Programming

TechAcademyのおすすめコース3選【フリーランスエンジニアが厳選】

TechAcademy おすすめ コース
TechAcademyの利用を考えている人
TechAcademyの利用を考えている人
TechAcademyを使ってプログラミング学習を始めようと思うんだけど、おすすめのコースはどれかな…。

あまりに多すぎて、よく分からない!

この記事では、上記のような悩みを解決していきます。

プログラミングを勉強しようと思い、TechAcademyを使おうと決心するも、「どのコースを受講すれば良いんだろう」と感じたことはありませんか?

 

TechAcademyを受講すれば、未経験からでもプログラミング学習を始めて、スキルを身につけられるようになります。

さらに、プログラミングスクールの中で1番有名だし、料金も他と比べて格安で受講できるので、是非ともTechAcademyを使っていきたいですよね。

 

でも、

  • TechAcademyでおすすめのコースはどれだろう?
  • 逆に、TechAcademyで受講しないほうが良いコースはどれだろう?
  • TechAcademyの受講期間は、どれくらいにすべきだろう?

といった疑問をお持ちですよね。

 

そこで、この記事では「TechAcademyでおすすめのコース3選」を、現役フリーランスエンジニアの視点から解説します。

Web系のスタートアップから大企業まで、幅広くエンジニアを経験しているので、かなり業界には詳しい方ですね。

 

TechAcademyのおすすめコース3選【フリーランスエンジニアが厳選】

TechAcademy プログラミングスクール

結論、TechAcademyでおすすめのコースは、以下の3つです。

順番に紹介していきますね。

Webアプリケーションコース(Ruby・ Ruby on Rails)

TechAcademy Webアプリケーションコース トップ

特段大きなこだわりがなければ、Webアプリケーションコースを受講すれば間違えないでしょう。

Webアプリケーションコースでは、HTML/CSS/BootStrapといったフロントエンドの基礎知識や、データベースを操作するためのSQLなど、Ruby以外にもアプリケーション作成で必要なスキルが習得できるコースです。

TechAcademy Webアプリケーションコース

 

そして、Webアプリケーションコースをおすすめする理由は、下記のとおりです。

  • Rubyという言語自体がおすすめ
  • 開発〜デプロイ(アプリの公開)まで学習できる
  • オリジナルアプリ(制作物)が作成できる

以上を学習することで、エンジニアとして活動するための「基礎体力」が身についた状態になっています。

 

これからプログラミングを勉強してエンジニアに転職する場合、企業側からすれば「採用するメリット」が見えなければ、採りたいと思いません。

そして、採用するメリットを見せるには、自分はこれだけのモノが作れます!とアピールする必要があります。

  • Aさん : プログラミング勉強しました!働きたいです!
  • Bさん : プログラミングを勉強して、こんなアプリまで作成しました!働きたいです!

上記のような2人がいたとして、どちらの方が「スキルがある」と分かりやすいでしょうか。

間違えなく、Bさんですよね。

Bさんのように、プログラミングを勉強した上で、何か作れるくらいの力をつけておかないと、エンジニア転職は難しいです。

 

でも、Webアプリケーションコースなら、メンターさん(講師)からのサポートを受けつつ、オリジナルアプリを作成できます。

これ一本で、エンジニア転職に必要なスキルとポートフォリオがゲットできるので、コスパは非常に良いですね。

 

使用言語がRubyなのもデカイです

そして、Webアプリケーションコースは、Rubyを勉強できるのが最大のメリットです。

なぜなら、実務経験を1年積めば、参画できるフリーランス案件があるから。

このツイートは、フリーランスエージェントをやっている会社の社長さんのツイートで、実際に実務1年で単価50万円以上取れていることが分かりますね。

 

大手フリーランスエージェントの「レバテックフリーランス」で案件を探してみても、Ruby on Rails実務1年で募集しているものがあります。

Ruby on Rails 実務1年

 

以上から、Webアプリケーションコースは、「特に勉強したい言語とかないけど、エンジニアになって実務経験を積んだあと、フリーランスになりたい」と考えている方におすすめです。

 

▼エンジニアになる基礎体力を身につけられる!!

Webアプリケーションコースを見てみる >>

エンジニアを目指したい方向け
他のスクールよりも格安で受講できる

PHP/Laravelコース

TechAcademy PHP:Laravelコース トップ

基本的にはWebアプリケーションコースが良いと思っているのですが、PHP/Laravelコースも選択肢です。

WebアプリケーションコースPHP/Laravelコースの大きな違いは、RubyではなくPHP、Ruby on RailsではなくLaravelを学習する点です。

TechAcademy PHP:Laravelコース

逆に、その他には大きな違いはありません。

 

RubyとPHPの違いとは

RubyとPHPの違いは、採用している企業の数です。

再びレバテックフリーランスの案件数で比較すると、Rubyが582件に対して、PHPは1,418件もあります。

レバテックフリーランス 案件数

案件数で比較してみると、PHPの方が2倍ほど多いですね。

 

なぜPHPの案件数がこれほど多いのかというと、使われている場面が多いから。

  • Webアプリ
  • WordPress
  • Webシステム

このように、PHPは色々なことができる言語です。

ただ、スタートアップで使われる言語としてはRubyの方が多いので、いわゆるWeb系のフリーランスを目指すならRubyの方が良いかなと。

 

でも「豊富な案件数に魅力を感じ、できることを増やしながら将来的にフリーランスになりたい」と考えているのであれば、PHP/Laravelコースを選択すると良いでしょう。

 

▼エンジニアになる基礎体力を身につけられる!!

