

サラリーマンを頑張るにせよ、副業を頑張るにせよ、この本で書かれている考え方は非常に参考になります。

 

お金に困らず、人生をよりよくして生きたいのであれば、読むべき1冊かと。

 

おすすめ本⑮ : 転職の思考法

文字どおり「転職の思考法」について書かれた本です。

 

  • いつ転職すれば良いのか?
  • どんな業界・会社に転職すれば良いのか?
  • どうやって転職すれば良いのか?

転職の関する悩みが、これ一冊で解決できます。

 

なお、正式なタイトルは「このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む転職の思考法」ですね。

タイトルのとおり、「このまま今の会社にいていいのか?」と感じたら、間違えなく読むべきです。

 

僕自身、会社員をやっていたときに「転職しようか、それとも今の会社でもう少し経験を積もうか」で、かなり悩んでいました。

 

そんなときに、この「転職の思考法」を読んで、「やっぱり、今のままではマズイな…」と思い、ジョブチェンジした次第です。

僕は22歳で、この本に出会えて本当に良かったと感じています。

 

20代が本を読むメリット【実体験を元に解説】

20代 本 おすすめ 読むべき


20代が本を読むメリットは、人生が生きやすくなることです。

 

読書すると、圧倒的に視野が広がります

 

大学4年生のときに初読書したとき、書かれている内容を見て「こんな生き方があるのか…」と感動しました。

 

  • サラリーマンでは豊かになれない
  • 「個人で稼ぐ」が当たり前になる
  • ブログで稼いだり、プログラミングで稼げる

内定をもらったばかりの自分にとって、かなり衝撃的な内容でした。

 

そして「サラリーマンとして定年まで勤め上げる」しか知らなかった僕は、視野が狭かったな…と感じましたね。

 

そのうち、読書して新しいことを知るのが楽しくなり、どんどん読書するように。

結果として、大学生ながら投資の知識が身に付いたり、ブログで月5万円稼げるようになりました。

 

読書すると、刺激的な出会いが待っています

 

読書するだけでなく、さらに行動しました。

 

行動した結果が、こちらです。

  • STEP① : オンラインサロンに参加してみる
  • STEP② : サロンの人に会ってみる
  • STEP③ : 経営者と繋がりを持てる

こんな感じで、周りには尊敬できる大人で囲まれるようになりました。

そして、今では仕事を依頼してもらえるようになり、圧倒的に世界が広がりましたね。

 

読書すると、今後の流行りが分かります

 

今ままでは、メガバンクに勤めれば人生安泰でした。

でも、今ではメガバンクなんて誰も行きたがりません。

 

読書をすると、こういった「時代の流れ」が分かるようになります。

僕がおすすめした『転職の思考法』にも書かれていますが、成長している産業で戦っていかないことには、市場価値は上がらないですからね。

 

年収が上がらなくて嘆いている人は、読書して視野を広げつつ、時代の流れを読んでおくべきです。

 

今後も加速するIT業界

読書せずとも、間違えなくIT業界が伸び続けることは分かります。

すでに人材不足と言われていますが、今後さらにエンジニアが足りなくなりますからね。

 

僕が高収入を得ているのも、IT業界です。

今のうちから波乗りするために、プログラミングの勉強をしておくと良いですね。

英語と同じくらい、ビジネスの場では重要なものになるはずです。

プログラミングスクール オンライン
オンライン型プログラミングスクールのおすすめランキング【2020年版】『何か手に職をつけるスキルを身に付けたいから、プログラミングを学びたいな〜。オンラインで受講できる、おすすめのプログラミングスクールが知りたい!』このような悩みを解決する記事になっています。オンライン型プログラミングスクールのおすすめランキングが知りたい方は必見です。...

 

裏ワザ : 本を格安で読む方法【20代に嬉しい】

20代 本 おすすめ 読むべき

さらに、本を格安で読む方法を紹介します。

1冊1,500円だと高額に感じる方は、使ってみる価値ありです。

 

本を格安で読む方法① : Amazon Kindle Unlimited

 

Amazon Kindle Unlimitedを使うと、月額980円で電子書籍が読み放題になります。

もちろん、すべての本・書籍を読めるわけではないですが、ある程度はラインナップが揃っていますね。

 

中でも僕のおすすめは、武器になる哲学です。

Amazon Kindle Unlimited 武器になる哲学

「哲学」と聞くと、難しいイメージを持つかもしれませんが、ビジネスパーソン向けに書かれているので、かなり読みやすくなっています。

哲学をまったく知らないのであれば、社会人としての一般教養にもなるし、一読する価値は十分にありますね。

 

1ヶ月無料です

下の画像のとおり。

20代 本 おすすめ

Amazon Kindle Unlimitedは、最初の1ヶ月間は「無料」で使えます。

本を読みたいけど、お金がかかるのに抵抗を感じる人は、こういったサービスをうまく利用すると良いですね。

 

さらに : Audibleがおすすめ

そもそも読書すらしたくないのであれば、Amazon Audibleがおすすめです。

Amazon Audible

Amazon Audibleは、本を「聴く」サービスなので、読書しなくても知識が身に付くようになっています。

おそらく、ほとんどの人は、いつもの通勤時間をなんとなく音楽を流して過ごしているはず。

 

でも、通勤時間でAmazon Audibleを使ってあげれば、無駄な時間を過ごさず、有益な時間に変えることができます。

本が嫌いな人は、こういう小さな積み重ねからです。

 

Amazon Audibleは、最初の一冊が「無料」で聴けるので、とりあえず登録しておくだけでも良いですね。

 

本を格安で読む方法② : flier(フライヤー)

 

他にも、flier(フライヤー)という本の要約サービスがおすすめです。

そもそも本っていうのは、200〜300ページの形にするために、かなりカサ増しされています。

つまり、読まなくても良い部分まで書かれているので、少し無駄な時間が生まれてしまうんですよね。

 

でも、flier(フライヤー)を使えば、最初から本が要約されているので、1冊10分もあれば内容が把握できます。

flier 特徴

忙しいビジネスパーソンにとって、1日2〜3時間も読書に時間を使うのは難しいはず。

なので、flier(フライヤー)のようにサクッと読書できるツールを使うのもアリですね。

 

ちなみに、flier(フライヤー)は料金プランが3つあります。

flier 料金プラン

シルバープランだと月5冊までですが、ゴールドプランだと全てのコンテンツが読み放題になります。

ゴールドプランは高いと感じるかもしれませんが、本を1冊買うのと同じ値段です。

 

読書に多くの時間をかけられない人は、flier(フライヤー)を使ってみると良いですね。

 

まとめ : 20代のうちから本を読めば、人生がイージー化します

 

というわけで、20代におすすめの書籍を紹介してきました。

20代のうちから本を読んでおけば、人生がイージー化します。

これは僕の実体験で、21歳のときに本を読み始めて、22歳では月に70万円稼げるようになりました。

 

それくらい読書する費用対効果は高いです。

1冊1,500円とかで買えるので、この記事で紹介した書籍をすべて読んでも、15,000円とかですよね。

15,000円で、収入を3倍くらいあげられると考えると、株式に投資するよりコスパ良いです。

 

20代のうちから人生を変えたいと思ったら、是非ともこの記事で紹介した書籍を読んでみてください☺️

皆さんの人生が、豊かになりますように。

 

おすすめの記事