Statistics

【入門書まとめ】統計学でおすすめの本5冊を数学科出身が紹介

統計学 本 入門書
統計学の入門書を探している人
統計学の入門書を探している人
統計学の勉強がしたいんだけど、おすすめの入門書はないかな…?

自分のレベルに合った本を見つけられると嬉しいな!

この記事では、上記のような悩みを解決していきます。

 

この記事の内容

  • 統計学でおすすめの本5冊
  • 統計学のおすすめ本と合わせて知っておくべきこと

 

この記事を書いている僕は、大学で数学を専攻していました。

今ではフリーランスでデータサイエンティストとして働いており、統計学を使って仕事しています。

※一応、統計検定2級を所持しています。

統計検定2級 勉強方法 2019年11月合格
統計検定2級に合格したときの勉強法を公開【2019年11月最新】『統計検定2級を受験したいんだけど、どうやって勉強したら良いんだろう。実際に合格した人の勉強法が知りたいな〜。試験日まで時間がないから、できれば効率的に学習したい!』このような悩みを解決する記事になっています。統計検定2級を受験しようと考えている方は必見です。...

 

今回はそんな僕が『統計学おすすめの入門書5冊』を紹介していきます。

 

「統計学の入門書」と言っても、簡単な本から難しい本まで、たくさんあります。

でも、この記事を読めば、自分のレベルに合った統計学の本を選べるようになるので、入門書の購入で失敗することがなくなりますよ。

 

【入門書まとめ】統計学でおすすめの本5冊を数学科出身が紹介

統計学 本 おすすめ


統計学でおすすめの本を、難易度順で紹介していきます。

つまり、

  • おすすめ① : 一番カンタンな内容
  • おすすめ⑤ : 一番難しい内容

ということですね。

 

おすすめ① : マンガでわかる統計学 素朴な疑問からゆる~く解説

統計学をゼロから学びたい人向けの本です。

 

統計学に入門すると、おそらく「直感的に何をしているのか分かりづらいな…。」と感じる部分が多々出てきます。

統計学は少し抽象的な概念もあり、いきなり全部を理解するのは、なかなかカードです。

しかも、統計学は数学なので、記号の羅列多め。

 

でも、この本だったらマンガで書かれているので、抽象的な概念が直感的に分かるようになります。

なので、数学がそこまで得意でなくても、安心して統計学に取り組める一冊です。

 

おすすめ② : 統計学が最強の学問である

「なぜ統計学が大事なのか」が分かる本です。

統計学の学問を学ぶのではなく、どちらかと言えば『ビジネス書』です。

 

この本をおすすめする理由は、統計学の勉強で挫折しないためですね。

というのも、統計学は抽象的な表現も多いです。「統計学がなぜ大事なのか」とか「統計学がどこで使われているのか」を知らないと、途中でくじけます。笑

挫折しないで統計学を学びたいなら、必読の本かなと。

 

おすすめ③ : 統計学がわかる

通称、ハンバーガー本です。

こちらの本は、ハンバーガーショップを例にして、直感的に統計学を学べる本です。

 

統計検定2級を取得する人が、入門書として使っていますね。

記号の羅列だと、勉強してて億劫になってきますが、何と言っても題材がハンバーガー。

マックだったら、どうやって統計学を使うのかな…」みたいに、想像しながら統計学を学べます。

 

おすすめ④ : 完全独習 統計学入門

鉄板の統計学入門書です。

この本は、これまでと違って、しっかり統計学を学んでいくイメージです。

 

統計検定2級を受験者によく使われていて、統計学の基礎を学ぶにはぴったりの本ですね。

記号や数式が多くなってきますが、この本で学んだら「統計学の基礎知識が身に付いた」と言えますね。

 

おすすめ⑤ : 統計学入門

通称、赤本です。

こちらの本は、『統計学入門』というタイトルですが内容が難しいです。

 

大学で数学を専攻している人が、統計学の授業で使うような書籍なので、おすすめ④ : 完全独習 統計学入門』と比較すると、2段階くらいは難易度が上がります。

 

