Python

【最新】M1 MacにPython(miniforge)をインストールして環境構築する方法

M1 Mac Python インストール

YouTube動画でも解説しています!

【最新】M1 MacにPython(miniforge)をインストールする方法

M1 MacにPythonをインストールには、Anacondaではなくminiforgeを使います。

具体的なインストール手順は以下のとおりです。

  • STEP① : シェルスクリプトをダウンロードする
  • STEP② : シェルスクリプトを実行する
  • STEP③ : CondaコマンドとPythonが使えるか確認する

順番に見ていきましょう。

STEP① : シェルスクリプトをダウンロードする

まずminiforgeのシェルスクリプトをダウンロードします。公式のGithubにアクセスしましょう。
»参考ページ : conda-forge/miniforge: A conda-forge distribution.

Downloadまでスクロールすると、各OS・アーキテクチャごとにダウンロードリンクが存在します。
今回はMacOSのAppleSilicon(=M1 Mac)なので、以下の赤枠からシェルスクリプトをダウンロードします。

miniforge-page

これでインストールに必要なファイルをダウンロードできました。

STEP② : シェルスクリプトを実行する

あとはダウンロードしたシェルスクリプトをダウンロードするだけです。
ターミナルを起動して、以下のコマンドを入力していきましょう。

# Downloadディレクトリに移動する
$cd Download

# ダウンロードしたシェルスクリプトを実行する
$bash Miniforge3-MacOSX-arm64.sh

コマンドを実行すると、途中でyes/noを求められるときが多々あります。
すべてyesで回答しましょう。

インストールが完了したら、最後に以下のコマンドを入力します。

$source ~/.zshrc

これでターミナルの名前横に、(base)が追加されるはずです。

STEP③ : CondaコマンドとPythonが使えるか確認する

最後にCondaコマンドとPythonを使えるか確認していきましょう。
Condaのバージョンを確認するには、以下のコマンドです。

$conda -V

 

これで何らかの数字が出てくれば問題ありません。
あとはPythonを入力すれば、対話シェルも立ち上がるはずです。

せっかくなので、今回はCondaの仮想環境を作成していきましょう。
以下のコマンドを実行して、test_envという名前でPython3.8を使った仮想環境を作成します。

$conda create -n test_env python=3.8

 

実行したら作成したtest_envを使っていきたいので、以下のコマンドで「仮想環境の有効化」をおこないます。

$conda activate test_env

使っている環境が切り替わったら、試しにJupyter Notebookを使ってみたいと思います。

そのためには、以下のコマンドでライブラリをインストールしていきましょう。
おまけでPandasもインストールしておきます。

$conda install jupyter pandas

 

これでライブラリのインストールが完了しました。
あとはJupyter Notebookを立ち上げてみたいので、以下のコマンドを実行します。

$jupyter notebook

 

これでJupyter Notebookが立ち上がるはずです。
あとはデータ分析を楽しんでいきましょう!

ABOUT ME
はやたす
たくさんPythonを紹介するYouTuberです(登録者1.94万人) | フリーランスで機械学習/分析案件も請けています(経験業界 : 金融, 情報通信, サービス) | 元プログラミングスクール講師