Programming

TechAcademy(テックアカデミー)のおすすめコース3選【元スクール講師が厳選】

TechAcademy おすすめ コース
TechAcademyの利用を考えている人
TechAcademyの利用を考えている人
TechAcademy(テックアカデミー)を使ってプログラミング学習を始めようと思うんだけど、どのコースがおすすめなのかな…。

コースが多すぎてよく分からないし、スクール講師やってた人がいたら丁寧に教えて欲しい!

この記事では、上記のような悩みを解決していきます。

 

この記事の内容

  • TechAcademy(テックアカデミー)でおすすめのコース3選
  • TechAcademy(テックアカデミー)でおすすめしないコース3選

 

この記事を書いている僕は、現役のフリーランスエンジニア。

スタートアップから大企業まで、色々な会社でエンジニアをやってきました。また、元々スクールで講師を勤めていたので、業界事情についても詳しいです。

 

今回はそんな僕が『TechAcademy(テックアカデミー)でおすすめのコース3選』を紹介していきます。

なお、おすすめのコースだけでなく、おすすめしないコースも解説しました。読者の皆さまには、スクール選びで後悔して欲しくないので。

 

TechAcademy(テックアカデミー)の受講で失敗したくない人は必見です(`・ω・´)!

 

TechAcademy(テックアカデミー)のおすすめコース3選【元スクール講師が厳選】

テックアカデミー おすすめ コース

結論、TechAcademyでおすすめのコースは、以下の3つです。

順番に紹介していきます。

 

Webエンジニアを目指すなら : Webアプリケーションコース

テックアカデミー おすすめ コース1
どんなコース?Rubyを使ったアプリの開発と公開を学べる
誰におすすめ?Webエンジニアを目指す人 / 20代後半までの人
おすすめの期間は?2ヶ月 / 3ヶ月
注意点は?PHP/Laravelコースが良い場合あり

Webエンジニアを目指すなら、Webアプリケーションコースを受講すれば間違えないです。

 

このコースをおすすめする理由は、以下のとおり。

  • Rubyという言語自体がおすすめ
  • 開発〜デプロイ(アプリの公開)まで学習できる
  • オリジナルアプリ(制作物)が作成できる

Rubyをおすすめする理由は、モダンなWeb系企業で最も採用されているプログラミング言語だからです。

ゆえに、Webエンジニアを目指すとなったら、Rubyを勉強するのが安定ですね。

 

また、エンジニア転職では「ポートフォリオ = 制作物」が必要になります。しかし、そこはさすがTechAcademy(テックアカデミー)で、Webアプリケーションコースでは、制作物の作成までサポートしています。

 

なので、Webエンジニアになりたくて、TechAcademy(テックアカデミー)の受講を考えている」のであれば、Webアプリケーションコースを選べば失敗しません。

 

Webエンジニアに、制作物が必要な理由

エンジニア転職する場合、企業からすれば「採用するメリット」がなければ採りたいと思いません。

 

たとえば、以下の例をご覧ください。

  • Aさん : プログラミング勉強しました!働きたいです!
  • Bさん : プログラミングを勉強して、こんなアプリまで作成しました!働きたいです!

上記のような2人がいたとして、どちらを採用したいと思いましたか?

間違えなく、Bさんですよね。

要するに、「ポートフォリオを作成して、自分のスキルをアピールする必要がある」ってことです。

 

とはいえ、プログラミング初心者が、いきなりWebアプリを作成するのは難しいのも事実。

でも、テックアカデミーのWebアプリケーションコースでは、基礎から学びつつ制作物の作成もできます。

 

「プログラミングで挫折せずに、Webエンジニアを目指したい」なら、このコースの受講を考えてみましょう。

 

\ 将来にも役立つスキルを身につける /

このコースを見てみる »

とにかくエンジニアになりたいなら : PHP/Laravelコース

テックアカデミー おすすめ コース2
どんなコース?PHPを使ったアプリの開発と公開を学べる
誰におすすめ?とにかくエンジニアを目指す人 / 20代後半までの人
おすすめの期間は?2ヶ月 / 3ヶ月
注意点は?Webアプリケーションコースが良い場合あり

 

Webエンジニアに絞らず、とにかくエンジニアを目指したいならPHP/Laravelコースがピッタリです。

Webアプリケーションコースとの大きな違いは、RubyではなくPHP、Ruby on RailsではなくLaravelを学習する点です。

 

では、RubyとPHPの違いは何かというと、それは「採用している企業の数」です。

 

フリーランス案件で確認

レバテックフリーランスでRubyとPHPの案件数を比較すると、以下のようになっています。

Ruby PHP 案件数
  • Ruby : 573件
  • PHP : 1,347件

上記のとおり。PHPだとRubyの2倍ほど案件数が多いです。

 

PHPは、Webアプリの開発をするスタートアップ企業から、システム開発する大企業まで、幅広く使われている言語です。

また「WordPress」という、サイトを簡単に作るための技術にも、PHPが使われています。

上記の理由でPHPを採用する企業が多いので、「とにかくエンジニアになりたい」のであればPHPを学べるPHP/Laravelコースが良いです。

 

\ 将来にも役立つスキルを身につける /

 このコースを見てみる »