とはいえ、統計学をしっかり学んでいくなら、「この本の内容はマスターしておきたいな〜」といった感じです。

最終的には勉強することになるので、「統計学を学ぶ上でのラスボス」だと思って取り掛かっていきましょう。

 

統計学のおすすめ本と合わせて知っておくべきこと

統計学 本 おすすめ


統計学の本とセットで知っておくべきことを紹介します。

 

統計学の知見をアピールするなら、統計検定を受験しましょう

 

「就職に役立てたい」とか「統計学の知識があることをアピールしたい」と考えているなら、統計検定の受験がおすすめです。

なぜなら、統計学に関する資格試験は統計検定しかなく、「統計検定を持っている = 統計学の知見を持っている」と業界で認知されているから。

 

実際に、統計学を必要とする仕事の情報を見てみると、必須スキルに統計検定2級と書かれています。

BIGDATA NAVI 案件 統計検定

統計学を含めて、数学の知見を本当に持っているのかって、なかなか客観的には判断できないんですよね。

だから、「統計検定を持っている = 統計学の知見がある」と認識されている感じです。

 

もし、「統計学を使った仕事に就きたい」と考えているなら、統計検定は取得して損がない資格ですよ。

統計検定2級 勉強方法 2019年11月合格
統計検定2級に合格したときの勉強法を公開【2019年11月最新】『統計検定2級を受験したいんだけど、どうやって勉強したら良いんだろう。実際に合格した人の勉強法が知りたいな〜。試験日まで時間がないから、できれば効率的に学習したい!』このような悩みを解決する記事になっています。統計検定2級を受験しようと考えている方は必見です。...

Pythonを学ぶと、一石二鳥です

 

統計学とセットでPythonを学ぶと、以下のように選択肢が広がります。

  • 簡単なシミュレーションができるようになる
  • データサイエンティストとして就職できる
  • AIエンジニアとして就職できる

簡単なシミュレーションができるようになるので、統計学をもっと理解できる感じです。

 

さらに、『統計学 × Python』をマスターすると、データサイエンティストやAIエンジニアとして新しいキャリアが拓けます。

こういった職種は、需要に対して供給が追いついていないので、年収が高いです。

▼Pythonができる人の年収はこちら

https://tech-diary.net/python-engineer-income/

 

2030年には、AIやデータサイエンスができる人材が、約38万人不足すると言われているので、今から学んでおくとチャンスを掴みやすいですね。

▼データサイエンスの学習手順はこちら

データサイエンス 独学 ロードマップ
Pythonで始める : データサイエンスの独学完全マップ【初心者向け】『完全初心者からデータサイエンスを勉強したい!でも何から勉強していけば良いのか分からないな...。ネット上で詳しく書かれている記事はないかな...。』このような悩みを解決する記事になっています。完全未経験からデータサイエンスを勉強したい方は必見です。...

 

まとめ : さっそく入門書を使って統計学を勉強しよう

 

というわけで、統計学でおすすめの本を紹介してきました。

統計学は抽象的な内容が多いので、理解しづらい部分がありますが、何度も反復してマスターしましょう。

 

統計学の勉強方法が分からない…」と感じたら、以下の記事がおすすめです。統計学の勉強法について、ガッツリ解説しました。

統計学 勉強 独学
【独学OK】統計学の勉強方法を3ステップで解説【文系でも安心】『統計学の勉強がしたいんだけど、どうやって勉強すれば良いのかな...。大学で習っていたわけじゃないし、勉強方法を分かりやすく教えて欲しい!』このような悩みを解決できる記事になっています。統計学を独学で勉強したい人は必見です。...

この手順で勉強していけば、統計学の勉強い関しては間違えないかと。

 

統計学の入門を終えたあとは、統計検定を受験したり、Pythonを学んでデータサイエンスのスキルを身に付けるのがおすすめですね。

僕が大学生のときは、「数学はお金にならない」と言われてましたが、、、今の時代は数学ができると重宝されます。

 

希少価値の高い人材になると、職にも食にも困らなくなります。

統計学の知識を身に付けて、人生の難易度を下げていきましょう。

それでは、この辺で。

 

おすすめの記事