 PHP/Laravelコースを見てみる >>

エンジニアを目指したい方向け
他のスクールよりも格安で受講できる

フロントエンドコース

TechAcademy フロントエンドコース トップ

エンジニア転職ではなく、Web制作を副業でやっていきたいと考えている方は、フロントエンドコースをおすすめします。

フロントエンドコースは、JavaScriptを中心に学んでいくコースです。

TechAcademy フロントエンドコース

ポイントは、JavaScriptだけでなく、Web制作でよく使われるVueやjQueryなどのフレームワークまで扱っていることですね。

 

つまり、フロントエンドコースを受講すると、Web制作で必要になるフロントエンドのスキルが網羅的に身につくようになります。

受講したあとは、エンジニア転職して実務経験を積んでも良いし、クラウドワークスランサーズなど、クラウドソーシングを利用して案件を獲得するのもOK。

 

「個人で稼ぎたい」とか「場所を選ばずに稼ぎたい」と考えている方は、フロントエンドコースを受講するのが良いですね。

 

さらに : WordPressができると、世界観が広がる

フロントエンドコースを学習した後は、WordPressの勉強をすると良いです。

なぜなら、受注できる案件数が増えるから。

 

WordPressの勉強は、そこまで難しくないので、フロントエンドコースを受講した方なら独学で習得できるでしょう。

少し古いですが、ドットインストールのWordPressがオススメです。

※こちらは無料で学習できるので、追加費用が必要ないですよ。

 

▼エンジニアになる基礎体力を身につけられる!!

 フロントエンドコースを見てみる >>

エンジニアを目指したい方向け
他のスクールよりも格安で受講できる

少し注意 : TechAcademyを受講するとき、気をつけたいコース

TechAcademy おすすめ コース

TechAcademyを受講するときに、気をつけておきたいコースを紹介します。

※コースが悪いとかではなく、「もしかしたら方向性を間違えているかもしれないよ」と言った意味です。

 

エンジニア転職保証コース

 

エンジニア転職保証コースは、受講に少し注意が必要になります。

なぜなら、学習するプログラミング言語がJavaだからです。

 

Javaというプログラミング言語は、大企業のシステムや金融系の基幹システムに使われています。

※少し前だと、Androidアプリとか使われていましたが、最近ではKotlinという言語に代用されつつあります。

 

おそらく、これからエンジニアを目指している方は、以下のようなイメージでいるはず。

  • 服装が自由
  • リモートワークもできる
  • モダンな技術を取り入れまくっている

Javaを採用する企業はどちらかと言うと、上記とは真反対の企業が多いです。

大企業や金融機関のシステムなので、服装はスーツのことが多いですし、リモートワークは秘密保持のためできず、モダンな技術を取り入れている可能性が低いです。

 

今までどおり、安定してシステムが動けば良いので、モダンな技術を取り入れる必要がないんですよね。

 

なので、

  • 服装がスーツ
  • リモートワークはできない
  • 使う古された技術を使う

最初から以上のようなイメージを持ってエンジニアになるなら問題ないです。

でも、Javaを勉強してエンジニアになった結果、「想像していたエンジニアライフと違った…。」とならないように注意が必要ですね。

 

WordPressコース

 

WordPressコースが悪いというか、「フロントエンドコース + WordPress独学」の方が、Web制作を学ぶ上では効果的だと感じています。

というのも、フロントエンドの部分ができていれば、あとはWordPress化するだけになり、それだけであれば独学でも十分に対応できるからです。

 

個人的には、フロント部分をガッツリ勉強しつつ、あとはWordPressを自分で勉強するのが、ベストな学習方法だと感じていますね。

 

とはいえ、自信がなければWordPressコースもアリ

でも、プログラミングに自信がなければ、WordPressコースを受講するのもアリかなと。

そもそもプログラミングスクールを利用するのって、プログラミングの独学に自信がないからだと思うので。

 

お金に余裕があって、WordPressについてガッツリ勉強していきたいのであれば、独学で無理せずにTechAcademyを利用するのが良いですね。

プログラミングスクールを使って勉強するのが、最速で習得できるのは間違えないです。

 

▼エンジニアになる基礎体力を身につけられる!!

 WordPressコースを見てみる >>

エンジニアを目指したい方向け
他のスクールよりも格安で受講できる

まとめ : TechAcademyは、レベルが高いのでおすすめです

 

というわけで、TechAcademyでおすすめのコースや、気をつけておきたいコースを紹介してきました。

色々と書きましたが、TechAcademyはカリキュラムのレベルが高く、それでいて料金が他と比較して安いのでオススメですね。

 

もし、この記事で紹介したコースを受講するようであれば、以下の受講期間を選択すると良いです。

プログラミングは長期間ダラダラやるよりも、短期集中した方が絶対に伸びるので。

 

もちろん、最終的には自分の興味あるコースと照らし合わせつつ、TechAcademyを受講してみてください。

TechAcademyでは、1週間の無料体験もやっているので、その場で「どのコースを受講するか」相談しても良いと思いますよ(`・ω・´)!

 

▼エンジニアになる基礎体力を身につけられる!!

 TechAcademyの無料体験を見てみる >>

エンジニアを目指したい方向け
他のスクールよりも格安で受講できる

 

最近だと、エンジニアの人気が高まっていて競争率が高くなっています。

できるだけ先手必勝するために、早めに行動していきましょう(`・ω・´)!

おしまいです。

 

おすすめの記事