副業で稼ぎたいなら : フロントエンドコース

テックアカデミー おすすめ コース3
どんなコース?ホームページ作成のスキルを習得できる
誰におすすめ?副業で稼ぎたい人 / 年齢制限なし
おすすめの期間は?1ヶ月 / 2ヶ月
注意点は?エンジニア転職したい場合、スキル不足になる

 

「エンジニア転職は考えていないけど、副業で稼いでいきたい」と考えているなら、フロントエンドコースが良いです。

というのも、プログラミングを使って副業で稼ぐ場合、以下のようなスキルが必要になります。

  • HTML
  • CSS(BootStrap)
  • JavaScript / jQuery

 

プログラミング初心者だと「こんなに勉強することあるの?」と思われるかもしれないですね。

でも、TechAcademy(テックアカデミー )のフロントエンドコースでは、以下のような内容を学べます。

テックアカデミー フロントエンドコース 内容

先ほど紹介したHTML/CSSはもちろん、JavaScript/jQueryもしっかり学べますよね。

つまり、フロントエンドコースを受講すると、副業で稼ぐためのスキルがすべて身に付くようになっています。

 

「今より収入を伸ばしたい」とか、「場所を選ばずに稼ぎたい」と考えているなら、フロントエンドコースを選べば間違えないです。

 

\ 将来にも役立つスキルを身につける /

 このコースを見てみる »

TechAcademy(テックアカデミー)でおすすめしないコース3選

 

TechAcademyを受講するときに、気をつけておきたいコースを紹介します。

※コースが悪いとかではなく、「もしかしたら方向性を間違えているかもしれないよ」と言った意味です。

 

エンジニア転職保証コース

 

エンジニア転職保証コースは、受講に少し注意が必要になります。

なぜなら、学習するプログラミング言語がJavaだからです。

 

Javaというプログラミング言語は、大企業のシステムや金融系の基幹システムに使われています。

※少し前だと、Androidアプリとか使われていましたが、最近ではKotlinという言語に代用されつつあります。

 

おそらく、これからエンジニアを目指している方は、以下のようなイメージでいるはず。

  • 服装が自由
  • リモートワークもできる
  • モダンな技術を取り入れまくっている

Javaを採用する企業はどちらかと言うと、上記とは真反対の企業が多いです。

大企業や金融機関のシステムなので、服装はスーツのことが多いですし、リモートワークは秘密保持のためできず、モダンな技術を取り入れている可能性が低いです。

 

今までどおり、安定してシステムが動けば良いので、モダンな技術を取り入れる必要がないんですよね。

 

なので、

  • 服装がスーツ
  • リモートワークはできない
  • 使う古された技術を使う

最初から以上のようなイメージを持ってエンジニアになるなら問題ないです。

でも、Javaを勉強してエンジニアになった結果、「想像していたエンジニアライフと違った…。」とならないように注意が必要ですね。

 

WordPressコース

 

WordPressコースが悪いというか、「フロントエンドコース + WordPress独学」の方が、Web制作を学ぶ上では効果的だと感じています。

というのも、フロントエンドの部分ができていれば、あとはWordPress化するだけになり、それだけであれば独学でも十分に対応できるからです。

 

個人的には、フロント部分をガッツリ勉強しつつ、あとはWordPressを自分で勉強するのが、ベストな学習方法だと感じていますね。

 

とはいえ、自信がなければWordPressコースもアリ

でも、プログラミングに自信がなければ、WordPressコースを受講するのもアリかなと。

そもそもプログラミングスクールを利用するのって、プログラミングの独学に自信がないからだと思うので。

 

お金に余裕があって、WordPressについてガッツリ勉強していきたいのであれば、独学で無理せずにTechAcademyを利用するのが良いですね。

プログラミングスクールを使って勉強するのが、最速で習得できるのは間違えないです。

 

▼エンジニアになる基礎体力を身につけられる!!

 WordPressコースを見てみる >>

エンジニアを目指したい方向け
他のスクールよりも格安で受講できる

まとめ : TechAcademyは、レベルが高いのでおすすめです

 

というわけで、TechAcademyでおすすめのコースや、気をつけておきたいコースを紹介してきました。

色々と書きましたが、TechAcademyはカリキュラムのレベルが高く、それでいて料金が他と比較して安いのでオススメですね。

 

もし、この記事で紹介したコースを受講するようであれば、以下の受講期間を選択すると良いです。

プログラミングは長期間ダラダラやるよりも、短期集中した方が絶対に伸びるので。

 

もちろん、最終的には自分の興味あるコースと照らし合わせつつ、TechAcademyを受講してみてください。

TechAcademyでは、1週間の無料体験もやっているので、その場で「どのコースを受講するか」相談しても良いと思いますよ(`・ω・´)!

 

▼エンジニアになる基礎体力を身につけられる!!

 TechAcademyの無料体験を見てみる >>

エンジニアを目指したい方向け
他のスクールよりも格安で受講できる

 

最近だと、エンジニアの人気が高まっていて競争率が高くなっています。

できるだけ先手必勝するために、早めに行動していきましょう(`・ω・´)!

おしまいです。

 

おすすめの記事